雪を求めて、北アルプス北端・白鳥山へ

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
兔夢
記事: 575
登録日時: 2011年2月24日(木) 23:12

雪を求めて、北アルプス北端・白鳥山へ

投稿記事 by 兔夢 » 2019年3月05日(火) 23:57

2019年3月3日(日)晴れ 北アルプス・白鳥山
Tさん Yさん やまちゃん 兔夢
DSCN7390.JPG
DSCN7390.JPG (24.33 KiB) 閲覧数: 116 回
上路・十二社7:40ー標高点621m9:20ー
標高点881m10:30ー山頂12:00〜35ー
標高点1010m12:50ー
標高点881m13:00ー十二社14:30

昨年、沢で知り合ったやまちゃんに声をかけてもらって
北アルプスの北端に位置する白鳥山に行ってきた。
北アルプスと言っても標高は1300mに満たない。
現地へ向かう道中、雪の状態が気になった。

白鳥山山麓の上路は日本海から小高い山並みに隔たれた盆地だ。
ちょっと変わったその地形はどうやってできたのだろう。
あれこれ想像する内に目的地に着いた。
集落内には想像以上の残雪が見られる。
出発点になる十二社境内は雪が奥に続いているようだ。
出発からシール歩行ができるのは気分がいい。
寡雪の今シーズンだがあるところにはあるもんだ。

雪面は朝の冷え込みの為に固い。
すぐに急斜面に取り付くが慎重な登高となる。
また、ヤブも結構うるさい。
例年ならこの時期、雪に圧されているのだろう。
とはいえ雪が切れないのは嬉しい。

ヤブ尾根を進むとやや距離のある急斜面が現われる。
僕はたまたまルート取りが上手くいってそれほど苦労せず乗越せた。
他のメンバーは難しい斜面に入ったりして手こずっていた。
DSCN7339.JPG
DSCN7339.JPG (38.49 KiB) 閲覧数: 116 回
緩い尾根を進むと標高点621mを経て再び急斜面。
固さが増してなるべく陽の射すところを歩くものの
難しくなり途中でクトーを装着。
やまちゃんはシートラで登っていった。
一番若いので元気一杯。
ベテランのTさんは流石にしっかりとした足取り。
安定感があって真似したい歩きだ。
キックターンが苦手だというYさんはやや手こずり気味。
でも楽しそうだ。

雪は固いが無風なので急斜面を登っていると暑い。
汗が夏のように吹き出てくる。

上部で感じのいい若いブナ林が迎えてくれた。
伐採された後に育ったのか、太いブナは全くない。
DSCN7350.JPG
DSCN7350.JPG (38.94 KiB) 閲覧数: 116 回
急登を終え、標高点881mに出ると山頂が見えた。
そこまで緩やかなうねりのある尾根が続く。
まだまだ遠いが見晴らしが良さそうな尾根で歩くのが楽しそうだ。
だが好天で日差しが強い上に無風。
熱中症で遭難するんじゃないかとの冗談も飛ぶ。

振り返れば穏やかな日本海が山並みの向こうに見える。
左右にも山並みが見えロケーションはとてもいい。
わずかに登ると糸魚川市街地が見えた。
DSCN7354.JPG
DSCN7354.JPG (24.97 KiB) 閲覧数: 116 回
徐々に山頂が近づいてくる。
雪庇が崩れた痕が見られるが
雪庇はそれほど発達してなかったようだ。
左手には台地状の緩やかな斜面が広がる。
雪が豊富な時なら格好のスキールートになるだろう。

終盤のふたつの急登を越えれば山頂だ。
その前に滑降してきた単独スキーヤーとすれ違う。
東側の尾根を登ったそうだがすごい薮だったらしい。
DSCN7362.JPG
DSCN7362.JPG (24.72 KiB) 閲覧数: 116 回
最後の急登。
北面なので陽が差しても雪があまり緩まない。
慎重に登っていく。

西稜線が合わさってきたところで山頂台地に出る。
広々として気持ちいい。
その先にある丘が山頂。
そちらから二人組の登山者が下山してきた。
ダイレクト尾根を登った、と言っていたがダイレクト尾根ってどこだろう?
DSCN7372.JPG
DSCN7372.JPG (14.13 KiB) 閲覧数: 116 回
テレマークの単独の方も下りてきた。
やはり東側の尾根を登ったが薮がひどかったので
我々の登ってきた北西尾根を下るのだそうだ。

到着した山頂には可愛らしい黄緑の小屋が建つ。
小屋は積雪期には二階の窓から入れるようだ。
今回はブーツを脱ぐのが面倒で中には入らず。

展望は360°。
南にはすばらしい山並みのパノラマが広がる。
しかし、知らない山域で山名がわからない。
北アルプスであることは確かなのだが。
東を見れば焼山の特徴ある姿が遠くに霞んで見えた。
雨飾や火打も見える。
そして、北側はすぐ日本海。
申し分ない。
DSCN7377.JPG
DSCN7377.JPG (24.26 KiB) 閲覧数: 116 回
わずかに休憩して滑降準備。
ひとりなら一時間以上は居座るところだが
今日はパーティのやり方に従う。

台地を滑り出してすぐ北面に広々とした斜面を見つけて飛び込む。
雪は固めだけど木立が少なく気持ちいい!
その後、クラスト急斜面をヒヤヒヤで下りて
(他のメンバーはアルペンなので嬉々として飛び込んでいった)
標高点1010mまでトラバースし尾根に乗る。
DSCN7387.JPG
DSCN7387.JPG (17.96 KiB) 閲覧数: 116 回
尾根上は雪面が波打ち我慢の滑降が続く。
標高881mで気持ちのいい斜面を滑るとどうも方向がおかしい。
みんなで地形図を確認してルートを修正した。

やや開けたところがあるものの積雪量が少ない為か
樹木の密度が高く慎重な滑り。

登りで苦労した急斜面も雪量があれば気持ちよく滑れそうなのだが残念。
修行の様な滑りが続く。
下部では薮の中を切り抜ける滑り。
それでも思った程難渋する事もなく下山できた。
終わってみれば楽しいスキー山行だった。

SHIGEKI
記事: 710
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 雪を求めて、北アルプス北端・白鳥山へ

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年3月06日(水) 17:47

兔夢さん こんばんは。

画像を見る限り、気持ちよさそうなバーン、颯爽の滑りですね。


 北アルプス・白鳥山

ここは不肖Sのリストにもありますが、いつになったら行けることやら・・・



集落内には想像以上の残雪が見られる。
出発点になる十二社境内は雪が奥に続いているようだ。
出発からシール歩行ができるのは気分がいい。
寡雪の今シーズンだがあるところにはあるもんだ。



雪、出発点からあるんですね。担ぎなしで動き始められるのはいいですね。


雪また、ヤブも結構うるさい。
例年ならこの時期、雪に圧されているのだろう。

やっぱ、少ないんだ。

とはいえ雪が切れないのは嬉しい。

贅沢は言えません、今季上等ですね。


難しくなり途中でクトーを装着。
やまちゃんはシートラで登っていった。
一番若いので元気一杯。
ベテランのTさんは流石にしっかりとした足取り。
安定感があって真似したい歩きだ。
キックターンが苦手だというYさんはやや手こずり気味。
でも楽しそうだ。

人それぞれですね。

シールでジグの方もおられたということでしょうか?

その前に滑降してきた単独スキーヤーとすれ違う。
東側の尾根を登ったそうだがすごい薮だったらしい。
そちらから二人組の登山者が下山してきた。
テレマークの単独の方も下りてきた。

なかなか賑わってますなぁ~



展望は360°。
南にはすばらしい山並みのパノラマが広がる。
しかし、知らない山域で山名がわからない。
北アルプスであることは確かなのだが。
東を見れば焼山の特徴ある姿が遠くに霞んで見えた。
雨飾や火打も見える。
そして、北側はすぐ日本海。
申し分ない。

いいですねぇ~

今季、いつ頃まで雪がもつでしょうね~


台地を滑り出してすぐ北面に広々とした斜面を見つけて飛び込む。
雪は固めだけど木立が少なく気持ちいい!
その後、クラスト急斜面をヒヤヒヤで下りて
(他のメンバーはアルペンなので嬉々として飛び込んでいった)
終わってみれば楽しいスキー山行だった。

いい山、楽しい滑り ですね。

不肖S、寡雪の今季は無理せずボチボチあちこち偵察しようと思ってます。

  また よろしくです。

       SHIGEKI
添付ファイル
20190305-P3055607.jpg
快晴の雪遊び

skywalk
記事: 244
登録日時: 2011年3月07日(月) 21:33

Re: 雪を求めて、北アルプス北端・白鳥山へ

投稿記事 by skywalk » 2019年3月06日(水) 21:28

兎夢さん、こんばんは。
さすがに北アルプスの北端は標高が低くても雪が多いですね。
素晴らしい展望の中をスキーで滑降するのは気持ちいいでしょうね。
山スキーに必要な体力も技量もない私には羨望をもって見せていただくだけです。
終活のつもりで近くのヤブ山で遊ぶのが精いっぱいです。ああ、羨ましいワ。

兔夢
記事: 575
登録日時: 2011年2月24日(木) 23:12

Re: 雪を求めて、北アルプス北端・白鳥山へ

投稿記事 by 兔夢 » 2019年3月06日(水) 21:57

DSCN7384.JPG
DSCN7384.JPG (18.04 KiB) 閲覧数: 74 回
SHIGEKIさん、こんばんは。
レス、ありがとうございます。

画像を見る限り、気持ちよさそうなバーン、颯爽の滑りですね。


地形図を見てもらうとわかりますが、一面気持ち良さそうな斜面が広がっています。
どこを滑るかは、あなた次第 :lol:

ここは不肖Sのリストにもありますが、いつになったら行けることやら・・・


実は私、誘われて初めて知りました。
最初は郡上にあるのかと思っちゃいました :mrgreen:

雪、出発点からあるんですね。担ぎなしで動き始められるのはいいですね。


まだ、ありました。30センチ弱だったのでこの一週間でどう変わるやら :roll:

シールでジグの方もおられたということでしょうか?


この段階でシールオンリーの方はいなかったですね。クトー付けてました。

なかなか賑わってますなぁ~


前日のものと思われるトレース、スキー痕も豊富でしたよ!

今季、いつ頃まで雪がもつでしょうね~


上部はまだまだ大丈夫だと思いますが取付きは今週、来週といったところでしょうか。

いい山、楽しい滑り ですね。


久々に充実した山スキーになりました :lol:
来シーズンはご一緒しましょう!

              兔夢


兔夢
記事: 575
登録日時: 2011年2月24日(木) 23:12

Re: 雪を求めて、北アルプス北端・白鳥山へ

投稿記事 by 兔夢 » 2019年3月06日(水) 22:09

DSCN7381.JPG
DSCN7381.JPG (16.51 KiB) 閲覧数: 71 回
skywalkさん、こんばんは。
レス、ありがとうございます。

さすがに北アルプスの北端は標高が低くても雪が多いですね。


標高でいえば伊吹山よりも低いんですが比較にならないくらい雪が豊富ですね。

素晴らしい展望の中をスキーで滑降するのは気持ちいいでしょうね。


正直言うと滑ってる時は余裕なくて展望を意識できてません。
後で写真でこんな中で滑ってたんだ、って思うくらいです。

山スキーに必要な体力も技量もない私には羨望をもって見せていただくだけです。


いやあ、フリーベンチャーを登山靴で操る方にはかないません。

終活のつもりで近くのヤブ山で遊ぶのが精いっぱいです。


近くのヤブ山を闊歩する気力が欲しいです。

                 兔夢


返信