【湖西】 日常の風景の中にある山の小さな輝き 779mピーク~明王ノ禿

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
グー(伊勢山上住人)
記事: 1721
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10
連絡を取る:

Re: 【湖西】 日常の風景の中にある山の小さな輝き 779mピーク~明王ノ禿

投稿記事 by グー(伊勢山上住人) » 2019年3月12日(火) 23:04

satoさん、こんばんは。

びっくりするくらいパソコン音痴で、最初の投稿も送信するまでに時間がかかりました(汗)。

ヤブネットは慣れるまで難しい掲示板だと思います。

オフ会に参加されていたみなさま、それぞれ個性的で、私も私のままでいいんだと安心感のようなものをいただきました。

そう。個性豊かなメンバーの寄り集まりです。
つるんで「いいね!」と言い合ってる人たちとはチト違います。

私は妄想遊びが好きなのですね。

感受性豊かなオトメの心を書き留める文才が素晴らしいです。

立ち上がれない、歩けない時期を経験し、以前とは違う足の状態になり、より山の愉しみが広がったと感じます。

ん? 「以前とは違う足の状態」になって今の歩きですか。
だとすると「歩けない時期を経験」する前は天狗か役行者か植村直己だったのですね。

マキノ林道の入り口に車を置き車道に戻り、八王子川の支流に架かる橋を渡った先から山中に入りました。

了解です。下山はCo480から破線道を下る予定だったのが南の尾根を下ったのですね。

ナズナさんとの山旅、素敵ですね。

はい。素敵な人に鍛えてもらっています。

satoさん 横から失礼いたします。意義ありです。

感受性豊かな夢見る乙女と静かに微笑みながら語らっているところへ乱入ですか。

やぶこぎの皆さん、大変、素晴らしい文筆家が多くて、惚れ惚れすることが多いです。

レポの内容に惚れ惚れすることは否定しません。が、「文筆家」ですって?

私のレポなど山日和文学やsato文学に到底、比肩しうるようなものではありません。

あらら「山日和文学やsato文学」の間に「グー文学」が挟まっていないじゃないですか!

satoさん、素敵なレポを荒らしてごめんなさい。


                グー(伊勢山上住人)岡田一民

返信