【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月01日(金) 07:26

わりばし さんおはようございます。レスありがとうございます。

初参加で2回も参加できたkandoさんは、今シーズンを象徴する人です。
レポ担がめぐって来たのもある意味必然かもしれません。

そうだとおもいます。どなたかのレスに山日和さんはリストを公表したころに決めたのではないかと書きましたが
よく考えるともっと前のような気がしてきました。一人よがりですが。


毎回、細かい配慮や準備には頭が下がります。
これで無料です・・
こんなの世界広しといえどもなかなかありません。

特にこのやぶこぎのメンバーをまとめるのは至難の業と思います。

SHIGEKIさんを気に入られたようですね。
私には「近江泥棒、伊勢乞食」って感じですが・・ :lol:

このような言葉聞いた覚えがありますが、意味は忘れています。しかし、強烈な言葉ですが。
山行過程を美しく分かり易く表現するのは難しく、エピソードを書くのは楽です。エピソードをたくさん作っていただき
SHIGEKIさんには感謝です。
:mrgreen:

スノー衆で初めてのゆったりとした時間だったので
ランチ場での時間は、なかなかのご褒美のように思いますが・・
私だけ・・

私もゆっくり周りを歩き回ることができ写真を撮る時間がありました。

わりばしさんに724まで行けばスムースに下りられたのですよねと聞くと、いや誰かの話では724のところも崖のようだと言われたとのこと。これを山日和さんにお聞きすると、ああ、あそこなら林道へスムースに下りられますよ、アトラクションもないとねとのこと。

そんな訳ないじゃありませんか。

724では林道へスムースに下りられないのですか。

SHIGEKIさん、いいアシストしてますねえ。
こんな関係はなかなか無いです。
ヤブコギっていいですよね。

助かりましたが意図されていたのか反射的に言葉が出てしまうのか。 :mrgreen:

kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月01日(金) 07:50

バーチャリ さん おはようございます。レスありがとうございます。

私は山日和さんが出された本を見て有家ヶ原のブナを見てみたいと思っていましたので
スノー衆を企画して頂いて ラッキーでした。(^^)/

私に比べれば大ベテランのバーチャリさんでも簡単にはいけないところを経験できたのはありがたいです。
登山口、駐車地の状況が分かると単独でトライする時大いに役立ちます。


白川郷の道の駅が宿でしたが
冷えましたね

私も道の駅かひるがの高原SAか迷いましたが、以前ここでよく寝られた記憶があったのでここにしました。
寒かったです。


忘れは有りますよね
誰か靴を忘れた人いましたよ 

同世代のバーチャリさんに共感していただきホッとします。しかし、靴を忘れるのですか。
他人のことは言えないですが。


巨木のおおく気持ちのいい斜面に
厳しい風雪に耐え力強くたたずんでいるブナに感動していました。

他であまり見ないような山毛欅の巨木がたくさんありましたね。こういうところを紹介していただくのは本当にありがたいです。

誰ですか失礼ね  :mrgreen:
いいえいいえ冗談で笑いながら言っておられましたよ

一人ではなく何人かの声でした。もちろん悪意は感じておりません。

今度はバーナーにうまく点火して 美味しそうに食べて見えましたね

家で6回ほど練習しました。しかし、テーブルを掘り下げた棚にバーナーを置くと、特にジェットボイルは熱効率を上げるための
コッヘルの底のひれが邪魔して炎が見えにくく点火が分かりにくかったです。テーブルの上に置くべきでした。


私は山頂の近くで引き返しましたが良かったですよ 

そのようですね。行く気がおきませんでした。男は瞬発力では強いですが持久力では女性にかないません。

今回は優しいアトラクションでしたね

あれでやさしいですか。最後の4人降りるところを見ていましたが皆さん結構てこずっていましたよ。

kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月01日(金) 08:25

グー(伊勢山上住人) さんおはようございます。レスありがとうございます。

kandoさん、こんばんは。よ~け書きましたね。読むのが大変です。

どうでもいいことをうだうだ書き連ねる、洞吹経に引き込まれたようです。 :lol:

そんなドーでもいいことに興味ある人がいるとは思えません。
kandoさんの意識はやぶメンの意識とかなりずれていると思いますよ。

そうなんです。小心者ですのでヤブメンのようなタフな方から見ればどうでもいいような些細なことが気になるのです。
もっともある人に私はチキンハートですと言ったら、シャモハートと違うかととんでもない誤解を受けを受けていました。
:mrgreen:

まあ、グーの予想も外れ、山日和さん「してやったり」に違いないですが。

おっしゃる通りです。その背景を知りたいのです。

そ~お?深~い深~い思いなんて山日和さんには微塵もないと思いますよ。
振っておいては、はぐらかす。その切れの良さを競っているのが関西人の特性です。
狙い通りだと有頂天になり、期待外れだと大げさに嘆いてみせて、反応を見るのがkandoさんの特性です。

私は本当にチキンハートですよ。山日和さんのお誘いを受けて初めてやぶこぎに書き込みする時、どんなにドキドキしたか。
シュークリームさんのレポに下手なギャグを入れて、シュークリームさんをどんびかせ、痛風山さんにもご心配をかけて
穴があったら入りたかったこともありました。
萎縮した生き方で狭い人生でしたのでグーさんのような自由奔放な生き方がうらやましいです。


4+4+4+5=17。グーは5席作ったのに、話を聞いていない人が1辺に3席しか設営しない。
「ここは物を置くところ」だってさ。形が悪いけど3席を4席に作り直した。
ところが、グーの設営した5席に4人しか座っていない。「ん?なぜ?」
「叱られたから」と物置を片付けて飛び入りさんを座らせていたよ。

すみません。私ああいう小細工は結構できると思っていますので、きれいな棚を作って見せようとしゃしゃり出て
グーさんから合格のお墨付きをいただいたのですが、二つしか作らなかったので足りなくなったのです。
:oops:

山日和さんはここ「ヤブネット」を盛り上げたいとスノー衆もやってくれているのです。
スノー衆に参加した人の山への思いを書いて欲しい。それだけだと思いますよ。
その山日和さんの思いに水を差すような「自己中」にはグーはモノ申したいのです。

私は山日和さんの心中にはいろいろあるように思います。昨年の初参加以来私をレポ担にいつ指名するかについて
変化があったと忖度しています。もちろん私の独りよがりですが。
:mrgreen:

kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月01日(金) 14:17

雨子庵 さんこんにちは、レスありがとうございます。返事の順番が前後し失礼しました。 

今回はご一緒できなく残念です。
涙チョチョギレてます。
けれど、レポを楽しく読ませていただき、スネテた機嫌も直りました・・・そこにいるかのように感じられたからです :D
皆さんの写真の中に、いるハズのない自分を探してますよン ;)
ご一緒できていれば、『ウルサイ部門』にワタシもエントリー(ノミネート?)されていたこと必至でした :mrgreen:

まさにその通り、何方かが言われていました。あめちゃんも結構うるさいよと。 :mrgreen:

不参加にも関わらずビワ爺から温かいコメントいただきましたのでレスさせていただきます
キット名古屋のワタシのため息が生ぬるく届いたのかなぁ、と

ありがとうございます。

もうちょっと雪が多ければ、あの長~い林道歩きはショートカットできたでしょうね。
やはり最後にアトラクションが待っていてくれました。あめちゃんがいたら、ナニカ?が起こってたかも…。そう思うと返す返すも残念ですねえ~
アトラクションのところでいつもワタシに何かが起こるのは、そーいう周りの皆さんがワタシをやさしくやさしくかつぐからでしょ。 :D
素直なワタシはついついドロだらけのほうへ誘導される・・・スノー衆に参加するまでは『人間不信』なんて言葉は知らなかったんですけど・・・ナンチャッテ :mrgreen:

これまたその通り、あめちゃんなら絶対芸をするよと。
次回は実演ショーを期待しています。
:mrgreen:

kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月01日(金) 14:41

クロオ さん、こんにちは。レスありがとうございます。返事の順番が前後し失礼しました。

両白加越の山々がよく見えました。残念なのは、自分は三方岩岳より北の山には登ったことがなく、名前をお聞きしてもピンとこないことです。
医王山、大門山、奈良岳、大笠山、笈ヶ岳、仙人窟岳、などの山名があがっていたと思いますが、どれも憧れの山です。いつか登ってみたい山です。

私もこの辺りでは栗ヶ岳しか登ったことはなく、kitayamawalkさんに教えていただきましたがすぐには頭に入りません。
こうやってスノー衆で教えていただくと一人でも挑戦できそうな気持になります。もっとも寿命が。
:lol:

展望にも感動しましたが、このブナ林の空間の広さには、もっと感動しました。
今回で26回、スノー衆で雪山に連れていっていただきましたが、一番のブナ林だったと思います。
是非、新緑のころや、黄葉のころにも歩いて見たいと思いました。

そうですね、広い気持のいい尾根上に大きな山毛欅が点在していましたね。
ダンディ紳士が叫ばれるのもわかります。
:lol:

北アルプスが見えたことはよかったのですが、それほど大きくは見えず、それも南側半分なので、感激は少なかったです。
それより、やはり、ブナ林の稜線歩きがよかったです。

そう言っていただくとちょっと心が穏やかになるような。狭い了見です。 :mrgreen:

今年も、1回目が早かったので4回実施していただけるものと思っていましたが、残念です。
毎年、思いますが、ずっとスノー衆の開催を待ちに待っていますが、始まると、あっと言う間に春になってしまいます。

来年のスノー衆もできれば参加させていただきたいのですが、もはや1年1年が勝負です。
私がやぶから蛇をつつきだしてしまい申し訳ありません。多分これであのリストはご破算になったのではないかと思います。
これも私の独りよがりかもしれませんが。
  :mrgreen:  

                                          

アバター
山日和
記事: 2674
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by 山日和 » 2019年3月01日(金) 15:39

kandoさん、グーさん、どうもです。

そ~お?深~い深~い思いなんて山日和さんには微塵もないと思いますよ。
振っておいては、はぐらかす。その切れの良さを競っているのが関西人の特性です。

狙い通りだと有頂天になり、期待外れだと大げさに嘆いてみせて、反応を見るのがkandoさんの特性です。

グーさんは性格を的確に見抜いてますね。
kandoさんは深読みし過ぎというか、他に考えることないの~って感じですけど。 :mrgreen:
レポ担指名はその場の勢いだけですよ。 :lol:

kandoさんのレスポンスいいですね~。気分いいでしょ!
レポ担ってけっこうハイになれるでしょ。
その調子でヤブネットを盛り上げてくださいな。

そもそもやぶこぎはレポをアップしてナンボの場。レポを書くのに尻込みすること自体がおかしいんですよ。
私としては「ハイ、私が書きます!!」と手を挙げてほしいぐらいです。
みんな自分のレポは好きなように書いてるんだから、スノー衆と言えど何にも変わらないですよ。
指名されたら「やったー」ぐらいの気持ちでいてほしいものです。 :mrgreen:
今回作ったリストは誰がどの時に参加したかを正確に振り返るために、これまでのレポや矢問さんのHPを見返してカウントしました。
レポ担の回数はその副産物で数えてみただけですよ。
矢問さんは喜んでレポ書いてくれたけどなあ。 :D

                   山日和

SHIGEKI
記事: 744
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年3月01日(金) 18:21

kandoさん 皆さん こんばんは。

ここまでお褒めを頂いたら、御礼のご挨拶をばせずばなるまい。


巨大な山毛欅が現れるようになり多くの人が感嘆の声を出していました。中でも絶えず聞こえてきたのは初めて桧塚奥峰でお会いした方の声でした。スタイルをピシッと決め、寡黙な穏やかな話しぶり、穏やかな風貌、これこそまさにダンディそのものという方です。ところが声が大きいのなんのしかもよくしゃべる、グーさんが一番と思っていましたが違います、双璧でした。なんじゃ~ここは、ええところやの~、素晴らしいところやの~、日帰りはもったいないわ~、テント持ってきて寝たいわ~、絶えず感嘆の声で叫び続けておられました。また、時々ダンディにしては少し品のないことも叫んでおられたような。お二人を比較するなら、野性的な硬派とダンディな軟派というところでしょうか、もちろんどちらがどちらとは私の口からは言えません

理知的な硬派でしかありはしない不肖Sからすると、信じられない光景ですね。 :mrgreen:


各自持ってきた昼食をとります。見ているとSHIGEKIさんがバーナーを出さずソーセージを食べたり、周りを歩き回っています。昨年の私と全く同じです。昨夜どこかの山で宴会をしてきたとか言われていましたので簡便にすませたいということでしょう。

お婆さんが買ってくる魚肉ソーセージ、誰も食べないんで山で消費してます。

山日和さんからあっさりと「今回はkandoさんに書いてもらいます」の一言。大どんでん返しです。へっと驚きつつも低い確率でありうるとみていましたので「分かりました」と素直に返事をし「山日和さんは天邪鬼だからなあ」というと、「お~ようわかっとるなあ」と傍でダンディな紳士が賛同してくれました。

ヤブの人達は、皆 あまのじゃく~ です、ただし、程度にかなりの差があります。
最高峰は誰じゃ??

大言壮語でグーさんと双璧…といえば、ダンディー不肖S氏か、ファイヤーワークマンW氏か?

そりゃ~声も体も大きい方と火遊び上手な方でしょうよ。キッパリ! :lol:

言わぬが花でしょう。 :mrgreen:

あの~ 言うてまんがなぁ~

kandoさんはまだそのお方の本性を分かっておられないようですね。
まだ勉強が必要なようです。 :lol:

師匠であり、神崎川以来20年来の同級生なので 「ピュア」はお見通しです。誰がピュアやて~ :shock:

旧ニフティのメンバーです。その方と初めてあったのは平成13年に緑水さん、テラさん達と登った七人山です。当時も今と変わらずダンディでした。

「人寄りのコバ」で焚き火ランチしましたね。
不肖Sは夜勤明けで遅れていきました。
七人山でコダマさんからラフランスを頂いた 旨かった~


http://shigeki.ryu-unso-kyu.jp/sanninohumi.htm
20011117-11170023.jpg
SHIGEKIさん、いいアシストしてますねえ。
こんな関係はなかなか無いです。
ヤブコギっていいですよね。

ワンアシスト! 飛騨の山で ハットトリック!! したいですね。

山行過程を美しく分かり易く表現するのは難しく、エピソードを書くのは楽です。エピソードをたくさん作っていただき
SHIGEKIさんには感謝です。 :mrgreen:

そ・そこですか~い。

助かりましたが意図されていたのか反射的に言葉が出てしまうのか。 :mrgreen:

全ては感性の赴くままどぇ~す。 :mrgreen:

   では また 来季 豪雪 山毛欅林のスノーテーブルで

SHIGEKI

kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月01日(金) 22:28

山日和 さんこんばんは。ご忠告ありがとうございます。

グーさんは性格を的確に見抜いてますね。
kandoさんは深読みし過ぎというか、他に考えることないの~って感じですけど。 :mrgreen:

レポ担指名はその場の勢いだけですよ。 :lol:

参加者は、属性、履歴その他一切の前提なし、全く平等に山日和さんの選択を受けますよと言いたかったのです。
このテーマについてはもう控えます。お騒がせしました。
:oops:

兔夢
記事: 575
登録日時: 2011年2月24日(木) 23:12

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by 兔夢 » 2019年3月02日(土) 00:50

DSCN7255.JPG
DSCN7255.JPG (39.64 KiB) 閲覧数: 166 回
kandoさん、こんばんは。
レスするのは初めてですね〜!よろしくお願いします。

何だか、今回、レポ書くのが誰か〜、みたいなところがクローズアップされてるみたいですけど、みんな書きましょう。
不肖Tは、初めてスノー衆に同行したスキーヤーとしてレポあげよっかなあ、って思いましたが指名されたkandoさんが先にあげるのが筋かあ、っと遠慮しました :lol:
0時40分ごろ目が覚めると窓のガラスの内側の水滴が凍り付いていました。トイレに行くため外に出ると今までで一番の寒さを感じ、スタートからレインウエアを防寒のため履いたほうがいいかなと思ったくらいです。
冬山車中泊ではペットボトルの水が凍ってた、なんて事はよくありますよね。ウィンドーが凍り付くのはザラです。因みに僕は♯1のシュラフで寝てます。
こんな小さな集落の真ん前に多くの車が止まってると地元の人を驚かせる可能性があるので集約しますとのこと。
単独で現地に行った人間が言うのもなんですが、これでも多過ぎないか、と思いました。
山日和さんもレインウエアのズボンでスパッツをされていませんでしたが、状況を予測してそうされたとのことでした。
忘れたんじゃないですか :mrgreen:
一本の巨大な山毛欅の前で皆さんが写真を撮っている時、人が傍に立つと大きさがよく分かるので誰かモデルで立ってくれという声が聞こえたので、私が傍に立つと、こっち向かんでいいから木に向かって立ってくれとえらい失礼な声が聞こえました。もちろん私はチキンハートなので聞こえないふりして後ろ向きに立ちました。
僕もランチの時に何となくヘルメットかぶってたら「なんか芸でもするんですかいな!」と突っ込まれました。上手く切り返せなかったのが悔しい!!
「後ろ姿の方がモデル料高いで!」とかなんとか切り返しましょう!
そこでは山日和さんがストックで大きな正方形を書き、午餐会の鬼奉行グーさんの指示でスコップを持っている人がその外側を幅30cm、深さ30cmの溝を掘り、雪のテーブルを作るのです。グーさんはテーブルをきれいに保つのが主義で、掘り上げた雪をテーブルにまき散らすと怒鳴られます。またテーブルの各辺に4つの棚、これが風を防ぐためのバーナーの置き場になりますが、これもいい加減に掘るとグーさんがもっときれいに作れと叫びます。私がしのやんのスコップを借りて棚を作り、グーさんどうですかと聞くと、合格と認証されました。
ハハ、そこまできっちりと作ったテーブルだったのに勝手な場所に座ってグーさんの計算を狂わせたのは僕です。こんなところまできっちりやらなくてもいいと思うのは僕だけ?まあ、次の機会にはちゃんと席を守るようにしますけどね :mrgreen:
 食事が終わるとリーダーから北平山まで行きたい人は空身で行っていいですよと許可が出て半数くらいの人が行かれました。私はしんどいので付近を歩き回りながら写真を撮り、この長い尾根の南東の端の鉄塔まで行き展望がえられましたが、行った人によると北アルプスが見えたということなので、行けばよかったと少し後悔しました。
北アの展望はともかく、ブナ林はまた表情が違って良かったですね。見る価値がありました。
13:40頃下山にかかります。biwacoさんが先頭に立って北東の尾根を降りて行きます。山日和さんも行かれますので私もついていきますが、すぐに間違いが分かりました。
コンパスと地形図を使えばそんな間違いも起きません。
飛び入りの兎夢さんはスキーであっという間に下って行かれました。下りはスキーはいいですね。
スキーの下りはそんなに思う程速くないですよ。今回も、林道に出るところで追いつかれましたし。ずっと滑って下りられるのなら別ですけどね。それと、スキーは歩くのも楽しいのです。雪上を滑らせて歩くのはスノーシューとは違った味わいがありますよ。
わりばしさんに724まで行けばスムースに下りられたのですよねと聞くと、いや誰かの話では724のところも崖のようだと言われたとのこと。これを山日和さんにお聞きすると、ああ、あそこなら林道へスムースに下りられますよ、アトラクションもないとねとのこと。
724へ下りる手前が下りるのがきつそうな段差でした。灌木がありましたがそれを繋いでも苦労しそう。で戻って下降点を探して山腹を下っていたところにみなさんが下りてきました。724にどうやって下りる予定だったのかな?

今回、参加表明もしないまま、突然スノー衆に同行させていただいた事、山日和さん、そして参加者のみなさんに感謝します。
おかげさまで楽しい山行ができました。ありがとうございました。

            兔夢

kando1945
記事: 309
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【飛騨】2019スノー衆パート3、有家ヶ原から北平山

投稿記事 by kando1945 » 2019年3月02日(土) 07:48

SHIGEKI さんおはようございます。二度のお出まし恐縮です。

ここまでお褒めを頂いたら、御礼のご挨拶をばせずばなるまい。

外面の二面性の奥にはきらりと光る原石をお持ちのようですね。
すがすがしい一陣の風のおかげでもやもやが吹き飛びました。ありがとうございます。
:mrgreen:

返信