【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
SHIGEKI
記事: 744
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年2月25日(月) 17:16

【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義
20190223-P2230220.jpg
【日 時】2019/02/23
【山 域】飛騨
【天 候】曇時々晴れ、強風
【コース】P7:50-P1160 9:25-P1534 10:45-頂上11:25/11:45ランチ-P 15:13      
スノー衆前日の晴れ予報を見て急遽走り出した。
有家ヶ原の近くの手頃な山、猿ヶ馬場が直ぐに思い浮かんだが、ここはスキーで行きたい。
で、スノー衆当日の晴天を願って、日照岳へと向かう。~エエ心がけや~

 道路を渡って雪の広場でスノーシュー装着 取り付きを伺ってると通行車両が止まってクラクションを鳴らす。
 「スノー衆参加者が同じ考えで飛騨入りやな」遠目で運転者一人のお顔を拝見
ここで不肖Sの脳内 顔認識細胞と今回のスノー衆参加者名簿の記憶細胞が同期を始める。
が、シンクロしない。もう一度運転者をのぞき込むと「兎夢!!」との名乗りがあった。
20190223-P2230002.jpg
 しばし、雪原のスノーシューオッサンと車内の運転オッサンの会話がはずむ。
夜の白川郷での再会を期してそれぞれの山へ

 締まった雪、急登の山毛欅斜面を小気味良くサクサク登る。
頂上直下、わずかに光る霧氷といらっしゃいませ~の木が歓迎してくれた。
しかも、強風が止み雲が流れて切れた。
20190223-P2230146.jpg
 
20190223-P2230179.jpg
滑り落ちそうな頂上雪稜、木の根バケツでゆったり眺望
FBUPすると、ほどなく、「照るに登ったら・・・」とP氏が場所特定してコメント
20190223-P2230193.jpg
翌日、Y氏は「あの画像なら誰でも分かりまっせ~」とのこと。
「あんたら二人だけやろ~」流石の達人オッサン達でありました。
20190223-P2230236.jpg
スノー衆イブは白川郷道の駅、兎夢さんにバーチャリさん、ひぃちゃんも加わって4人で山談義呑み会イブの夜は更けてゆきました。

kando1945さん スノー衆REPの前さばきをさせて頂きました。

では また 快適ザラメ春の雪稜で

SHIGEKI

アバター
山日和
記事: 2674
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: 【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by 山日和 » 2019年2月26日(火) 16:26

SHIGEKIさん、こんにちは。

有家ヶ原の近くの手頃な山、猿ヶ馬場が直ぐに思い浮かんだが、ここはスキーで行きたい。
で、スノー衆当日の晴天を願って、日照岳へと向かう。~エエ心がけや~

日照もスキーヤーの多い山ですが、スノーシューハイクでしたか。 :D

 道路を渡って雪の広場でスノーシュー装着 取り付きを伺ってると通行車両が止まってクラクションを鳴らす。
 「スノー衆参加者が同じ考えで飛騨入りやな」遠目で運転者一人のお顔を拝見
ここで不肖Sの脳内 顔認識細胞と今回のスノー衆参加者名簿の記憶細胞が同期を始める。
が、シンクロしない。もう一度運転者をのぞき込むと「兎夢!!」との名乗りがあった。

年々反応が鈍くなってますねえ。思い出せなくなる日も近い? :mrgreen:

 締まった雪、急登の山毛欅斜面を小気味良くサクサク登る。
頂上直下、わずかに光る霧氷といらっしゃいませ~の木が歓迎してくれた。
しかも、強風が止み雲が流れて切れた。

あの木は印象的ですよね。写真を見ると終日晴れみたいな印象ですが、晴れた時の写真だけしか載せてないってことですか?

FBUPすると、ほどなく、「照るに登ったら・・・」とP氏が場所特定してコメント
翌日、Y氏は「あの画像なら誰でも分かりまっせ~」とのこと。
「あんたら二人だけやろ~」流石の達人オッサン達でありました。

たんぽぽさんにはとても太刀打ちできません。あの人はちょっとおかしいです。 :lol:

             山日和

バーチャリ
記事: 322
登録日時: 2011年3月12日(土) 20:58

Re: 【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by バーチャリ » 2019年2月26日(火) 16:45

:idea: SHIGEKI さん 今日は


有家ヶ原の近くの手頃な山、猿ヶ馬場が直ぐに思い浮かんだが、ここはスキーで行きたい

猿ヶ馬場は山スキーヤが多いですよね


スノー衆当日の晴天を願って、日照岳へと向かう。~エエ心がけや~

ホンマヤー

しばし、雪原のスノーシューオッサンと車内の運転オッサンの会話がはずむ。
夜の白川郷での再会を期してそれぞれの山へ


そこで一緒に行きましょうじゃなかったんですね

滑り落ちそうな頂上雪稜、木の根バケツでゆったり眺望

大パノラマ漫喫出来ましたか
木の根バケツ 面白い表現ですね
根の周りは大きく穴が開いていますもんね

FBUPすると、ほどなく、「照るに登ったら・・・」とP氏が場所特定してコメント
翌日、Y氏は「あの画像なら誰でも分かりまっせ~」とのこと。


誰でもは分かれへん
ポポンタさんや山日和さんだつたらわかりますよね

スノー衆イブは白川郷道の駅、兎夢さんにバーチャリさん、ひぃちゃんも加わって4人で山談義呑み会イブの夜は更けてゆきました。

スノー衆で初めて出来事でした。
どうでもいい話を聞きながらチビチビ飲むのもいいですね
あまり飲んでいないけど

レポ上げるのが早いですね
仕事サボったの (^_-)-☆

 バーチャリ

SHIGEKI
記事: 744
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年2月27日(水) 21:02

山日和 さん こんばんは。

resをありがとうございます。


日照もスキーヤーの多い山ですが、スノーシューハイクでしたか。 :D

スキーのトレースはありました。が、3~4日前のもののようでした。

不肖Sの登った尾根はスキーには今ひとつ・・のような感じでしたね。

抜群の雪質ならいいでしょうけど・・・ほとんど苦行の滑りは疲れるし、怪我しないか危なくてしょうがない :shock:

20190223-P2230262.jpg
 道路を渡って雪の広場でスノーシュー装着 取り付きを伺ってると通行車両が止まってクラクションを鳴らす。
 「スノー衆参加者が同じ考えで飛騨入りやな」遠目で運転者一人のお顔を拝見
ここで不肖Sの脳内 顔認識細胞と今回のスノー衆参加者名簿の記憶細胞が同期を始める。
が、シンクロしない。もう一度運転者をのぞき込むと「兎夢!!」との名乗りがあった。

年々反応が鈍くなってますねえ。思い出せなくなる日も近い? :mrgreen:

何でも前もっての想定、予想で何とか対処しているようです。

咄嗟には頭が追いつけなくなっています。 :(


 締まった雪、急登の山毛欅斜面を小気味良くサクサク登る。
頂上直下、わずかに光る霧氷といらっしゃいませ~の木が歓迎してくれた。
しかも、強風が止み雲が流れて切れた。

あの木は印象的ですよね。写真を見ると終日晴れみたいな印象ですが、晴れた時の写真だけしか載せてないってことですか?

この木、あの姿勢でよく頑張ってますよね~

ほとんど、強風、曇り でした。

頂上前後で少し晴れ間が出ました。


FBUPすると、ほどなく、「照るに登ったら・・・」とP氏が場所特定してコメント
翌日、Y氏は「あの画像なら誰でも分かりまっせ~」とのこと。
「あんたら二人だけやろ~」流石の達人オッサン達でありました。

たんぽぽさんにはとても太刀打ちできません。あの人はちょっとおかしいです。 :lol:

あの・・おかしい人同志 イヤ 失礼 達人同志 敬意を表しまする :mrgreen:              

次は、栗ヶ岳、御前岳 かな~  飛騨にハマりそう。

   SHIGEKI       

SHIGEKI
記事: 744
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年2月27日(水) 21:14

バーチャリさん こんばんは。

resをありがとうございます。



有家ヶ原の近くの手頃な山、猿ヶ馬場が直ぐに思い浮かんだが、ここはスキーで行きたい

猿ヶ馬場は山スキーヤが多いですよね

そうです。10数年来の目的地なんですが、未だ果たせていません。


スノー衆当日の晴天を願って、日照岳へと向かう。~エエ心がけや~

ホンマヤー

そう、スノー衆本番のあのドピーカン はこの不肖Sの前日 露払いのおかげだったんですわ :mrgreen:


しばし、雪原のスノーシューオッサンと車内の運転オッサンの会話がはずむ。
夜の白川郷での再会を期してそれぞれの山へ


そこで一緒に行きましょうじゃなかったんですね

二人とも基本単独 なんでそれぞれのペース、夜に話しましょう てな感じですね。



滑り落ちそうな頂上雪稜、木の根バケツでゆったり眺望

大パノラマ漫喫出来ましたか
木の根バケツ 面白い表現ですね
根の周りは大きく穴が開いていますもんね

頂上部はツルッとした雪面、ヘタにザックなどを置くと

滑落?して回収不能になりそうでしたので

自然のバケツを利用しました。


FBUPすると、ほどなく、「照るに登ったら・・・」とP氏が場所特定してコメント
翌日、Y氏は「あの画像なら誰でも分かりまっせ~」とのこと。


誰でもは分かれへん
ポポンタさんや山日和さんだつたらわかりますよね

このオッサン達は異次元の住人ですね。歩くカシミール3D とも言います。


スノー衆イブは白川郷道の駅、兎夢さんにバーチャリさん、ひぃちゃんも加わって4人で山談義呑み会イブの夜は更けてゆきました。

スノー衆で初めて出来事でした。
どうでもいい話を聞きながらチビチビ飲むのもいいですね
あまり飲んでいないけど

あの~ おねえさま お二人ともそこそこ呑んでおられたと思いまするが・・・ :mrgreen:

レポ上げるのが早いですね
仕事サボったの (^_-)-☆

お・お見通し  ですね!?

バーチャリさんが :mrgreen: 上司でなかってよかった~

       SHIGEKI
20190223-P2230208.jpg

 

兔夢
記事: 575
登録日時: 2011年2月24日(木) 23:12

Re: 【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by 兔夢 » 2019年3月02日(土) 01:31

SHIGEKIさん、こんばんは。

折角の白川村へ行くなら土日で山に行きたい。と、下道を走っていると、テンガロンハットの粋な登山者。これは間違いなくSHIGEKIさんだな、と車を停めてクラクション。SHIGEKIさんはしばらく誰だかわかんないようでした。それは翌日のスノー衆参加メンバーから検索してたからだったんですね。

SHIGEKIさんが前乗りしているだろうな、とは思っていましたが、まさか出会う事ができるとは思っていませんでした。思いがけない出来事に舞い上がりました。

日照岳はこの土日山行で最初に浮かんだ候補でした。でも、過去に2回行っているところで候補から外しました。SHIGEKIさんに会った瞬間、いっしょに登ろうかな、と思いましたが見ればスノーシュー。出会いは嬉しかったけど自分の道を行こうと白川村に向かいました。SHIGEKIさんはもとより単独での日照岳を目指していたのでしょう。でも、今思えばいっしょに登ってれば良かった。

その時の約束、道の駅「白川郷」で飲みましょう、というのがとても楽しみになりました。オゾウゾ山に登ってる最中も無理をするより下山して久し振りにSHIGEKIさんと飲みかわしたい、が優先されてました。

バーチャリさん,ひぃちゃんを交えての宴会は楽しかった。久し振りに楽しく山談義できました。こういう雰囲気が好きで何時までもヤブコギネットです。

                 兔夢

SHIGEKI
記事: 744
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【飛騨】スノー衆前の「日照岳」 うれしい出会いとイブ宴会山談義

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年3月02日(土) 19:54

兔夢さんこんばんは。

resをありがとうございます。


折角の白川村へ行くなら土日で山に行きたい。と、下道を走っていると、テンガロンハットの粋な登山者。これは間違いなくSHIGEKIさんだな、と車を停めてクラクション。SHIGEKIさんはしばらく誰だかわかんないようでした。それは翌日のスノー衆参加メンバーから検索してたからだったんですね。

オール検索では頭が回らなくなってますわ~

で、経験と予測で絞り込んで脳みそ運動しますが、よく絞りミスをするのです。



SHIGEKIさんが前乗りしているだろうな、とは思っていましたが、まさか出会う事ができるとは思っていませんでした。思いがけない出来事に舞い上がりました。

こちらもびっくりしましたね~

ホンマうれしい出会いでした。



日照岳はこの土日山行で最初に浮かんだ候補でした。でも、過去に2回行っているところで候補から外しました。SHIGEKIさんに会った瞬間、いっしょに登ろうかな、と思いましたが見ればスノーシュー。出会いは嬉しかったけど自分の道を行こうと白川村に向かいました。SHIGEKIさんはもとより単独での日照岳を目指していたのでしょう。でも、今思えばいっしょに登ってれば良かった。

スノー衆前日ですので、無理せず行けるところまで と思って一人でフラフラでしたね。

兎夢さんがその気だったんなら、ボチボチでも、山頂合流でも一緒すればよかったですね。



その時の約束、道の駅「白川郷」で飲みましょう、というのがとても楽しみになりました。オゾウゾ山に登ってる最中も無理をするより下山して久し振りにSHIGEKIさんと飲みかわしたい、が優先されてました。
バーチャリさん,ひぃちゃんを交えての宴会は楽しかった。久し振りに楽しく山談義できました。こういう雰囲気が好きで何時までもヤブコギネットです。

スノー衆のための遠征が数倍楽しくなりました。

同じ山談義でもマニアックな話が通じていい酒になりましたね~

     では また 快適ザラメの 一枚バーンで

           SHIGEKI
20190223-P2230077.jpg
[/color]
                

返信