【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
シュークリーム
記事: 1722
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by シュークリーム » 2019年2月06日(水) 14:15

P2050064.jpg
ドリーネ
2月5日は高気圧が日本を覆い,全国的に快晴が約束された。こんな日に山へ行かない手はない。スノー衆からわずか2日後ではあるが,歩き始めればそんな疲れは吹っ飛ぶことはこれまでの経験からよくわかっている。問題はどこへ行くかだ。寡雪年の今年に雪で遊べる山を探すのは難しい。もちろん北へ向かえば雪があるのはわかっているのだが,このところ出不精が進行して近場の鈴鹿の中で遊べるところを探してしまう。そうすると北鈴鹿しかない。

いろいろ迷った末,ノタノ坂から土倉岳を経て丁字尾根に降りる周回ルートを選択した。問題は御池林道がどこまで入れるかだが,いつもは入れない林道も今年の寡雪で入れるところが多いようだ。行ってみるしかない。

【 日 付 】2019年2月5日(火)
【 山 域 】鈴鹿・御池
【メンバー】単独
【 天 候 】快晴
【 ルート 】ノタノ坂登山者用駐車場 7:50 --- 8:41 ノタノ坂峠 --- 10:24土倉岳 --- 10:51 テーブルランド --- 11:30 奥の平 --- 11:40 昼食 12:50 --- 丁字尾根 --- 14:06 P918 --- 15:08 御池林道 --- 15:27 駐車地

君が畑の集落を過ぎても御池林道には全く雪がない。どこまで入れるのだろうと恐る恐る車を進めると結局はノタノ坂の登山者用駐車場までなんの苦もなく入ってしまった。他に車はない。惜しむらくは快晴と思っていたのだが,空に雲がかかっていることだった。ノタノ坂へ向かう林道を見ると雪が20センチほども積もっているので,これはドアツードアのスノーシュー遊びが楽しめそうと喜んでしまう。

駐車地でスノーシューを履いて歩き出すと,雪があるのは駐車場から見えていた範囲だけで,植林地に入るとすっかり雪がなくなってしまった。結局,再び雪が繋がったのは標高900mあたりからだった。それでもめげずにスノーシューを履き続けるのはやぶこぎ流で,雪がなくても平気でスノーシューを履いて歩く。幸い,ほとんどの行程が落ち葉の積もった登山道なので,スノーシューを痛めることもなかった。

ノタノ坂の峠を左折して尾根をゆるゆる登っていく。右手には藤原岳から降りる西尾根が綺麗に見えている。昔,一度だけ西尾根を降りたことがあるが,歩きやすい良いルートだった。茨川を起点にして治田峠〜藤原岳〜西尾根の周回ルートというのも良いかもしれない。
P2050011.jpg
送電線鉄塔付近から(もう花粉飛んでます)
道は植林の中を九十九折れにゆるゆると登っている。歩きやすい道だ。P869まで登ると送電線鉄塔。植林の杉が赤くなっている。もう花粉を飛ばしているかもしれない。花粉症の人には受難の季節だ。一旦下り,900mあたりまで登り返すとようやく雪が繋がった。周囲はブナ,ナラ混交林となり,冬枯れの広葉樹林に春めいた日が差し込んで気持ちが良い。
P2050013.jpg
早春の気持ちいい疎林
右手前方にはテーブルランドの雄大な姿が見えている。歩いているうちに,曇り空からスッキリとした快晴に変わっている。朝のうち重かった足も,ようやく元気を取り戻したようだ。土倉岳手前には大きなブナの木。山日和師匠の影響なのか,最近は大きなブナを見ると写真を撮ってしまう。
P2050028.jpg
土倉岳頂上付近の大ブナ
土倉岳を右折するとそこにはテーブルランドに至る雪のルートが見えている。一旦コルまで下り,最後の登り。程よく締まった雪のおかげでそれほど苦労もせずに登ることができた。途中で想定したコースタイム通り,11時前にはテーブルランド南端に到達できた。
P2050032.jpg
テーブルランドへと続く雪原
テーブルランドの上は別世界である。最近,テレビで南米ギアナ高地のテーブルマウンテンを見たが,御池のテーブルランドもよく似た成因なのだろう。固い岩盤が上に乗って,その下部は石灰岩が雨で溶けて巨大な空洞ができているのだろう。岩は雪に覆われてどこでも気持ちよく歩くことができる。
P2050059.jpg
なんとか霧氷に間に合った
奥の平まで登ると,そこだけ霧氷が綺麗に残っている。シロヤシオか何かと思うが,白い氷で覆われた枝が,満開の花のようで美しい。北にはまだらに白くなった霊仙と,その向こうに伊吹山が見えている。
P2050087.jpg
見とれるような霧氷
ボタンブチの方に降りていくと,二人の男性と出会う。犬帰谷の左岸尾根から登ってきたという。今日はテーブルランドの独り占めかと思ったがそうもいかないようだ。今度の週末はまた慰霊登山をするのだろうな。同じ2月だというのに,2012年とはえらい違いだ。

ボタンブチまで行かずに,近くの窪地で風を避けて昼食にする。今日のメニューはおでんとトッピングとして餅を入れてみた。仕上げはいつもの甘酒。気温が上がってきているのか,時折上から霧氷が落ちてくる。

食事を終えて歩き出すと,青のドリーネの付近でワカンの男性に出会う。やはり犬帰谷左岸尾根から登ってきたという。

丁字尾根に降りる。最初は尾根形状がはっきりせず,ホワイトアウトの日は迷いやすいが,今日は下に尾根が見えているので安心だ。温度が上がって雪が腐ってきているので,MSRのスノーシューでも急斜面で滑ってこけたりする。なんとか間違わずに尾根に降りて一安心。この後は歩き慣れた道だ。

登山道からテーブルランドを振り返る。ボタンブチから落ちている絶壁。2012年には双眼鏡で伊勢尾からこの辺りを探したものだが,見つからなかった。丁字尾根から探したらテントを見つけられたかもしれないと思う。でも,その時にはもう死んでいたので同じことか。
P2050106.jpg
丁字尾根からテーブルランドを望む
P967の手前では小又谷が尾根のすぐ近くにまで登ってきている。一昨年はmichiさんと一緒に小又谷を遡行したっけ。P967を越えたあたりでスノーシューをチェーンスパイクに取り替える。

P918で左折。御池林道に降りる。除雪もしていないのに,道路上にはもうほとんど雪はなく,春の日差しを浴びて雪解け水が舗装路上を流れている。もうすっかり春の気配なのだ
                         @シュークリーム@

雨子庵
記事: 455
登録日時: 2011年10月12日(水) 19:40
住所: 名古屋(ときどき青田(飯高))

Re: 【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by 雨子庵 » 2019年2月06日(水) 17:54

シュークリームさん まいど
あめちゃんです

バタバタしてるので簡単なご返事だけ
『俺のT字尾根』楽しかったですよね、キット 

ボタンブチまで行かずに,近くの窪地で風を避けて昼食にする。今日のメニューはおでんとトッピングとして餅を入れてみた。仕上げはいつもの甘酒。気温が上がってきているのか,時折上から霧氷が落ちてくる。
ワタシのテン泊跡、無かったですか? :mrgreen:
それともボタンブチ近くのウバーレ(ドリーネとドリーネがくっついた溝状のところ)の手作り テーブルでランチかしら・・・ここはボタンブチのすぐ近くだからここまでは行ってないかも・・・。

食事を終えて歩き出すと,青のドリーネの付近でワカンの男性に出会う。
日曜日は青のドリーネ、トレースで傷だらけでした :(

もうすっかり春の気配なのだ
そうなのだ。 :D
・・・日曜は寒かったです・・・

あめちゃん

シュークリーム
記事: 1722
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by シュークリーム » 2019年2月07日(木) 06:35

あめちゃん、まいど

ワタシのテン泊跡、無かったですか? :mrgreen:
それともボタンブチ近くのウバーレ(ドリーネとドリーネがくっついた溝状のところ)の手作り テーブルでランチかしら・・・ここはボタンブチのすぐ近くだからここまでは行ってないかも・・・。


ふ〜ん、なるほど、そういうことだったのね :idea:
◯◯◯ちょとのデートテン泊だったんだ :roll:
どうりでスノー衆の欠席届の文字が踊ってると思った :D
大丈夫だよ、ちゃんと秘密にしといてあげるからね :mrgreen:


日曜日は青のドリーネ、トレースで傷だらけでした :(

ところで、この日はたろーさん率いる鈴ハイ軍団もそこらへんでテント泊していたはずなんだけど、見なかった?
                         @シュークリーム@

アバター
わりばし
記事: 1340
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by わりばし » 2019年2月08日(金) 06:23

おはようございます、シュークリームさん。

いろいろ迷った末,ノタノ坂から土倉岳を経て丁字尾根に降りる周回ルートを選択した。問題は御池林道がどこまで入れるかだが,いつもは入れない林道も今年の寡雪で入れるところが多いようだ。行ってみるしかない。

異常気象の今年ならではの楽しみ方ですね・・ :ugeek:

君が畑の集落を過ぎても御池林道には全く雪がない。どこまで入れるのだろうと恐る恐る車を進めると結局はノタノ坂の登山者用駐車場までなんの苦もなく入ってしまった。他に車はない。惜しむらくは快晴と思っていたのだが,空に雲がかかっていることだった。ノタノ坂へ向かう林道を見ると雪が20センチほども積もっているので,これはドアツードアのスノーシュー遊びが楽しめそうと喜んでしまう。

あらまあ、問題なく入れましたか。
この分だと人もたくさん入っていそうですね。
ここのところ神秘の奥の平というイメージが薄らいできたような。


ノタノ坂の峠を左折して尾根をゆるゆる登っていく。右手には藤原岳から降りる西尾根が綺麗に見えている。昔,一度だけ西尾根を降りたことがあるが,歩きやすい良いルートだった。茨川を起点にして治田峠〜藤原岳〜西尾根の周回ルートというのも良いかもしれない。

藤原のコースはいい感じですね。
ヤブと雪の状況しだいですが・・ :mrgreen:

右手前方にはテーブルランドの雄大な姿が見えている。歩いているうちに,曇り空からスッキリとした快晴に変わっている。朝のうち重かった足も,ようやく元気を取り戻したようだ。土倉岳手前には大きなブナの木。山日和師匠の影響なのか,最近は大きなブナを見ると写真を撮ってしまう。

冬のここから見る景色は圧巻です。


ボタンブチの方に降りていくと,二人の男性と出会う。犬帰谷の左岸尾根から登ってきたという。今日はテーブルランドの独り占めかと思ったがそうもいかないようだ。今度の週末はまた慰霊登山をするのだろうな。同じ2月だというのに,2012年とはえらい違いだ。

さまざまな戒めをくれた事故でした。


食事を終えて歩き出すと,青のドリーネの付近でワカンの男性に出会う。やはり犬帰谷左岸尾根から登ってきたという。

奥の平を味わうならこの時期ですが・・人が多いな。


P918で左折。御池林道に降りる。除雪もしていないのに,道路上にはもうほとんど雪はなく,春の日差しを浴びて雪解け水が舗装路上を流れている。もうすっかり春の気配なのだ

霧氷と小雪があれば後追いをしようかな?


                        わりばし

シュークリーム
記事: 1722
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by シュークリーム » 2019年2月08日(金) 10:04

わりばしさん,おはようございます。

異常気象の今年ならではの楽しみ方ですね・・ :ugeek:

そうですね。いつもは雪融け時にしか入れない林道に厳冬期の今頃入れるので,考えようによってはチャンスです。

あらまあ、問題なく入れましたか。
この分だと人もたくさん入っていそうですね。
ここのところ神秘の奥の平というイメージが薄らいできたような。


奥の平が神秘だった時代はわりばしさんが若い頃の話で,今はもう誰でも入れる場所になってしまっていますよ。

藤原のコースはいい感じですね。
ヤブと雪の状況しだいですが・・ :mrgreen:


私が歩いた時は西尾根はもう全くヤブはなかったので,いつでも歩けると思いますよ。

冬のここから見る景色は圧巻です。

冬季にこのコースを歩いたのは初めてでしたが,歩きやすく,景色もいいのでいいコースだと思いました。今度は土倉岳の南尾根を歩いてみたいですね。

さまざまな戒めをくれた事故でした。

あの時はたくさんの人たちが捜索に協力しましたよね。

奥の平を味わうならこの時期ですが・・人が多いな。

週末は人がいっぱいでしょう。

霧氷と小雪があれば後追いをしようかな?

今週末は冷え込みそうなので,いいと思いますよ。
                         @シュークリーム@

yamaneko0922
記事: 170
登録日時: 2018年11月20日(火) 06:39

Re: 【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by yamaneko0922 » 2019年2月13日(水) 22:22

シュークリームさん こんばんは

先週末は名古屋に仕事で出張していたのですが、朝起きると、ホテルから養老山地の彼方に御池岳が朝日をうけて輝いていました。本来であれば連休を名古屋周辺の雪山テン泊の予定で、名古屋での仕事を喜んで引き受けたのですが、とんだ計算違いとなりました。私の膝の怪我は少しずつ快方に向かっており、平地であれば松葉杖がなくても歩けるほどになりました。問題は階段の上り下りで、これはまだ時間がかかりそうです。シュークリームさんの鎖骨の骨折はもうかなりよくなっているのでしょうね。

>君が畑の集落を過ぎても御池林道には全く雪がない。どこまで入れるのだろうと恐る恐る車を進めると結局はノタノ坂の登山者用駐車場までなんの苦もなく入ってしまった


12月の年末に逆周回で全く同じルートを辿っております。唯一の違いは君ヶ畑の集落から車で全く先に進めなかったので、往復1時間の林道歩きが追加されたことでした。それにして2月の上旬だというのに雪の状態の違いには驚くものがありますね。その一方で、テーブルランドの霧氷を纏った樹々の幻想的な美しさは同じ・・・というより、シュークリームさんが訪れた時の方が晴天を背景に霧氷の樹々の美しさが一層、際立っているようです。

>最後の登り。程よく締まった雪のおかげでそれほど苦労もせずに登ることができた

最後の斜面の登りは私の時には新雪だったせいか、ラッセルが深くて苦労したのですが、この時期だと苦労せずに登れるのでしょうね。

この冬、もう一度、テーブルランドを訪れるつもりでおりましたが、どうやら今年は難しそうです。シュークリームさんのレポで山行気分を味わせていただきました。

シュークリーム
記事: 1722
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】ピーカンの御池テーブルランドいただきました ノタノ坂〜土倉岳〜御池〜丁字尾根周回

投稿記事 by シュークリーム » 2019年2月15日(金) 05:45

yamanekoさん、おはようございます。

先週末は名古屋に仕事で出張していたのですが、朝起きると、ホテルから養老山地の彼方に御池岳が朝日をうけて輝いていました。本来であれば連休を名古屋周辺の雪山テン泊の予定で、名古屋での仕事を喜んで引き受けたのですが、とんだ計算違いとなりました。

いいですねえ。私はこのところ雪山テン泊はすっかりご無沙汰です。そろそろ再開しようかと思ってるんですが、久しぶりだと準備が面倒くさくて。3月になったらどこかでテン泊しようかな。

私の膝の怪我は少しずつ快方に向かっており、平地であれば松葉杖がなくても歩けるほどになりました。問題は階段の上り下りで、これはまだ時間がかかりそうです。シュークリームさんの鎖骨の骨折はもうかなりよくなっているのでしょうね。

気にかけていただいてありがとうございます。この前医者に行ったら順調にくっつき始めているということで、安心しました。冷やすとまだ痛みがありますが、日常生活に支障がないほどには回復してきました。
yamanekoさんもしばらくは我慢の生活ですね。お大事にしてください。


12月の年末に逆周回で全く同じルートを辿っております。唯一の違いは君ヶ畑の集落から車で全く先に進めなかったので、往復1時間の林道歩きが追加されたことでした。それにして2月の上旬だというのに雪の状態の違いには驚くものがありますね。その一方で、テーブルランドの霧氷を纏った樹々の幻想的な美しさは同じ・・・というより、シュークリームさんが訪れた時の方が晴天を背景に霧氷の樹々の美しさが一層、際立っているようです。

レポは拝見していました。雪山は晴天の日がずっと映えますね。私は昨日、奥の畑から雨乞岳に登りましたが、曇っていたせいで、写真にすると印象がイマイチでした。
それにしても、私は君が畑から歩く気にはならないですね。山日和さんも撤退しているし。山への思いが強いなあ。


最後の斜面の登りは私の時には新雪だったせいか、ラッセルが深くて苦労したのですが、この時期だと苦労せずに登れるのでしょうね。

そうですね。午前中は冷え込んでいたせいで雪が程よくしまっていい感じでした。お昼過ぎると雪が腐ってきて最悪だったですけど。
昨日は冷え込みで雪がよくしまっていて、ずっとつぼ足で歩けました。


この冬、もう一度、テーブルランドを訪れるつもりでおりましたが、どうやら今年は難しそうです。シュークリームさんのレポで山行気分を味わせていただきました。

先週末は皆さん御池に行っていたようで、それぞれ楽しんだようですね。
どこか残雪の山で・・・
添付ファイル
P2140057.jpg
左:清水の頭 右:綿向山
                         @シュークリーム@

返信