【四国山地・石鎚山系】恒例の石鎚詣で。雪山なのに心はホッコリ。

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
雨子庵
記事: 418
登録日時: 2011年10月12日(水) 19:40
住所: 名古屋(ときどき青田(飯高))

【四国山地・石鎚山系】恒例の石鎚詣で。雪山なのに心はホッコリ。

投稿記事 by 雨子庵 » 2019年1月27日(日) 18:23

恒例のお正月の石鎚詣で。今年は元旦からアタック可能ではあったが、元日は昼から荒天予想。海岸で初日の出は見えるも10時ころから少雨。石鎚は雪雲の中だ。2日もしぐれた。予備日最終日の3日、満を持して詣でます。
初日の出.jpg
瀬戸内の初日の出(今治)
【日付】2019年1月3日(木)
【山域】四国山地・石鎚山系
【メンバー】あめちゃん(単独)
【天候】晴れ(強風)
【ルート】ロープウエィ下谷駅(下の駅)(8:40)~石鎚神社成就社(9:30)~二の鎖避難小屋(11:20)~弥山山頂(12:10~13:00)~
石鎚神社成就社(15:00)~駐車場(15:50)

秘密の無料駐車場へ。こちらは地元ヤマ屋ご用達の場所、スペース見つけて駐車。石鎚ロープウェー乗り場は始発にヒトが溢れ(上にスキー場もありますので)積み残し、次を待つ(ちなみにここは往復チケットならモンベルカードで割引があります)。
しばらくの歩きで石鎚神社成就社着
『おはようございます!あめちゃんです』 :D
『おお、あめちゃん、お久しぶり』 :D
『今から上に行ってきます。帰りにまたご挨拶にきます』
『気をつけて』
遙拝殿から仰ぐ石鎚は残念ながら雲の中。「天気は回復」の予報を信じてノンビリ歩きます。例年と比べると雪も少なく、氷点下ながら気温も高く感じます。
きれいな二の鎖避難小屋で小休止。これまたいつものようにここからアイゼンをつけます。ストックも小屋にデポしてピッケルに。
鎖場の巻き道も雪はついているものの、いつもの凍っているところも水が少ないせいか雪で覆われ歩きやすくなっています。
路はくっきり.jpg
いわゆる桟道。例年より雪少なく歩きやすい
三の鎖を過ぎると右手に分かれる道の標識が。この秋に歩いた二の森へと続く道を指すが、当たり前のようにトレースは無く、ただ崖のような雪の斜面が続いているだけだ。少しの登りでいつものように唐突に尾根に飛び出る。一気に明るく視界が開ける。けれど、ああっ、天狗岳(石鎚山頂上)はガスの中だ・・・瀬戸内海(北西)から吹き付ける強風が石鎚の北壁にぶつかりガスを生じさせ次から次へと尾根にグォングォンと登ってくる。太平洋(高知)側はすごくいい天気なのに・・・。
吹き付ける強風.jpg
つぎつぎと吹き上がるガス
ただ今日は天気予報大正解、ガスは少しずつ薄くなっている。いつもの秘密の避難小屋(定員7名くらいか)に入れてもらいヒルメシ。今日はテムレスデビューだったのだが誰もいないなぁ、と思っていたら後から入ってきた人がテムレス。『こんにちは、テムレス僕たちだけですね』と話しかけたけど怪訝そうな顔をされただけでした・・・。 :cry:
視界が晴れた頂上から見渡す360°の展望。まずは先回(初冬に)歩いたルートの出発点の堂が森(避難小屋があります)、その前にドォーンと二の森。
二の森.jpg
三つ子ちゃんの右手一番奥が「堂が森」。真ん中が桑瀬の頭」、手前が「二の森」。右手前単独峰は「西の冠岳」
面河谷を見下ろしながら後ろを向くと天狗岳(強者が往復しているのが見えます、スゲェなぁ)。それから続く「俺の」東陵、まさに四国の背骨だ。 :mrgreen:
天狗.jpg
恐竜。「ガオォ~」と聞こえてきそう
土小屋の向こうにスカイラインが続きピョコンとした子持権現の向こうの塊の山が瓶ケ森(2泊目の避難小屋があります)だ。・・・なんだかんだでこの界隈1ヶ月で2回歩いてることに・・・。
瓶が森.jpg
瓶が森。避難小屋は左手の端の方。瓶の右にイボみたいな子持権現、わかるかなぁ?
下りにペースが似てる単独女性と一緒に(登りもなんとなく一緒だった)。
『あの天狗岳往復してたのは今治の●●さんといいます。さっきあいさつしたとき、「石鎚は何回目?」と聞いたら「今年はまだ2回目」って言われました。今日まだ3日なのにね』 :)
とクスクス教えてくれました。
『私今治出身ですが、そんなヒトがいるなんて・・・』
それ以外にも近くのいい山とか教えていただき、このヒトも詳しい方でした。
おかげで途中で追いついた●●さんに
『●●さん、私も今治出身で、あめちゃんといいます』とあいさつができました。
彼女と別れ途中でアイゼンはずしていると後から来た2人組が
『テムレスの方ですね』
『?』
『さっき話しかけていただいた、テムレスです』 :)
『ああ』 :D
聞けば東京からの四国遠征。この後レンタカーで高知まで行き料理を堪能するとのこと。楽しそうな休みの過ごし方やなぁ。せっかくなので、遙拝殿もご案内。
遥拝殿2.jpg
機嫌がいいとクッキリ石鎚が見えますが、今日は恥ずかしがって
楽しく別れ、そのあと本殿にご挨拶。
『あめちゃんです。無事おりてきました』
『いやぁ、あめちゃん、ホント久しぶりやなぁ。けどね、2日に来ないと。2日の夜にね、わかるやろ。今年も話してたんよ、来ないのかなぁって。来年は、ね』 ;)
そうなのだ、3年前この人たちの夜の食事会にムリヤリ飛び込んだんだけどホントに盛り上がったなぁ。
よもやま話をしていると
『あめちゃん、これをお持ちなさい。特別に差し上げます』
お土産をいただいた。感謝のあまり両手を伸ばしいただきながら嗚咽するほど泣いてしまった。なんでこんなに親切にしていただけるんだろう・・・。 :cry:
何名かの成就社の方と下りが一緒に。ロープウェーにも一緒に乗ったのだけど、大勢のスキーヤーに混じった登山者1名と白装束数名(ある方はザックも白でした)。荷物の割にはゆっくりした足取りだなぁと思っていたら、
『あめちゃん、お正月参拝していただいた皆さんの気持ちも運んでいます』 ;)
そりゃあ重いはずだ。
下の駅ではタクシーが待っていて彼らはそれで里の石鎚神社へ。見えなくなるまで手を振りあい別れました。

恒例の石鎚詣で、いつもいつもなにかしらホッコリさせられるのです。
里から.jpg
里から見る石鎚。今日はこの左の稜線を歩きました
あめちゃん

シュークリーム
記事: 1609
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【四国山地・石鎚山系】恒例の石鎚詣で。雪山なのに心はホッコリ。

投稿記事 by シュークリーム » 2019年1月28日(月) 05:05

あめちゃん,おはようございます.
新年早々,いい山歩きができてよかったですね.やっぱ山でも人とのいい触れ合いがあると心に残りますね.
初めてあった人でもすぐに打ち解けられるのは,あめちゃんの人徳でしょう.私は人見知りするので,所見の人と打ち解けるのはなかなか難しいです.
今度のスノー衆は欠席のようですが,またどこかの冬山で・・・
松本のホテルにて.
                         @シュークリーム@

SHIGEKI
記事: 680
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【四国山地・石鎚山系】恒例の石鎚詣で。雪山なのに心はホッコリ。

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月28日(月) 20:33

雨ちゃん こんばんは。


元日は昼から荒天予想。海岸で初日の出は見えるも10時ころから少雨。石鎚は雪雲の中だ。2日もしぐれた。予備日最終日の3日、
満を持して詣でます。

あのFB頂上、風になびくリーシュの石鎚ですね :mrgreen:




【日付】2019年1月3日(木)
【山域】四国山地・石鎚山系
【メンバー】あめちゃん(単独)
【天候】晴れ(強風)
【ルート】ロープウエィ下谷駅(下の駅)(8:40)~石鎚神社成就社(9:30)~二の鎖避難小屋(11:20)~弥山山頂(12:10~13:00)~
石鎚神社成就社(15:00)~駐車場(15:50)

四国の山は、’07ねんの三嶺 一昨年の沢 と2回しか行けてませんが、いつも射程圏内に入ってます。

今年もさわと山、狙ってますが・・・



下りにペースが似てる単独女性と一緒に(登りもなんとなく一緒だった)。
『あの天狗岳往復してたのは今治の●●さんといいます。さっきあいさつしたとき、「石鎚は何回目?」と聞いたら「今年はまだ2回目」って言われました。今日まだ3日なのにね』 :)
とクスクス教えてくれました。
『私今治出身ですが、そんなヒトがいるなんて・・・』
それ以外にも近くのいい山とか教えていただき、このヒトも詳しい方でした。
おかげで途中で追いついた●●さんに
『●●さん、私も今治出身で、あめちゃんといいます』とあいさつができました。
彼女と別れ途中でアイゼンはずしていると後から来た2人組が
『テムレスの方ですね』
『?』
『さっき話しかけていただいた、テムレスです』 :)
『ああ』 :D
聞けば東京からの四国遠征。この後レンタカーで高知まで行き料理を堪能するとのこと。楽しそうな休みの過ごし方やなぁ。せっかくなので、遙拝殿もご案内。
遥拝殿2.jpg
楽しく別れ、そのあと本殿にご挨拶。
『あめちゃんです。無事おりてきました』
『いやぁ、あめちゃん、ホント久しぶりやなぁ。けどね、2日に来ないと。2日の夜にね、わかるやろ。今年も話してたんよ、来ないのかなぁって。来年は、ね』 ;)
そうなのだ、3年前この人たちの夜の食事会にムリヤリ飛び込んだんだけどホントに盛り上がったなぁ。
よもやま話をしていると
『あめちゃん、これをお持ちなさい。特別に差し上げます』
お土産をいただいた。感謝のあまり両手を伸ばしいただきながら嗚咽するほど泣いてしまった。なんでこんなに親切にしていただけるんだろう・・・。 :cry:

エエ出会いでんなぁ~ 山に入るだけでもいいのによき人たちとの出会いまであれば、最高の一日ですね。

お~ 嗚咽しましたか~ 浸みたんですな~


恒例の石鎚詣で、いつもいつもなにかしらホッコリさせられるのです。

年の初めに三日間かけた値打ち、いやそれ以上の価値がありましたね。

  では また ゴジラ岩のてっぺんで

       SHIGEKI
添付ファイル
DSCN5093.jpg
懐かしい避難小屋

雨子庵
記事: 418
登録日時: 2011年10月12日(水) 19:40
住所: 名古屋(ときどき青田(飯高))

Re: 【四国山地・石鎚山系】恒例の石鎚詣で。雪山なのに心はホッコリ。

投稿記事 by 雨子庵 » 2019年1月30日(水) 18:07

シュークリームさん まいど
あめちゃんです

新年早々,いい山歩きができてよかったですね.やっぱ山でも人とのいい触れ合いがあると心に残りますね.
ここの山歩きは、今までいろんな人にお世話になってますので、そのご奉公もあり割と話しかけます・・多少先輩ヅラで ;)

初めてあった人でもすぐに打ち解けられるのは,あめちゃんの人徳でしょう.私は人見知りするので,所見の人と打ち解けるのはなかなか難しいです

この辺は誤解されてる気がしますが・・・まあまあ
シュークリームさんだって、いきなり訪ねてきてくれたじゃないですか、ソノムカシ :D

今度のスノー衆は欠席のようですが,またどこかの冬山で・・・
空に向かって私の名を叫んでください。キット聞こえます。そしたら私も大声で答えます。 :o

松本のホテルにて.
次は誘ってください :mrgreen:

あめちゃん

雨子庵
記事: 418
登録日時: 2011年10月12日(水) 19:40
住所: 名古屋(ときどき青田(飯高))

Re: 【四国山地・石鎚山系】恒例の石鎚詣で。雪山なのに心はホッコリ。

投稿記事 by 雨子庵 » 2019年1月30日(水) 18:25

SHIGEKIさん まいど
あめちゃんです

あのFB頂上、風になびくリーシュの石鎚ですね :mrgreen:
そうです。北風ピープー。ただ妙に暖かくは・・・無かったけど、冷たくも無かったです

四国の山は、’07ねんの三嶺 一昨年の沢 と2回しか行けてませんが、いつも射程圏内に入ってます。
今年もさわと山、狙ってますが・・・

お待ちしています ;)
写真は三嶺の避難小屋ですね。わたしも『さおりが原』(高知県側)経由で泊まったことがあります

エエ出会いでんなぁ~ 山に入るだけでもいいのによき人たちとの出会いまであれば、最高の一日ですね。
そう思います。ただ、そのヒトがどう思っているかも瞬時に判断しないといけないので疲れますが・・・
SHIGEKIさんとの初遭遇はワンダーランド。例のバイクで来てたヒト(京都の釣り師?)の対応の後だったので私がヒトに対し少々疲れていて、ぞんざいな口調だったかもしれません・・・目上のヒトに。許してチョンマゲ。 :D

お~ 嗚咽しましたか~ 浸みたんですな~
わざわざ奥から違うヒトが出てきて、わざわざ奥から持ってきてくれました。
両手を差し出したとき最初はワタシも笑ってたのですが、そのまま涙チョチョギレました。チト恥ずかしい・・・ :oops:

年の初めに三日間かけた値打ち、いやそれ以上の価値がありましたね。
ハイ。
モチロン3日間は連チャンの新年会でしたが :mrgreen:

  では また ゴジラ岩のてっぺんで
『ガアォ~』 :o

あめちゃん

返信