【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
SHIGEKI
記事: 797
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月24日(木) 18:39

【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ
~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

【日 時】2019/01/23
【山 域】台高
【メンバー】 びわ爺 SHIGEKI
【天 候】曇
【コース】P8:10-ca1010 10:50-P1110ランチ11:50/12:50-ca1210 13:35-ブンゲン15:00-県道 17:06-P17:35
20190123-P1231770.jpg
びわ爺の平日好天予報山行、仕事の予定がありスルーしていたが、雪山歩きへの想い断たれず、「しっかり介護せよ」
との激励を受けて乗っかった。

 GPV予報では湖北は重い曇天、それなりの雪がありそうで曇だが晴れ間の覗く予報の伊吹周辺、ブンゲンを目指した。

 甲津原の集落に入ると道路脇に除雪されたそれなりの量の雪が残っている。
現地で探した駐車地は神社の大杉下、取り付きはそこから見上げた尾根とした。
尾根下のお寺敷地で既に20cmの積雪、スノーシュー装着
20190123-P1231538.jpg
お寺の裏斜面は山毛欅林
 回り込んで尾根を見上げると何と早くもそこは山毛欅の林だった。
急登一発!あとは山毛欅林の散歩気分でと思いきや、片側植林のヤブ尾根歩きとなった。
さらに、新雪20cmが乗ったガボり雪の長~い急登
膝上まで沈み込んでおまけに斜面を滑り落ちながら何とか大石を回り込んだ。

 かわいい雪庇のできた山毛欅の雪稜を行くが時折灌木が邪魔をする。
県境稜線にさえ到達してもいないのに、風のないP1110下、山毛欅の足下でランチとした。
プシューでささやかに乾杯、山談義に花が咲く。
20190123-P1231600.jpg
20190123-P1231670.jpg
 稜線直下は見事な山毛欅に霧氷が咲いているが、曇天とガスの背景では地味な装いでしかない。
県境稜線P1210 ここからの大展望を期待してきたのだが、かすかに目指すブンゲンが確認できる程度だ。
それでも稜線漫歩と歩き出すが、何とこんなところで新雪の乗っかったヤブに捕まる。
足下は穴にハマるは、雪の着いた枝が跳ねるは、首筋から冷た~い雪が背中にはいるは・・・
江美県境稜線!なかなかやってくれるやんけ~
20190123-P1231718.jpg
県境稜線尾根で難儀
下りの苦手な不肖Sは既に尻尾クルクル、帰りの尾根をさぐっていたが、びわ爺に背中を押されてブンゲンへ
ここは何年か前にスキー場から来たのと、沢から登って来てスキー場へ下ったことがある。
平坦な小広場、展望がなければ取り柄はない。
が、手前の無木立の緩斜面や西側の山毛欅林は心を和ませてくれる。
20190123-P1231745.jpg
 帰りの尾根は山毛欅、楢の自然林でたまに出てくる小うるさい灌木以外は快適、スキー場の駐車料金徴収小屋
までしっかり雪が繋がっていた。

では また こんどこそ 蒼穹の雪稜で

SHIGEKI

biwaco
記事: 947
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
住所: 滋賀県近江八幡市

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by biwaco » 2019年1月24日(木) 20:45

SHIGEKI旦那、さっそくのレポ、お疲れさま。
介護、引率、ありがとうさんでした。<m(__)m>
おかげさまで、ほぼ予定通りの周回完遂できましたね(^^♪
【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ
~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~
このタイトル、プレッシャーが痛い!(^_-)

びわ爺の平日好天予報山行、仕事の予定がありスルーしていたが、雪山歩きへの想い断たれず、「しっかり介護せよ」
との激励を受けて乗っかった。


ミッションの指令官はシュークリさん?
 回り込んで尾根を見上げると何と早くもそこは山毛欅の林だった。
急登一発!あとは山毛欅林の散歩気分でと思いきや、片側植林のヤブ尾根歩きとなった。
さらに、新雪20cmが乗ったガボり雪の長~い急登
膝上まで沈み込んでおまけに斜面を滑り落ちながら何とか大石を回り込んだ。
最初のエサ(ブナ)に食い付いて、すっかり釣りあげられました。
P1230800.jpg
取り付きのヤブを越えるとブナの疎林に
 かわいい雪庇のできた山毛欅の雪稜を行くが時折灌木が邪魔をする。
県境稜線にさえ到達してもいないのに、風のないP1110下、山毛欅の足下でランチとした。
プシューでささやかに乾杯、山談義に花が咲く。
ここまでくれば、あとはパラダイス♪
ところが何をボケてたのかアワワの忘れ物に気づいて奈落の底へ…(@_@;)
救いの命水を戴き、生き返りました。
青空も眺望も見え隠れでしたが、マッタリランチしてたらいつの間にか1時間たってました。
P1230849.jpg
ランチの1110ピークから西を望む
 稜線直下は見事な山毛欅に霧氷が咲いているが、曇天とガスの背景では地味な装いでしかない。
県境稜線P1210 ここからの大展望を期待してきたのだが、かすかに目指すブンゲンが確認できる程度だ。
P1210は晴れてたら最高のビューポイントでしょうね!(^^)!
この日は霧のベールがなかなか晴れてくれませんでした。
スマホのアンテナが立ったんで、Fbに霧中写真を送信しましたが、果たして届いたのかどうか…(?_?)
P1230895.jpg
1210ピークからブンゲン方面
それでも稜線漫歩と歩き出すが、何とこんなところで新雪の乗っかったヤブに捕まる。
足下は穴にハマるは、雪の着いた枝が跳ねるは、首筋から冷た~い雪が背中にはいるは・・・
江美県境稜線!なかなかやってくれるやんけ~
ホンマ、県境稜線でルー・ファイせんなんとは、思いませんでした。
下りの苦手な不肖Sは既に尻尾クルクル、帰りの尾根をさぐっていたが、びわ爺に背中を押されてブンゲンへ
ここは何年か前にスキー場から来たのと、沢から登って来てスキー場へ下ったことがある。
平坦な小広場、展望がなければ取り柄はない。
が、手前の無木立の緩斜面や西側の山毛欅林は心を和ませてくれる。
下り尾根の分岐から50mほどの標高差。これなら行ってしまいましょう! と決断しました。
スキー場からのDJアナウンスが耳障りでしたが、無人の山頂では晴れ間も出てくれました。
手前の雪原は“雪桜”が満開で素晴らしかったですね(^^♪
P1230931.jpg
「雪桜」の雪原を行く
 帰りの尾根は山毛欅、楢の自然林でたまに出てくる小うるさい灌木以外は快適、スキー場の駐車料金徴収小屋
までしっかり雪が繋がっていた。
長いけれどいい感じの尾根でした。ここは夏道もあるそうですね。
なんとか闇下にならず、神社に戻れました。後ろからのスキー帰り車を気にしながらの車道歩きが辛かったけれど…(@_@;)

サンデー毎日の爺のお誘いにご協力、ほんとにありがとうさんでした。
次は周りが見える日に稜線漫歩したいもんです。

                    ~biwa爺

SHIGEKI
記事: 797
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月26日(土) 11:31

biwacoさん

いい雪、誰にも会わない雪領、お疲れ様でした。

お返事遅くなり申し訳ありません。

介護、引率、ありがとうさんでした。<m(__)m>
おかげさまで、ほぼ予定通りの周回完遂できましたね(^^♪
20190123-P1231572.jpg
もう少し積雪あれば、滋賀県側からの周回ルートがいくつもとれて静かで

よいフィールドですね。

びわ爺に何度も背中を押していただきました。

お互い楽しくエエペースで歩けたと想います。



【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ
~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

このタイトル、プレッシャーが痛い!(^_-)

ま、スノー衆は元気なお方がたくさん折られますので、しゃしゃり出るのは

お互いやめときましょう :mrgreen:




ミッションの指令官はシュークリさん?

さすがのご明察・・・・てか、なこと言うシト他におりまへん。

 回り込んで尾根を見上げると何と早くもそこは山毛欅の林だった。
急登一発!あとは山毛欅林の散歩気分でと思いきや、片側植林のヤブ尾根歩きとなった。
さらに、新雪20cmが乗ったガボり雪の長~い急登
膝上まで沈み込んでおまけに斜面を滑り落ちながら何とか大石を回り込んだ。
最初のエサ(ブナ)に食い付いて、すっかり釣りあげられました。

いきなりの山毛欅林 急なのと、お寺の直近なので手がはいってないんでしょうね?


ここまでくれば、あとはパラダイス♪
ところが何をボケてたのかアワワの忘れ物に気づいて奈落の底へ…(@_@;)
救いの命水を戴き、生き返りました。
青空も眺望も見え隠れでしたが、マッタリランチしてたらいつの間にか1時間たってました。

風もなく、山毛欅の袂でまったりしました。


P1210は晴れてたら最高のビューポイントでしょうね!(^^)!
この日は霧のベールがなかなか晴れてくれませんでした。
スマホのアンテナが立ったんで、Fbに霧中写真を送信しましたが、果たして届いたのかどうか…(?_?)

快晴の大展望のため、再訪しましょう!

ホンマ、県境稜線でルー・ファイせんなんとは、思いませんでした。

ここできて雪まみれのヤブかよ~って 


下り尾根の分岐から50mほどの標高差。これなら行ってしまいましょう! と決断しました。
スキー場からのDJアナウンスが耳障りでしたが、無人の山頂では晴れ間も出てくれました。
手前の雪原は“雪桜”が満開で素晴らしかったですね(^^♪
20190123-P1231765.jpg
このほんの少しの登り下りでいい景色を見ることができました。

大正解です。



長いけれどいい感じの尾根でした。ここは夏道もあるそうですね。
なんとか闇下にならず、神社に戻れました。後ろからのスキー帰り車を気にしながらの車道歩きが辛かったけれど…(@_@;)

夏道は、もっとスキー場の方へいってます。ほんとは、歩いたよりは左の尾根を行く予定でいたが、

ちょこっとミスりました。



サンデー毎日の爺のお誘いにご協力、ほんとにありがとうさんでした。
次は周りが見える日に稜線漫歩したいもんです。

今降ってる大雪が締まって、晴れ間が多くなり出したら、行き倒さなあきまへんね~

    では また 崩落寸前 雪庇の彼方で

       SHIGEKI

シュークリーム
記事: 1719
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by シュークリーム » 2019年1月27日(日) 08:43

SHIGEKIさん,おはようございます.びわ爺の介護,お疲れさんでした.
私も冬のブンゲンには一度行きたいと思っているんですが,まだ行けていません.もうちょっと雪が降ったら行ってみます.
夏に竹谷谷を詰め上がったことはあるんですけどね.


びわ爺の平日好天予報山行、仕事の予定がありスルーしていたが、雪山歩きへの想い断たれず、「しっかり介護せよ」
との激励を受けて乗っかった。


いや,私は全然激励していないと思うんですけどね.どなたか別の人では?

 GPV予報では湖北は重い曇天、それなりの雪がありそうで曇だが晴れ間の覗く予報の伊吹周辺、ブンゲンを目指した。

さようですか.鈴鹿のほうは晴天予想でした.実際には曇りでしたが,展望は良かったですね.

それでも稜線漫歩と歩き出すが、何とこんなところで新雪の乗っかったヤブに捕まる。
足下は穴にハマるは、雪の着いた枝が跳ねるは、首筋から冷た~い雪が背中にはいるは・・・
江美県境稜線!なかなかやってくれるやんけ~


他の人のレポだと稜線漫歩のイメージなんだけど,やっぱまだ雪が少なめなんですかね.

下りの苦手な不肖Sは既に尻尾クルクル、帰りの尾根をさぐっていたが、びわ爺に背中を押されてブンゲンへ

ここら辺がびわ爺の真骨頂ですな.3回目のビバークにならなくて良かった.

 帰りの尾根は山毛欅、楢の自然林でたまに出てくる小うるさい灌木以外は快適、スキー場の駐車料金徴収小屋
までしっかり雪が繋がっていた。


やぶとの戦い,お疲れさんでした.
今度のスノー衆では十分な雪になりそうですね.
また江越国境の山で・・・
                         @シュークリーム@

アバター
山日和
記事: 2756
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by 山日和 » 2019年1月27日(日) 21:46

SHIGEKIさん、こんばんは。

 甲津原の集落に入ると道路脇に除雪されたそれなりの量の雪が残っている。
現地で探した駐車地は神社の大杉下、取り付きはそこから見上げた尾根とした。

私はいつも甲津原交流センターの駐車場に止めてます。
P1200320_1.JPG
さらに、新雪20cmが乗ったガボり雪の長~い急登
膝上まで沈み込んでおまけに斜面を滑り落ちながら何とか大石を回り込んだ。

これは前途が思いやられますねえ。 :oops:

県境稜線にさえ到達してもいないのに、風のないP1110下、山毛欅の足下でランチとした。

県境稜線まであとひと息ですが、風のないのを優先しましたか。

県境稜線P1210 ここからの大展望を期待してきたのだが、かすかに目指すブンゲンが確認できる程度だ。

これは残念ですね~
代わりにこの画像で慰めてあげましょう。 :mrgreen:
パノラマ 3_1.JPG
県境稜線P1210からの眺め
下りの苦手な不肖Sは既に尻尾クルクル、帰りの尾根をさぐっていたが、びわ爺に背中を押されてブンゲンへ

ここまで来たらブンゲンは目の前。ですが時間が・・・

平坦な小広場、展望がなければ取り柄はない。
が、手前の無木立の緩斜面や西側の山毛欅林は心を和ませてくれる。

そうですねえ。見えなかったらどこでも同じです。
私は山頂手前の平坦地でランチしました。
パノラマ 4_2_1.JPG
山頂北東のポコあたりも散策
 帰りの尾根は山毛欅、楢の自然林でたまに出てくる小うるさい灌木以外は快適、スキー場の駐車料金徴収小屋
までしっかり雪が繋がっていた。

北西尾根もずっとブナ林でいいですね。矢谷への支尾根を下るつもりだったと聞きましたが・・・ :mrgreen:

                   山日和

SHIGEKI
記事: 797
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月28日(月) 20:54

シュークリームさん こんばんは。

resをありがとうございます。


SHIGEKIさん,おはようございます.びわ爺の介護,お疲れさんでした.
私も冬のブンゲンには一度行きたいと思っているんですが,まだ行けていません.もうちょっと雪が降ったら行ってみます.
夏に竹谷谷を詰め上がったことはあるんですけどね.

介護どころか、不肖Sの方が背中を押されました。

竹屋谷ですね。トロピカルで楽しい谷ですね。

不肖Sはこの谷を遡って、ブンゲンからそのまま一直線で奥伊吹スキー場へと下りました :mrgreen:  


いや,私は全然激励していないと思うんですけどね.どなたか別の人では?

ですよね。いつもスノー衆で介護しているシトでしたわ。


さようですか.鈴鹿のほうは晴天予想でした.実際には曇りでしたが,展望は良かったですね.

ま、湖北、奥美濃よりはエエやろとのギリギリの選択でした。


それでも稜線漫歩と歩き出すが、何とこんなところで新雪の乗っかったヤブに捕まる。
足下は穴にハマるは、雪の着いた枝が跳ねるは、首筋から冷た~い雪が背中にはいるは・・・
江美県境稜線!なかなかやってくれるやんけ~


他の人のレポだと稜線漫歩のイメージなんだけど,やっぱまだ雪が少なめなんですかね.

明らかに少なかったです。でも、最初からず~とスノーシュー履きっぱなしですから、よしとしておきましょう。


ここら辺がびわ爺の真骨頂ですな.3回目のビバークにならなくて良かった.

それだけは絶対避けようと決めていました、キッパリ 

オッサン2人のビバ  あまりにも惨めでんがな~



やぶとの戦い,お疲れさんでした.
今度のスノー衆では十分な雪になりそうですね.
また江越国境の山で・・・


若干のヤブはあったものの、スノーシューハイクとしては、マズマズの一日でした。

今度は 大軍団で北東攻めですね。

    では また 熊狩りの江越国境の稜線で

        SHIGEKI

添付ファイル
20190123-P1231779.jpg

SHIGEKI
記事: 797
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月28日(月) 21:12

山日和さん こんばんは。

resをありがとうございます。

私はいつも甲津原交流センターの駐車場に止めてます。

そこへと思いながら、先へ先へと進み、神社に辿り着いてしまいました。


さらに、新雪20cmが乗ったガボり雪の長~い急登
膝上まで沈み込んでおまけに斜面を滑り落ちながら何とか大石を回り込んだ。

これは前途が思いやられますねえ。 :oops:
20190123-P1231553.jpg
この先はいい山毛欅林でした。

が、思いも寄らぬ県境稜線で雪まみれのヤブに捕まりました。


県境稜線にさえ到達してもいないのに、風のないP1110下、山毛欅の足下でランチとした。

県境稜線まであとひと息ですが、風のないのを優先しましたか。

爺の指令です。 無風でゆっくりできました。

スキー場の騒音も聞こえず静かで・・


県境稜線P1210 ここからの大展望を期待してきたのだが、かすかに目指すブンゲンが確認できる程度だ。

これは残念ですね~
代わりにこの画像で慰めてあげましょう。 :mrgreen:

これこれ これを見にひぃ~こらと登ったのにぃ~


手前の無木立の緩斜面や西側の山毛欅林は心を和ませてくれる。

そうですねえ。見えなかったらどこでも同じです。
私は山頂手前の平坦地でランチしました。

ですね、このあたりは、いい感じのところでした。


 帰りの尾根は山毛欅、楢の自然林でたまに出てくる小うるさい灌木以外は快適、スキー場の駐車料金徴収小屋
までしっかり雪が繋がっていた。

北西尾根もずっとブナ林でいいですね。矢谷への支尾根を下るつもりだったと聞きましたが・・・ :mrgreen:

あらあら、全てお見通しですね、登山道はスキー場方向へと行ってしまうので、途中から左の尾根に入りましたが、

その少し手前で、左の尾根へ入ると、車道歩きがほんの少しで済むはずだったんですわ。

天気予報を見ての平日山行、贅沢言ったら切りがありません。

楽しく雪山で遊ばせてもらったいい一日でした。

    では また 熊狩り 勢子集団と化したスノー衆で

       SHIGEKI

yamaneko0922
記事: 170
登録日時: 2018年11月20日(火) 06:39

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by yamaneko0922 » 2019年1月29日(火) 11:39

SHIGEKIさん biwa爺さん こんにちは

昨年の12月末 ブンゲン~国見の縦走を狙ってブンゲンを訪れたのですが(車を一台国見峠にデポ)、いくつかのハプニングにより縦走を諦めて、ブンゲンの西尾根を下りました。おそらく、同じルートを辿ったのではないかと思われます。ブンゲンの西斜面、お二人が写真を撮られたのと同じあたりで写真を撮っているのですが、お二人が眺められた景色の美しさに吃驚です。
PC228636ss.jpg

>夏道は、もっとスキー場の方へいってます。ほんとは、歩いたよりは左の尾根を行く予定でいたが、

西尾根はすぐに雪がすくなりましたが、踏み跡は薄いながらも夏道を辿りました。夏道は天狗谷へと下りることになりましたが、お二人が辿られたのは夏道の西側の尾根でしょうか?

ちなみに私が訪れた時はスキー場が12月の下旬だというのに雪が少ないために営業しておらず、スキー場のゲレンデを登ったのですが、積雪期は様々な選択肢がありそうですね。

>快晴の大展望のため、再訪しましょう!

私が訪れた時はガスガスで頂上でようやく雲が取れてきたのですが、西尾根を下っている最中にすっかり晴れてきたのでした。
私も快晴の大展望のため、いつか再訪したいところです。
山日よりさんの美しい写真を拝見して、その意を固めました。残念ながら今季は難しいかもしれませんが・・・
PC228635ss.jpg
ブンゲン手前のピークよりブンゲン、虎子山を眺めて

biwaco
記事: 947
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
住所: 滋賀県近江八幡市

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by biwaco » 2019年1月30日(水) 11:27

SHIGEKIさん biwa爺さん こんにちは
yamanekoさん、こんにちは~♪
膝の具合はいかがですか? はやく治してくださいマセ(^_-)
ブンゲンの西斜面、お二人が写真を撮られたのと同じあたりで写真を撮っているのですが、お二人が眺められた景色の美しさに吃驚です。
西尾根の下り始めの絶景ポイントは素晴らしいですね(^^♪ 
空はガスっぽかったのですが、ちょうど琵琶湖の湖面に陽光が反射してオレンジ色に光ってました。
P1230956.JPG
輝く湖面~山頂直下から西方
夏道は天狗谷へと下りることになりましたが、お二人が辿られたのは夏道の西側の尾根でしょうか?
co1000mから左の真西へ折れるところを北西へ直進してしまい、林道が延びてきている二股へ出ました。
すぐ料金所でしたが、その後の車道歩きが辟易でした。(@_@。
ちなみに私が訪れた時はスキー場が12月の下旬だというのに雪が少ないために営業しておらず、スキー場のゲレンデを登ったのですが、積雪期は様々な選択肢がありそうですね。
10年ほど前の12月に行った時、同じように開業準備中のスキー場の左端を登り、品又峠からブンゲンへ向かいました。
このエリアは尾根がいっぱいあって、雪も多いので、積雪期の楽しみ方もより取り見取りですね(^^♪
私が訪れた時はガスガスで頂上でようやく雲が取れてきたのですが、西尾根を下っている最中にすっかり晴れてきたのでした。
私も快晴の大展望のため、いつか再訪したいところです。
山日よりさんの美しい写真を拝見して、その意を固めました。残念ながら今季は難しいかもしれませんが・・・
同じような天候パターンでしたね(^_-)
しっかり足を治して、来季をお楽しみに~(^^♪

                  ~biwa爺

SHIGEKI
記事: 797
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥伊吹】モフモフバージンスノーと戯れながらブンゲンへ ~快調びわ爺、次回スノー衆のトップを狙う?~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月30日(水) 22:51

yamaneko0922さん こんばんは。

resをありがとうございます。



びわ爺が全てお返事してくれましたので、不肖Sはお見舞いを申し上げます。

山日和さんとの奇跡的な出会いから、ヤブコギネットを盛り上げて頂き、

不肖Sもここ数ヶ月のうちには偶然どこかでバッタリするのではと期待してました。

ま、それが少し伸びただけのこと、じっくり完治してヤブにyamaneko旋風を巻き起こしてください。

しばらくは、不肖Sが 枯れ木も山の・・的な repでつないでおきますわ :mrgreen:

実は本日は、ブンゲンの対岸で白山見ながら板に乗っておりました。

    では また どこか 快気祝いの新雪?残雪?のスノーテーブルで

        SHIGEKI


添付ファイル
20190130-P1302006.jpg
目の毒ですかね~

返信