【鈴鹿山脈】 綿向山でスノーシュー三昧

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
落第忍者
記事: 1201
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: 【鈴鹿山脈】 綿向山でスノーシュー三昧

投稿記事 by 落第忍者 » 2019年1月05日(土) 17:42

宮指路さん、あけましておめでとうございます。

暖かい日が続いていますので雪は少し減ったかもしれませんが、好天の下で綺麗な霧氷を見ることが出来て良かったですね。

山頂からの降りで凍結していると少し怖い時もあるのですが、スノーシューが効けば安心だと思います。

シュークリームさんとの同行で冒険もされたのでしょうか?
落第忍者

アバター
山日和
記事: 2567
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: 【鈴鹿山脈】 綿向山でスノーシュー三昧

投稿記事 by 山日和 » 2019年1月07日(月) 22:30

落忍さん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくです。

1時間圏内で手軽ということもあって、鈴鹿で一番通っている山が綿向山。
実は12月に4回も入っていたりして。

もうすっかり綿向山マイスターですね。 :lol:

6時前に御幸橋駐車場に到着するも新年山行の人が多いためか、入り口付近で最後の1台が埋まった模様。
暗くて様子は判らないが、除雪置き場で場内は狭くなっているらしい。

さすが人気の綿向山。初日の出登山の人も多いのかな?

このままでは帰れないので熊野神社に寄ってみることに。
蔵王ダムを過ぎてグリム冒険の森の看板で左折、神社の駐車場まで完全に除雪されており無問題。
但し、良く利用させて貰っていた集落の駐車場には入らない方が無難そう。

こちらは確実に除雪されているので助かりますね。
大晦日の山納めはこちらにしようかとも考えてたんですが。

林道終点からの九十九折で簡単に尾根に乗れるだろうと考えていたのは大間違い。
道型の判るところもあるにはあるが、雪が多いとこんなに困難になるとは。
スノーシューで2~3度踏み込みながらの歩きになるので遅々として進まない。
直登尾根に乗ってからの方がずっと楽だった。

地形的に吹き溜まる場所なので、登りのラッセルは厳しいでしょうねえ。

表参道の踏み固められた雪では満足できないので、こんなコースを採ってしまうのは悲しい性だろうか。

やぶメン共通の性でしょう。 :mrgreen:

この下の雪原を楽しみに行きますと答えて先行、付いて来られるのかなと思うも引き返されたよう。
綺麗なシュカブラが見えているのに勿体無いことだ。

私も3日、北の頭の方へ踏み出しましたが、あまりにも真っ白けで風もあったのでやめました。

青空、霧氷、シュカブラを堪能したので戻ることにしよう。

これを見られれば来た甲斐があるというものです。

スノーシューの浮遊感を楽しみながらの下山が速いのはスノー衆メンバーにはお馴染みのことだが、ここでもあれだけ苦労した往路に比べるとあっという間に林道終点に着地。

この下りはホントに早いです。 :lol:

ただ、新年早々の山で林道利用の無難なピストンだったが満足度は高い。

いい初登りを楽しまれたようで何よりでした。 :D

               山日和

P1030116_1.JPG
これは落忍さんの足跡か

ジオン
記事: 12
登録日時: 2018年5月19日(土) 00:10

Re: 【鈴鹿山脈】 綿向山でスノーシュー三昧

投稿記事 by ジオン » 2019年1月08日(火) 00:12

綿向山も素晴らしい天気でしたね。
樹氷もきれいで、素敵な写真です。
この日は知り合いの山友も登っていたようです。
文三はげのルートは登ってみたいですね。

落第忍者
記事: 1201
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: 【鈴鹿山脈】 綿向山でスノーシュー三昧

投稿記事 by 落第忍者 » 2019年1月08日(火) 05:46

山日和さん、あけましておめでとうございます。
今年も沢山お世話になると思いますが、よろしくお願いします。

近くて手軽なのに、それなりに素晴らしい表情を見せてくれる山は有り難い存在ですね。
沢をやらない私は、綿向山の一部を知っているに過ぎないとは思いますが。
整備が行き届いた表参道ですが、雪山ですから日の出前に歩くのは躊躇してしまいます。
それでも地元の人を始め初日の出登山をされる方は多いようです。

御幸橋駐車場や周辺の数か所の駐車場は、場内まで雪で埋まるくらいの時は少し困難になりますね。
熊野神社さんは独自で除雪機を持たれているようで、駐車場も空けていただけますので助かります。
綿向山南尾根と水無山南尾根の周回ですと、静かで充実感もアップしますから。

雪の文三ハゲは初めての経験でしたが、登りも降りも楽しいものでした。
すぐ上に見えている鞍部なのに、なかなか登り着けないのは少し焦ってしまいましたけどね。
自ら求めて行っていながら、誰にも助けて貰えない状況ですから、頑張るしかありません。

烈風が吹くからこその大きな霧氷やシュカブラですが、快晴無風の時に見ることが出来るのは僥倖だと思います。
北の頭の突端で1050メートル、一段降りて1000メートルとは思えない厳しい時があったりします。
何も見えない時はさっさと引き上げるに限りますね。

少し体力が落ちているような気がしますので、スノー衆ではお手柔らかにお願いします。
落第忍者

落第忍者
記事: 1201
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: 【鈴鹿山脈】 綿向山でスノーシュー三昧

投稿記事 by 落第忍者 » 2019年1月08日(火) 05:55

ジオンさん、初めましてだったでしょうか。

ここ数年、元日は穏やかだったような気がしますが、降雪直後の快晴無風は有り難いものでした。
私の山歩きは好きな物を見に行くという感じですから、短時間行動も多いです。
花の時期も目的の花が見られたらすぐに下山してしまいますしね。

私の過去ログを見て頂くと判ると思いますが、軽いハイキングも多いです。
バリルートや藪漕ぎでないとレポ出来ないなんてことはありません。
頑張ってスノー衆参加資格を獲得して下さいね。
落第忍者

返信