【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
宮指路
記事: 814
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by 宮指路 » 2018年10月31日(水) 20:29

ネット友人のブログ情報で檜塚劇場の紅葉が見頃らしい。鈴鹿も考えていたがたまには台高にも行ってみよう。
当初は飯高道の駅で前夜泊の予定だったが娘夫婦と孫が遊びに来たので、前夜泊は諦めて当日朝早く起きることにしたがもし起きれなかったら鈴鹿にしようと思い床に入った。
翌朝4時に目覚ましを掛けて、朝目覚めてみて時計を見るとまだ3時だった。ここで寝てしまうと4時に起きるのは辛いだろうと思い、思い切って布団を蹴った。

【 日 付 】2018年10月28日(日)
【 山 域 】台高 
【メンバー】宮指路、途中からグーさん
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】7:15林道終点~7:46マナコ谷登山口~9:40檜塚奥峰~若水~10:20檜塚劇場~12:00アキタヌキさんテン場~12:50展望地~13:00檜塚奥峰~~13:30鹿平~14:00口ワサビ谷~左岸尾根~15:30登山口

林道から登山口までのルートは前日ナビにセットしておいたので、登山口近くまでは楽に着けたが道は次第に荒れて来てどこまで入れるか見当が付かなかった。橋の手前の空き地に車を停めて5分ほど歩いたらしっかりした駐車場があった。初めて来るので勝手が分からないというのはこのことだと思った。通行止めの鎖の横を通って林道を20分くらい歩くと登山口の標識がやっと出て来てヤレヤレだ。

1.JPG

登り始め一部へつる場所もありやや荒れた登山道だったが植林帯に入ると道も安定して来た。展望もない暗い植林の中をもくもくと登って行くと避難小屋が出て来た。冬は暖を取るのにありがたいだろう。そこから30分もしないうちに植林が切れて一気に上空が開けた。
右手の山を眺めると綺麗に紅葉していた。

3kouyou.JPG

急に禿山のような尾根に出てみると強風が吹き荒れていてまともに歩けないのでやや左側の斜面を歩いた。しかし途中で斜面が急になって来たので結局上に上がって強風と戦った。
どっちが檜塚なのかと考える余裕もなく、上に上がって行くと標識のある三角点に出て、その先に行くと檜塚奥峰に着いた。
展望は申し分ないが山座同定はさっぱりである。取りあえずヒキウス平らに向かってみる。風が強いので適当に斜面を掛け下りて行く。少し下りたところで人の気配がしたので振り返ってみるとあらま~グ~さんじゃありませんか?「グ~さん」と声をかけてもしばらく反応なし。「宮指路です。」と二回繰り返したらやっと分かってもらえた。
若水を案内してもらったが葉っぱに埋もれてしまっていたのでグ~さんはしきりに掃除していました。そこから少し上がりまずヒキウス平の第一劇場へ、そして第二~第四劇場までフルコースで案内して頂きました。

6第二.JPG

檜塚劇場の紅葉はグ~さんが自慢するだけあって素晴らしい。

7第三.JPG

劇場の紅葉を堪能した後、第一劇場の端から真っすぐ下降して行き沢まで下りると気持ちの良い場所に着きました。ここがアキタヌキさんテン場らしいです。

8アキタヌキ.JPG

ここでランチをして、檜塚に向かって気持ちの良い坂を登って行きました。途中展望地に立ち寄って檜塚奥峰に再び出ました。
まだ時間が早かったので、グ~お勧めのコースで行きましょうとなり付いて行きました。
口ワサビ谷左岸の鹿平から谷に向かって下降して行くと言います。

9.JPG

ちょっと不安が過りましたが最初は何でもない沢下りでしたが下部に向かうに連れ、だんだんと沢は厳しくなり谷の右岸をへつるようになりました。最初の小滝を巻いて、2つ目の滝を巻く時にやばい斜面の通過があり生きた心地がしませんでした。グ~さんもう上に上がろうよと言って尾根に向かって上がることにしました。途中急な岩場がありましたが手掛かりがあるので問題なし。
30分ほど上がると尾根に出てほっと一安心。後は植林登山道を一気に下るだけです。
グ~さん、案内ありがとうございました。今度は劇場の霧氷を見たいな。(*^_^*)
 

宮指路

グー(伊勢山上住人)
記事: 1640
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10
連絡を取る:

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by グー(伊勢山上住人) » 2018年10月31日(水) 23:07

20181028-32.jpg
狸水でランチを終えて。


宮指路さん、レポ担当ありがとうございます。

【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

おしゃれなタイトルを付けてもらいました。
「シャレにならない」ことにならなくて良かったです。

ネット友人のブログ情報で檜塚劇場の紅葉が見頃らしい。

2日前までは素晴らしい紅葉だったようです。
たった2日でくすんでしまうなんて信じられない。

目覚めてみて時計を見るとまだ3時だった。ここで寝てしまうと4時に起きるのは辛いだろう

グーは目が覚めたら外が明るい。目覚ましを止めて二度寝をしてしまったようです。

道は次第に荒れて来てどこまで入れるか見当が付かなかった。

あれでも落石が取り除かれてずいぶん走りやすくなったのです。
「橋の手前」は「千秋橋を渡った先」ですね。
kandoさんはもっと手前に車を停めて歩かれていました。

グーは寝坊の遅れを取り戻そうと奥へ突っ込んだのですが、
神経を使うハンドル操作に疲れはてて、誉橋手前で車を放置しました。

禿山のような尾根に出てみると強風が吹き荒れていてまともに歩けない

風が強かったですね。グーも風にあおられて体勢を崩し2度手をつきました。

上に上がって行くと標識のある三角点に出て、その先に行くと檜塚奥峰に着いた。

三角点はここじゃないですよ。「山」の標柱でもあったのかな?アルツです。

「グ~さん」と声をかけてもしばらく反応なし。「宮指路です。」と二回繰り返したらやっと分かってもらえた。

申し訳ありません。声をかけられても誰が誰やらさっぱり疎い目を持っています。

檜塚劇場の紅葉はグ~さんが自慢するだけあって素晴らしい。

2日前の桧塚の紅葉を見て欲しかった。(グーが見たかった。)

20181028-39.jpg
わりばしさんカエデは上半分落葉

第3劇場手前の「わりばしさんカエデ」が今日の主目的。
25日のさなりん、26日のナズナさんは美しい画像を撮っているのに
27日の前線通過後の28日には早くも上半分が落葉してしまっているじゃないの。
ガックリ 唖然 呆然 愕然 ・・・ 季節の進みが早過ぎる!

第一劇場から下降して気持ちの良い場所に着きました。ここがアキタヌキさんテン場らしいです。

「第2劇場」を下ってヌタハラ谷左俣。・1394南東尾根を乗越してヌタハラ谷右俣。そして狸水でランチでした。

口ワサビ谷左岸の鹿見平から谷に向かって下降して行くと言います。
だんだんと沢は厳しくなり谷の右岸をへつるようになりました。


ひどい歩きをしてしまいご迷惑をおかけしました。
ナゼか「滝は1つ。右岸から巻く」と早々と右岸に渡ると急峻な嵓がドコまでも続いていました。
1つめの滝を左から巻き、2つめの滝を右から巻き下りるのでした。

「道に迷ったら谷は危険です。尾根に登りましょう」
の宮指路さんに従ってマナコ谷道まで登り返しての下山でした。
余計なアルバイトをしてもらいました。宮指路さんごめんなさい。

今度は劇場の霧氷を見たいな。(*^_^*)
 
桧塚の霧氷も素晴らしいですよ。
あの吹きさらしの風はますます厳しさを増して吹きます。
山肌はアイスバーンになります。植林の上端でアイゼンを装着して登ってください。
ピッケルを突き刺しての耐風姿勢を強いられる時もあります。
ヌタハラ林道からの登りは風陰になるので楽なのですが、今は道路状況が悪いです。


                グー(伊勢山上住人)

kando1945
記事: 261
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by kando1945 » 2018年11月01日(木) 08:11

宮指路さん、おはようございます。

ネット友人のブログ情報で檜塚劇場の紅葉が見頃らしい。鈴鹿も考えていたがたまには台高にも行ってみよう。

同じ考えで私も台高にしました。

翌朝4時に目覚ましを掛けて、朝目覚めてみて時計を見るとまだ3時だった。ここで寝てしまうと4時に起きるのは辛いだろうと思い、思い切って布団を蹴った。

おっしゃる通りです。又寝したら確実に寝過ごします。

【 ルート 】7:15林道終点~7:46マナコ谷登山口~9:40檜塚奥峰~若水~10:20檜塚劇場~12:00アキタヌキさんテン場~12:50展望地~13:00檜塚奥峰~~13:30鹿平~14:00口ワサビ谷~左岸尾根~15:30登山口

同じところを歩いているようですが、私の方が1時間くらい早いのでお会いできなかったようです。

道は次第に荒れて来てどこまで入れるか見当が付かなかった。橋の手前の空き地に車を停めて5分ほど歩いたらしっかりした駐車場があった。初めて来るので勝手が分からないというのはこのことだと思った。

暗くてヘッドライトをつけていると余計不安が募ります。私は3~4回は来ていますので駐車場は分かっていました。
仕方なく諦めたのに、諦めなくてよかったと後でわかって後悔するのは疲れが倍増します。
:mrgreen:

急に禿山のような尾根に出てみると強風が吹き荒れていてまともに歩けないのでやや左側の斜面を歩いた。しかし途中で斜面が急になって来たので結局上に上がって強風と戦った。

あそこは吹きさらしで風が強烈です。私も何度か体を持っていかれそうになりました。

展望は申し分ないが山座同定はさっぱりである。取りあえずヒキウス平らに向かってみる。

桧塚頂上で紅葉の展望はだめなことが分かりましたので、私も谷をうろつくことにしました。

少し下りたところで人の気配がしたので振り返ってみるとあらま~グ~さんじゃありませんか?

私も歩いている時に何度か人声を聞いたように思いましたが、人の姿は見ませんでした。
桧塚奥峰に登り返して初めて登山者と会いました。


若水を案内してもらったが葉っぱに埋もれてしまっていたのでグ~さんはしきりに掃除していました。

私もどこかなと見回しながら歩きましたが分かりませんでした。

そこから少し上がりまずヒキウス平の第一劇場へ、そして第二~第四劇場までフルコースで案内して頂きました。

劇場のナンバーは私もまだわかっていません。桧塚奥峰頂上から見て正面の一番大きく目立つのが第二で
左へ第三、第四だと思っていて、第一がどこかはっきりしません。


檜塚劇場の紅葉はグ~さんが自慢するだけあって素晴らしい。

第二の先の小谷へ降りるとこんないいところがありました。通られたと思いましたが。
IMG_3051.jpg
黄葉
IMG_3052.jpg
黄葉
まだ時間が早かったので、グ~お勧めのコースで行きましょうとなり付いて行きました。
口ワサビ谷左岸の鹿平から谷に向かって下降して行くと言います。

ちょっと不安が過りましたが最初は何でもない沢下りでしたが下部に向かうに連れ、だんだんと沢は厳しくなり谷の右岸をへつるようになりました。最初の小滝を巻いて、2つ目の滝を巻く時にやばい斜面の通過があり生きた心地がしませんでした。グ~さんもう上に上がろうよと言って尾根に向かって上がることにしました。途中急な岩場がありましたが手掛かりがあるので問題なし。
30分ほど上がると尾根に出てほっと一安心。後は植林登山道を一気に下るだけです。
 
以前からグーさんのレポを見て、この鹿見平を下ってみたいと思っていましたが、迷いやすいのですね。
いつか下りてみたいです。

kando1945
記事: 261
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by kando1945 » 2018年11月01日(木) 08:32

グー(伊勢山上住人)さん、おはようございます。宮指路さん横レス失礼します。

2日前までは素晴らしい紅葉だったようです。
たった2日でくすんでしまうなんて信じられない。

私もレポを見て期待して行きましたが残念でした。

あれでも落石が取り除かれてずいぶん走りやすくなったのです。
「橋の手前」は「千秋橋を渡った先」ですね。
kandoさんはもっと手前に車を停めて歩かれていました。

グーさんが落石を取り除いておられたのですか。ご苦労様です。

グーは寝坊の遅れを取り戻そうと奥へ突っ込んだのですが、
神経を使うハンドル操作に疲れはてて、誉橋手前で車を放置しました。

やっぱりグーさんの車でしたか。降りてきたらあんなところまで車が入れるとは思いませんので
てっきり林業関係者で鍵を持っている役得かなと羨んでいました。
あのゲートのチェーンも鍵かかっているものと思っていましたが、よく見るとひっかけてあるだけなんですね。
もっとも4駆でないととてもあそこまではいけませんが。


2日前の桧塚の紅葉を見て欲しかった。(グーが見たかった。)[/color]

同じく私も。 :mrgreen:

27日の前線通過後の28日には早くも上半分が落葉してしまっているじゃないの。
ガックリ 唖然 呆然 愕然 ・・・ 季節の進みが早過ぎる!

一か所小さな谷で黄葉いいところがありましたが、通られませんでしたか。

そして狸水でランチでした。

若水とか狸水とか、前から気になっていますがいまだに解っていません。

「道に迷ったら谷は危険です。尾根に登りましょう」
の宮指路さんに従ってマナコ谷道まで登り返しての下山でした。

私も四国で、この格言の正しさを身に沁みました。

今度は劇場の霧氷を見たいな。(*^_^*)
 
桧塚の霧氷も素晴らしいですよ。

おっしゃる通りです。また行きたいと思っています。

ヌタハラ林道からの登りは風陰になるので楽なのですが、今は道路状況が悪いです。

こういう情報はありがたいです。またよろしくお願いします。

 

宮指路
記事: 814
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by 宮指路 » 2018年11月01日(木) 21:51

グー(伊勢山上住人) さん、こんばんは 一番レスありがとうございます。

ヤブコギにレポを上げるのは一年振りくらいかな?

【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ
おしゃれなタイトルを付けてもらいました。
「シャレにならない」ことにならなくて良かったです。
最近は年のせいもあるのかビビリマンになってしまいました。

ネット友人のブログ情報で檜塚劇場の紅葉が見頃らしい。
2日前までは素晴らしい紅葉だったようです。
たった2日でくすんでしまうなんて信じられない。
それでも私の目には十分綺麗でした。

目覚めてみて時計を見るとまだ3時だった。ここで寝てしまうと4時に起きるのは辛いだろう
グーは目が覚めたら外が明るい。目覚ましを止めて二度寝をしてしまったようです。
近場だと意外にゆっくりするもんです。私は鈴鹿で良くやります。(>_<)

道は次第に荒れて来てどこまで入れるか見当が付かなかった。
あれでも落石が取り除かれてずいぶん走りやすくなったのです。
「橋の手前」は「千秋橋を渡った先」ですね。
kandoさんはもっと手前に車を停めて歩かれていました。
荒れていると言っても御池岳のワープルートに比べたら高速道路です。
kandoさんの車は気が付きました。結局私が二番目でした。
グーは寝坊の遅れを取り戻そうと奥へ突っ込んだのですが、
神経を使うハンドル操作に疲れはてて、誉橋手前で車を放置しました。
山は逃げませんから焦りは禁物です。

上に上がって行くと標識のある三角点に出て、その先に行くと檜塚奥峰に着いた。
三角点はここじゃないですよ。「山」の標柱でもあったのかな?アルツです。
檜塚をスルーしてしまいました。(>_<)

檜塚劇場の紅葉はグ~さんが自慢するだけあって素晴らしい。
2日前の桧塚の紅葉を見て欲しかった。(グーが見たかった。)
私は充分楽しめました。
第3劇場手前の「わりばしさんカエデ」が今日の主目的。
25日のさなりん、26日のナズナさんは美しい画像を撮っているのに
27日の前線通過後の28日には早くも上半分が落葉してしまっているじゃないの。
ガックリ 唖然 呆然 愕然 ・・・ 季節の進みが早過ぎる!
このカエデは頭が少し剥げてしまっていましたね

第一劇場から下降して気持ちの良い場所に着きました。ここがアキタヌキさんテン場らしいです。
「第2劇場」を下ってヌタハラ谷左俣。・1394南東尾根を乗越してヌタハラ谷右俣。そして狸水でランチでした。
やはり間違えていました。他にも間違えがあると思いますが見逃して下さい。

口ワサビ谷左岸の鹿見平から谷に向かって下降して行くと言います。
だんだんと沢は厳しくなり谷の右岸をへつるようになりました。

12.JPG
ひどい歩きをしてしまいご迷惑をおかけしました。
ナゼか「滝は1つ。右岸から巻く」と早々と右岸に渡ると急峻な嵓がドコまでも続いていました。
1つめの滝を左から巻き、2つめの滝を右から巻き下りるのでした。
意外に人を連れていると間違えるものです。私も良くやります
「道に迷ったら谷は危険です。尾根に登りましょう」の宮指路さんに従ってマナコ谷道まで登り返しての下山でした。
余計なアルバイトをしてもらいました。宮指路さんごめんなさい。
ここは治田鉱山跡の檜谷よりも怖かったです。

今度は劇場の霧氷を見たいな。(*^_^*)
 
桧塚の霧氷も素晴らしいですよ。あの吹きさらしの風はますます厳しさを増して吹きます。
山肌はアイスバーンになります。植林の上端でアイゼンを装着して登ってください。
ピッケルを突き刺しての耐風姿勢を強いられる時もあります。
ヌタハラ林道からの登りは風陰になるので楽なのですが、今は道路状況が悪いです。
わりばしさんの過去のレポで檜塚劇場の素晴らしい霧氷を見たのでこれは一度は行ってみなアカンなぁ~と思いました。

                                                              宮指路

宮指路
記事: 814
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by 宮指路 » 2018年11月01日(木) 23:11

kandoさん、こんばんは

翌朝4時に目覚ましを掛けて、朝目覚めてみて時計を見るとまだ3時だった。ここで寝てしまうと4時に起きるのは辛いだろうと思い、思い切って布団を蹴った。

おっしゃる通りです。又寝したら確実に寝過ごします。

4時間しか寝ていないのに3時に目が覚めたのが不思議です。かなり気合が入っていたようです。

同じところを歩いているようですが、私の方が1時間くらい早いのでお会いできなかったようです。

もっと早かったのではないですか?

暗くてヘッドライトをつけていると余計不安が募ります。私は3~4回は来ていますので駐車場は分かっていました。
仕方なく諦めたのに、諦めなくてよかったと後でわかって後悔するのは疲れが倍増します。
:mrgreen:

かなり手前に停めてあった車がkandoさんの車ですね。私は変なところに停めてしまいましたが勝手が分からないので仕方ありませんでした。

あそこは吹きさらしで風が強烈です。私も何度か体を持っていかれそうになりました。

ここは冬はさぞ寒いことでしょう
PA280011.JPG
桧塚頂上で紅葉の展望はだめなことが分かりましたので、私も谷をうろつくことにしました。

檜塚奥峰とヒキウス平の間の谷は手頃で歩き易そうです。

私も歩いている時に何度か人声を聞いたように思いましたが、人の姿は見ませんでした。
桧塚奥峰に登り返して初めて登山者と会いました。


お昼前に檜塚劇場をウロついていましたが奥峰の山頂で何度も登山者を見かけました。

私もどこかなと見回しながら歩きましたが分かりませんでした。

若水はヌタハラ谷の源頭部にありますがGPSにでもマークしておかないと行けないでしょう

劇場のナンバーは私もまだわかっていません。桧塚奥峰頂上から見て正面の一番大きく目立つのが第二で
左へ第三、第四だと思っていて、第一がどこかはっきりしません。


私もイマイチ自信がないのでレポでは適当に書きました。

第二の先の小谷へ降りるとこんないいところがありました。通られたと思いましたが。

ここは通っていないような気がします。

まだ時間が早かったので、グ~お勧めのコースで行きましょうとなり付いて行きました。
口ワサビ谷左岸の鹿平から谷に向かって下降して行くと言います。

[/color以前からグーさんのレポを見て、この鹿見平を下ってみたいと思っていましたが、迷いやすいのですね。
いつか下りてみたいです。

[/quote]
PA280074.JPG
途中まで行ってみてヤバいと思ったら上に上がったら良いと思います。
 ひょっとしたら我々が下った沢は口ワサビ谷と尾根の間の小さい沢だったかもしれません。

                                                                      宮指路

アバター
わりばし
記事: 1229
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by わりばし » 2018年11月02日(金) 07:00

おはようございます、宮指路さん。
久々のレポですね。


急に禿山のような尾根に出てみると強風が吹き荒れていてまともに歩けないのでやや左側の斜面を歩いた。しかし途中で斜面が急になって来たので結局上に上がって強風と戦った。

ここが巨大エビの尻尾が発達する所です。


どっちが檜塚なのかと考える余裕もなく、上に上がって行くと標識のある三角点に出て、その先に行くと檜塚奥峰に着いた。
展望は申し分ないが山座同定はさっぱりである。取りあえずヒキウス平らに向かってみる。風が強いので適当に斜面を掛け下りて行く。少し下りたところで人の気配がしたので振り返ってみるとあらま~グ~さんじゃありませんか?「グ~さん」と声をかけてもしばらく反応なし。「宮指路です。」と二回繰り返したらやっと分かってもらえた。

グーさんはどこからでもわかりますね。 :mrgreen:


若水を案内してもらったが葉っぱに埋もれてしまっていたのでグ~さんはしきりに掃除していました。そこから少し上がりまずヒキウス平の第一劇場へ、そして第二~第四劇場までフルコースで案内して頂きました。

檜塚劇場の紅葉はグ~さんが自慢するだけあって素晴らしい。

ちょっと遅かったようです。
今年は急に紅葉しちゃいましたね。


ちょっと不安が過りましたが最初は何でもない沢下りでしたが下部に向かうに連れ、だんだんと沢は厳しくなり谷の右岸をへつるようになりました。最初の小滝を巻いて、2つ目の滝を巻く時にやばい斜面の通過があり生きた心地がしませんでした。グ~さんもう上に上がろうよと言って尾根に向かって上がることにしました。途中急な岩場がありましたが手掛かりがあるので問題なし。
30分ほど上がると尾根に出てほっと一安心。後は植林登山道を一気に下るだけです。
グ~さん、案内ありがとうございました。今度は劇場の霧氷を見たいな。(*^_^*)

グーさんに会って得しましたね。
檜塚劇場はいい所です。
静かですしね。
また、来てください。
                            わりばし



宮指路
記事: 814
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by 宮指路 » 2018年11月02日(金) 14:50

わりばしさん、こんにちは コメントありがとうございます。

今回の檜塚劇場では以前わりばしさんの見たという真っ赤なカエデの木が話題になりましたが、今年はグ~さんのお目に叶わなかったようです。
PA280029.JPG

おはようございます、宮指路さん。
久々のレポですね。


一年振りくらいでしょうか
グ~さんが背中を押してくれました。
急に禿山のような尾根に出てみると強風が吹き荒れていてまともに歩けないのでやや左側の斜面を歩いた。しかし途中で斜面が急になって来たので結局上に上がって強風と戦った。
ここが巨大エビの尻尾が発達する所です。

ここですね。
2hageyama.JPG
どっちが檜塚なのかと考える余裕もなく、上に上がって行くと標識のある三角点に出て、その先に行くと檜塚奥峰に着いた。
強風で上に上がるだけで精一杯でした。


ちょっと遅かったようです。
今年は急に紅葉しちゃいましたね。


3日前はキレイだったようです。前日に天気が少し荒れたので恐らくそのせいです。

グーさんに会って得しましたね。
檜塚劇場はいい所です。
静かですしね。
また、来てください。

[/quote]

四日市からは少し遠いですが気合いを入れて、冬の霧氷を見に来たいと思います。

                                                            宮指路

グー(伊勢山上住人)
記事: 1640
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10
連絡を取る:

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by グー(伊勢山上住人) » 2018年11月04日(日) 06:17

kandoさん、おはようございます。宮指路さん、横レス失礼します。

桧塚頂上で紅葉の展望はだめなことが分かりましたので、私も谷をうろつくことにしました。
第二の先の小谷へ降りるとこんないいところがありました。通られたと思いましたが。
一か所小さな谷で黄葉いいところがありましたが、通られませんでしたか。


kandoさんは美味しいところを嗅ぎ分ける鋭い嗅覚をお持ちですね。
見事に穴場に潜り込まれました。この谷には過去に1回しか入っていません。
登るのが嫌いなグーは下ったら登り返さなきゃいけない所からは足が遠のきます。
もっぱらトラバースが専門です。

第一がどこかはっきりしません。

奥峰から見下ろしたときに第2劇場の右に倒木のある草地が第1劇場です。

以前からグーさんのレポを見て、この鹿見平を下ってみたいと思っていましたが、迷いやすいのですね。

最初は登ってください。1つめの滝は右岸から、2つめは左岸からの巻きになります。

グーさんが落石を取り除いておられたのですか。ご苦労様です。

私ではないですよ。たぶんあめちゃんのお知り合いの方だと思いますが、
全ての落石が除去されていましたから行政から請け負った業者かも。

kandoさん、レス返が遅くなりました。


                     グー(伊勢山上住人)

PS ヒキウス平の仇を鈴鹿神崎川で討ってきました。

雨子庵
記事: 373
登録日時: 2011年10月12日(水) 19:40
住所: 名古屋(ときどき青田(飯高))

Re: 【台高】檜塚劇場フルコース満喫、デザートはスリルフルーツ

投稿記事 by 雨子庵 » 2018年11月06日(火) 19:33

宮指路さん オヒサ?です
あめちゃんです
グーさんじゃないけれど、お顔がすんなり出てきません、
スイマセンこんな有名人な方に・・・

林道から登山口までのルートは前日ナビにセットしておいたので、登山口近くまでは楽に着けたが道は次第に荒れて来てどこまで入れるか見当が付かなかった。橋の手前の空き地に車を停めて5分ほど歩いたらしっかりした駐車場があった。初めて来るので勝手が分からないというのはこのことだと思った。通行止めの鎖の横を通って林道を20分くらい歩くと登山口の標識がやっと出て来てヤレヤレだ。

今年の台風は、この辺は風向きがいつもと違い、来るたびに道路が寸断されました。
木屋谷林道にとって、数年にあるかないか、でした。
状況は出たとこショウブみたいな感じで

展望もない暗い植林の中をもくもくと登って行くと避難小屋が出て来た。冬は暖を取るのにありがたいだろう。

その通り。ここで防寒具をつけて、上部の烈風帯横断の準備をします

急に禿山のような尾根に出てみると強風が吹き荒れていてまともに歩けないのでやや左側の斜面を歩いた。しかし途中で斜面が急になって来たので結局上に上がって強風と戦った。

天然更新をさせようとしてうまくいかなかったところです。皆伐したらそりゃねぇ・・・。

少し下りたところで人の気配がしたので振り返ってみるとあらま~グ~さんじゃありませんか?「グ~さん」と声をかけてもしばらく反応なし。「宮指路です。」と二回繰り返したらやっと分かってもらえた。

これは少々切なく、怖いですね。登山道以外で無言のグーさんに遭遇すると。
ケド、グーさんよく無言にがまんできたなぁ

若水を案内してもらったが葉っぱに埋もれてしまっていたのでグ~さんはしきりに掃除していました。そこから少し上がりまずヒキウス平の第一劇場へ、そして第二~第四劇場までフルコースで案内して頂きました。

この懐かしいフレーズ、いまだにワタシどこがどれだかサッパリ

劇場の紅葉を堪能した後、第一劇場の端から真っすぐ下降して行き沢まで下りると気持ちの良い場所に着きました。ここがアキタヌキさんテン場らしいです。

コチラも未訪です

グ~さん、案内ありがとうございました。今度は劇場の霧氷を見たいな。(*^_^*)

ナゾのアトラクション付き。
雨子庵に変な色、じゃない、黄緑色のかっこいい車がありましたらお寄りください。
紅茶くらいしかありませんが・・・

あめちゃん
 

返信