【台高】20180708地蔵谷出合が二条の滝になった。

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
グー(伊勢山上住人)
記事: 1598
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10
連絡を取る:

【台高】20180708地蔵谷出合が二条の滝になった。

投稿記事 by グー(伊勢山上住人) » 2018年7月10日(火) 22:07

20180708-37.jpg


次の水遊びはヒルのいない木屋谷のつもりだった。
が、前日の雨で増水が予想されたので源流歩きに変更した。


【 日 付 】  平成30年7月8日(日)
【 山 域 】  台高
【 天 候 】  曇り 時々 晴れ
【 ルート】  鳴滝展望7:50---8:40地蔵谷右岸第一支谷---11:20赤ゾレ山---14:40駐車地
【メンバー】  グー単独


奥の谷・ワサビ谷から桧塚奥峰はデート山行のために残しておいて、
ヌタハラ谷は林道歩きが長くなるからヤメにして・・・・
結局またまた木梶界隈の源流歩きに落ち着いた。


20180708-10.jpg

予想していた通り櫛田川の水は濁り、沈下橋は沈下していた。
鳴滝展望駐車地に車を停め、地蔵谷出合に下りる。
「?」 出合の滝が真っ白に見えている。
正面から滝は見えないはずだけど・・・
前回グーが初めて登ったルートが滝となり、二条の滝になっていた。
出合の滝を登るつもりでいたが、これでは滝水にたたき落とされる。
おとなしく杣道を歩いて水平道に上がった。


20180708-13.jpg


地蔵谷に入渓し、右岸第一支谷を登る。この支谷もグーのお気に入りの谷です。
前日の雨で水量が増えて、絵になります。
一番の見所の滝前でザックを下ろしゆっくりとお茶を楽しむ。
滝に近づくとちゃんと足を置けるステップがあり、楽々と登っていける。
一番上の滝は・・・こりゃ無理だね。横を巻き上がる。


20180708-17.jpg

滝上の二俣を過ぎると左にルノワールおばさんが待っている。
いつものぽってり膨らんだお腹と両足の腿が貫録です。
ここから見下ろす谷の流れも美しくグーの好きな風景です。


20180708-27.jpg

源頭に着いた。最初の一滴も今日はとうとうと湧き出している。
両手で受けて飲む。水っぽい。美味しくない。
「試薬のエタノールを水で薄めて飲んでいるみたい」
とお酒の味の分からない下戸のグーが言ってみる。

この上は積雪期にキックステップで登ったかなりの急傾斜の記憶。
見渡して一番トレースのはっきりしている鹿道を辿る。
が、鹿も足を滑らせているズルズルの個所があった。
両手の指も土に差し込んで、体重を分散して通過する。

赤ゾレ山の山頂で休憩。今日は虫もうるさくない。
南東の風の予報だったが、西の風が吹いている。
「ハクション」気化熱で体が冷えてきた。


20180708-32.jpg

ヤマボウシの花がまだ散り切らずに残っていた。
花期は予想していた以上に長いようだ。


20180708-36.jpg

馬駈ケ辻から見る桧塚にはガスが流れている。
・1316北から見る高見山・三峰山はガスに包まれていた。


20180708-31.jpg
気になる影の木?

GoogleAirPhotoを眺めていたら大きな木の影が目についた。
♪ この影 なんの影 気になる影 ♪
ヤシオ尾根Co1260の西、木原谷左俣の左俣源頭Co1200の地点を目指す。
「あの木かな?」株立ちか?アガリコか?地上1.3mより下ですでに枝分かれ。
そこへ行くまでの斜面の傾斜が急で近づけない。

「また来ればいいさ」(緑ちゃん風)


                       グー(伊勢山上住人)

返信