【鈴鹿】曇天模様の空の下 滝の詰まった池ノ谷(入道ヶ岳)

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
アバター
わりばし
記事: 1236
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】曇天模様の空の下 滝の詰まった池ノ谷(入道ヶ岳)

投稿記事 by わりばし » 2018年7月27日(金) 07:14


おはようございます、矢問さん。

毎日暑すぎますね・・・。暑がり矢問には生き地獄です・・。

夕立があり晩は比較的涼しかった昔が懐かしい。


畑の収穫や水やりも朝4時半から6時までにしていますが、もう上下とも汗だく。
水分補給も、1リットルはすぐに飲み干しています。

朝方にしか出来ないですよね。
今回の台風で恵みの雨になるかです・・

これまた雨台風の翌日に行き、林道も川のようで、どの滝も遡行図などとは違う
増水と吹き出し圧力で、えらい目に遭いました(^^;)
ホールドも見えないで、手を泥の斜面に入るところまでつっこみ、体重を上げていき
滝横を登ったときは何度も「滑落する・・・あ~足がミシン踏んでる・・・」と恐怖の
遡行でした。

水量で沢の難易度は大きく変わりますね。
これは大変でした。


DSCF0967.JPG

下山時はお土産のようにヒルが歓迎してくれる登山道。登山道が動いているかのように
ヒルがにょきにょき盆踊り。「な、なんじゃこりゃ!」と長男の悲鳴。
まあ長男には沢デビューで沢納めになった沢でした(^^;)。

私も初沢でNo2に2時間以上も余分に林道歩きをさせましたので人のことは言えません。
あれから、行こうという誘いが無いなあ。 :mrgreen:


今月18日に、14年前の胆石以来の激痛が来て2日間のたうち回り、20日に受診。
おとなしかった右の腎結石が、膀胱へと移動中・・。
激痛と37℃越えの微熱に苦しみながら、出てくれるまで、ヒルのように体をくねくねしています。
金持ちならぬ石持ちの矢問でした~(;_;)

痛いんですか・・ :|
私も胆石をたくさん持っていて、見事に並んでいます。 :cry:
そろそろヤバイかな?



返信