【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
アバター
わりばし
記事: 1199
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by わりばし » 2018年5月23日(水) 06:02

【日 付】2018年5月20日(日)
【山 域】鈴鹿
【コース】駐車場7:55---8:40元越大滝---11:00仏谷右岸台地11:35---12:00林道---13:40引き返し地点---17:20駐車地
【メンバー】わりばし、No2

 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。

 鈴鹿スカイラインには鈴なりの登山者の車が連なっている。誰もいない大河原橋を進むと路肩に車が駐車してあるので不思議に思うと、車止め広場手前の道が落ちていた。しかたがないので路肩に駐車する。

 車止めのゲート脇をすりぬけ林道をしばらく歩くと猪足谷林道の分岐で、下山はこの橋を渡って帰ってくる。左の林道を進みヘアピンカーブの地点から入渓する。堰堤を一つ越えると、二基一連の堰堤が出てきて左岸から巻く。いやらしい巻きだが人がよく通っている道なので安心だ。ただ、最後の下降地点のロープが途中から土砂がくずれて宙ぶらりんになっているので、ここはロープを使わずにふみ跡どうりにトラバースした方が良いだろう。

 左右の壁が門のようにせり出した最初の淵があらわれ左岸をへつる。へつりの最後にロープが以前は付けてあったのだが無くなっていた。ここでNo2は最初の洗礼でドボン・・寒そうだ。

 すぐに元越谷大滝がばく轟音を立てて落ちている。昨日の雨で水量も多く見ごたえがある。前回来たときは、残置ロープで登ったが撤去されたようだ。左岸の岩場から巻きにかかる。最初は上りすぎてふみ跡をたどっていくと炭窯跡がありここからは植林の尾根が続いていた。大滝の上に炭窯とは、当時はどんな光景だったのだろうと思ってしまう。戻って赤テープの所から巻いた。

 ここからが美しい小滝と釜のつまった廊下がはじまる。花崗岩の釜はエメラルドグリーンに輝き美しい。へつる場所もおおいがNo2のサワタビはしっかり岩肌をとらえるようで問題なくついてくる。時折、顔を出すヤマツツジがいいアクセントになっている。深い釜を持つ4m滝を右岸から越えるとひと段落する。

 この日は、前日が雨だったこともあり枝谷から水がしっかり流れている。仏谷手前の谷に間違って入ったがここにも登れる滝があった。谷の方向が違うので引き返し、しばらく行くと見覚えのある末広がりの5m滝だった。

 滑りのある5m滝を越えると小廊下となり3m滝を濡れながら直登する。ここからは平流となり二次林のよく茂った源流地帯になる。豊かな森で、生き物達がしっかり育っていける生態系があるようだ。

 右岸台地がある所で休憩。台地には、茶わんや酒のガラス瓶などの生活痕が残されており昔の道跡もあった。昔、伊勢側から近江側の林業や鉱山に大勢の人夫が山越えした時代があった。そのころに仏谷や仏谷峠は使われていたようで、その名残のようだ。ここをすぎると湿地帯の中を蛇行しながら沢筋は上っていく。水が切れ尾根をゆるやかに上っていくと小岐須峠からの登山道に出た。

 豊かな源流部といい人々の営みの痕跡といい、ある意味鈴鹿のいいところを凝縮したような場所で癒された。

 登山道をそのまま進めば猪足谷林道に出る。途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。猪足谷林道と田村川林道の分岐の手前に降りてしまいそのまま田村川林道を下ってしまった。地図だけで林道の右岸左岸の確認はしていたのだが、これが偶然にも猪足谷林道と似ており2時間弱下ってから気づいた。コンパスで方向を確認しなかったのがまずかった。三体仏を見ながら合流点に戻るのに4時間以上のロスをしヘロヘロだった。No2もしんどかったことだろう、最初の沢登りで味噌をつけてしまった。

添付ファイル
DSCF0834.jpg
へつるNo2
DSCF0835.jpg
元越大滝
DSCF0838.jpg
エメラルドグリーンの釜
DSCF0852.jpg
仏谷の生活痕
DSCF0857.jpg
三体仏

グー(伊勢山上住人)
記事: 1599
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10
連絡を取る:

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by グー(伊勢山上住人) » 2018年5月23日(水) 22:33

わりばしさん、こんばんは。

 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。

No2って Jr? いいですね。

私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。

ドクターストップは帯状疱疹でしたか。痛いらしいですね。
「秋まで」はシューさんが日本にいないからでしたか。

途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。
2時間弱下ってから気づいた。4時間以上のロスをしヘロヘロだった。


グーはまだ行ったことのないトコなので地形については無案内ですが、
無駄に記憶に残る初沢歩きとなりましたね。お疲れ様でした。

新潟の父子も道に迷ったら山頂まで登り返せば見つかるのに。


                   グー(伊勢山上住人)

アバター
わりばし
記事: 1199
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by わりばし » 2018年5月24日(木) 05:46

おはようございます、グーさん。

 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。

No2って Jr? いいですね。

三人いるのでこうなります。

DSCF0848.jpg

私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。

ドクターストップは帯状疱疹でしたか。痛いらしいですね。
「秋まで」はシューさんが日本にいないからでしたか。

ハハハ・・
そんな訳ないでしょ。

とはいえ
人間の深層心理はわからなおからなあ・・ :lol:


途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。
2時間弱下ってから気づいた。4時間以上のロスをしヘロヘロだった。


グーはまだ行ったことのないトコなので地形については無案内ですが、
無駄に記憶に残る初沢歩きとなりましたね。お疲れ様でした。

よくこんなに下るまで気づかなかったもんだと
自分にあきれています。

新潟の父子も道に迷ったら山頂まで登り返せば見つかるのに。

学生のころからの鉄則です。 :mrgreen:
元越谷はいいところなんでナズナさんとまた行ってみてください。
ルートミスなしの今回のルートが静かでいいかと思います。


                    わりばし
           

シュークリーム
記事: 1514
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by シュークリーム » 2018年5月24日(木) 12:54

わりばしさん,オーストラリアから今日は.
今は仕事時間中だけど,別にこの大学から給料をもらっているわけではないし,ただの訪問客なので,教員室で私用こいとります.


 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。

おお,帯状疱疹からようやく回復しましたか.まあ,無理せずにやってくださいな.

 鈴鹿スカイラインには鈴なりの登山者の車が連なっている。誰もいない大河原橋を進むと路肩に車が駐車してあるので不思議に思うと、車止め広場手前の道が落ちていた。しかたがないので路肩に駐車する。

ここ以前から落ちてますよ.無理やり突破する人もいるけど,私はおとなしく路肩に停めるようにしています.

 左右の壁が門のようにせり出した最初の淵があらわれ左岸をへつる。へつりの最後にロープが以前は付けてあったのだが無くなっていた。ここでNo2は最初の洗礼でドボン・・寒そうだ。

おお,最初の沢の洗礼ですな.一度濡れればもう怖いものはない.
ここのロープももう随分前からありませんよ.ずっと来ていないのがすぐばれてしまいますね.


最初は上りすぎてふみ跡をたどっていくと炭窯跡がありここからは植林の尾根が続いていた。大滝の上に炭窯とは、当時はどんな光景だったのだろうと思ってしまう。戻って赤テープの所から巻いた。

はいそれが正解です.沢初心者はここでビビるけど,この後はもう危なところはないしね.通過儀礼みたいな感じですね.

 滑りのある5m滝を越えると小廊下となり3m滝を濡れながら直登する。ここからは平流となり二次林のよく茂った源流地帯になる。豊かな森で、生き物達がしっかり育っていける生態系があるようだ。

ここは癒しの場所ですね.いいところです.
ここで山日和さんと最初に遭遇しました.


登山道をそのまま進めば猪足谷林道に出る。途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。猪足谷林道と田村川林道の分岐の手前に降りてしまいそのまま田村川林道を下ってしまった。地図だけで林道の右岸左岸の確認はしていたのだが、これが偶然にも猪足谷林道と似ており2時間弱下ってから気づいた。コンパスで方向を確認しなかったのがまずかった。三体仏を見ながら合流点に戻るのに4時間以上のロスをしヘロヘロだった。No2もしんどかったことだろう、最初の沢登りで味噌をつけてしまった。

なるほど,これでは引き返すしかないですね.
でも,2時間も気がつかないなんてねえ.普通はもうでょっと早めにチェックすると思いけど.まあ,過信は禁物ですね.
ジュニアさんもお父さんはあてにならないとあらためて確信したんじゃないの :mrgreen:
                         @シュークリーム@

アバター
わりばし
記事: 1199
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by わりばし » 2018年5月25日(金) 06:14

おはようございます、シュークリームさん。

わりばしさん,オーストラリアから今日は.
今は仕事時間中だけど,別にこの大学から給料をもらっているわけではないし,ただの訪問客なので,教員室で私用こいとります.


南半球からコメントありがとうございます。
今は秋かな?

 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。

おお,帯状疱疹からようやく回復しましたか.まあ,無理せずにやってくださいな.

回復はもう少し早かったんですが、いろいろ忙しくて。
もう万全です。 :lol:

 鈴鹿スカイラインには鈴なりの登山者の車が連なっている。誰もいない大河原橋を進むと路肩に車が駐車してあるので不思議に思うと、車止め広場手前の道が落ちていた。しかたがないので路肩に駐車する。

ここ以前から落ちてますよ.無理やり突破する人もいるけど,私はおとなしく路肩に停めるようにしています.

だんだん深くなって私の車の車幅では無理ですね。

 左右の壁が門のようにせり出した最初の淵があらわれ左岸をへつる。へつりの最後にロープが以前は付けてあったのだが無くなっていた。ここでNo2は最初の洗礼でドボン・・寒そうだ。

おお,最初の沢の洗礼ですな.一度濡れればもう怖いものはない.
ここのロープももう随分前からありませんよ.ずっと来ていないのがすぐばれてしまいますね.


ハハハ・・その通りで2回目です。

最初は上りすぎてふみ跡をたどっていくと炭窯跡がありここからは植林の尾根が続いていた。大滝の上に炭窯とは、当時はどんな光景だったのだろうと思ってしまう。戻って赤テープの所から巻いた。

はいそれが正解です.沢初心者はここでビビるけど,この後はもう危なところはないしね.通過儀礼みたいな感じですね.

巻き道も岩登りでいい感じでした。

DSCF0840.jpg
4m滝

 滑りのある5m滝を越えると小廊下となり3m滝を濡れながら直登する。ここからは平流となり二次林のよく茂った源流地帯になる。豊かな森で、生き物達がしっかり育っていける生態系があるようだ。

ここは癒しの場所ですね.いいところです.
ここで山日和さんと最初に遭遇しました.


こんな所で会う人というのは、やっぱり変わっているというか・・ヤブメンぐらいでしょうね。

DSCF0846.jpg
仏谷出合の滝

登山道をそのまま進めば猪足谷林道に出る。途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。猪足谷林道と田村川林道の分岐の手前に降りてしまいそのまま田村川林道を下ってしまった。地図だけで林道の右岸左岸の確認はしていたのだが、これが偶然にも猪足谷林道と似ており2時間弱下ってから気づいた。コンパスで方向を確認しなかったのがまずかった。三体仏を見ながら合流点に戻るのに4時間以上のロスをしヘロヘロだった。No2もしんどかったことだろう、最初の沢登りで味噌をつけてしまった。

なるほど,これでは引き返すしかないですね.
でも,2時間も気がつかないなんてねえ.普通はもうでょっと早めにチェックすると思いけど.まあ,過信は禁物ですね.
ジュニアさんもお父さんはあてにならないとあらためて確信したんじゃないの :mrgreen:


本当に自分でもビックリです。
まあ、自立とは親を疑うことから始まりますからね。 ;)

今回もオフ会には仕事で行けないのですが。
最近は連続して行けていないなあ・・前行ったのはいつだったっけ・・ :mrgreen:



SHIGEKI
記事: 566
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年5月27日(日) 00:33

わりばしさん こんばんは。

不肖Sも田舎の用事で久しぶりに行きたかった上高地は断念せざるを得ませんでした。

【日 付】2018年5月20日(日)
【山 域】鈴鹿
【コース】駐車場7:55---8:40元越大滝---11:00仏谷右岸台地11:35---12:00林道---13:40引き返し地点---17:20駐車地
【メンバー】わりばし、No2

 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。
そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。

沢に行かれると言うことは、快気 ですね? 4時間のロスも乗り越え、体力的にも完全復活ですね。

これからの沢シーズン楽しみですね。

美しい沢にNO2さんもとりこになるでしょう :mrgreen:



 途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。猪足谷林道と田村川林道の分岐の手前に降りてしまいそのまま田村川林道を下ってしまった。地図だけで林道の右岸左岸の確認はしていたのだが、これが偶然にも猪足谷林道と似ており2時間弱下ってから気づいた。コンパスで方向を確認しなかったのがまずかった。三体仏を見ながら合流点に戻るのに4時間以上のロスをしヘロヘロだった。No2もしんどかったことだろう、最初の沢登りで味噌をつけてしまった。

あ~ 昔は林道のガードレールに誰かが 「田村川林道⇒、猪足谷林道←・・・○時間」などと書いてありました。

NO2さんもオヤジの人間らしさを見て案外 ほっとしていたのでは・・・

不肖SもNO3を神崎川はじめ笛吹川、赤木沢 など同行しました。10数年たって あんなエエとこはなかった!! と言うてます。

   谷尻谷では 洞吹さんのお世話になりましたが・・・・ :shock:

     では また 孫でも行ける癒やしの谷で

          SHIGEKI
     
[/color]

アバター
わりばし
記事: 1199
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

投稿記事 by わりばし » 2018年5月28日(月) 07:42

おはようございます、SHIGEKIさん。


不肖Sも田舎の用事で久しぶりに行きたかった上高地は断念せざるを得ませんでした。


SHIGEKIさんも用事でしたか。
それは残念でした。

【日 付】2018年5月20日(日)
【山 域】鈴鹿
【コース】駐車場7:55---8:40元越大滝---11:00仏谷右岸台地11:35---12:00林道---13:40引き返し地点---17:20駐車地
【メンバー】わりばし、No2

 No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。
そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。

沢に行かれると言うことは、快気 ですね? 4時間のロスも乗り越え、体力的にも完全復活ですね。

これからの沢シーズン楽しみですね。

美しい沢にNO2さんもとりこになるでしょう :mrgreen:

4時間とは我ながらあきれています。
体はもう大丈夫です・・ありがとうございます。
昨日は台高に釣りに行ってきました。

DSCF0860.jpg
台高アマゴ

 途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。猪足谷林道と田村川林道の分岐の手前に降りてしまいそのまま田村川林道を下ってしまった。地図だけで林道の右岸左岸の確認はしていたのだが、これが偶然にも猪足谷林道と似ており2時間弱下ってから気づいた。コンパスで方向を確認しなかったのがまずかった。三体仏を見ながら合流点に戻るのに4時間以上のロスをしヘロヘロだった。No2もしんどかったことだろう、最初の沢登りで味噌をつけてしまった。

あ~ 昔は林道のガードレールに誰かが 「田村川林道⇒、猪足谷林道←・・・○時間」などと書いてありました。

NO2さんもオヤジの人間らしさを見て案外 ほっとしていたのでは・・・

そんなアホな看板があったんですか・・
そのルートをなぞってしまいました。 :oops:
まあオヤジなんてこんなもんです。 :mrgreen:

DSCF0839.jpg

不肖SもNO3を神崎川はじめ笛吹川、赤木沢 など同行しました。10数年たって あんなエエとこはなかった!! と言うてます。

   谷尻谷では 洞吹さんのお世話になりましたが・・・・ :shock:

     では また 孫でも行ける癒やしの谷で
     

沢は楽しいですね。
年を重ねながらもこうした崇高な趣味を持っているのはありがたいことです。



返信