【鈴鹿】雨の愛知川周遊

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
Kasaya
記事: 768
登録日時: 2011年2月20日(日) 14:34

【鈴鹿】雨の愛知川周遊

投稿記事 by Kasaya » 2018年4月17日(火) 23:01

【山 域】鈴鹿
【日 付】2018年4月15日(日)
【天 候】曇りのち雨
【メンバ】kasaya
【コース】朝明駐車場6:35---7:30羽鳥峰---8:00広沢出合---9:00オゾ谷出合---9:52鈴鹿の上高地
     ---11:00根の平峠---11:28ブナ清水---12:49朝明駐車場
 先週に続き週末はぱっとしない天気だが予報では今日は夕方までは雨が降らないらしい。それなら久しぶりに朝明からイブネを周回するコースを行ってこようかと車を走らす。6時30分前の朝明は車がほとんどない。一番前に駐車したら隣の車から徴収人がすぐ出てきた。人が少ないですねえというと、先週は多かったんですがとのこと。今日の予報で出足が遅いらしい。
そうはいってもここまで来たら行かないわけには行かない。手早く準備して出発だ。思いのほか寒いのでヤッケを着て歩く。羽鳥峰を目指して慣れた道を行くがまた道が荒れた感じ。縄たるみ堰堤も少し崩れている。一度崩れ始めるとどうも持たないようだ。
7時30分に羽鳥峰峠着。風が強いので頂上に行くのをためらったが一応行っておこう。登ってみると今日行く予定のイブネ方面はガスの中。天気が悪いなあ。
イブネ.jpg
次はヒロ沢に向かう。途中で踏み跡が不明瞭なところもあるが谷沿いに降りて行けばヒロ沢である。渡渉も心配だったが水は少なめ。難なく渡渉する。その後道沿いに歩いていけば以前何度もここを歩いた
イワウチワ.jpg
ことを思い出す。山に登らない山歩きができるところだ。しかし一応イブネの予定。お金明神ではなくオゾ谷を歩いてみたいとの思いでオゾ谷出合まで来て小休止。さあ行くかと思えど風が強い。見上げればイブネ方面は黒い。これで行って何か面白いかなあと考えるとあまり行く気にならない。ヤメ―。何も見えない頂上より鈴鹿の上高地のほうがいいかな。そんな気がしてくる。愛知川左岸を鈴鹿の上高地対岸まで来る。こちらも平地が広がっていいところ。浅い川を渡渉して上高地に出る。岩棚から川を眺める。いいところだ。その後いつもオフ会をやる処に来ると誰かがここでたき火をしたらしい。そのそばに座ってランチ開始だ。時刻は10時ごろ。今日は早めの下山だな。などと思っていたが此処でショックなことが起こる。いつものようにコッヘルでお湯を沸かすのだが、コンロの横に水がぽとぽと落ちている。あらら!遂に鍋に穴が開いたようだ。35年以上いつも山に連れて行っていたので、コッヘルはそこら中ボコボコに変形している。いつか穴が開くだろうと予想はしていたが、遂にその時が来た。漏れる量が少ないのでラーメンは何とか作れたが今後使えなくなるのかと思うと非常に残念。
コッヘル.jpg
そんなことを思って一人で食事をしていたら雨が降り出す。こりゃいかん。そそくさと荷物をまとめる。
カツラ.jpg
傘をさして明神池を見に行く。ほとんどヌタ場と化した池だ。その後カツラの大木を見てから根の平峠に向かう。峠であった人と話すと白滝谷―お金明神―ワサビ峠と歩いてきたらしい。自分と近いところを歩いていたようだ。オゾ谷からイブネに行こうとしてやめたと言うと、今日は止めて正解ですよとの答え。そうだろうな。
それでも時間があるのでせめてブナ清水でもと傘を片手に歩いていく。道はいいが雨で視界が悪い。途中崩れたところもあるが概ね問題なく進む。そしてブナ清水に着く。そこでは水の湧き出る場所の上にある大きな岩がガスで見えない。こんなことは初めて。
ブナ清水.jpg
うっすらとしか見えないブナ清水
本当は当然ここでコーヒータイムにするはずだったがコッヘルも穴が開くしコーヒーも切らしていた。仕方がないな。清水だけ汲んで家で飲もう。ここの斜面にはイワカガミと思われる葉っぱがびっしり。これはもう少し立ったら見事になるのだろう。そう思って帰路につく。雨は殆ど止み楽に歩いていける。本道に出るとあとは下るだけ。それでも途中の道は新たに崩れているところがある。なんとまあ。どんどん崩れる道。何とかならんものかと思いつつ駐車地に戻った。
Kasaya 

シュークリーム
記事: 1485
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】雨の愛知川周遊

投稿記事 by シュークリーム » 2018年4月21日(土) 06:53

kasayaさん、おはようございます。

 先週に続き週末はぱっとしない天気だが予報では今日は夕方までは雨が降らないらしい。それなら久しぶりに朝明からイブネを周回するコースを行ってこようかと車を走らす。6時30分前の朝明は車がほとんどない。

台高では前日からずっと雨でした。こんな日でも山に出かけるkasayaさん、すごいですね。しかも、朝6時半に登山口着ですか。


次はヒロ沢に向かう。途中で踏み跡が不明瞭なところもあるが谷沿いに降りて行けばヒロ沢である。渡渉も心配だったが水は少なめ。難なく渡渉する。その後道沿いに歩いていけば以前何度もここを歩いた

広沢って、天狗滝の近くでしたっけ。そのすぐ上かな?愛知川は沢登りでよく歩くんですが、地名がイマイチつかめていない。

見上げればイブネ方面は黒い。これで行って何か面白いかなあと考えるとあまり行く気にならない。ヤメ―。

まあ、それが正解でしょうね。山は晴れてなんぼのもんです。

何も見えない頂上より鈴鹿の上高地のほうがいいかな。そんな気がしてくる。愛知川左岸を鈴鹿の上高地対岸まで来る。こちらも平地が広がっていいところ。浅い川を渡渉して上高地に出る。岩棚から川を眺める。いいところだ。その後いつもオフ会をやる処に来ると誰かがここでたき火をしたらしい。

私、ここで一度テント泊しましたけど、いいところでした。焚き火しても怒られないしね。

そのそばに座ってランチ開始だ。時刻は10時ごろ。今日は早めの下山だな。などと思っていたが此処でショックなことが起こる。いつものようにコッヘルでお湯を沸かすのだが、コンロの横に水がぽとぽと落ちている。あらら!

ほんとにあららですね。
それでもラーメンが作れてよかった。


そしてブナ清水に着く。そこでは水の湧き出る場所の上にある大きな岩がガスで見えない。こんなことは初めて。


剣山でもこの日はガスがすごかったです。慣れない山道を運転するのが怖かった。峠を越えると嘘のようにガスがなくなりましたけど。

本当は当然ここでコーヒータイムにするはずだったがコッヘルも穴が開くしコーヒーも切らしていた。仕方がないな。清水だけ汲んで家で飲もう。ここの斜面にはイワカガミと思われる葉っぱがびっしり。これはもう少し立ったら見事になるのだろう。そう思って帰路につく。雨は殆ど止み楽に歩いていける。本道に出るとあとは下るだけ。それでも途中の道は新たに崩れているところがある。なんとまあ。どんどん崩れる道。何とかならんものかと思いつつ駐車地に戻った。

お疲れさんでした。
天気が悪くても、家でゴロゴロしているよりはましですね。
またどこかの山域で
                         @シュークリーム@

Kasaya
記事: 768
登録日時: 2011年2月20日(日) 14:34

Re: 【鈴鹿】雨の愛知川周遊

投稿記事 by Kasaya » 2018年4月24日(火) 22:45

シュークリームさん こんばんは

台高では前日からずっと雨でした。こんな日でも山に出かけるkasayaさん、すごいですね。しかも、朝6時半に登山口着ですか。

天気予報では夕方から雨といってましたが、早く登り始めるに越したことはないと思ってましたので

広沢って、天狗滝の近くでしたっけ。そのすぐ上かな?愛知川は沢登りでよく歩くんですが、地名がイマイチつかめていない

天狗の上流ですね

まあ、それが正解でしょうね。山は晴れてなんぼのもんです。
雨でも行きたいと思う時もありますが、そんなときは大体後悔してますね。
 
私、ここで一度テント泊しましたけど、いいところでした。焚き火しても怒られないしね。

まだここではしたことがないんです。一度秋にでもやりたいなあ
ほんとにあららですね。
それでもラーメンが作れてよかった。

ついに寿命が来たとその時は思いましたが、アルミのリベットで穴を塞いだら完ぺきではないが、水はほぼ漏れなくなりました。
また使えそうです。

天気が悪くても、家でゴロゴロしているよりはましですね。
またどこかの山域で

下界は天気予報通り日中は雨でなかったようです。まあ家にいてもろくなことはしていないので
いい山行と思います。

kasaya

返信