【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
SHIGEKI
記事: 550
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年3月29日(木) 19:47

バーチャリさん こんばんは。

resをありがとうございます。
20180324-P3240274.jpg
遠出の場合は私も前夜発になります。
わりと静かでしたね

何せ、JR駅前ですから どうかと思いましたが、落ち着いて過ごせました。
   酒食らって寝てただけですが・・・ :mrgreen:



アイゼン安くなによりも軽いのがいいですね

使ってるより、担いでる方が圧倒的に多いですから・・・

軽さと本来機能のばらんすですかね なんでもそうでが


 やがて、植林を抜けると、薄れゆくガスと覗きはじめた青空がなんとも言えない優しい色合いのブルーグレーのベールで
山毛欅林を包み込んだ。
もう一息、広がりはじめた青空に向かい急登一発、振り返れば、雲の上に出たことがわかった。[/q_yab]

久々に雲海を見ました。

最初から ご褒美を頂きましたね :D


ここからは、霧氷の映える空のした、惜しげもなく散りゆく霧氷片の大歓迎を受けながらの雪稜漫歩となった。

青空に霧氷が綺麗でしたね 又 霧氷パラパラ落ちる時の奏でる音が好きです。

またまたご褒美でしたね、音?音楽家のお耳をお持ちですか? :mrgreen:


と思ったのは多分不肖Sだけだろう。
ほぼ白昼夢の中を彷徨うようにP1139に辿り着いた。まだ、夢の中のようだ。

程よい疲れにまだ余韻に慕っております

ほどよい疲れとは、まだまだ厳しく長い山行をご所望ですな~


205gのピッケル、中国製のアルミアイゼンがしっかり雪面を捉えているではないか!!
登り切った人形山は日輪とともに輝いていた。[/q_yab]

205gのピッケルですか又軽量化してますね :o

たぶん、最軽量の部類だと思います。

これがたまたま、ヤフーオークに出ていたのです。

誰も入札しませんでしたので、最低価格でGETしました。 :mrgreen:


ヤブコギ有りで気合入れてピッケルを差しての登りでした。

楽しいアトラクションでしたね~

まさしく絶景と快晴無風の陽だまりでの祝宴となりましたのであります。

青空の下寒さの心配も無く楽しいランチでしたね。

ぽかぽか陽気で極上のランチでした。




最後まで雪に戯れながら急な尾根をくだったら、ピンポイントで出発地に辿り着いた。
考え得る最高の雪山にいざなってくれた山日和さん、楽しく同行していただいた皆さんほんとうにありがとうございました、
そしてお疲れ様でした。

山日和さん素晴らしい山旅を案内して頂きありがとうございました。
又 参加者の皆さん大変お世話になりありがとうございました。

また、来季も楽しく歩きましょう。

      SHIGEKI

SHIGEKI
記事: 550
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年3月29日(木) 21:22

クロオさん こんばんは。

resをありがとうございます。

29回のスノー衆史上ベスト5に入ると山日和氏をして言わしめる会心の雪山だった。
いつか同氏が「ピンチヒッターの堂ヶ辻山」とのタイトルでrepされたのを読んではいたが、
なんの本番、2018季 4番バッターサヨナラ満塁ホームランの堂ヶ辻山でした。


雲海、霧氷、新雪、青空、展望。
スノーシュー歩きはもちろん、
尻セードも、
アイゼン歩きも、
やぶこぎまで堪能できました。
20180324-P3240328.jpg
急登を行く山日和氏クロオ氏
そうなんですね~

雪山の良さを全てしっかり味わえましたもんね~



写真とか、EXCELに書いたメモとか、何かを見ないとほとんど思い出せません。

EXCELにメモ しておられるんですね :o

でも、それだけたくさん色んな山に行っておられると言うことでしょうか


ブナの写真、きちんと仁王門になっていますね。

霧と大きな二本の山毛欅、間を行くヤブメン

自然とそうなりました。


雲を突き抜けて見た雲海には感激しました。

まさしく、絵に描いたようでしたね~

皆さんのうれしそうな、この時だけ :mrgreen: 純真な笑顔

が印象的でした。


最初は霧氷が付いていなかったのですが、進むにしたがって、どんどん発達した霧氷が付いていて大満足でした。
空は雲一つない青空で、一層霧氷が映えました。

こんなこともあるんですね~

雲海、霧氷、新雪、大展望


全く風もなく、360度の展望のなかで、とても贅沢なランチタイムでした。

これ以上の至福はないでしょう :mrgreen:


この標高点からの展望も素晴らしかったです。

下りの最後にこの展望は、感動ものでした。

皆さん、時間をかけて楽しんでおられました。


スノー衆の企画に無かったら、おそらく生涯登ることが無かったルートだったと思います。
機会があったら、再訪したいルートと思えるくらいの思い出になりました。

そだね~ :mrgreen:

来季も期待してます。

     SHIGEKI

SHIGEKI
記事: 550
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年3月29日(木) 21:55

おど+さん こんばんは。

resをありがとうございます。
20180324-P3240344.jpg
この日の人形山
>29回のスノー衆史上ベスト5に入ると山日和氏をして言わしめる会心の雪山だった。

 この日は先週に引き続きよい天気でしたね。 こうなる事は予想できていただけに、直前になっていけなくなったことは
悔しいと言うか情けないです。 :(

ホンマ、残念でしたね・・・

感動の雪山、一日でした。


前日までに少し雪が降ったようですが、それが逆に良かったのでしょうね。 朝の冷え込みでよく歯が噛んで、歩きやすかったことでしょう。

締まった雪、そして綺麗な雪 ちょうどいい新雪 で 楽しく歩けました。

息は切れて、足はパンパンでしたが・・・ :mrgreen:



 縫ヶ原山の絶壁は、一週間前に通った道ですがすぐ下に今回歩かれた尾根が見えていました。

ですよね~  Picasa(写真)、ルートラボ、ルート地図 も拝見しました。

長いルート、雪の状況もいろいろ、【越美山地】 残雪の荒島岳と縫ヶ原山周回縦走 

素晴らしい山行力 ですね。

resしようにも、レベル高すぎて圧倒されましたです。



 一週間前のモッカ平もそんな感じでした。 :mrgreen:

今季は行けませんでした。が、再訪を決めているところです。

普通にダムから周遊しますが・・



 途中からアップダウンも多く、この体調ではシリセードも無理だったので、諦めたのは正解でしたが悔いが残ります。

 皆さん、お疲れ様でした。

おど+さんの体力なら、楽勝間違いありません。

それほど、体調 不調でしょうか 早い快気を祈ってます。

    SHIGEKI 

わしたか
記事: 52
登録日時: 2016年10月26日(水) 23:39

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by わしたか » 2018年4月02日(月) 16:31

SHIGEKIさん、こんばんは~。
レポ作成お疲れ様でした。


29回のスノー衆史上ベスト5に入ると山日和氏をして言わしめる会心の雪山だった。

雪山の七変化が楽しめた最高の一日でした!

植林を抜けると、薄れゆくガスと覗きはじめた青空がなんとも言えない優しい色合いのブルーグレーのベールで
山毛欅林を包み込んだ。


まずは青白く霞む双門の大ブナから七変化のスタートでしたね~。

もう一息、広がりはじめた青空に向かい急登一発、振り返れば、雲の上に出たことがわかった。

そして雲海に浮かぶ山々

P974は展望台地 目の前に縫ヶ原の絶壁、右手には御嶽が霞んでいた。

去年のスノー衆の翌日に縫ヶ原山を真名川ダムから周回しましたが、同じ時期なのにあの見事な雪庇が跡形も無かったです。今年の雪溶けの早さは異常ですね。

P1109からは真っ白なドームの銀杏峰が大きい。
新雪で薄化粧したたおやかな稜線は獣の足跡もなく、霧氷の氷片が煌めいているだけで優雅な曲線を伸ばしている。
 こんな汚れのない雪稜をヤブ変人たちが踏みにじっていく。 :mrgreen:
大きく踏み抜いてもコケても足の二本や三本折っても全て受け入れようではないか!
純白の雪稜に今立ったのだから・・・
と思ったのは多分不肖Sだけだろう。 :roll:


純白の幅広い稜線の向こうに尖った人形山が見える、いい感じの稜線でしたね。
足を折るどころか、死ぬまでにこのまま死んでもいいという景色に出会いたいものです :mrgreen:


地形図を見ると一目瞭然、ここから線が詰まって下り、登っているのだ。
しばらくはスノーシューでヤブの急斜面を無理矢理降下するが、さらなる急斜面のダウン&アップを見据え、アイピケ使用の指示がくだる。


ところが、またもや地形図を見ていただければおわかりのはずだが、短いが片側スッパリ切れ落ちた急な降下と登りである。
稜線を行こうとするが、進行方向左側(東側斜面)はすっぱり切れ落ちており、右へ逃げながらしかもヤブを潜ってうっすら新雪の乗った堅雪の急登を攀じる。


楽しいことはいつまでも続かないですね~。
苦労した分、充実感は5割増しでしたが。

登山分野においても中国製はバカにできなくなりましたね。
後は、何回まで使用できるかSHIGEKIさんのモニターテスト結果を待ってます 笑


宴会前の イヤ ランチ前の雪庇踏み抜きとヤブこぎで晴れて堂ヶ辻山頂、みんな無事に登頂いたしました。
まさしく絶景と快晴無風の陽だまりでの祝宴となりましたのであります。


次の日に登った左門岳からは能郷白山や磯倉が霞んで見えましたので、この日がベストコンディションでしたね!

この期に及んで128mの登り返しはきつかったが、P1131から見る北、東方向の絶景で疲れが吹き飛んだ。

アルプスまで一望でしたね~。下山のパワーが充填されました。

考え得る最高の雪山にいざなってくれた山日和さん、楽しく同行していただいた皆さんほんとうにありがとうございました、


本当に参加して良かったです。ATを取っていただいた山日和審判には感謝でございます。

追伸:SHIGEKI さん、白鳥の湯ではレストランの終了時間に間に合わなくてすいませんでした :oops:
レストランの営業時間を確認して待ち合わせの時間を決めれば良かったですね…
長風呂なもんでorz


わしたか

アバター
山日和
記事: 2422
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by 山日和 » 2018年4月02日(月) 17:52

わしたかさん、こんばんは。SHIGEKIさん、横から失礼。

追伸:SHIGEKI さん、白鳥の湯ではレストランの終了時間に間に合わなくてすいませんでした :oops:
レストランの営業時間を確認して待ち合わせの時間を決めれば良かったですね…
長風呂なもんでorz

山の基本をおろそかにしてはいけません。
私は病院で待っている間、横にあるレストランの営業時間とラストオーダーの時間をしっかり確認しに行きましたよ。 :mrgreen:

                      山日和

アバター
山日和
記事: 2422
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by 山日和 » 2018年4月03日(火) 18:07

この日、絶品雪尾根から眺めていた道斉山に登っていた人がいました。
同じように日輪を見ていたようです。 :D

http://oogakirouzan.main.jp/kiroku/2018 ... u_htm.html

             
                    山日和

SHIGEKI
記事: 550
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年4月03日(火) 20:58

わしたかさん こんばんは。

resをありがとうございます。
20180324-P3240241.jpg
雪山の七変化が楽しめた最高の一日でした!

ホンマ、雪山の楽しさを存分に味わえましたね。


まずは青白く霞む双門の大ブナから七変化のスタートでしたね~。

ガスから青空がのぞいて、なんとも言えないいい雰囲気の中で大きな山毛欅でしたね。

去年のスノー衆の翌日に縫ヶ原山を真名川ダムから周回しましたが、同じ時期なのにあの見事な雪庇が跡形も無かったです。
今年の雪溶けの早さは異常ですね。

連チャンで歩ける体力、若さがエエ出んなぁ :mrgreen:

たくさん積もったはずなのに、解けるのも今年は早いですね。


純白の幅広い稜線の向こうに尖った人形山が見える、いい感じの稜線でしたね。
足を折るどころか、死ぬまでにこのまま死んでもいいという景色に出会いたいものです :mrgreen:

人形山のまぁるい雪の頂上と日暈がよかったですね!!


楽しいことはいつまでも続かないですね~。
苦労した分、充実感は5割増しでしたが。

楽しい急登でした、アイピケも使えたし!!



登山分野においても中国製はバカにできなくなりましたね。
後は、何回まで使用できるかSHIGEKIさんのモニターテスト結果を待ってます 笑

保険で持ってるだけの時が多いから、結構長持ちしたりして・・・

はたまた、次のワンポイント 10分の使用で壊れたりして・・・


次の日に登った左門岳からは能郷白山や磯倉が霞んで見えましたので、この日がベストコンディションでしたね!

雪の左門ですか よろしおまんなぁ  

アルプスまで一望でしたね~。下山のパワーが充填されました。

そうそう、ジャンプ画像まで撮ってもらう元気ありましたね。

追伸:SHIGEKI さん、白鳥の湯ではレストランの終了時間に間に合わなくてすいませんでした :oops:
レストランの営業時間を確認して待ち合わせの時間を決めれば良かったですね…
長風呂なもんでorz

いやいや、こちらも確認忘れてました。

そのまま帰宅の途について、かえって眠くならずに無事家に辿り着きました。

もう、石徹白の雪もかなり解けてるんだろうか・・・

     SHIGEKI


SHIGEKI
記事: 550
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年4月03日(火) 21:13

山日和さん こんばんは。

この日、絶品雪尾根から眺めていた道斉山に登っていた人がいました。
同じように日輪を見ていたようです。 :D

http://oogakirouzan.main.jp/kiroku/2018 ... u_htm.html

ホンマや :D

よう、見つけましたね~

このところの暖かさ っちゅうか暑さ :shock:

山に雪は残ってるんだろうか?

もう 石徹白は厳しいかな? 4月初めなのに白山まで足を伸さんならん?

       SHIGEKI             
          
添付ファイル
20180324-P3240307.jpg

Kasaya
記事: 776
登録日時: 2011年2月20日(日) 14:34

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by Kasaya » 2018年4月04日(水) 22:32

shigekiさん こんばんは
あれからもう10日以上たったんですね。速攻のレポに亀レスとなってしまいました。

29回のスノー衆史上ベスト5に入ると山日和氏をして言わしめる会心の雪山だった。

どのスノー衆が最高だったかは分かりませんが、歩きながら今日はいいなあと思ってました。

個人的にはNO1 そう 過ぎ去ったことは記憶の彼方、今が一番なのです。
御意!

とあり、不肖新規購入したピッケル ヤフオク 8000円 CAMP CORSA 205gと中国製14本爪アルミイゼン 5000円 480g 
を活用?する日がやってきた。
道具は軽量に限ります。特に保険でもって行くようなものは、重いとつい置いていってしまいます。

急登だが締まった雪がしっかり付いており、スノーシューのフレームとヒールリフターが
気持ちよく決まるが汗が噴き出すしんどい登りには違いない。
ラッセルは無用でしたね。
もう一息、広がりはじめた青空に向かい急登一発、振り返れば、雲の上に出たことがわかった。
もしかして雲海が見られるかと期待していましたが、その通り。途中まではガスっていたので青空が急速に
広がる中での雲海はまた良かった。

新雪で薄化粧したたおやかな稜線は獣の足跡もなく、霧氷の氷片が煌めいているだけで優雅な曲線を伸ばしている。
 こんな汚れのない雪稜をヤブ変人たちが踏みにじっていく。

今回の稜線歩きはほんと汚れ無き道でした。ここをむさくるしい人たちが通っていいものかと思いたくなるほど
美しかった。

大きく踏み抜いてもコケても足の二本や三本折っても全て受け入れようではないか!
純白の雪稜に今立ったのだから・・・
と思ったのは多分不肖Sだけだろう。
たぶんshigekiさんだけ。詩人ですねえ


 稜線を行こうとするが、進行方向左側(東側斜面)はすっぱり切れ落ちており、右へ逃げながらしかもヤブを
潜ってうっすら新雪の乗った堅雪の急登を攀じる。
205gのピッケル、中国製のアルミアイゼンがしっかり雪面を捉えているではないか!!
登り切った人形山は日輪とともに輝いていた。
私は軽アイゼンでしたがピッケルを突き刺しつつ歩いていたので何とかなりました。
ストックだけでは心もとない場面でした。こんな時のために軽量ピッケルは持ち歩いたほうがいいなあと感じます。

まさしく絶景と快晴無風の陽だまりでの祝宴となりましたのであります。
これも印象深かった。頂上で無風の中、絶景を楽しみながらのランチ。
天候、眺望、ロケーション色々揃ってます。もちろんそこに欠かせないヤブメン。
これも今回のスノー衆が良かったと思わせる一因でしょう

この期に及んで128mの登り返しはきつかったが、P1131から見る北、東方向の絶景で疲れが吹き飛んだ。
頂上で絶景を楽しんだのでもうたくさんと思ってましたが、ここで予期せぬ展望にまた感激。下界が見えて
より山の高さや深さを感じました。

考え得る最高の雪山にいざなってくれた山日和さん、楽しく同行していただいた皆さんほんとうにありがとうございました、

shigekiさんのレポを読んでまたあの日の情景が目に浮かんできました。
いいレポですね。次回もお願い!なんてね
kasaya

SHIGEKI
記事: 550
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山

投稿記事 by SHIGEKI » 2018年4月05日(木) 21:53

Kasayaさん こんばんは。

resをありがとうございます。

shigekiさん こんばんは
あれからもう10日以上たったんですね。

最近特に、時のたつのが早いんですよね~

昨日のことを、1週間以上前に感じたりします。



どのスノー衆が最高だったかは分かりませんが、歩きながら今日はいいなあと思ってました。

皆さん、そう思って楽しく歩かれてたんでしょうね :D


道具は軽量に限ります。特に保険でもって行くようなものは、重いとつい置いていってしまいます。

どの程度まで役立つかが微妙ですが、不肖Sの場合、アイピケは通常ワンポイントと考えてます。

それ以上の山は技術、体力ともに無理・・・・
:(

もしかして雲海が見られるかと期待していましたが、その通り。途中まではガスっていたので青空が急速に
広がる中での雲海はまた良かった。
20180324-P3240056.jpg
ドラマにしたら嘘っぽいような展開でしたね!!


今回の稜線歩きはほんと汚れ無き道でした。ここをむさくるしい人たちが通っていいものかと思いたくなるほど
美しかった。

踏み込むのがモッタイナイみたいな感じでした。


私は軽アイゼンでしたがピッケルを突き刺しつつ歩いていたので何とかなりました。
ストックだけでは心もとない場面でした。こんな時のために軽量ピッケルは持ち歩いたほうがいいなあと感じます。

ピッケルの重要さ わかりました が、ザックに背負ってる時間が長いので軽いのがいいですね。


これも印象深かった。頂上で無風の中、絶景を楽しみながらのランチ。
天候、眺望、ロケーション色々揃ってます。もちろんそこに欠かせないヤブメン。
これも今回のスノー衆が良かったと思わせる一因でしょう

みんながランチしたがっていた手前のピークは風がありましたが、ここは無風、背中に当たる陽が

ポカポカでした。


考え得る最高の雪山にいざなってくれた山日和さん、楽しく同行していただいた皆さんほんとうにありがとうございました、


shigekiさんのレポを読んでまたあの日の情景が目に浮かんできました。
いいレポですね。

そう言っていただくとREP担の甲斐がありますわ~

次回もお願い!なんてね

それは、色んな人の見方、感性に触れられるようみんなで分担していきましょう :roll:  

ね、指名権者 山日和リーダー :mrgreen:

      SHIGEKI  
添付ファイル
20180324-P3240515.jpg

返信