【鈴鹿】青川峡から竜ヶ岳へ

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
しのやん
記事: 23
登録日時: 2017年11月28日(火) 21:27
住所: 三重県四日市市

【鈴鹿】青川峡から竜ヶ岳へ

投稿記事 by しのやん » 2018年3月04日(日) 17:48

【日付】2018. 3. 3
【山域】鈴鹿
【メンバー】単独
【天候】晴れ時々曇り 花粉
【ルート】青川峡キャンプ場駐車地8:53~大鉢山南ルート登山口 8:57~大鉢山 9:57~遠足尾根合流 10:52~金山尾根分岐 11:42 ~竜ヶ岳山頂 12:07~金山尾根分岐 13:13 ~ 遠足尾根から大鉢山への分岐 13:51 ~ 大鉢山 14:30 ~大鉢山西ルート登山口 15:00 ~ 青川峡キャンプ場駐車地 15:18

孫太尾根から 遠足尾根を見ていて、青川峡から 竜ヶ岳へ登れるんかなぁ?とか思ってて、調べてみたら 過去に登ってる方もみえるのできっと行けるのでは… ただ、国土地理院も山と高原地図にもルートは載ってない とりあえず過去の軌跡を参考にさせてもらう
51483E5F-8C3D-48E4-9C7D-5413CF4D7DFD.jpeg
ここからスタート
キャンプ場の入り口付近に駐車して スタート
5分ほどで 大鉢山南コースの登山口が、これやなと 尾根に取り付く、整備は全くされた感じはないが さほど荒れた感じもなく どんどん高度を上げていく
やがてロープが貼ってある 見晴らしのいいところにストックが、忘れ物か? さらに奥に目をやると ツェルトが張ってある ここでツェルト泊をしてる様だ 珍しい人もいるもんだと その場を離れた
C95204F3-6D76-46FA-A660-6C14F74E754C.jpeg
このストックの奥でツェルトが…
標高250を越えた辺りから様子がおかしい、斜度がキツくなって来たら道が消えてるではないか…古い道標を見つけたのでルートを外してる訳でもない トラバース道がガレで埋まってる(--;) 撤退しよかなとも思ったが、これも修行かと
方向を間違えないように、ガレガレの上を四足歩行で登る 踏み外したらタダでは済まん状況の中を進むのは、かなり神経を使う。
66B1219D-0485-4862-A667-D8B91596515C.jpeg
非常に歩きにくい(--;)
登山口から60分ほど掛かって ようやく大鉢山山頂へ もうその日の80%の神経を使った疲労感だが、ここで戻る訳にはいかない 竜まではまだまだ 遠足尾根まで出ればなんとかなるだろう と気合いを入れ直し 足を進める
2AE7DA74-7CFB-4A8C-ABB1-CE9FDB994AFA.jpeg
大鉢山山頂
大鉢山からは、何故かコースサインがしっかりしており サクサク歩ける 標高600を越えると 雪も現れ始めるが、締まっていて 沈み込みもなく 靴の裏の泥を落とすには丁度いい 大鉢山から60分ほどで遠足尾根に合流
183A331A-DF3A-432F-9260-BBF3EB8FF143.jpeg
遠足尾根合流
ここでやっと緊張から解放されて 残雪の上を快適に歩く やがて展望が開けて山頂まで見渡せる場所へ 思ったより雪解けが進み ちょっと寂しい気持ちになったが 竜ヶ岳山頂へ伸びる稜線は何度みてもいいものだ。
2DF158B1-7DB9-40FE-B0F4-C310B98DFFC7.jpeg
雪解けが進んで…
気分良くサクサクと山頂へ
風も弱く こんな快適な山頂も久しぶり さすがに人気の山 人も多い ここで昼とするのもいいが、風が強くなって来ても落ち着かないので、金山尾根分岐 手前まで下りてランチ 寒くのないのでのんびり出来る
下山は、さすがに雪もゆるゆるで ズボズボはまるが、たいしたことはない 前半の事があるので もう多少の事では、なんとも思わなくなってる(笑)
自分の付けたトレースを辿ってどんどんどん下り また登り返して大鉢山へ… あれを下るって ロープを出すかなとか考えてたら西方向へ新しいコースサインが
C423584B-9337-4DBF-9566-AF87C1608479.jpeg
新しめのコースサインが付いている
もしかして西コースは整備されてるのか?これは確かめに行くしかないと、導かれるように下りる 予想的中! 整備がどうのより コースサインがしっかりあるだけでも十分 なんのストレスもなく林道の西コース登山口へ なんでこれを登りに使わなかったのだろう(^^;; 急がば回れを実感しながら 帰路についた。
1FE347D9-ECFF-42BB-9FB5-3DD81E53C3A5.jpeg
少し奥まで歩けば、もっと楽に登れたのに…

シュークリーム
記事: 1497
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【鈴鹿】青川峡から竜ヶ岳へ

投稿記事 by シュークリーム » 2018年3月05日(月) 07:03

しのやんさん、初めまして。
シュークリームと言います。毎週あちこち歩いていらっしゃるようで、すごいですね。
私はこの日は鈴北岳でのんびりしていました。最高の登山日和だったですね。


やがてロープが貼ってある 見晴らしのいいところにストックが、忘れ物か? さらに奥に目をやると ツェルトが張ってある ここでツェルト泊をしてる様だ 珍しい人もいるもんだと その場を離れた

こんなところでツエルトを張るなんて、グーさん並の奇人ですね。あるいは何か目的があるのかな?


標高250を越えた辺りから様子がおかしい、斜度がキツくなって来たら道が消えてるではないか…古い道標を見つけたのでルートを外してる訳でもない トラバース道がガレで埋まってる(--;) 撤退しよかなとも思ったが、これも修行かと
方向を間違えないように、ガレガレの上を四足歩行で登る 踏み外したらタダでは済まん状況の中を進むのは、かなり神経を使う。


お疲れさんです。無事に突破できてよかったですね。

ここでやっと緊張から解放されて 残雪の上を快適に歩く やがて展望が開けて山頂まで見渡せる場所へ 思ったより雪解けが進み ちょっと寂しい気持ちになったが 竜ヶ岳山頂へ伸びる稜線は何度みてもいいものだ。

鈴鹿は雪解けが早いですね。もうそろそろ賞味期限切れかな?


自分の付けたトレースを辿ってどんどんどん下り また登り返して大鉢山へ… あれを下るって ロープを出すかなとか考えてたら西方向へ新しいコースサインが

へえ、いつもロープを持っているんですか。
すごいなあ。


もしかして西コースは整備されてるのか?これは確かめに行くしかないと、導かれるように下りる 予想的中! 整備がどうのより コースサインがしっかりあるだけでも十分 なんのストレスもなく林道の西コース登山口へ なんでこれを登りに使わなかったのだろう(^^;; 急がば回れを実感しながら 帰路についた。

なるほど、西コースへ行くといいのね。
今度行った時の参考にさせてもらいます。
                         @シュークリーム@

しのやん
記事: 23
登録日時: 2017年11月28日(火) 21:27
住所: 三重県四日市市

Re: 【鈴鹿】青川峡から竜ヶ岳へ

投稿記事 by しのやん » 2018年3月05日(月) 12:42

シュークリームさん、はじめまして。 レスありがとうございます 体力も技術もまだまだですが これからもよろしくお願いします。

私はこの日は鈴北岳でのんびりしていました。最高の登山日和だったですね。

鈴北から 眺める景色もこの日は良かったでしょうね。


こんなところでツエルトを張るなんて、グーさん並の奇人ですね。あるいは何か目的があるのかな?


そういえば、駐車場でグーさんの車に良く似た車がありました(笑)

お疲れさんです。無事に突破できてよかったですね。

滑落しなくて良かったです。


鈴鹿は雪解けが早いですね。もうそろそろ賞味期限切れかな?


山頂付近なら まだまだ白くなる事もあると思いますが…今年は雪少ないですよね。

へえ、いつもロープを持っているんですか。
すごいなあ。


念の為に10mほどの細引きを忍ばせてます。木に掛ければ 5mはなんとかなるかなと…

なるほど、西コースへ行くといいのね。
今度行った時の参考にさせてもらいます。


はい、是非今度行ってみて下さい。

しのやん

返信