【鈴鹿】癒しの山歩き 岩ヶ峰から八風峠へ

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。

【鈴鹿】癒しの山歩き 岩ヶ峰から八風峠へ

投稿記事by Kasaya » 2017年9月28日(木) 23:27

【日 付】2017年9月24日(日)
【天 候】晴
【メンバ】副館長、K氏、kasaya
【コース】八風射撃場跡地7:46---7:52登山口---9:37岩ヶ峰---10:15稜線—-10:26釈迦ヶ岳---10:38最高点---11:37仙香池---11:46中峠12:21
---12:36八風峠—-12:48三池岳—-13:18八風峠—-14:07大滝—-14:49駐車地
天気の良い週末、久方ぶりに友人と鈴鹿に登ることにした。今まで一緒には歩いていなくて意外に面白いかもと思って岩ヶ峰のコースを考える。
ここは最近ちょっとお気に入りなのである。八風射撃場跡地で現地待ち合わせ。ここが初めてで分かるかと心配だったが、問題なく到着。早速出発しようとしていると一台の車がやって来て釈迦はこっちでいいかと聞いてくる。どこから登るつもりで来たのか変な気がしたが、八風峠ルートを紹介する。下調べを全然せずに来たのだろうか。以前もここで若い人に似たような質問を受けたことがある。彼は地図も持っていなかったはず。この人たちはどうなんだろう。ちょっと気になるがそのまま出発。
岩ヶ峰の登山口は少し駐車地から戻ったところにある。登山口といっても実は正規の登山口はどこにあるか知らない。地図をみてここだろうと適当に見当を付けて登ったのが最初で以来そこばかり利用している。実際はあるんだろうなあ。


藪っぽい道をそれでも進んでいくといつしかはっきりした踏み跡で明らかに登山道に変わる。これで安心。皆も黙ってついてくる。樹林帯の展望のない中を歩いていき、1時間ほどでザレた平坦地に出たところで小休止。恒例の大福餅を副館長からいただく。そう言えばこのあとKさんからエクレアをいただいたなあ。今日も盛りだくさんのおやつがありそうだ。道は普通についているが時々急になる。ここってこんなに急だったかな。一人で歩いていた時は気にならなかったが他人がいるとそんなことを感じてしまう。標高が上がってくると周りの山も見えてくる。途中から竜ヶ岳、御池が見え始める。今日はなかなかいい天気だ。岩ヶ峰へはまだあるがそれでもマーキングに沿って行けばついに岩ヶ峰着である。ちょっと広くなっているが周りは樹木のため展望のない頂上。そこでしばらく談笑していると不意に若い人が現れた。山中でこれまで誰にも会っていなかったので意外な気がしたが、聞けば朝6時ごろ出発し自分らの逆コースで釈迦まで行った帰りだという。結構マイナーなコースが好きでこの岩ヶ峰を選んだようだ。マイナー好きならばと副館長と二人でヤブコギネットを紹介する。そしてオフ会も。ちょっと興味を示したようだが来てくれるといいなあ。
元気よく去っていった彼を見送り自分らは最後の登りにかかる。稜線まであと少しというところで急な斜面に出くわしロープが張られていたのでそれにつかまって何とか稜線に飛びだす。やれやれだ。ここは稜線側から見ると赤テープはあっても岩ヶ峰を示すものはない。注意しないと分からないところだ。
稜線に出てしばらく行くと釈迦ヶ岳だった。その昔は何の眺望もない山で副館長はそれがずっと頭にあったようだが今回来てみると東側の展望が開けているのでびっくりしていた。ここの東面が切り開かれたのはいつだろう。記念写真を撮り今度は最高点に向かう。歩いて5分ほどで朝明からの登山者もちらほら見える最高点に着いた。昔はこちらの方がずっと展望が良かった記憶があるが、今は結構樹木で囲われてしまっている。30年以上も前とは違うだろうな。それでも多少展望を楽しんだあとは来た道を戻る。どこでランチにしようかなと考えながら。
この稜線は三池岳に向かうところで展望がすごく良くなる。それが今日のメインだろう。そう思って歩いてくとやがて期待通り登山道が樹林帯から草地に変わり展望が効くようになった。手前の三池岳と竜ヶ岳そして御池が結構いい風景になっている。

標高はそれほどないのだが足元が結構切れ込んでおり高度感もあるのだ。いいところだなあと二人とも言ってくれるのがうれしい。ランチ場所は中峠にしようと告げるがその前に仙香池を見にいく。稜線のすぐ脇にあるにしては大きな池で二人とも少し驚いている。ちょうど傍らを登山者が過ぎていくが、池に興味がないのか気づかないのかさっさと行ってしまった。セキオノコバでもさっさと通過する人が多い。池の存在を知っていたら素通りはできないと思うのは独りよがりか。

さてとここから小さな仙香山のピークを越えたら中峠だ。芝生の広がるいい休憩地。夏場は木陰もなくとても休んでいられないが、この時期には格好のランチ場だ。各々がラーメンなどを作り昼食をすます。最後はKさんからドリップコーヒーの差し入れ。おいしくいただきました。

ランチ後は八風峠へ。ここも快適な尾根歩きが続く。着いた八風峠のの鳥居はだいぶ朽ちている。副館長は学生時代以来のご対面のようだがこの鳥居は当時と一緒だろうかそれとも建て替わったのか、ちょっと議論になるが分からずじまい。
今日のコースは当初お菊の池経由の尾根通しだったが、滝谷の大滝見物も面白いと思い三池岳に登ったあとまた八風峠から降りることにした。昔からあるこの道は広くていいのだが、なんとなく荒れた感じがする。往年から使われていたはずだが、歩く人が少なくなったのかなあ。そんな思いで行くと渡渉点を間違えたのか道がちょっと怪しくなり、変だなと思ったらいきなり大滝に出てしまった。あらら!もともとここへ来るつもりだったのでまあいいか。少し広いところで最後の休憩を提案する。自分の持ってきたグレープフルーツとKさんの冷やしぜんざいだ。食べ合わせが悪いかと思ったが意外においしくいただいた。

大滝は水量はそこそこ。滝の規模からするともっと水があってもよさそうな気がするが、そんな風景はきっと大雨の時ぐらいだろう。
十分休憩し腰を上げれば歴史を感じさせる八風街道をゆるゆる歩きやがて駐車地に着いた。それにしても色々食べた日だな。エクレア、大福餅、水ようかん、冷やしぜんざい、グレープフルーツ、甘納豆。いくら歩いても痩せないよ,これでは。
Kasaya
Kasaya
 
記事: 732
登録日時: 2011年2月20日(日) 14:34

Re: 【鈴鹿】癒しの山歩き 岩ヶ峰から八風峠へ

投稿記事by 副館長 » 2017年9月30日(土) 22:02

Kasayaさん、こんばんは

近いけどずっと行かなかった釈迦ヶ岳。あまりいいイメージがなかったので。
学生時代以来だから35年以上登っていませんでしたが、イメージが全く違っていました。
頂上から東側の木を切ったとしか思えない。でも、切ったのは去年や一昨年ではないようです。

そして、三池岳への尾根。八風峠は記憶があったものの、途中の記憶はなかったです。縦走したはずだけど。
昔からあんなに気持ちのいい尾根だったんでしょうか。

岩ヶ峰尾根はさすがに初めてでした。自分では絶対行かなかったルート。
良いところに連れて行ってもらってありがとうございました。

副館長
副館長
 
記事: 109
登録日時: 2013年2月11日(月) 16:26

Re: 【鈴鹿】癒しの山歩き 岩ヶ峰から八風峠へ

投稿記事by Kasaya » 2017年10月01日(日) 21:23

副館長さん こんばんは

頂上から東側の木を切ったとしか思えない。でも、切ったのは去年や一昨年ではないようです。

私が久しぶりに登った時、おそらく10年以上前に登った時には既に東側の展望があった覚えがあります。
なんか以前のイメージと違うなあと当時思いました。


そして、三池岳への尾根。八風峠は記憶があったものの、途中の記憶はなかったです。縦走したはずだけど。
昔からあんなに気持ちのいい尾根だったんでしょうか。

この尾根いいですよね。自分も昔の記憶はないです。もっと人が歩いても不思議でないと思う一方
静かなままでいてほしいという気持ちもあります

岩ヶ峰尾根はさすがに初めてでした。自分では絶対行かなかったルート。
気持ちのいい尾根歩きだけを目指すなら、中峠から八風峠の周回がお勧めです。
早春にはイワウチワの群生も見られいい周回ができます。

kasaya
Kasaya
 
記事: 732
登録日時: 2011年2月20日(日) 14:34


Return to 山のフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[1人]

Copyright (C) 2006 YABUKOGINET All Rights Reserved --SINCE 2005/03/29--(FIRST-OFF-MEETING-20060910)
アウトドア・登山用品はこちら