【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。

【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by シュークリーム » 2017年8月07日(月) 15:23



私は比良の谷に行ったことがない。正直いうと鵜川という谷に行ったことはあるのだが、あまり比良の谷に行ったという気にならなかった。誰彼なしに比良の谷に行きたいと言っていたら、救いの神が現れた。

山行隊は滋賀県近江八幡市を本拠にする山岳会である。なんと我らがびわ爺を中心に結成された(らしい)。びわ爺の性格をそのまま反映したようなゆる〜い山岳会である。と言ってもびわ爺は最高顧問格のようで、実際には亀仙人さんがお世話をしている。このようなゆる〜い山岳会を無事故で運営するのはとても大変だと思う。そんな大変なお世話をしている亀仙人さんはすごい人である。私などとてもできない。爪の垢を煎じて飲みたいくらいである。

今回、びわ爺と亀仙人さんにお願いして、山行隊の人たちと一緒に比良の沢に連れて行ってもらうことになった。さてどうなることやら。

【 日 付 】2017年8月5日(土)
【 山 域 】比良 安曇川水系明王谷 奧ノ深谷
【メンバー】亀仙人、ぶっち、嵩ちゃん、あっくん(以上、山行隊メンバー)、シュークリーム
【 天 候 】曇りのち晴れ
【 ルート 】 駐車地 8:40 --- 9:26 入渓口 --- 11:16 4段40m大滝 --- 14:14 最後の8m滝 --- 14:47 登山道 --- 15:31 林道--- 16時頃 駐車地

朝8時に坊村の駐車場に着くと小雨が降っている。天気予報では降らないはずなんだけど。まあ、すぐにやむだろう。すぐ後ろから亀仙人さんの車も入ってきた。今日は口ノ深谷へ行く予定だったのだが、沢初心者がいるということで奥ノ深谷に変更になった。私はどこの谷も初めてなので、どこでも文句はない。

ぶっちの車に同乗して林道の車止め前まで行くと、嵩ちゃんとあっくんが待っていた。あっくんは沢初心者。嵩ちゃんとも会うのは初めて。すらりとした長身の嵩ちゃんはいかにもリーチが長そうで、どんな高いところにあるホールドにも届きそう。短身でリーチが短い私には憧れの体形である。しっかりとした沢登り技術も持っている人だということがあとでわかった。

亀仙人さんとぶっちとは2年前に沢初心者トレーニングで渋川へ一緒に行ったのが最初である。短い谷とはいえ、沢初心者ばかりを連れて3級の沢へ突っ込み、なんとか無事故で登り切ったものの今から思うと薄氷に乗る思いであった。山日和さんに心配をおかけして、その後この沢初心者トレーニングは消滅した。亀仙人さんとぶっちはそれをきっかけに沢の面白さに目覚めたようで、それ以来私のことを沢師匠と言ってくださっている。

林道を30分ほど歩き入渓。まずは大釜を持った7m滝である。さすがに比良の沢の中でももっとも人気の奧ノ深谷、先行グループが滝の右を登っている。嵩ちゃんが「巻きますか?登りますか?」と聞いて来る。先行者が登っているのを見てこのまま巻くことはあり得ない。当然登ります。


釜を泳いで取付き、嵩ちゃんにビレイしてもらって登り、皆を引き上げる。初心者のあっくんは大丈夫かなと心配したが、若いだけあってちゃんとついてきた。これで沢の楽しさにのめり込むか、あるいはもうこりごりと思うかどっちかだろう。ぶっちは足を置いた岩が崩れて落ちるが、上からビレイしているので大丈夫。下で見ていたギャラリーから「落ちた!」と声が上がったらしい。嵩ちゃんと亀仙人さんは流石の安定した登りであった。

お次は深い岩溝の間の奥の4m滝。嵩ちゃんに巻き上がってもらい、上からロープを降ろしてもらう。私と亀仙人さんがチャレンジし、ぶっちとあっくんはパス。年寄りだけチャレンジして、若者がパスするなんてねえ。若者はなってないなあ。ステミングで登り、最後はシャワークライミング。ああ、楽しかった。


大岩のかかる2段8m滝。上段は嵩ちゃんが流れの右をフリーで登り、皆を引き上げてくれた。


4段40mの滝は左岸をフリーで登るが、亀仙人さんだけは流芯を登ってきた。流石チャレンジャー。ここで、「お昼にしましょう」という神の声。ちょうどお腹がすいてきたところなので、グッドタイミング。見晴らしのいい岩の上でお昼休憩。比良の谷を少し見下していたのだが、なんのなんの、しっかり楽しませてくれる素晴らしい谷だ。これだったら何度きても楽しいし、人気があるのもよくわかる。

その上の10m滝。嵩ちゃんがフリーで登っていくが途中で行き詰っている。亀仙人さんにビレイをお願いして、滝右の灌木を支点にして巻き上がり、皆を引き上げる。あとで追いついてきたカップルはそのまま真っ直ぐに登ってきた。嵩ちゃんが行き詰ったあたりに残置の支点があったようだ。それが分かっていればこんなに苦労しなかったものを。まあ初めて行く時はそんなもんだろう。


その上の大釜を持った美しい8m滝だけは右岸を巻き登る。急傾斜だが、木の根がたくさんあってそんなに厳しい巻きではない。一体にこの谷の巻道には人が歩いた跡がたくさんあって、ルートどりも難しくはない。


ゴルジュ内の12m斜滝。ここは私がフリーで登り、ロープを固定して皆さんにはプルージックで登ってきてもらう。


最後の大釜を持った7m美滝。嵩ちゃんがトップ。中間に残置支点があり、登ってみると見た目ほど難しい滝ではなかった。7m滝の後は美しいなめ床を持った流れの中を登っていくと登山道が横切り、ここで遡行を打ち切った。


急遽予定変更で登ることになった奥ノ深谷。なんの下調べもしてこなかったが、素晴らしい谷だった。何度も書くようだが、この谷の人気が高いのも宜なるかなといったところである。ガイドブックによるとこの谷は十九ノ滝と呼ばれる美瀑と淵を連続させているということだが、その通りで滝と淵が連続して飽きることがない。しかもそのほとんどが直登できるとあっては、滝登り屋にとっては楽しくてしょうがないだろう。今回は初見参にもかかわらず一つの滝を除いて全て直登させてもらい、遊び倒したという満足感がある。初心者のあっくんも満足してくれたかな?もうこんな怖いことはこりごりと言わなければいいけど。

山行隊の楽しい仲間と一緒にワイワイと遡行した楽しい沢登りだった。こんな沢登りだったら何度行ってもいいねえ。亀仙人さん、またよろしくお願いします。
ちなみに、この沢行の記録は山行隊のブログhttp://yamaikitai.exblog.jp/28028518/にも載っているので、時間のある人は寄っててね。最後に、写真を何枚か無断で拝借しましたんで、事後報告とお礼までm(__)m
最後に編集したユーザー シュークリーム [ 2017年8月08日(火) 05:18 ], 累計 1 回
                         @シュークリーム@
シュークリーム
 
記事: 1361
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
お住まい: 三重県津市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by ヒグラシ » 2017年8月07日(月) 23:04

しゅーくりーむさんこんばんは~。ヒグラシです。
私は比良の谷に行ったことがない。正直いうと鵜川という谷に行ったことはあるのだが、あまり比良の谷に行ったという気にならなかった。

意外ですね!そんなに遠くでもなさそうですが・・・私も今年初めて猪谷入りました。濃い緑が印象的でした。

すらりとした長身の嵩ちゃんはいかにもリーチが長そうで、どんな高いところにあるホールドにも届きそう。短身でリーチが短い私には憧れの体形である。しっかりとした沢登り技術も持っている人だということがあとでわかった。


たしかに岩と違い、大まかなムーヴが多い沢はリーチの差、大きいですよね。

亀仙人さんとぶっちとは2年前に沢初心者トレーニングで渋川へ一緒に行ったのが最初である。短い谷とはいえ、沢初心者ばかりを連れて3級の沢へ突っ込み、なんとか無事故で登り切ったものの今から思うと薄氷に乗る思いであった。山日和さんに心配をおかけして、その後この沢初心者トレーニングは消滅した。

そんな事有ったんですね。 渋川は大好きな沢です。小難しい滝も有りますが、コース短く、(ほんとに3級?)初心者には良いと思いますが・・・

お次は深い岩溝の間の奥の4m滝。嵩ちゃんに巻き上がってもらい、上からロープを降ろしてもらう。私と亀仙人さんがチャレンジし、ぶっちとあっくんはパス。年寄りだけチャレンジして、若者がパスするなんてねえ。若者はなってないなあ。ステミングで登り、最後はシャワークライミング。ああ、楽しかった。

ステミングで登れる滝、沢ならではの醍醐味ですよね!大まかなムーヴで登る滝好きです。

ゴルジュ内の12m斜滝。ここは私がフリーで登り、ロープを固定して皆さんにはプルージップで登ってきてもらう。

沢でのプルージック、難しいですよね。特に初心者。セットだけ確認できれば、アセンダーの方が動きが自由になり、登攀に集中出来ます。

急遽予定変更で登ることになった奥ノ深谷。なんの下調べもしてこなかったが、素晴らしい谷だった。何度も書くようだが、この谷の人気が高いのも宜なるかなといったところである。ガイドブックによるとこの谷は十九ノ滝と呼ばれる美瀑と淵を連続させているということだが、その通りで滝と淵が連続して飽きることがない。しかもそのほとんどが直登できるとあっては、滝登り屋にとっては楽しくてしょうがないだろう。

鈴鹿なら蛇谷みたいなものでしょうか?いや違いますね。淵までは揃っていない。
沢それぞれの個性というものなんでしょうね!
いつも楽しいレポありがとうございます。
ヒグラシ
 
記事: 53
登録日時: 2013年7月15日(月) 19:08
お住まい: 愛知県瀬戸市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by シュークリーム » 2017年8月08日(火) 05:17

ヒグラシさん、ご無沙汰してます。

意外ですね!そんなに遠くでもなさそうですが・・・私も今年初めて猪谷入りました。濃い緑が印象的でした。

猪谷楽しそうですね。私も今度行こうと思っています。
たしかに岩と違い、大まかなムーヴが多い沢はリーチの差、大きいですよね。

大岩の乗越にはリーチが長い方が断然有利ですね。私は大岩の乗越、苦手です。

そんな事有ったんですね。 渋川は大好きな沢です。小難しい滝も有りますが、コース短く、(ほんとに3級?)初心者には良いと思いますが・・・

明るくていい谷ですね。
沢の難易度はコースどりによりますから、直登しなければ3級にはならないかも。


ステミングで登れる滝、沢ならではの醍醐味ですよね!大まかなムーヴで登る滝好きです。

そうですね。沢ではステミングはよく使いますね。

沢でのプルージック、難しいですよね。特に初心者。セットだけ確認できれば、アセンダーの方が動きが自由になり、登攀に集中出来ます。


私はいつもシャントを使っていますが、たしかにシャントを使っているとプルージックを使う気になりません。ただ、重いのでシャントを使っている人はあまり見かけませんが。


鈴鹿なら蛇谷みたいなものでしょうか?いや違いますね。淵までは揃っていない。
沢それぞれの個性というものなんでしょうね!
いつも楽しいレポありがとうございます。


そうですね。全く同じような感じの谷は思い浮かばない。
それぞれ個性があって楽しいです。
比良の谷、一通り行って見たいですね。
                         @シュークリーム@
シュークリーム
 
記事: 1361
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
お住まい: 三重県津市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by わりばし » 2017年8月09日(水) 06:13

おはようございます、シュークリームさん。

今回、びわ爺と亀仙人さんにお願いして、山行隊の人たちと一緒に比良の沢に連れて行ってもらうことになった。さてどうなることやら。

あれっびわ爺は?

林道を30分ほど歩き入渓。まずは大釜を持った7m滝である。さすがに比良の沢の中でももっとも人気の奧ノ深谷、先行グループが滝の右を登っている。嵩ちゃんが「巻きますか?登りますか?」と聞いて来る。先行者が登っているのを見てこのまま巻くことはあり得ない。当然登ります。

おお、沢人の声だあ。

釜を泳いで取付き、嵩ちゃんにビレイしてもらって登り、皆を引き上げる。初心者のあっくんは大丈夫かなと心配したが、若いだけあってちゃんとついてきた。これで沢の楽しさにのめり込むか、あるいはもうこりごりと思うかどっちかだろう。ぶっちは足を置いた岩が崩れて落ちるが、上からビレイしているので大丈夫。下で見ていたギャラリーから「落ちた!」と声が上がったらしい。嵩ちゃんと亀仙人さんは流石の安定した登りであった。

さすがに手慣れたもんですねえ。

その上の大釜を持った美しい8m滝だけは右岸を巻き登る。急傾斜だが、木の根がたくさんあってそんなに厳しい巻きではない。一体にこの谷の巻道には人が歩いた跡がたくさんあって、ルートどりも難しくはない。

さすが比良ですね。人の入りが違います。

急遽予定変更で登ることになった奥ノ深谷。なんの下調べもしてこなかったが、素晴らしい谷だった。何度も書くようだが、この谷の人気が高いのも宜なるかなといったところである。ガイドブックによるとこの谷は十九ノ滝と呼ばれる美瀑と淵を連続させているということだが、その通りで滝と淵が連続して飽きることがない。しかもそのほとんどが直登できるとあっては、滝登り屋にとっては楽しくてしょうがないだろう。今回は初見参にもかかわらず一つの滝を除いて全て直登させてもらい、遊び倒したという満足感がある。初心者のあっくんも満足してくれたかな?もうこんな怖いことはこりごりと言わなければいいけど。

比良の沢を楽しんだようで良かったです。
高速のおかげで近くなりましたね。

                              わりばし
アバター
わりばし
 
記事: 1074
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
お住まい: 三重県津市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by シュークリーム » 2017年8月10日(木) 05:58

わりばしさん、おはようございます。


あれっびわ爺は?

最高顧問は裏で采配をふっているだけなんです :mrgreen:


おお、沢人の声だあ。

やっぱ、沢は遊んでなんぼのもんです。


さすがに手慣れたもんですねえ。

2番手以降はトップロープで吊っているので、落ちても全然オーケーですね。特にこの時は全員を末端確保していましたんで、安全は確保されています。
さすが比良ですね。人の入りが違います。

いやあ、やっぱ人が多いです。そのぶん、ギャラリーがいるんでええカッコしようと思ってしまいますが。
比良の沢を楽しんだようで良かったです。
高速のおかげで近くなりましたね。


比良の谷を一通り行って見たいと思っています。
またお付き合いください。
                         @シュークリーム@
シュークリーム
 
記事: 1361
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
お住まい: 三重県津市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by biwaco » 2017年8月16日(水) 12:06

シュークリさん、ボランティアガイド(?)、お疲れさまでした(^_-)
閑職の爺も、この日はノッぴきならぬ野暮用のためご一緒できず、申し訳ないやら、悔しいやらでありました。

山行隊は滋賀県近江八幡市を本拠にする山岳会である。なんと我らがびわ爺を中心に結成された(らしい)。びわ爺の性格をそのまま反映したようなゆる〜い山岳会である。と言ってもびわ爺は最高顧問格のようで、実際には亀仙人さんがお世話をしている。このようなゆる〜い山岳会を無事故で運営するのはとても大変だと思う。そんな大変なお世話をしている亀仙人さんはすごい人である。私などとてもできない。爪の垢を煎じて飲みたいくらいである。


ご紹介までしていただき、感謝!です。
「山岳会」という文字がコソばゆいと思ったら、「最高顧問」なんて、どっかの怪しい黒幕ネームまで出てきてビックリポンです(@_@。
実態はご指摘の通りで、山も沢も宴会も…爺は顔を出して楽しませてもらってるだけなんであります。

亀仙人さんとぶっちとは2年前に沢初心者トレーニングで渋川へ一緒に行ったのが最初である。短い谷とはいえ、沢初心者ばかりを連れて3級の沢へ突っ込み、なんとか無事故で登り切ったものの今から思うと薄氷に乗る思いであった。


このときもご一緒できませんでした(>_<)

釜を泳いで取付き、嵩ちゃんにビレイしてもらって登り、皆を引き上げる。初心者のあっくんは大丈夫かなと心配したが、若いだけあってちゃんとついてきた。これで沢の楽しさにのめり込むか、あるいはもうこりごりと思うかどっちかだろう。ぶっちは足を置いた岩が崩れて落ちるが、上からビレイしているので大丈夫。下で見ていたギャラリーから「落ちた!」と声が上がったらしい。嵩ちゃんと亀仙人さんは流石の安定した登りであった。


3人はクライミングも沢登りも経験者なんで、安心です。

お次は深い岩溝の間の奥の4m滝。嵩ちゃんに巻き上がってもらい、上からロープを降ろしてもらう。私と亀仙人さんがチャレンジし、ぶっちとあっくんはパス。年寄りだけチャレンジして、若者がパスするなんてねえ。若者はなってないなあ。ステミングで登り、最後はシャワークライミング。ああ、楽しかった。


長幼の序で花を持たしてくれたんでは(^_-)

4段40mの滝は左岸をフリーで登るが、亀仙人さんだけは流芯を登ってきた。流石チャレンジャー。ここで、「お昼にしましょう」という神の声。ちょうどお腹がすいてきたところなので、グッドタイミング。見晴らしのいい岩の上でお昼休憩。

亀さんの大胆不敵ぶりには、いつも見ていてヒヤヒヤですわ(゜o゜)

山行隊の楽しい仲間と一緒にワイワイと遡行した楽しい沢登りだった。こんな沢登りだったら何度行ってもいいねえ。亀仙人さん、またよろしくお願いします。


次は日程を合わせますので、ぜひ連れてって下さいマセ~。
「最高顧問」として山行き隊メンバー一同に(勝手に)成り替わり、御礼申しあげます。<m(__)m>

                            ~biwa爺
biwaco
 
記事: 824
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by シュークリーム » 2017年8月16日(水) 17:38

びわ爺さん、こんちです。
お盆は孫に囲まれてるんかいな。私のところは3人のちびっ子ギャングたちに占領されて、結構大変です。


シュークリさん、ボランティアガイド(?)、お疲れさまでした(^_-)
閑職の爺も、この日はノッぴきならぬ野暮用のためご一緒できず、申し訳ないやら、悔しいやらでありました。


いやあ、わたくしめを同行させていただき、感謝しています。
奥ノ深谷は想像以上に楽しい谷でした。特に登れる滝が多いというのがいいですね。
しっかり遊び倒させていただきました。
巻道がしっかりしているので、あまり冒険したくない人は巻道でエスケープできるし、いいですね。
今度は一緒にまた比良の谷に行きましょう。


ご紹介までしていただき、感謝!です。
「山岳会」という文字がコソばゆいと思ったら、「最高顧問」なんて、どっかの怪しい黒幕ネームまで出てきてビックリポンです(@_@。
実態はご指摘の通りで、山も沢も宴会も…爺は顔を出して楽しませてもらってるだけなんであります。


いやあ、びわ爺の性格をそのまま体現したような楽しい会ですね。
無事故で楽しく運営されることを願っています。
上に立つ人は結構大変なんですけどね。


このときもご一緒できませんでした(>_<)

そうだったですね。
渋川は明るくていい谷でした。
今度また行ってみたいですね。


3人はクライミングも沢登りも経験者なんで、安心です。

亀仙人は最近沢付いてますねえ。

長幼の序で花を持たしてくれたんでは(^_-)

いやあ、ブッチはその前にテンションかけてしまって、ちょっとビビったみたいですね。

亀さんの大胆不敵ぶりには、いつも見ていてヒヤヒヤですわ(゜o゜)

なかなかのチャレンジャーでした。
技術もしっかりしてるし、たいしたもんです。


次は日程を合わせますので、ぜひ連れてって下さいマセ~。
「最高顧問」として山行き隊メンバー一同に(勝手に)成り替わり、御礼申しあげます。<m(__)m>


ついででなんですが、亡くなった斉藤さんと一緒に20日に比良の猪谷に行く予定になっていたんですが、あんなことでキャンセルになってしまいました。
その日に予定されている山行隊の初級者沢コースに同行できないか、亀仙人に問い合わせているのですが、まだ返事をいただいていません。もしよかったらよろしくお願いいたします。
奥ノ深谷でかなり突っ込んだから、危険人物と見なされたかな ;)
                         @シュークリーム@
シュークリーム
 
記事: 1361
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
お住まい: 三重県津市

Re: 【比良・沢登り】比良の谷初見参 奧ノ深谷と山行隊と愉快な仲間たち

投稿記事by biwaco » 2017年8月17日(木) 10:27

シュークリさん、おはようさん~

20日に比良の猪谷に行く予定になっていたんですが、あんなことでキャンセルになってしまいました。
その日に予定されている山行隊の初級者沢コースに同行できないか、亀仙人に問い合わせているのですが、まだ返事をいただいていません。もしよかったらよろしくお願いいたします。
奥ノ深谷でかなり突っ込んだから、危険人物と見なされたかな ;)


本当に残念な事故でした。他山の石にせず、気を引き締めましょう。
で、20日の件は詳細が決まれば連絡します。biwa爺も付いて参る所存ですので、ホローをよろしく(^_-)
「危険人物」どころか、「大師匠」にランクアップですよ(^^♪
今後もよろしくご指導ください。

                                   ~biwaco
biwaco
 
記事: 824
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市


Return to 山のフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]

Copyright (C) 2006 YABUKOGINET All Rights Reserved --SINCE 2005/03/29--(FIRST-OFF-MEETING-20060910)
アウトドア・登山用品はこちら