【鈴鹿】病みあがりの宮妻峡中の谷行き

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。

【鈴鹿】病みあがりの宮妻峡中の谷行き

投稿記事by 斉藤 幸夫 » 2017年5月07日(日) 12:50

【 日 付 】  2017,05,03
【 山 域 】  鈴鹿 宮妻
【メンバー】 michi,シュークリーム,わりばし,えっちゃん,斉藤
【 天 候 】 薄曇り
【 ルート 】 宮妻峡 中の谷奥の右俣ーP1028ー中の谷左俣下る

まだ雪山に未練があるのですが4月23日に荒島岳行ったらもうスノーシュの出番は無いと感じまして、それでも

小秀山なら1900m以上有るので雪の上をスノウシュノーシュで歩けるのではと4月の最後の週末に計画しました。

が4月26日に風邪をひき、4月28日にぎっくり腰をやってしまい、小秀山は諦めました。

でこの5月3日の中の谷もだめかもと半分諦めていましたが、風邪は治っていない様だけど、腰は大丈夫

みたいなので直前に行くことに決めました。

朝、宮妻峡キャンプ場の駐車場に集合し8:00の出発。中の谷をまたぐ橋手前で本谷にに下り、最初の滝は

出合いから見える所にあります。左から右に落ちる約10mの斜滝です。シュークリームさんが水線の左をリード

しました。スラブ状滝で支点となるリス、クラックの少ない滝です。自然の木の根元を使って支点にしていました。



次に出てきたのが15m程の滝で一見してルートが見える滝です。バンドが滝の下を通り左に上がり、滝の中

を右上します。シャワークライミングですが、支点となるカムに適したクラックが水の中に有り簡単です。



次は滝壺の有る凹状の滝約8mです。滝壷に入らずに取り付くのが核心です。10:45シュークリームさん得意の

ステミングであっという間に登りきりました。おみごと。





次の滝は約15mの直暴で、水線の左を登ります。11:50 今日一番の難しい滝です。シュークリームさんが

リードしました。この滝の難しい所は、カムやハーケンで支点を取るためのクラックやリスが少ないスラブ状滝である点です。

シュークリームさんは中間にハーケンを打ち核心部を一気に登りました。セカンドでも核心部は足ばが外傾していてホールド

が少なく、いやらしい所です。欲を言えば核心部にもう一本ハーケンがほしい所です。そうすれば落ちてもグランド

せずに済みます。自分がリードして打てるか分かりませんが、その一本でリードが楽しくなります。



後はゴーロを登り詰めます。比較的簡単にP1028 近くの稜線に出てP1028で昼食12:40。

昼食後、宮越山方向に下り、最低鞍部から中の谷左俣に下りました。

この沢はガレ沢で歩きにくいですが滝が無く、中の谷右俣出合いに簡単に出られます。出合いから下も滝は

巻けて懸垂下降しなくても林道に出られました14:40 。駐車場着 15:00。

最初は風邪ぎみの体調を心配しましたが、いざ滝が出てくると登りたくなり、体調の心配は吹き飛んでしま

いました。

鈴鹿の沢は花崗岩の登れる滝が多いのがいいですね!シュークリームさん、いやらしい滝ばかり押し付けて

しまいました。ありがとうございました。  やっと写真を貼り付けることが出来ました。   

                                                    斉藤
最後に編集したユーザー 斉藤 幸夫 [ 2017年5月10日(水) 12:28 ], 累計 2 回
斉藤 幸夫
 
記事: 50
登録日時: 2017年2月15日(水) 21:24

Re: 病みあがりの沢行き

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年5月07日(日) 22:55

斉藤さん、こんばんは。闇天では力仕事をありがとうございました。

本文へのレスはいつものゴールデンメンバーにお任せするとして、
またまたグーのおせっかいです。

病みあがりの沢行き

タイトルには 【山域】と 山名or谷名 を入れてくださいな。

(兔夢さんもね)

4月28日にぎっくり腰をやってしまい、風邪は治っていない様だけど、

あらら、ぎっくり腰・風邪は山・谷で治す派ですか。無理をされませんように。

やっと写真を貼り付けることが出来ました。   

おめでとうございます。
レスに対する返事も頑張ってくださいね。
躊躇せずに数を打っておれば、そのうちに慣れてきますから。


              お節介 グー(伊勢山上住人)
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1466
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 病みあがりの沢行き

投稿記事by わりばし » 2017年5月08日(月) 05:32

おはようございます、斉藤さん。

次に出てきたのが15m程の滝で一見してルートが見える滝です。バンドが滝の下を通り左に上がり、滝の中
を右上します。シャワークライミングですが、支点となるカムに適したクラックが水の中に有り簡単です。

この水中のカムでしっかり水浴びをしました。
えっちゃんとトラップかと笑っていました。

次の滝は約15mの直暴で、水線の左を登ります。11:50 今日一番の難しい滝です。シュークリームさんが

リードしました。この滝の難しい所は、カムやハーケンで支点を取るためのクラックやリスが少ないスラブ状滝である点です。

シュークリームさんは中間にハーケンを打ち核心部を一気に登りました。セカンドでも核心部は足ばが外傾していてホールド

が少なく、いやらしい所です。欲を言えば核心部にもう一本ハーケンがほしい所です。そうすれば落ちてもグランド

せずに済みます。自分がリードして打てるか分かりませんが、その一本でリードが楽しくなります。


なるほど。
斉藤さん前尾根はお手柔らかにね。 :mrgreen:

昼食後、宮越山方向に下り、最低鞍部から中の谷左俣に下りました。

この沢はガレ沢で歩きにくいですが滝が無く、中の谷右俣出合いに簡単に出られます。出合いから下も滝は

巻けて懸垂下降しなくても林道に出られました 。

水沢は古代より水銀の産地なんです。
明治に中谷に水銀鉱山があったようでカチヤマ谷の平坦にならした石垣があやしいそうです。
それにこの谷は本谷よりもかなり人が入っていたようで窯跡も多かったです。
「カチヤマ=勝山」なんて水銀で一攫千金を狙うにはピッタリの名じゃないですか。
カチヤマ谷出合の滝の巻き道も当時使われていたもののように思います。


最初は風邪ぎみの体調を心配しましたが、いざ滝が出てくると登りたくなり、体調の心配は吹き飛んでしま

いました。

さすがです。

鈴鹿の沢は花崗岩の登れる滝が多いのがいいですね!シュークリームさん、いやらしい滝ばかり押し付けて

しまいました。

私も鍛えねば・・・ :lol:


                            わりばし
アバター
わりばし
 
記事: 1074
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
お住まい: 三重県津市

Re: 病みあがりの沢行き

投稿記事by シュークリーム » 2017年5月08日(月) 06:19

斎藤さん、おはようございます。
おせっかいはグーさんにお任せするとしてこちらは本編にレスしますね。

【メンバー】 michi,シュークリーム,わりばし,えっちゃん,斉藤

えっちゃんとは今年の初沢行でした。いつものえっちゃんスマイルに癒されました。

朝、宮妻峡キャンプ場の駐車場に集合し8:00の出発。中の谷をまたぐ橋手前で本谷にに下り、最初の滝は
出合いから見える所にあります。左から右に落ちる約10mの斜滝です。シュークリームさんが水線の左をリード
しました。スラブ状滝で支点となるリス、クラックの少ない滝です。自然の木の根元を使って支点にしていました。


いつもの最初の滝の下にこんなにいい滝があるとは思いませんでした。これからはここを起点にすべきですね。
この滝は一見難しそうでしたが、木の根元などに2箇所の支点を取ることができ、またフリクションが良かったので快適に登ることができました。


次に出てきたのが15m程の滝で一見してルートが見える滝です。バンドが滝の下を通り左に上がり、滝の中
を右上します。シャワークライミングですが、支点となるカムに適したクラックが水の中に有り簡単です。


ここがいつもの最初の滝ですね。今回は水量も少なくて簡単に登ることができました。わりばしさんとえっちゃんはシャワー全開でしたが、私は濡れたくないのでシャワーは回避しました。


次は滝壺の有る凹状の滝約8mです。滝壷に入らずに取り付くのが核心です。10:45シュークリームさん得意の
ステミングであっという間に登りきりました。おみごと。


ここはもう3回目なので登り方は分かっていました。溝の中に足先をいれて登ればフリクションがいいので簡単に登ることができます。
最初足を滑らせて滝壺に落ちたのはご愛嬌でした。


次の滝は約15mの直暴で、水線の左を登ります。11:50 今日一番の難しい滝です。シュークリームさんが
リードしました。この滝の難しい所は、カムやハーケンで支点を取るためのクラックやリスが少ないスラブ状滝である点です。
シュークリームさんは中間にハーケンを打ち核心部を一気に登りました。セカンドでも核心部は足ばが外傾していてホールド
が少なく、いやらしい所です。欲を言えば核心部にもう一本ハーケンがほしい所です。そうすれば落ちてもグランド
せずに済みます。自分がリードして打てるか分かりませんが、その一本でリードが楽しくなります。


この滝、そんなに難しいとは思わなかったのですが、ホールドが少なく、フリクションだけで登る部分があるので、意外に難しかったです。確かにもう一本ハーケンを打っておくべきでした。このあたりは斎藤さんとの経験の差ですね。岩が乾いていたのと、沢たびの優れた足裏感覚もあってフリクションで登ってしまいました。ハンマーを去年何処かに落としてしまってまだ買っていなかったので、わりばしさんのハンマーをお借りしましたが、この前新しいのを買ってきました。

鈴鹿の沢は花崗岩の登れる滝が多いのがいいですね!シュークリームさん、いやらしい滝ばかり押し付けて
しまいました。ありがとうございました。  やっと写真を貼り付けることが出来ました。 
 

いつもは斎藤さんにおんぶに抱っこなので楽をさせてもらっていますが、今回はリードさせてもらって楽しかったです。でもリードするにはまだまだ経験不足でした。 

                                                 
                         @シュークリーム@
シュークリーム
 
記事: 1359
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
お住まい: 三重県津市

Re: 病みあがりの沢行き

投稿記事by 斉藤 幸夫 » 2017年5月09日(火) 06:46

グーさんおはようございます。
グー(伊勢山上住人) さんからの引用文です:タイトルには 【山域】と 山名or谷名 を入れてくださいな。

前に注意されたことをもう忘れていました。気をつけます。 斉藤
斉藤 幸夫
 
記事: 50
登録日時: 2017年2月15日(水) 21:24

Re: 病みあがりの沢行き

投稿記事by 斉藤 幸夫 » 2017年5月09日(火) 07:02

わりばしさんおはようございます。

わりばし さんからの引用文です:この水中のカムでしっかり水浴びをしました。
えっちゃんとトラップかと笑っていました。


カムの外し方にコツがあります。でも存分にシャワークライミングできて良かったですね。

天気はいまいちでしたが寒くはなかったですね。

わりばし さんからの引用文です:水沢は古代より水銀の産地なんです。
明治に中谷に水銀鉱山があったようでカチヤマ谷の平坦にならした石垣があやしいそうです。
それにこの谷は本谷よりもかなり人が入っていたようで窯跡も多かったです。
「カチヤマ=勝山」なんて水銀で一攫千金を狙うにはピッタリの名じゃないですか。
カチヤマ谷出合の滝の巻き道も当時使われていたもののように思います。


なるほど沢の名前、山の名前にそれぞれの歴史があるのですね。普段沢名山名に、なにも注意を

はらいませんでしたが意識してみます。                            斉藤
斉藤 幸夫
 
記事: 50
登録日時: 2017年2月15日(水) 21:24

Re: 病みあがりの沢行き

投稿記事by 斉藤 幸夫 » 2017年5月09日(火) 07:14

シュークリームさんおはようございます。

シュークリーム さんからの引用文です:えっちゃんとは今年の初沢行でした。いつものえっちゃんスマイルに癒されました。


ほんとですね。えっちゃんがいるとおもわず饒舌になります。今年になって雪山でスノーシュを始めたこと、どの山に行ったか

全部しゃべってしまいました。

シュークリーム さんからの引用文です:今回はリードさせてもらって楽しかったです。でもリードするにはまだまだ経験不足でした。 


そんなことはありません。もう十分リードクライマーですよ。むずかしと思ったらむりをしないことです。御在所の藤内壁前尾根

を十分リードできますよ。                                                   斉藤
斉藤 幸夫
 
記事: 50
登録日時: 2017年2月15日(水) 21:24

【鈴鹿】病みあがりの沢行き 宮妻峡中の谷

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年5月09日(火) 21:22

斉藤さん、こんばんは。レス返頑張っていますね。

とことん しつっこく おせっかいです。

前に注意されたことをもう忘れていました。気をつけます。

次回からは「気をつけて」頂くとして、このレポをこのタイトルのままじゃマズイしょ。

斉藤さん、ちょっとお手間をとらせますが下記の作業をして下さいな。

1.まず「ログイン」して下さい。

2.このタイトルをクリックして下さい。

3.青い枠に囲まれたタイトルがツリーでありますね。
 一番上の最初に投稿したレポをクリックして下さい。

4.右の「編集」をクリック。

5.件名を 【鈴鹿】病みあがりの沢行き 宮妻峡中の谷
 と【山域】 谷名 を加える。

6.プレビューで確認して「送信」です。

お節介もここまで来たら病的だなぁ~。


          お節介にもほどがある グー(伊勢山上住人)
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1466
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 【鈴鹿】病みあがりの沢行き 宮妻峡中の谷

投稿記事by 斉藤 幸夫 » 2017年5月10日(水) 06:03

グーさんおはようございます。

グー(伊勢山上住人) さんからの引用文です:件名を 【鈴鹿】病みあがりの沢行き 宮妻峡中の谷
 と【山域】 谷名 を加える。


早速トライしました。うまくいきました。ありがとうございます。

パソコンのスキルがこのやぶこぎネットを通して少しずつ上達することを目指しています
ので不都合がありましたら遠慮なく指摘してください。

                                        斉藤
斉藤 幸夫
 
記事: 50
登録日時: 2017年2月15日(水) 21:24

Re: 【鈴鹿】病みあがりの沢行き 宮妻峡中の谷

投稿記事by 斉藤 幸夫 » 2017年5月10日(水) 06:17

わりばしさんおはようございます。

わりばし さんからの引用文です:「カチヤマ=勝山」なんて水銀で一攫千金を狙うにはピッタリの名じゃないですか。
カチヤマ谷出合の滝の巻き道も当時使われていたもののように思います。

IMG_1920.jpg


私は下った谷の名前を中の谷左俣と勝手に決め付けていました。ちゃんとカチヤマ谷という名前があるのですね。

michiさんの『めざせ鈴鹿の沢制覇』でもカチヤマ谷と記入されていました。今思うと谷から稜線に出るには一番

楽な谷でしたね。昔の人も小さな谷だけど名前を付ける程多く入ったんでしょうね。

                                                       斉藤
斉藤 幸夫
 
記事: 50
登録日時: 2017年2月15日(水) 21:24

次へ

Return to 山のフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[1人]

cron
Copyright (C) 2006 YABUKOGINET All Rights Reserved --SINCE 2005/03/29--(FIRST-OFF-MEETING-20060910)
アウトドア・登山用品はこちら