【布引山地】 霊山で冬の風物詩を愉しむ

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
落第忍者
記事: 1180
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

【布引山地】 霊山で冬の風物詩を愉しむ

投稿記事 by 落第忍者 » 2016年12月29日(木) 13:11

昨日、市街地でも降った雪は山ではどうだったのだろうか。
resizePC297658.jpg
霊山にもこんな良いところが
【日付】   2016年12月29日(木)
【山域】   霊山
【メンバー】 単独
【天候】   曇り
【ルート】  霊山寺駐車場 7:35 - 霊山 8:25 - 南峰 8:45 - 駐車場 9:50

自宅近くから見えていた鈴鹿山脈もかなり白かったので、今朝は南鈴鹿の北打山にしようと思っていた。
奥余野森林公園を目指したものの、余野公園から見上げる山の白さはいまいち。
霊山の方が良さそうに見えたので、そこから5分で行ける霊山寺に転進。

どう考えてもスノーシューが履けるだけの雪は無さそう。
でも、今日は歩荷訓練と割り切って担ぐことにする。

登山道途中から昨日の雪が残っており、足跡もはっきりと判る。
昨日の雪の中を歩いた人がいると思うと嬉しいかも。

今日は霊山寺からも雲海が見えていて、どうにかして撮影しようとするも立ち木が邪魔をする。
やはり何時ものところまで登らないと無理みたい。
荷物が重くてペースは上がらないが、1時間くらいは待っていてくれるだろう。

霊山から見る雲海は、御斉峠や三国越からのものに劣ることが多いけど、今日はなかなかいい感じ。
不思議なのは(株)森精機伊賀工場辺りではっきりした境界があること。
何らかの条件があってそうなっているとは思うけど、面白い現象だ。
resizePC297633.jpg
大工場を境に雲海が
8合目まで来ると霧氷もあるような雰囲気で、急いで山頂を目指す。
規模は大きくないけど、しっかり付いていて来て良かったと思う。
resizePC297649.jpg
山頂付近の霧氷
9合目分岐から南峰への稜線に足跡は無く、やっと新雪が踏めた。
南峰直下の鈴鹿山脈ビューポイントから見える、鎌ヶ岳、御在所山、雨乞岳の白さは昨日ほどでもないような。
resizePC297655.jpg
あまり白くない鈴鹿山脈
厳冬期にはプチ氷瀑が出来る源頭部はどうだろう。
ツララはそれなりの長さに育っているものの、見栄えがするまでには未だ暫くかかりそう。
霜柱を含めて冬にしか見られないものを楽しめたけど、本物に会えるのはもっと先になるのだろう。
resizePC297662.jpg
結構長いツララ

https://goo.gl/photos/xezkTkeKsEvbu5VB7
落第忍者

返信