【南鈴鹿】 油日岳

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
落第忍者
記事: 1180
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

【南鈴鹿】 油日岳

投稿記事 by 落第忍者 » 2016年4月10日(日) 13:10

いつものことながら700メートルに満たない低山への登頂がこんなにしんどいのは何故だろう?
resizeP4104254.jpg
気持ちいい自然林が続くんだけど・・・
【日付】   2016年4月10日(日)
【山域】   南鈴鹿・油日岳周回
【メンバー】 単独
【天候】   曇り
【ルート】  奥余野森林公園駐車場 7:15 - 県境稜線 - 油日岳 8:25 - 加茂岳 ー 忍者岳 ー 三国岳 - 倉部山 - ぞろ峠 ー 駐車場 9:55

鈴鹿山脈の南端は油日岳とか、さらに南の旗山とも言われるが、県境で考えると油日岳になるのだろう。
そしてその末端はシオノギ製薬の工場に収束することになる。
有刺鉄線で敷地の境界ははっきりしているのでその隣から尾根を辿ればいいのだけど、惜しいことに下部は植林。
此処からも何回か歩いたことがあるので、今日は二馬谷小屋横の遊歩道からにする。
こちらも数回目になるけど、整備してくれる人がいるようで以前よりもすっきりしている感じ。
とは言うものの、いきなり小谷の渡渉があったり、階段が崩れている上に急登なので、遊歩道と言うのは無理があるのかも?
でも此処から入るとほぼ自然林の中を歩けるのが良かったりする。
木に咲く花も、椿、山桜、ツツジ、タムシバ、アセビが今を盛りと咲き誇っている。

鈴鹿南部の特徴でもある花崗岩のザレも随所にあるけど。
滅多に登山者に会わない割には良く踏まれていて迷うようなところもない。
何と言っても県境だからと言われればそうなのかも。
但し整備された登山道の優しさはなくて、急な尾根を直登する感じかな。
距離的にも標高差的にも大したことはないはずなのに、楽に登らせてもらえたことがない。
resizeP4104274.jpg
落ちたら拙そうな痩せ尾根も
昨日もアカヤシオやイワウチワを目にしたので、この山域のものはどうだろうとの確認もあって。
どちらの花も下限が600メートルくらいらしくて、この辺りにも少ないながら存在するからだ。
鈴鹿南部でよく目にする花がここにもあるのは、同じ山脈の一部であることを主張しているかのようで面白い。
今日はアカヤシオの咲き始めは確認できたけど、イワウチワには未だ早かったみたい。
resizeP4104276.jpg
咲き始めのアカヤシオ
望油峠とか鳥不越峠の前後は一般登山道としてはどうかと思うけど、自然林の尾根歩きは爽快であることに違いはない。
今日はぞろ峠から下山してしまったけど、そのまま進めば北打山を経て小平山や旗山への道。
亀山市側への東海自然歩道を辿ると加太不動滝へ。
谷や尾根を組み合わせて1日遊ぶことも出来るかもしれないが、近くに手軽に入れる山があるのは嬉しいことだ。


https://picasaweb.google.com/1053586642 ... directlink
落第忍者

返信