【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
SHIGEKI
記事: 776
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月11日(金) 11:58

【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ
~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

【日 時】2019/01/10(木)
【山 域】野坂(高島トレイル?)
【天 候】曇、稜線はガス
【コース】P9:05-旧ゲレンデトップ9:50-P562 10:56/11:10-寒風12:20/13:55-P16:27

 県内の山スキールートのいくつかは走破しておきたい。
1/9現時点で雪がそこそこありそうで悪天ではなく、しかもお手軽コースなどと絞り込んでいくと答えは必然、
暗いうちから車を飛ばした。

 コンビニに立ち寄り、振り返って土肝を抜かれた。
鈴鹿の、湖東、湖南の山まで燃えさかっているではないか!!
イヤ、大規模山林火災では、もちろんない。
怖いくらい美しい朝焼けが東の空を焼き尽くしていた。
 「山スキーの練習なんかしてる場合やないで~」
とひとりごちながらカメラを持ってウロウロするが、刻々と変転しいい場所を探してるうちにフツウの空に戻ってしまった。
あたふたしてたのは不肖Sのみ、普通に車が走り、みんなコンビニからレジ袋下げてそれぞれの朝に向かっていった。
20190110-P1100023.jpg
水無、綿向、雨乞・・美しい
吉兆なのか凶兆か、はたまた夢幻か・・・
・・・・カメラが捉えてはいたが・・・・

かの有名なメタセコイアの並木道を通り抜け、ブースでワンコイン支払うとおじさんが「山登りですか?」と一言、
リフトもない超緩斜面のスキー場にオッサンが来るわけないやろ。と言うことなのだろう。
8時の営業開始時刻はとうに過ぎているが、ゲレンデには象さんが寒そうにひとり佇んでいるだけだった。
20190110-P1100059.jpg
 閑散とした・・と言うか、誰もいないゲレンデをスキーを履いて登る。遠くで長靴を履いたおじさんが愛想する。
関係者なのだろう。人はいた。

初心者緩斜面を左に抜け川を渡ると、閉鎖された中級者用斜面、古い食堂家屋が郷愁を感じさせる。

ゲレンデトップからトラバースして尾根に取り付いた。
登りは快調だ。しかし、不安になってきた。細い溝状のいわゆる登山道に雑木が被さる。
倒木もある。雪はそこそこ積もっている。つまり、スキーは乗れない、つぼ足ではガボる。
やっぱり、凶兆だったのだろうか。

 そんなルートもP562からは美しい山毛欅の森へとはいっていった。
一旦くだって、登り始めると霧の中に山毛欅の林がでてきては霧にまた隠れる。
こんな雪原の山毛欅林もいいではないか。
20190110-P1102462.jpg
 最後の平坦地を通り、ほんの少しの急登で半クラスト、ガスが流れる夢幻の寒風に着いた。
名に反して今日は微風、見えもしない大谷山はあきらめて灌木の根元に腰を落ち着けた。

 しばらくすると2人のパーティが到着、2人とも防寒テムレス、ひとりは真新しいアッセントであることに気づき、
そんな話で歓談、アッセント購入秘話【なんと半額で買った】
など楽しいランチタイムを過ごした。 
20190110-P1100144.jpg
先に下られたお二人を見送り、冷えた体をほぐしスキーとブーツを滑走モードにもちろん不肖Sも気を引き締めた。
クラストした雪をなだめ、山毛欅の林をすり抜けゆっくりだがまずまずのペースで降下する。
林の中が狭いところは掘り割りの登山道の壁部分にスキーを立てて斜め横滑りで行く。
登りでは無理と思っていたが、何とか切り抜けた。
20190110-P1100180.jpg
 ところが、P562から下は更に掘り割りが細くなりヤブが被さる。林は雑木で隙間がない。
1秒ごとにジャンプターンせー言うのか~い!
老スキーヤーにはイヤ普通滑れへんやろ!!
 スキーを引きずり、ブーツでつぼ足下山、三歩に一回、膝下までそれも突然ガボりました。
やっと、旧ゲレンデトップ、憂さ晴らしの快調ターン とは行かず、なんと、半モナカ
怖々慎重ターンで象さんにさよならしました。

では また どこか 宇宙遊泳のパウダーバーンで

SHIGEKI

シュークリーム
記事: 1688
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
住所: 三重県津市

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by シュークリーム » 2019年1月11日(金) 14:19

SHIGEKIさん,こんにちは。お互い,おじさんパワー,サンデー毎日パワー炸裂ですなあ。
こんな調子で残りの人生楽しく生きたいもんです。


 県内の山スキールートのいくつかは走破しておきたい。
1/9現時点で雪がそこそこありそうで悪天ではなく、しかもお手軽コースなどと絞り込んでいくと答えは必然、
暗いうちから車を飛ばした。


山スキーですかあ,うらやまし〜。私も山スキーやってみたいけど,山スキー道具の値段が高すぎてとても手が出ませんわあ。ゲレンデスキーでお茶を濁しとります。

 そんなルートもP562からは美しい山毛欅の森へとはいっていった。
一旦くだって、登り始めると霧の中に山毛欅の林がでてきては霧にまた隠れる。
こんな雪原の山毛欅林もいいではないか。


そっちはガスっていたみたいですねえ。こっちの方は薄曇りでしたがガスは全くなく,見晴らしは良かったですが。

 スキーを引きずり、ブーツでつぼ足下山、三歩に一回、膝下までそれも突然ガボりました。
やっと、旧ゲレンデトップ、憂さ晴らしの快調ターン とは行かず、なんと、半モナカ
怖々慎重ターンで象さんにさよならしました。


お疲れさんでした。明日はまずまずの天気のようで,ラッセル天国で楽しみましょう。
                         @シュークリーム@

kando1945
記事: 316
登録日時: 2013年1月02日(水) 09:28

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by kando1945 » 2019年1月11日(金) 22:31

SHIGEKI さん、こんばんは。早々にお邪魔します。
と言っても今頃は比良のどこかで車泊中でしょうか。
昼頃、山日和さんから「残念ながら明日は予定通り実行します」の無情のメール。
:oops:

    【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ
      ~悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

スキーはできませんし、山行のコメントもできませんが、この日の朝焼けに惹かれました。

    コンビニに立ち寄り、振り返って土肝を抜かれた。
    鈴鹿の、湖東、湖南の山まで燃えさかっているではないか!!
    イヤ、大規模山林火災では、もちろんない。
    怖いくらい美しい朝焼けが東の空を焼き尽くしていた。
    「山スキーの練習なんかしてる場合やないで~」
    とひとりごちながらカメラを持ってウロウロするが、刻々と変転しいい場所を探してるうちにフツウの空に戻ってしまった。
    あたふたしてたのは不肖Sのみ、普通に車が走り、みんなコンビニからレジ袋下げてそれぞれの朝に向かっていった。
    20190110-P1100023.jpg
    吉兆なのか凶兆か、はたまた夢幻か・・・
    ・・・・カメラが捉えてはいたが・・・・

朝7時頃新聞を取りに外へ出ると景色は薄明るいオレンジ色でした。
何かなと空を見上げると東の半分、密なうろこ雲の下面がオレンジ色に染まっていました。
大阪の池田でこれだけの朝焼けということは鈴鹿方面の山から眺めた朝焼けはこの世とは思えないほどのものと思いました。
9時前に仕事場へ降りてスタッフに、今朝の朝焼け凄かったでしょうと聞くと、一人が東半分が赤く染まって素晴らしかったですと。
今日誰か鈴鹿の山に登ってこの朝焼けを見た人はいいなあ、うらやましいなと言いました。
そこへ今日のSHIGEKIさんのレポ、う、うらやましい。今後の運を使い切ってしまわれたのでは。
:mrgreen:

SHIGEKI
記事: 776
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月13日(日) 15:27

シュークリームさん こんにちは。

resをありがとうございます。スノー衆比良、お疲れ様でした。


SHIGEKIさん,こんにちは。お互い,おじさんパワー,サンデー毎日パワー炸裂ですなあ。
こんな調子で残りの人生楽しく生きたいもんです。
20190110-P1100149.jpg
一瞬の晴れ間に
あの、サンデー毎日・・・ではないのです、まだ残念ながら

でも、毎日サンデーのように楽しくありたいものですね。

そう、残り 少ない(不肖Sの場合)人生楽しくですね。


山スキーですかあ,うらやまし〜。私も山スキーやってみたいけど,山スキー道具の値段が高すぎてとても手が出ませんわあ。
ゲレンデスキーでお茶を濁しとります。

同じ山に入っていても、山歩きの楽しさと山スキーのそれとは、一部精神的に違うところがあると思っています。



そっちはガスっていたみたいですねえ。こっちの方は薄曇りでしたがガスは全くなく,見晴らしは良かったですが。

やはり、北部ですね。大谷、赤坂が見えなくて残念でした。


 スキーを引きずり、ブーツでつぼ足下山、三歩に一回、膝下までそれも突然ガボりました。
やっと、旧ゲレンデトップ、憂さ晴らしの快調ターン とは行かず、なんと、半モナカ
怖々慎重ターンで象さんにさよならしました。


お疲れさんでした。明日はまずまずの天気のようで,ラッセル天国で楽しみましょう。

なかなかの急登、急下り でも稜線はとてもいい雰囲気でしたね~

    では また 越美国境稜線で(希望的観測)

          SHIGEKI


SHIGEKI
記事: 776
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月13日(日) 21:02

kando1945さん こんばんは。

resをありがとうございます。

お返事遅くなり申し訳ありません。

SHIGEKI さん、こんばんは。早々にお邪魔します。
と言っても今頃は比良のどこかで車泊中でしょうか。
昼頃、山日和さんから「残念ながら明日は予定通り実行します」の無情のメール。


この日は朝発、何せ 自宅から40分足らず。

kando1945さん リザーブ登録でしたか・・・

来られるものとばっかり思っていました。


スキーはできませんし、山行のコメントもできませんが、この日の朝焼けに惹かれました。

すごい朝焼けでした。

コンビニ周辺、カメラぶら下げウロウロしてました。    



朝7時頃新聞を取りに外へ出ると景色は薄明るいオレンジ色でした。
何かなと空を見上げると東の半分、密なうろこ雲の下面がオレンジ色に染まっていました。
大阪の池田でこれだけの朝焼けということは鈴鹿方面の山から眺めた朝焼けはこの世とは思えないほどのものと思いました。
9時前に仕事場へ降りてスタッフに、今朝の朝焼け凄かったでしょうと聞くと、一人が東半分が赤く染まって素晴らしかったですと。
今日誰か鈴鹿の山に登ってこの朝焼けを見た人はいいなあ、うらやましいなと言いました。

他の人は、普通に通勤していきました。 「おいっ 見てみぃ~」言いたくなりましたが・・・

この時間に登ってた人は希少でしょうね。


そこへ今日のSHIGEKIさんのレポ、う、うらやましい。今後の運を使い切ってしまわれたのでは。
:mrgreen:

その位、素晴らしいものでしたが、まだまだ、運がいい と思うことが運を呼ぶ 秘訣 みたいな~

    では また モルゲンロートの雪稜で

        SHIGEKI
添付ファイル
20190110-P1102464.jpg
ツリーラン

アバター
わりばし
記事: 1332
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by わりばし » 2019年1月15日(火) 18:17

こんばんは、SHIGEKIさん。

 県内の山スキールートのいくつかは走破しておきたい。
1/9現時点で雪がそこそこありそうで悪天ではなく、しかもお手軽コースなどと絞り込んでいくと答えは必然、
暗いうちから車を飛ばした。

いい心がけですねえ。 :mrgreen:

  閑散とした・・と言うか、誰もいないゲレンデをスキーを履いて登る。遠くで長靴を履いたおじさんが愛想する。
関係者なのだろう。人はいた。
初心者緩斜面を左に抜け川を渡ると、閉鎖された中級者用斜面、古い食堂家屋が郷愁を感じさせる。

つげ義春の漫画を思い出させる
シュールな光景です。

 しばらくすると2人のパーティが到着、2人とも防寒テムレス、ひとりは真新しいアッセントであることに気づき、
そんな話で歓談、アッセント購入秘話【なんと半額で買った】
など楽しいランチタイムを過ごした。 

防寒テムレスも人気商品になりました。
今度、黒バージョンも出たようです。

先に下られたお二人を見送り、冷えた体をほぐしスキーとブーツを滑走モードにもちろん不肖Sも気を引き締めた。
クラストした雪をなだめ、山毛欅の林をすり抜けゆっくりだがまずまずのペースで降下する。
林の中が狭いところは掘り割りの登山道の壁部分にスキーを立てて斜め横滑りで行く。
登りでは無理と思っていたが、何とか切り抜けた。

カッコいい。 :lol:

 ところが、P562から下は更に掘り割りが細くなりヤブが被さる。林は雑木で隙間がない。
1秒ごとにジャンプターンせー言うのか~い!
老スキーヤーにはイヤ普通滑れへんやろ!!
 スキーを引きずり、ブーツでつぼ足下山、三歩に一回、膝下までそれも突然ガボりました。
やっと、旧ゲレンデトップ、憂さ晴らしの快調ターン とは行かず、なんと、半モナカ
怖々慎重ターンで象さんにさよならしました。

わりばし途半端な雪の時期ですから
しかたがないですね。
また、どこかの雪山で・・

                    わりばし


SHIGEKI
記事: 776
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

投稿記事 by SHIGEKI » 2019年1月16日(水) 21:41

わりばしさん こんばんは。

resをありがとうございます。


 県内の山スキールートのいくつかは走破しておきたい。
1/9現時点で雪がそこそこありそうで悪天ではなく、しかもお手軽コースなどと絞り込んでいくと答えは必然、
暗いうちから車を飛ばした。

いい心がけですねえ。 :mrgreen:


よたよた歩きで人様の倍時間がかかるので早めのスタートを心がけてます。(たまには)特にこの時期。



  閑散とした・・と言うか、誰もいないゲレンデをスキーを履いて登る。遠くで長靴を履いたおじさんが愛想する。
関係者なのだろう。人はいた。
初心者緩斜面を左に抜け川を渡ると、閉鎖された中級者用斜面、古い食堂家屋が郷愁を感じさせる。

つげ義春の漫画を思い出させる
シュールな光景です。

使われなくなったゲレンデ と 建物の外装が色あせた食堂

昔、滋賀県人は 皆 マキノスキー場でスキー始めしたようです

20190110-P1100070.jpg
 しばらくすると2人のパーティが到着、2人とも防寒テムレス、ひとりは真新しいアッセントであることに気づき、
そんな話で歓談、アッセント購入秘話【なんと半額で買った】
など楽しいランチタイムを過ごした。 

防寒テムレスも人気商品になりました。
今度、黒バージョンも出たようです。

スノー衆比良では、山日和さんがただ一人、キャップテンマークとして黒テムしてました。

にくいねぇ~

カッコいい。 :lol:

なきなき滑った感 見え見えで スピード感もバランス感もありまへんでしたわ・・・



また、どこかの雪山で・・

 3月2日ですよ 例の 南尾根 で

     SHIGEKI

返信