シュカブラについて

登山のことから、パソコン、インターネットなどいろんな質問。
一問一トピックで!回答は助け合いでお願いします。
フォーラムルール
回答できない場合もあると思いますが、そんなときはすねないでね。
落第忍者
記事: 1183
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

シュカブラについて

投稿記事 by 落第忍者 » 2013年1月31日(木) 17:57

山歩きを始めてから6度目のスノーシーズンになりますが、今日歩いた綿向山からイハイガ岳への縦走路で画像の様な光景を初めて目にしました。

写真で見たことはありましたけど、もっと標高の高い山で厳しい条件が揃わなければ出来ないものと思っていたので、嬉しい驚きでした。
こういう物もシュカブラと呼んで差し支えないでしょうか?

皆さんがお持ちの綺麗な画像がありましたら見せて貰えないでしょうか?
出来やすい場所なども教えて頂けると嬉しいです。
添付ファイル
IMG_6007.JPG
IMG_6006.JPG
IMG_5970.JPG
落第忍者

アバター
山日和
記事: 2424
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
住所: 大阪府箕面市

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 山日和 » 2013年2月01日(金) 18:15

落第忍者さん、こんばんは。

これは素晴らしい!! 鈴鹿でもこんなのが見られるんですねえ。(^^♪

どこか違う山みたいです。

条件としては風の通り道ということでしょうか。

これはシュカブラとは呼ばないと思いますが、白山で見たちょっと変わったヤツです。

            山日和

RIMG0182-1_1.jpg
どうやってできたんでしょう?

越前
記事: 208
登録日時: 2012年5月16日(水) 15:43

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 越前 » 2013年2月01日(金) 22:25

落第忍者さん、今晩は。

シュカブラは、山登りをする前には想像も出来なかった自然の芸術品のひとつ・・・と言えますね。
山を始めた頃の十年近く前になりますか、はじめて見たシュカブラに感激した事を思い出しました。
コチラの山では比較的見る機会は多く、ふと気がつくとシュカブラを壊しながら歩いていたりします。

「風紋」と言うくらいですから、強風がシュカブラの生成にかかわることは想像つきますが、他の成因要素については知識がありません。多分えびの尻尾と同じく過冷却された霧の流れがひとつの要素なのでしょうか。今度シュカブラの頭が風上に向いているのかどうか確認してみます。

時期や場所についてですが、森林限界を越え、千m級だと風の強く吹き渡るピーク部のなんかで厳冬期に、白山だとGW近くまで見たかと思います。
29175737_640.jpg
私も変わった雰囲気のモノを、これも白山です。
越前

ハリマオ
記事: 462
登録日時: 2011年8月31日(水) 14:06

Re: シュカブラについて

投稿記事 by ハリマオ » 2013年2月02日(土) 10:57

忍者さん こんにちは
山歩きを始めてから6度目のスノーシーズンになりますが、今日歩いた綿向山からイハイガ岳への縦走路で画像の様な光景を初めて目にしました。
うーん、見事でねえ。シュカブラは時々見ますが、ここまで彫の深い芸術的なものは見た事ありません。
カブラ畑なら近くにあるんだけど(^◇^)

遅ればせながらタブレット買いました。googleのNexus7です。
オーディオのデジタルファイルを再生するためのコントローラとして欲しかったのです。
手元で曲の情報を見ながら操作できるので便利です。
スマホでもアプリ入れて同じことができますが、ディスプレーが小さすぎる。
GPS内蔵なので地図を入れて山でも使えそうです。

              ハリマオ

落第忍者
記事: 1183
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 落第忍者 » 2013年2月02日(土) 12:40

山日和さん、こんにちは。

鈴鹿でも百戦錬磨の山日和さんからこうしたコメントを頂けると言う事は、鈴鹿に限定すればこういう造形はあまり見られないのでしょうね。
ビギナーズラックだったのでしょうか、全ての条件が上手く噛み合ってくれたのだと思います。(日頃の行いは・・・???なんですけどね。)

この日は霧氷・雪庇・シュカブラ・遠望に恵まれ、今年の運を全部使い果たしたかもしれません。

白山のこの画像も不思議ですね。
どんな条件でこんなことになるのか、科学的には解明出来るかもしれませんが、それは無粋というものでしょう。
あるがままの自然を楽しむ、そんな姿勢で良いのだろうと思っています。
添付ファイル
IMG_5981.JPG
IMG_5983.JPG
落第忍者

落第忍者
記事: 1183
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 落第忍者 » 2013年2月02日(土) 13:15

越前さん、こんにちは。

誰しもこういう物を初めて目の当たりにすると感動するでしょうね。
私なんて未だに霜柱とかツララを見てもつい写真を撮ってしまうくらいです。
やはり高くて厳しい山ほど遭遇する機会も多いようですし、その規模も大きそうですね。
壊すのが勿体無くて避けて歩きましたが、そこしか歩けないならそんなことも言ってられません。

その場所の地形、雪の状態、風の吹き方や強さに依って変化するかもしれませんので、何回も行って確かめてみたいと思っています。
霧氷は風上に、雪庇は風下に成長することは理解しましたが、シュカブラはどうなんでしょうね。
形も様々あるみたいですから、複合的な要因が絡み合っての結果なのかもしれません。

私の実力では厳冬期は言うまでもなく、残雪期の白山でもなかなかよう行きませんが、新しい感動を得るために少しずつでも挑戦してみたいものです。
添付ファイル
IMG_5979.JPG
IMG_5980.JPG
落第忍者

落第忍者
記事: 1183
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 落第忍者 » 2013年2月02日(土) 13:56

ハリマオさん、こんにちは。

恥ずかしい話ですが、1000メートル級の鈴鹿で見られる物とは思っていませんでしたので、急に目の前に現れた時は感動ものでした。
後から【鈴鹿 シュカブラ】で検索を掛けると、歩人倶楽部の隊長さんの記録等がヒットしまして、御池岳や藤原岳でも見られることを知った次第です。
初見のくせにかなり良い物に遭遇出来たみたいで、登り返しが辛そうなあの斜面を降りることを躊躇していた弱い心を振り切って前進して良かったです。
木曜日だと言うのに超人気の綿向山には溢れんばかりの登山者がいましたが、あの光景を目撃したのは私を含めて数人だけだったかもしれません。

androidって良く出来たOSですよね。
windows ce時代からモバイル機器で遊んできましたが、パソコンがあってこその道具でした。
タブレットやスマホはあの小さな筐体でいろんなことが可能になって、その進化に驚くばかりです。
冬場のバッテリー問題はありますが、時々の地形図閲覧だけなら日帰り山行でも十分に使えますね。
添付ファイル
IMG_5941.JPG
IMG_5973.JPG
落第忍者

一休
記事: 57
登録日時: 2011年3月14日(月) 18:52

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 一休 » 2013年2月05日(火) 19:33

こんばんは、お久しぶりです。
皆さんがお持ちの綺麗な画像がありましたら見せて貰えないでしょうか?
出来やすい場所なども教えて頂けると嬉しいです。
何も書くレポないので、写真だけ貼っときまぁ~す。

             一休
添付ファイル
シュカブラ.jpg
桧塚奥峰の朝日
サンピラー.jpg
桧塚奥峰の夕日
酢かぶら.jpg
おまけ、スカブラ!

落第忍者
記事: 1183
登録日時: 2011年2月20日(日) 15:31
住所: 三重県伊賀市
連絡を取る:

Re: シュカブラについて

投稿記事 by 落第忍者 » 2013年2月06日(水) 06:48

一休さん、おはようございます。

台高へもボチボチと行ってますが一般登山道歩きですので、なかなかお会いする機会には恵まれませんね。
しかも日帰りばかりですので、こういう光景にも出会えませんから嬉しいです。
長時間待機されて、狙って撮られる写真はやっぱり素晴らしいですね。
私なんぞはたまたまその時にその場所を通ったらあったっていうくらいですから。

最後の駄洒落、ナイスです。
落第忍者

kitayama-walk
記事: 696
登録日時: 2011年6月06日(月) 01:33
住所: 京都市中京区
連絡を取る:

Re: シュカブラについて

投稿記事 by kitayama-walk » 2013年2月06日(水) 12:27

 落第忍者さん、こんにちは。
 1/31に綿向山からイハイガ岳に歩かれたそうですね。あの草原の縦走路で、あんなシュカブラを見ることができたとは、
ちょっと驚きですね。あの、綿向山からイハイガ岳への縦走路は大好きで、無雪期・積雪期を問わず、これまでも何度も歩い
ていますが、シュカブラを見たことはありませんでした。

 シュカブラ=風紋は、雪の質と風の具合によって形成される自然の造形美なので、うまく巡り会うことは幸運としかいいよう
がありません。私なんぞは、3日後の2/3に同じように歩きましたが、前日の雨に打たれて雪面はぺしゃんこになっていまし
た。

 私が見た、シュカブラのようなものといえば、御池岳で見たものくらいです。こりゃ、単なる雪面の文様ですかね。
P1010805.JPG
御池岳でみたシュカブラのようなもの?
written by kitayama-walk

返信