ページ 11

【一応、鈴鹿山脈?】 鎌掛谷周辺の散歩

Posted: 2017年5月06日(土) 16:44
by 落第忍者
午後の雨天予報で山に行くことは諦めていたが、家でゴロゴロしているのも勿体ないしなあ。
4日のイ・ク・チョ トライアングルの行き帰りにも通過しているけど、山歩きの後はどうもその気にならなくて。

先ずは鎌掛谷ホンシャクナゲ群落から。
此処にはこの時期の為だけに立派な駐車場が2か所あって、以前にも猪の鼻が岳から西山のピストンをした時に利用させて貰った。
山歩きの時間なら決して早くない7時過ぎで一番乗り。
以前はシャトルバスで奥まで送迎があったようだが、僅か1.6キロなので乗ったことはない。
整備協力金400円では採算割れだったのだろう、それも廃止になっている。
後で判ったことだけど、マイカー乗り入れ禁止は9時からのようだ。
早朝から出かけてその時間までに出てしまえばいいみたい。
中で十分に楽しんで戻ってきても8時過ぎだったので歩いてもしれているのだけど。

前からイワカガミがあることは知っていたけど、ベニドウダンがあるとは思っていなかっただけに嬉しい誤算だ。
シャクナゲもベニドウダンもこんな低標高なので山よりも早く咲くし。
resizeDSCF0724.jpg
大好きなベニドウダン
4日のタイジョウの稜線でシャクナゲの花芽もそれなりに見ているが、此処は今が見頃で素晴らしい。
resizeDSCF0744.jpg
シャクナゲ渓
次は藤の寺として有名な正法寺に移動して。
こちらも保全協力金200円が必要だ。
此処も普段なら無料で出入り自由なんだけどなあ。
樹齢320年、花房の長さが1メートル以上の藤は流石に見応えがあって。
resizeDSCF0770.jpg
見頃の藤棚
狭い境内ですぐに終わってしまうので、前回同様に裏山の正法寺山に登ることに。
僅かな標高でも展望が得られるし、それなりに自然林があるのも好感が持てるところ。
今日はGPSを持っていなかったので、手入力の軌跡を載せておこう。
20170506正法寺山.jpg
安産祈願の山らしい
至近距離の猪の鼻が岳の奥には綿向山も望めて。
resizeDSCF0788.jpg
左手奥に綿向山
綿向山を愛する会は有名だけど、この山にも正法寺山を愛する会があるらしく、道が良く整備されていて歩きやすい。
山頂から先にもいい道が続いていたので辿ってみると、鎌掛の屏風岩の方に続いているらしい。
一周してもあっと言う間に終わってしまうけど、軽いハイキングにはいいかもしれない。
resizeDSCF0792.jpg
鎌掛の屏風岩
帰路では既に雨が当たってきたのでバイクで出かけなくて良かった。
明日は風が強くなりそうだけど、どうしようかなあ?


https://goo.gl/photos/BrnnZxMfsfevYiCH6
https://goo.gl/photos/beNcn6q8y6c3pNVR6