検索結果 232 件

by skywalk
2018年6月09日(土) 21:20
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負
返信数: 4
閲覧数: 219

Re: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負

木材搬出用の牛道ですか? つけられたのは大正時代かな。それ以降はワイヤーでの木の搬出に切り替わりましたからね。 何年か前にzippさんか誰かがここもことを書いていたように思いますけど内容は忘れました。探してみてください。牛道が残っているところは正確な勾配が付けられレールを敷いてトロッコを引かせていたのかもしれませんね。それから途中に鉱石を試掘したような横穴もありました。 どこにでも変わり者はいるもんです・・ ヤブコギにはお仲間も多いんじゃありませんか。 こうなると必要以上に疲れますし・・変な汗が出てくるし。 ルート間違えてやり直すのは疲れるし気もあせります。 お疲れ様でした。 勝負塚で負けち...
by skywalk
2018年6月09日(土) 20:52
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷
返信数: 8
閲覧数: 346

Re: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷

しばらくすると二股になりテープ道が中洲に向かう地点が松山谷出合だが、土砂で流れも消え倒木だらけでこの奥に滝があるとは想像できない。 私は最初ここへ行ったとき出会いが分からずニゴリ谷を最後まで詰めてしまいました。まさか土砂に埋まった谷が出会いだとは思ってもみませんでした。  水のない土砂の谷を歩くと谷が左に曲がり、突然3段25mの斜爆があらわれた。右岸の壁が切り立っていて迫力のある美しい滝で、左岸から巻けるようだ。一段目は流れの中を上り三段目はトユ状の斜面を登るがフリクションが効いていて登りやすい。滝口から見ると水流がスラローム状に落ちている。 通さんか誰かがこの滝は埋まっていたと書いてました...
by skywalk
2018年6月07日(木) 17:39
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負
返信数: 4
閲覧数: 219

Re: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負

山日和さん、こんにちは。 いいですねえ。私は極楽へ行く前に梅雨入りです。 山日和さんはいつも極楽登山でしょう。私が真似をしたら極楽とはいきませんが。 このあたりはいつも駐車地に苦労します。 阿古滝道から登った時も消防関係の人が後から付けてきて転回地に止めるときは奥まで突っ込めとか細々注意されました。 20年ほど前に小学生だった子供を連れて登りましたが、なかなかの険路だった記憶があります。 さすが小さい時からスパルタで鍛えているんですね。 道は結構不明瞭ですよね。足元も悪かったような。あまり覚えてないけど。 崩れやすい急斜面ですから登りやすいところを適当に登っていくしかありませんね。 こんなきつ...
by skywalk
2018年6月06日(水) 14:25
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負
返信数: 4
閲覧数: 219

【大峰】勝負塚山で真剣勝負

【 日 付 】2018年6月3日(日) 【 山 域 】 大峰 【メンバー】単独 【 天 候 】晴れ 【ルート 】イツボ谷出会7:45>北東尾根>勝負塚山頂11:00>西尾根中間点?>      往路下山>イツボ谷出会15:15  前週、白山で極楽登山を終えた後は行きたいところが無くなり、このまま梅雨入りかと思っていたら翌週も晴れが続き急遽行き先を考えた。また遠征するのも疲れるので前夜伯なしのプチ遠征で避難小屋泊まりとし日程に余裕を持たせることとした。そこで選んだ行き先は上多古から大峰の山上ヶ岳に登って小笹の宿に泊まり、翌日大普賢まで縦走して柏木道で上谷に下るプランだ。上多古からの登りは阿古滝道...
by skywalk
2018年4月12日(木) 21:08
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】残雪の烏帽子山を攻略
返信数: 2
閲覧数: 273

Re: 【奥美濃】残雪の烏帽子山を攻略

山日和さん、こんばんは。 その箇所以外はもう雪はなかったですか? 他にも何か所か雪が残ってました。初夏のような日が続いていたので、もう少し奥まで入れるかと思ったのですが、甘かったです。 かなり手前で稜線に乗ったんですね。このあたりだとかなり遠く感じるでしょうねえ。 私が6年前に登った時は、椀戸谷の林道を進んで左岸に渡る橋を過ぎたあたり 椀戸林道を歩くのが嫌で、すぐに稜線を目指しました。900m付近で稜線に乗るまでほとんどヤブでシャクナゲなどの常緑照葉樹が出てきた時はもう、やめて~と言いたくなりました。 王子製紙の林道ですね。ホハレ峠から植林の山にするつもりで作ったんでしょう。 へぇ~大手資本が...
by skywalk
2018年4月06日(金) 10:27
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】残雪の烏帽子山を攻略
返信数: 2
閲覧数: 273

【奥美濃】残雪の烏帽子山を攻略

【 日 付 】2018年4月2日(月) 【 山 域 】 奥美濃 【メンバー】単独 【 天 候 】晴れ無風 【 ルート 】坂内川左岸道路砂防公園手前9:00>神岳ダム9:30>烏帽子南尾根>烏帽子山13:12>1080m南尾根>椀戸谷林道>駐車地16:00  3月最後の週末は体調を崩したため週明けの月曜日(4月2日)にお山へ出かけました。行先は最近行ったことがない湖北の横山岳。  朝6時に鈴鹿の自宅を出発。R306とR365を乗り継ぎ滋賀県木之本町からR303で登山口を目指した。見えてきた横山岳は稜線付近に白いものが見えるだけで南斜面の雪はほとんど消えていた。横山岳はまともな登山道があるので積雪...
by skywalk
2018年4月03日(火) 22:30
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越美国境】霧氷煌めく夜叉ヶ池から三周ヶ岳へ
返信数: 8
閲覧数: 598

Re: 【越美国境】霧氷煌めく夜叉ヶ池から三周ヶ岳へ

山日和さん、こんばんは。 残雪期の越美国境の山へ登ろうとすると広野ダムまで行かないと登れないので行ったことはないのですが、積雪の多さや樹氷の美しさはすばらしいですね。この日は蕎麦粒山に登っていましたが、西の高丸の後ろに三周が岳がちょこっと頭を覗かせていて、そこから北に続く稜線の山々を羨望と憧れをもって眺めていました。蕎麦粒でもわずかに霧氷はつていましたが、全然ちがいますね。ほんま羨ましい。 夜叉が池の上は歩けるんですか、知りませんでした。岐阜県側の夜叉が池登山口まで除雪されるのは5月になってからで其の頃に見る池の様子からは想像もできません。 ちょっと変わったお姉さん、私よりずっとタフだわ。山日...
by skywalk
2018年4月03日(火) 22:06
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】土蔵岳から大ダワへ癒しと感動の稜線を行く
返信数: 2
閲覧数: 283

Re: 【奥美濃】土蔵岳から大ダワへ癒しと感動の稜線を行く

山日和さん、こんばんは。 skywalkさんが登ったことないとは意外でした。 ここは行き先に困った時の山として非常に有効な山です。 私は基本的にはリピーターで美濃の山に登るのは鈴鹿の山から雪が消えてからとなりますので定番の金糞、蕎麦粒、高丸など登るとシーズンが終わってしまいます。早い時期なら小津三山でも楽しめるのでそこから徐々に西進していくと土蔵岳の出番はありません。実際に登ってみると手軽に登れて標高の割には展望も良くブナ林の雰囲気も良くて大変気に入りました。 末端も結構旧なので大差ないですね。今年のスノー衆で上がった尾根が一番取り付きやすいように感じました そんな感じですね。雪が消えた後のズ...
by skywalk
2018年3月29日(木) 13:52
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】土蔵岳から大ダワへ癒しと感動の稜線を行く
返信数: 2
閲覧数: 283

【奥美濃】土蔵岳から大ダワへ癒しと感動の稜線を行く

【 日 付 】2018年3月24日(土) 【 山 域 】 奥美濃 【メンバー】単独 【 天 候 】晴れ 【 ルート 】川上トンネル西出口付近8:20>土蔵南東尾根>土蔵岳10:50>大ダワ11:35>・1026m南東尾根>旧国道登山口13:40  美濃シリーズ第3弾は、来季の山スキーの下見を兼ねて土蔵岳、大ダワに登ってみました。土蔵岳は標高が1000mちょっとしかありませんが、雪の多い滋賀県境の山ですから、まだ行けそうです。大ダワ(1068m)は土蔵岳の東にあるテーブル状の台地で三角点もあります。どちらも登ったことがない山なので山レコなど参考にして303号線の川上トンネルの西端付近を起点にして...
by skywalk
2018年3月26日(月) 11:33
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越美山地】 残雪の荒島岳と縫ヶ原山周回縦走
返信数: 4
閲覧数: 485

Re: 【越美山地】 残雪の荒島岳と縫ヶ原山周回縦走

おどさん、こんにちは。 いやぁ~、すごい大冒険ですね。私は下山駅から越美北線で勝原駅まで行き荒島岳に登りしもやまルートを降りてこようと考えていますが、未だ実現していません。 途中何度も弱気になりますが、ここまで来ると戻ることも儘ならないので、気を取り直して登ることに専念しました。 単独だと気力を持ち続けるだけでも大変ですね。 このあたりは風が強いのか霧氷も育っており、とても1300mほどの場所とは思えません。 立派な霧氷ですね。この日の蕎麦粒では、かろうじて白いものが輝いていました。 予定コースではなく、尾根も複雑に分岐しているのでGPSで確認しながら、降りていきます。 複雑なところを下山して...