検索結果 818 件

by 宮指路
2018年12月13日(木) 21:41
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】タイジョウからイブネ、雨乞いへ霧氷の旅
返信数: 4
閲覧数: 170

Re: 【鈴鹿】タイジョウからイブネ、雨乞いへ霧氷の旅

kasayaさん、こんばんは 【コース】甲津畑登山口7:55---8:31タイジョウ登山口—9:55タイジョウ---10:44佐目子谷---11:47熊の戸平---      12:52イブネ---13:15杉峠---13:45雨乞岳---15:15大峠---16:01千種街道出合---16:38甲津畑登山口   結構、歩き回りましたね。 ただ今日はタイジョウの南尾根に取り付くので道の明瞭さはあまり関係がない。  自分の取り付きたい尾根の付近に来るが、赤テープはそのまま谷を進んで行くようだ。そこで道から外れ登りや すそうな尾根に取り付く。 池のある南尾根は最初登るのには少し分かりにくそうな気が...
by 宮指路
2018年12月01日(土) 21:45
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】白く輝いたクラジャンはラピュタのようだった。(谷尻谷~クラシ北尾根)
返信数: 4
閲覧数: 204

Re: 【鈴鹿】白く輝いたクラジャンはラピュタのようだった。(谷尻谷~クラシ北尾根)

山日和さん、レスありがとうございました。 翌日に備え、わさび峠に近い場所でテン場を探していたら右岸の少し高台のような場所に旧避難小屋の跡と思われる道具類が置かれていた。 やっぱり避難小屋はなくなってたんですねえ。私の見落としじゃなくてよかった。 :D 山日和さんが谷尻谷大滝を登った時のレポにありましたね。 その後、川の中州のような場所にちょうど良いテン場を見つけテントを張った。 まだ15時だがじっとしていると寒いので薪して皆で暖を取った。 谷尻谷のテン泊。いいですね~ 昔のレポを読んでいたら谷尻谷でビバークした自分のレポを見つけました。15年くらい前の話 翌朝、雨は上がりテントを畳んで出発した...
by 宮指路
2018年11月29日(木) 22:39
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若丹国境】オバタケダンから八ヶ峰へ 静寂の縦走路
返信数: 8
閲覧数: 254

Re: 【若丹国境】オバタケダンから八ヶ峰へ 静寂の縦走路

山日和さん、こんばんは   昨冬、初めてオバタケダンから少しだけ若丹国境稜線を縦走した。自分の先入観が間違っていたことを思い 知らされる、ブナ林の続く縦走路だった。稜線から坂本へ下山する分岐点で東の方を眺めた時、ブナの稜線が まだまだ続いていることを知ってこの先を確かめたくなった。 オバタケダンとオバケ団と呼んでいました。ケッタイナ名やなぁ~と てっきり宇宙人の木がオバタケダンと思いました。   集落を過ぎて林道に入る。目星を付けていた送電線の鉄塔巡視路の標識があった。谷あいの杉林の中にお馴染 みのプラ階段が続いている。隣の雑木林の尾根の方が魅力的に思えたが、グッと我慢してプラ階段を登って行っ...
by 宮指路
2018年11月28日(水) 21:18
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】白く輝いたクラジャンはラピュタのようだった。(谷尻谷~クラシ北尾根)
返信数: 4
閲覧数: 204

Re: 【鈴鹿】白く輝いたクラジャンはラピュタのようだった。(谷尻谷~クラシ北尾根)

わりばしさん、コメントありがとうございます。 ハト峰に上がると眼下に可愛いハートの絵が描かれていました。 これを見るとマヨネコさんを思い出します。 最近yamanekoさんが登場して、マヨネコさんと間違いそうです。 レールや車輪は昔のままですが、避難小屋はこんなんになってしまいましたか。 まだ、新しかったのに? 避難小屋が撤去されたのはアキタヌキさんが谷尻谷大滝のレポを上げた時でしょうか? これはダメですね。 :x 禁漁期間です。 そうだったんですね。知りませんでした。 薪を囲んで宴会が始まり、次から次へと酒が出て来て、私はヘロヘロになってテントに潜り込んだ頃に雨が降ってきた。 いいタイミング...
by 宮指路
2018年11月27日(火) 22:25
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】木原越の谷をさまよう 椿谷右俣(三国山)
返信数: 7
閲覧数: 296

Re: 【鈴鹿】木原越の谷をさまよう 椿谷右俣(三国山)

わりばしさん、こんばんは    車窓からは白くなった雨乞岳が見え寒い朝だ。名阪国道板谷インターで降り国道25号を進み採石場をすぎた椿谷の入口に駐車する。林道を進むと林道終点には不動滝と東海自然歩道の看板が立っており、この先から入渓。 寒い日に沢登はヒルの心配はないものの濡れることを考えると少々躊躇われますね。   右俣に入ると大日滝で右に石段の跡が残っている。大きな釜を持つ5m滝が出てきたので巻く。左岸の上に立派な石垣道が見える。現在は東海自然歩道になっているが昔から使われてきた杣道だけに立派なもんだ。ここから滝の連続で楽しめる。登れる滝も多くアクロバティックに遊んでくれるが、花崗岩の大きな釜...
by 宮指路
2018年11月27日(火) 21:17
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】白く輝いたクラジャンはラピュタのようだった。(谷尻谷~クラシ北尾根)
返信数: 4
閲覧数: 204

【鈴鹿】白く輝いたクラジャンはラピュタのようだった。(谷尻谷~クラシ北尾根)

【日 付】2018年11月23日~24日 【山 域】鈴鹿 【天 候】23日曇り一時雨、24日晴れ 【メンバ】宮指路、黄昏流星群6人 【コース】7:30朝明~ハト峰~ヒロ沢~キツネ峠~14:00谷尻谷テント泊23~24日 7:30わさび峠~北尾根~10:30クラシ~イブネ北端~小峠~14:00朝明 以前所属していた山岳会の仲間とテン泊で谷尻谷~イブネまで行って来ました。 朝明に着くと意外に晴れているのでこれは良いと思ったが、途中からポツリポツリと雨が降って来た。私はザックカバーを出すタイミングが遅れ結局ザックは濡れたまま登りました。ハト峰に上がると眼下に可愛いハートの絵が描かれていました。 PB...
by 宮指路
2018年11月26日(月) 20:55
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】初めての蕎麦粒山
返信数: 9
閲覧数: 223

Re: 【奥美濃】初めての蕎麦粒山

kasayaさん、こんばんは 7時過ぎに大谷川奥の広場に到着。初めての場所なのでGPSで現在位置を確認するとほぼ目的地である。ここは工事用に作られた駐車場のようでちょうどトラックがやって来て河川のゲートを開けて入っていく。なんの工事なんだろう。さて出発するか。工事現場の横を抜けて河川に降りる。 15年くらい前までは林道が奥まで通じていて、そこから分かりやすい登山道がありました。 登山口はどこだろう。橋があるようなことが書いてあったがそれはどこだ。左股に進むがそれらしいものはない。目の前にある尾根に取り付けばいいのだができればあまり苦労したくない。そうは思えどはっきりした道がないので踏み跡を見つ...
by 宮指路
2018年11月13日(火) 12:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】第21回やぶこぎネットオフ会・ダイラ
返信数: 11
閲覧数: 611

Re: 【鈴鹿】第21回やぶこぎネットオフ会・ダイラ

グ~さん、いつも司会ありがとうございます。

今回のオフ会ではハプニングを交えていろいろありましたね。
私はオフ会参加の当日財布を無くして慌てました。無事に戻りましたが見つからなければ不参加になるところでした。

オフ会の終わり掛けにカップルらしき2人が来たのですが、最初誰だか分からず、チータローさん達だと分かってビックリ
さらに帰り道で背負子に2歳の子供を背負ったマリベさんが登ってきて2度ビックリしました。
私の専売特許を2人に持って行かれました。

                                       宮指路
by 宮指路
2018年11月13日(火) 12:40
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】炭焼きの里時山をめぐる旅 毘沙門谷・阿蘇谷(ダイラ)
返信数: 6
閲覧数: 362

Re: 【鈴鹿】炭焼きの里時山をめぐる旅 毘沙門谷・阿蘇谷(ダイラ)

わりばしさん、おはようございます。 阿蘇谷登山口駐車場で準備していると山日和さん達も到着した。「山登りはこんなにも面白い」の著者の草川さんと中西さんも一緒だ、毘沙門谷を詰めるようなのでご一緒させてもらった。実をいうと谷の出合までの40分の歩きがおっくうで1台車をデポする話に乗った感じだ。私の車で舗装された道を進むとほんの少しでバリケードがあり兔夢号の隣に駐車した。 中西さんとは昨年の春に蕎麦粒岳に向かう林道で会いましたがその時のレポが本に載っていました。周回するというのでホンマかいなと思っていました。   出合から左岸に石積みの道があり炭焼窯をつないでいたようだ。炭焼き窯跡がひっきりなしに出て...
by 宮指路
2018年11月10日(土) 21:58
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】弥山川双門コース
返信数: 6
閲覧数: 249

Re: 【大峰】弥山川双門コース

グ~さん、こんばんは  コメントありがとうございます。 2時間くらい歩いたところで対岸に渡ろうとすると目立った標識が立っていた。 この標識までのルートを示しているマークは ×印ではなかったですか? グーは行ってはいけない印だと思い〇印を探して右往左往しました。 この標識でした。 PB030022.JPG そして正面遠方に壮大な滝が現れた。これこそ有名なコース名にもなっている「双門の滝」である。 見事な造形ですよね。あの1枚板を切り出してエントランスに敷こうなんて・・・・ 写真では遠くに見えますが、実際は迫力ありました。 PB030073.JPG 一部ルートが崩壊していて緊張するが口ワサビ谷のト...