検索結果 792 件

by 宮指路
2018年5月30日(水) 22:52
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭・沢登り】トチとカツラのワンダーランド(甲森谷)でまったりテント泊+オーストラリア報告(おまけ)
返信数: 9
閲覧数: 327

Re: 【若狭・沢登り】トチとカツラのワンダーランド(甲森谷)でまったりテント泊+オーストラリア報告(おまけ)

シュークリームさん、こんばんは 海外の独り暮らし本当にお疲れさまデス。 私は再雇用の身分で新入社員並みの安月給ですがそれでも自宅から通勤できる気軽さが気に入っています。 海外の田舎で車とかテレビが使えないと本当に不便だと思います。 夜中に知らない道を歩いていて行き成りオオコウモリの巣に出くわしたら本当に怖いと思います。 昔、夜叉が池で対岸のモリアオガエルの卵がスーパーの買い物袋のように見えたことがありましたが、これはその袋を真っ黒にしたような感じだなぁ~と思いました。                                                                ...
by 宮指路
2018年5月19日(土) 17:52
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】太尾から竜へシロヤシオを求めて
返信数: 10
閲覧数: 439

Re: 【鈴鹿】太尾から竜へシロヤシオを求めて

kasayaさん、こんにちは 12日私も竜ヶ岳に登りました。 午前中、ヤボ用があったので昼ごろから石槫峠から登り羊牧場を見て来ました。 P5120036.JPG 太尾からは何度も登っていますが1枚目の写真の開けた場所は静ヶ岳から下った最後の方ではなかったでしょうか? 2枚目の写真の変わった木はこれも静ヶ岳から下った尾根にあったと思います。 白谷越の砂地に出るまでの痩せ尾根が迷い安いですよね 砂地の通過は手前側から登ろうとすると滑りやすいです。 ピンクのシロヤシオは珍しいですね。 私のように分岐手前でピントンするような不届きものには縁がなかったようです。                     ...
by 宮指路
2018年3月25日(日) 00:13
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】蕎麦粒山:美濃核心部を巡る黄金周回
返信数: 2
閲覧数: 320

Re: 【奥美濃】蕎麦粒山:美濃核心部を巡る黄金周回

Skywalkさん、こんばんは  当初の計画は大谷川の二股から蕎麦粒の南西尾根に取り付いてピストンで登るつもりでいたが、時間的余裕とあまりの天気の良さに欲が出てアラクラや五蛇池山を経由する大周回コースにチャレンジすることにした。 3年ぶりの快挙ですね。私から見ると恐ろしいチャレンジです。   大谷川の二股までは15分ほどで着いた。そこから廃林道のZ字折り返しを登っていく。二つ目の折り返しから尾根に取り付いてみた。ヤブっぽい尾根だが、シャクナゲや馬酔木のような絡みついてくる木は少なかったので、登るのにさほど問題はなかった。 882まではこのコースが最短のようです。  平坦で眺めの良いアラクラに着...
by 宮指路
2018年3月13日(火) 23:25
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【湖北】白倉岳・金糞岳 青空の回廊をゆく 花房尾・中津尾
返信数: 12
閲覧数: 748

Re: 【湖北】白倉岳・金糞岳 青空の回廊をゆく 花房尾・中津尾

わりばしさん、こんばんは  長浜の町からひときわ白く輝く山が白倉岳と金糞岳の稜線で地元の人にとっても特別な山のようだ。金糞岳は大きく花房尾、中津尾、北尾根と長大な尾根をのばしている。前から気になっていた白倉岳ねらいで花房尾から金糞岳を経て中津尾を周回するコースを歩くことにした 。 私は数年前の4月に林道沿いの道から林道出合まで車で行き、金糞山、白倉山をピストンで登りました。 高山キャンプ場手前の水道施設前に駐車する。先週は雪でここにしか駐車できなかったみたいだが、今日は高山キャンプ場にも数台止まっている。 ここからの周回は遠いですね  奥山の手前で先行する3人パーティを抜き、山頂で一緒になった...
by 宮指路
2018年3月13日(火) 23:00
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】天狗から黒津周回は霧氷に恵まれて
返信数: 6
閲覧数: 299

Re: 【奥美濃】天狗から黒津周回は霧氷に恵まれて

Kasayaさん、こんばんは  先週は湧谷山だったがあのあたりならまだ大丈夫かとその隣の天狗山を考える。地図を見ると道の駅坂内から天狗―黒津―アラクラの周回コースが鉛筆で記載されている 私は11日に大谷林道から蕎麦粒岳狙いでしたが、木橋が流されて止む無く断念し、林道から斜面を適当に登り882小ピーク~アラクラまで行きました。 P3110006_512.jpg  道の駅坂内に着くと一台の車が止まっている。若い人のようだがここから登るようだ。ヘルメットをしてワカンも持っている。同じコースだろうか。林道の奥に消えたその人を見送り自分も出発だ。最初はP798を目指すが取り付きが分からない。適当に登りや...
by 宮指路
2018年3月08日(木) 15:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】春本番の山歩き 大君ヶ畑から茶野、鈴が岳、鈴北岳、鞍掛尾根周回
返信数: 8
閲覧数: 443

Re: 【鈴鹿】春本番の山歩き 大君ヶ畑から茶野、鈴が岳、鈴北岳、鞍掛尾根周回

シュークリームさん、こんばんは 【 ルート 】大君ヶ畑駐車地 7:17 --- 7:20 登山口 --- 8:38 P729 --- 9:15 茶野 --- 10:12 鈴が岳 --- 10:50 昼食 12:10 --- 12:22 鈴北岳 --- 12:39 西ボタンブチ --- 13:26 鈴北岳 --- 鞍掛尾根 --- 14:39 鞍掛橋 --- 15:09 駐車地 楽しそうなコースですね。一度やってみたい 春山歩きになりそうだ。最近ダイエットで3キロほど体重を落としたので、体が軽く感じる。 私もダイエットしてみたい。ビールがなかなかやめれません 茶野の頂上は開けた感じの場所。無雪期...
by 宮指路
2018年1月18日(木) 10:48
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】御池杣人さんの青のドリーネをたずねて 御池岳奥の平
返信数: 8
閲覧数: 574

Re: 【鈴鹿】御池杣人さんの青のドリーネをたずねて 御池岳奥の平

わりばしさん、おはようございます。   御池の奥の平を目指そう。いつもは藤原簡易パーキングから歩くのだが、なにせ雪の状態で大きく左右されるコースだけにたどり着けないリスクも多い。そこで、今回は君ヶ畑から登ることにした。 木和田尾からなら私なら4時間くらいかかります。わりばしさんなら3時間くらいで行けますね。 君ヶ畑~小俣川経由ではこの時期除雪のリスクがありますので足が遠のきます。 ゴムバンドの寿命は3年くらいでしょうか?使った回数にもよりますね? T字尾根も時折、狭い岩場の通過があるので緊張させられます。      テーブルランドに着くとなぜか霧氷がない、丸山方面は付いている。気温は問題ないの...
by 宮指路
2018年1月13日(土) 19:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】蟻の竜ヶ岳詣で
返信数: 8
閲覧数: 529

Re: 【鈴鹿】蟻の竜ヶ岳詣で

シュークリームさん、こんばんは スノー衆お疲れ様でした。 同じ日に時間差で竜ヶ岳でしたが、逆コースでも私の出発が遅かった為に会えませんでしたね。 金山尾根分岐で少し話した方はあまりに寒いので山頂直下で引き返したと言っていました。 ここは寒いのは覚悟の上なので私は何とか山頂まで行きましたが写真だけ取って退散しました。 ランチは山頂直下の登山道沿いで北側に少し出っ張りがあるところで取りました。 恐らくここが一番風を避けることができます。 又、御池岳で会いたいですね。 P1070032_512.jpg                                         宮指路
by 宮指路
2018年1月08日(月) 21:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題
返信数: 12
閲覧数: 703

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

山日和さん、こんばんは

頭陀ヶ平~藤原岳はおいしいところだけ取った密の味を狙ったものでしょうか?
確かにこの時期の天狗岩~藤原山荘の間の霧氷は格別です。

聖宝寺コースの下りはブナもないし散々だったようですね。
ならばここは敢えて周回するよりも天狗岩からピストンする方が気持ちが良かったかもしれませんね。」

                
                                         宮指路
by 宮指路
2017年12月17日(日) 09:49
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】カクレグラからイブネへ 雪の稜線を行く
返信数: 6
閲覧数: 543

Re: 【鈴鹿】カクレグラからイブネへ 雪の稜線を行く

kasayaさん、こんにちは 最近は単独が多いですね。 今回のルートは昨年も使ったカクレグラから南に延びる尾根を利用する。結構歩きやすいルートでまた使ってみたかったのだ。橋を渡って道なりに行けば15分ほどで取り付きの鉄梯子に着く。これは目印として非常に助かる。   なるほど、最初橋を渡るとあったのでピンときませんでしたが、川の対岸に向かう行き止まりの道のことですね。 一度試してみたいと思います。ただし、そこからイブネまで行くのは諦めています。 梯子にも藪が少しかかるが問題になるほどでなくここからしばらく急な登りとなる。既に赤テープがあちこちに見え前回より増えた感じがする。また結構道も明瞭だ。思...