検索結果 577 件

by 柳川洞吹
2018年6月10日(日) 11:43
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 4
閲覧数: 188

Re: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

s-R0027187.jpg SHIGEKIさん こんにちは    耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降    ~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~   サブタイトルが前回と全く同一となった。   上書きの消し忘れではない、全くそのままなのだから仕方がない。   今後、死ぬまで一緒かもしれない。 SHIGEKIさん、最近ずっと癒されっぱなしで、ええですなあ。 サブタイトルも一生コピペでOKのようで、 時短促進、極楽徘徊で、即身成仏間違いなし。    5月9日のテン泊から数えて今年4度目の耳川訪問となった。 耳川の集中攻撃に出ていますね。    このまま水が涸れて稜線へ出るだけだろう と思...
by 柳川洞吹
2018年6月07日(木) 20:03
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 加越 動橋川源流散策
返信数: 5
閲覧数: 168

Re: 加越 動橋川源流散策

okuさん こんばんは    車償却 ○百万円/○万km   燃費 15km/リットル   ガス 150円/リットル ということは   30円/km×50km×往復+高速道路 = 近江牛○グラム? 出ましたね。 普通、ランニングコストとしてクルマの償却まで入れる人は少ないんじゃないですか。 そこまでやるなら、オイルやフィルタなどの消耗品交換コストも入れたくなります。 ちょっとぶっ飛んだ方程式に悩みながらも、 200万円で買ったクルマを10万km乗るつもりなんだという前提でいいですね? あとは、近江牛係数がわからないので正解は出せないけど、 まあ満足できるステーキを食べられそうですね。 ;) ...
by 柳川洞吹
2018年6月06日(水) 18:53
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 8
閲覧数: 263

Re: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

SHIGEKIさん こんばんは    耳川 渓歩き 二題    ~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~   山毛欅の木陰で小鳥のさえずりを子守歌に安らかに眠りについた。   イヤ、永眠したのではない。が、昼寝と言うには長すぎたかもしれない。   谷の水を沸かし、頬をなでる爽やかな風とコーヒーの香りをゆっくり楽しんだ。 ゆったり谷歩きとお昼寝、よろしいなあ。 桧谷もスギヤ谷も行ったことないですが、癒しの谷なのですね。 永眠にはちと早すぎるけど、日が暮れるまで寝てしまうというのも一興。 家で「とうちゃん、帰ってけえへんがな。」と騒がれると困るけど。 喜ばれるかな。 :oops:    谷は終始穏や...
by 柳川洞吹
2018年6月06日(水) 18:48
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 加越 動橋川源流散策
返信数: 5
閲覧数: 168

Re: 加越 動橋川源流散策

okuさん こんばんは    ルート紛らわしいですが、福井県側の横倉からR416の410mあたりに駐車して、   R416をひたすら歩いて鈴ヶ岳登山口。   鈴ヶ岳登山口から鈴ヶ岳ピーク南の1170mあたりから西に尾根を下って動橋川源流。   下った尾根を再度登り返して、登山道経由で大日山~越前甲~横倉の駐車場周回です。   動橋川源流の崖マークの西側の緩斜面は気になっていました。   ただしアプローチが問題です。 ルートはわかりました。 目的地もわかりました。 ちょっと探求心をそそられます。 それに、アプローチがR416の福井県側に駐車して、 工事区間を歩いて抜けて石川県側から入山というの...
by 柳川洞吹
2018年6月06日(水) 18:41
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く
返信数: 4
閲覧数: 141

Re: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く

s-R0030047.jpg SHIGEKIさん こんばんは    この地方は全く分かりませんが、ええ山毛欅の森ですね。 ワシもたまにしか行かない方向なので、知らない山が多いのですが、 事前にガイドブックを見ていたら、このあたりはいいブナ林の山がけっこうあるようです。    そうそう、この様に読み方をしっかり伝えるべきですね。   山名は特に色んな読み方がありますし、   文書だけで読んでると会話の時に間違えてるんじゃないかと困ります。 そうですね。 山の名、谷の名など、言い間違いや書き間違いで だんだん名前が変わっていったりしますからね。    それと、三座は大山、蒜山ともひとつは何て山で...
by 柳川洞吹
2018年6月06日(水) 18:34
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く
返信数: 4
閲覧数: 141

Re: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く

s-R0030039.jpg 山日和さん こんばんは    えらい真面目にアップするようになりましたねえ。 :lol: 徳の貯金がなくなってきたので、ここらへんで徳を積んでおかないとね。 :P    人気の山なの?全然知りませんでしたわ。山の名前がチンプンカンプン。 人気の山だと思うんですが、もしかしたら違うのかもしれません。 :roll:    それもそうですねえ。流布している山域名があるんでしょうか?   芸北とか雲南とか、地元では呼び名があるんでしょうね。   氷ノ山や扇ノ山なんかは因但と呼んだりしてたような気も。 何か地元での呼び方があるとは思うんですが。 しかし、氷ノ山あたりを因但...
by 柳川洞吹
2018年6月03日(日) 21:44
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く
返信数: 4
閲覧数: 141

【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く

【日 付】 2018/6/1(金) 【山域山名】 中国山地/ 三平山、朝鍋鷲ヶ山、金ヶ谷山 (岡山県真庭市、新庄村) 【地形図】(1/25000)延助、美作新庄 【メンバー】 単独 【天 候】 曇りのち晴れ 【ルート】 三平山登山口6:55---三平山7:50/8:00---穴ヶ乢8:40/8:50---朝鍋鷲ヶ山10:35/10:45 ---金ヶ谷山11:40/11:45---昼食地11:50/12:20---朝鍋鷲ヶ山13:05/13:15---朝鍋山登山口14:00 ---駐車地14:50 s-R0030123.jpg 今回の山は、伯耆大山のほぼ南10kmのところにあって、 大山や蒜山...
by 柳川洞吹
2018年6月03日(日) 21:24
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ
返信数: 10
閲覧数: 512

Re: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ

山日和さん こんばんは    「ブナ清水」はいい名前ですね。   ということは、根ノ平峠の手前にあるかもしれないと思ってたんですか? ブナ清水は、伊勢谷が源流に向かってグイッとUターンした先にあると考えたので、 伊勢谷の流れを遡るのが、発見確率が高いと思って。 朝明から見て、根ノ平峠の手前と言えば手前ですね。    >>ああ、長い時間悩んだのはここやったなあ……と思い出して懐かしかったです。   まあ、どっちを取っても大差ないのでは? 大差ないと言えばそうですけど、そういう問題じゃなくて、 やっぱり狙い通りの尾根を進みたいための長考でした。    ところで水晶から中峠への途中で東へ折れる尾根...
by 柳川洞吹
2018年5月30日(水) 23:21
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ
返信数: 10
閲覧数: 512

Re: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ

山日和さん こんばんは    今日は記念すべき20回目のやぶオフ会だ。会場は毎度おなじみの「鈴鹿の上高地」。   最近は有名になったようで、ここでテント泊する人も多いようだ。   疎林の中でせせらぎの音を聞きながらゆっくり過ごすには   これ以上の場所はなかなかないだろう。 毎年末に「川のほとりで」シリーズをやってた頃を思い出します。 ほんまに静かやった。 しかし、「なんとかの上高地」という名前は、 どうも地方都市の商店街が「なんとか銀座」と言っているような二番煎じ感が強くて、 もひとつなので、もっといい名前がないもんですかね。    根ノ平峠の手前で左に折れ、「ブナ清水」でコーヒータイム。...
by 柳川洞吹
2018年5月27日(日) 20:43
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】奥ノ畑谷から雨乞岳真西尾根~西尾根の周回
返信数: 6
閲覧数: 294

Re: 【鈴鹿】奥ノ畑谷から雨乞岳真西尾根~西尾根の周回

s-R0029829.jpg SHIGEKIさん こんばんは    やはり、この辺へのお出ましでしたか :mrgreen:   不肖Sも急な思いつき山行はついつい、奥の畑周辺でおます。 甲津畑から入るこの周辺は、今まで一番よく入った山域ですし、 静かなところがたくさんあるので、ワシも大好きなところです。    真摯な?山行repの書き出しとしては、K川Kゾウ氏を凌駕するがごとき導入です。 これはもったいないお言葉、ありがとうございます。 昔、ニフティ山のフォーラムに参加し始めた頃は、 鈴鹿源流のT氏に憧れて第二の涼S人を目指しておったのですが、 いつのまにか路線が狂って、漫談の脚本みたいにな...