検索結果 600 件

by 柳川洞吹
2018年10月19日(金) 19:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【石槌山系】 平家平、冠山再々訪 一度あることは(18.10.14)
返信数: 4
閲覧数: 147

Re: 【石槌山系】 平家平、冠山再々訪 一度あることは(18.10.14)

kando1945さん こんばんは    【 天 候 】晴れのち曇り   もうあきらめていましたが週間予報が曇りの予報から次第にいい方へ変わり、   土日は晴れマーク一色になりました。 今度はいい天気だったんですね。 ;)    金曜日の夜どうしようか迷い決心がつかないまま寝ましたが、   土曜日の朝目が覚めると一気に決行の決心がつきました。   いつもなら金曜日の夜には準備が全て済んでいるのですが今回は全く手つかずで、   急いで準備をはじめ、仕事を終えた昼過ぎに食料を調達して3時半過ぎに出発します。 準備もしておらず、気持ちもフニャーッとしていると、 なかなか準備にとりかかれずグズグズし...
by 柳川洞吹
2018年10月19日(金) 19:38
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】タイジョウから銚子・イブネ経由でバリ下山
返信数: 3
閲覧数: 205

Re: 【鈴鹿】タイジョウから銚子・イブネ経由でバリ下山

山日和さん こんばんは    タイジョウと聞いてすぐに思い浮かぶのは帯状疱疹だろう。   ウチの娘や孫もお世話になった病気である。 そんなもの、誰が思い浮かびますかいな。(@_@;)    タイジョウは以前は知る人ぞ知るマイナーなバリハイの山だったのだが、   今では立派な標識のある準メジャーな山になった。 イブネ周辺も、笹がなくなってから急速にメジャー化してしまいましたね。    林道が右岸へ移る青い橋を渡ると「タイジョウ」の標識があり、それに従って杉林の中へ進む。   このあたりの山はどこでも登れるので道の有る無しは関係ないのだが、   今日は登山道がどう付けられているか見てみようという...
by 柳川洞吹
2018年10月16日(火) 12:45
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静かな霊仙山を味わう リョウシ・コザトから最高点へ
返信数: 6
閲覧数: 286

Re: 【鈴鹿】静かな霊仙山を味わう リョウシ・コザトから最高点へ

山日和さん、こんにちは。    岩棚ってありましたっけ?SHIGEKIさんへのレスに添付した画像のあたりかな? ちょうど722m標高点のあたりですね。 尾根を進んでくると左側に西南尾根が見えるので、 s-PA194755.jpg そちらへ寄って手前の藪を抜けると岩場のテラスになっていて、 どお~んと展望が…… s-PA194752.jpg 近江展望台の急坂を登る豆粒のような登山者を見ながら、うどん鍋を食ってました。 2003年10月だから、もう15年も前の画像です。 s-PA194744.jpg s-PA194743.jpg s-PA194747.jpg 西南尾根を見る角度から推測するに、 ...
by 柳川洞吹
2018年10月15日(月) 17:07
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静かな霊仙山を味わう リョウシ・コザトから最高点へ
返信数: 6
閲覧数: 286

Re: 【鈴鹿】静かな霊仙山を味わう リョウシ・コザトから最高点へ

山日和さん こんばんは    山を始めて間もない頃で、3月初めの鈴鹿に雪があるとは思わず、   ピッケルやアイゼン、ワカンはもちろんスパッツすらなく   周りの登山者がみんな物々しい装備に身を固めていたのに驚いたものだ。 これって、「登山者あるある」なんですね。 ワシも山登りを始めた頃、5月の能郷白山に雪があるとは知らず、びっくりしました。    6年ぶりに向かう霊仙山だが、メインの目的は山頂ではなく、   山頂に至る尾根にあるコザトとリョウシという変わった名前のピークである。 今回もシブイところへお越しで。 :D    白谷林道の入口に駐車して右岸尾根に取り付いた。 白谷林道は、昔はクルマ...
by 柳川洞吹
2018年10月15日(月) 16:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【石槌山系】 冠山再訪 こんなはずでは!?(18.10.8)
返信数: 2
閲覧数: 184

Re: 【石槌山系】 冠山再訪 こんなはずでは!?(18.10.8)

kando1945さん こんばんは    今年の秋の連休は全滅かと諦めかけていました。   しかし、週末が近づくにつれて日、月がいい方へ変わってきたので、   7日に石槌山へ、8日に冠山、ちち山方面へ行く計画を立てました。 台風が次々と来るし、天気もぱっとしないし、やたらに暑い9月でした。    土曜日の昼過ぎに出発する準備を整えていたのですが、   直前で7日は午前9時から晴れの予報が午後3時から晴れに悪化、   8日は全日晴れマーク、   見た途端に気力はぷしゅんと萎み出発は8日の昼過ぎに変更、   8日一日にかけることにしました。 せっかくやる気満々で準備していたのにね。 天気予報が今...
by 柳川洞吹
2018年10月01日(月) 23:59
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】タイジョウ、佐目子谷から銚子、熊ノ戸谷
返信数: 6
閲覧数: 315

Re: 【鈴鹿】タイジョウ、佐目子谷から銚子、熊ノ戸谷

SHIGEKIさん こんばんは    【鈴鹿】タイジョウ、佐目子谷から銚子、熊ノ戸谷    ~ テン泊断念、ヤミ下必至でヘッデン周遊 ~ イブネ劇場へ楽屋口(裏口)からご入場ですね。 昔、ワシもよく似たルートを行ったことがありますよ。 「テン泊断念」とありますが、テントも持って行ったのですか?    こちらは安全圏なのでどんどん尾根を登ると今まで見たこともないような   大鹿2頭が戦っているではないか!!   よくテレビの動物番組で見るあの角と角をガツ~ンガッツ~ンと   迫力満点何度もやっている。 これはすごい場面に出くわしましたね。    1頭は黒っぽくてひげを蓄えたまるでカモシカの様な...
by 柳川洞吹
2018年9月29日(土) 11:04
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【伯耆大山】地獄谷から振子山・大休峠へ周回
返信数: 6
閲覧数: 245

Re: 【伯耆大山】地獄谷から振子山・大休峠へ周回

山日和先生 こんにちは

  蒜山インターの西側にある山ですね。わざわざ関金温泉まで行ったんですか?

そうです、わざわざ行ったんです。
関金温泉に入ってみたかったのと、
そこに続く大山環状道路を通ってみたかったんですよ。

  >>お帰りは関金温泉でしたか?
  その通りなんですけど、あてにしていた施設が点検整備のため休業で、
  露天風呂なしの国民宿舎でお茶を濁しました。


お目当ては湯命館だったんでしょ。
ワシもそこに入りましたよ。
山日和先生、最近は温泉が修理とか点検とかで臨時休業に出くわすことが多いですね。

よい山旅を!
            洞吹(どうすい)
by 柳川洞吹
2018年9月29日(土) 10:50
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 念願の本ができました。「山登りはこんなにも面白い」
返信数: 32
閲覧数: 2453

Re: 念願の本ができました。「山登りはこんなにも面白い」

山日和先生 こんにちは

  なお、この本は登山専門書コーナーのあるような書店にしか並ばないと思うので、

昨日、梅田へ出たついでに、堂島のジュンク堂を覗いてみました。
先生の本は、ちゃんと山岳書の棚に立ての平積みで並んでましたよ。
2冊立っていて、表面の本は帯がちょっと浮き気味になっていたので、
誰かが一度手に取ったんでしょう。
棚の手前は3冊分ほど空いていたので、きっと何冊か売れたんですね。
先生!  :mrgreen:

s-R0030437.jpg

ジュンク堂書店大阪本店 山岳ガイドコーナーに堂々の陳列
s-R0030438.jpg
よい山旅を!
              洞吹(どうすい)
by 柳川洞吹
2018年9月26日(水) 22:12
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 奥美濃? 広野からの中ツ又上流部散策
返信数: 4
閲覧数: 215

Re: 奥美濃? 広野からの中ツ又上流部散策

okuさん こんばんは    ここ数週間、睡眠不足と意図しないカーボローディングが続いていました。   えらいこっちゃです。 食い過ぎはいかんですね。 動かずに食っていると、ワシみたいになってしまいます。 でもokuさんは基礎代謝が高そうだから、すぐ燃焼してしまいますよ。    4年前、P1203(不動山の西にあるピーク)経由で中ッ又に降りて   笹ヶ峰経由の周回をしたときに、   中ツ又上流部の870mあたりを中心とした界隈、   少し気になりつつもそのままになっていました。   P1155から北北西に下れば、笹ヶ峰に向かう枝沢との二俣。   北西に下れば、もうひとつ上流の二俣でショートカ...
by 柳川洞吹
2018年9月26日(水) 21:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【伯耆大山】地獄谷から振子山・大休峠へ周回
返信数: 6
閲覧数: 245

Re: 【伯耆大山】地獄谷から振子山・大休峠へ周回

山日和さん こんばんは    一向平(いっこうがなる)は大山の東麓、   と言うより加勢蛇(かせち)川を遡った深い山中にある。   よく整備されたキャンプ場があり、   日本の滝100選にも選ばれている大山滝散策の基地になっている。   今回初めて訪れたのだがなかなかいいところだ。 こんな山奥に、こんなだだっ広い斜面があるんですね。 地形の妙がここにも。 雰囲気もよさそうだし。 しかし、なんか地形図に見覚えがあると思ったら、 6月に三平山に登ったあと、 関金温泉に行くのに、一向平のすぐ南の尾根上を通る県道を走りました。    高原の散策路といった風情の遊歩道を大山滝に向けて歩き出した。 中国...