検索結果 1167 件

by わりばし
2018年6月20日(水) 06:31
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】癒しの谷からブナの森へ 松永川大滝川から駒ヶ岳
返信数: 6
閲覧数: 189

Re: 【若狭】癒しの谷からブナの森へ 松永川大滝川から駒ヶ岳

おはようございます、山日和さん。   期待をしなければ裏切られることもない。どこを探しても記録が見当たらないということは、沢においては面白 くないことを意味すると言っても間違いではないだろう。しかし若狭駒ヶ岳(滋賀県側からは朽木駒ヶ岳)にダイレ クトに突き上げる松永川左俣(大滝川と言うらしい)はずっと前から興味を持っていた谷である。 駒ヶ岳近辺に広がる素晴らしいブナ林から想像するに、谷中は何もなくても滋味あふれる豊穣の森の中を遡行でき れば言うことはない。 雪国の山はこうした期待を抱かせてくれますね。 :idea:  そう思いながら歩いていると、目の前に予期せぬ滝が現われた。これが大滝川の由...
by わりばし
2018年6月19日(火) 06:39
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】木梶直登谷から地蔵大滝の大周回
返信数: 8
閲覧数: 306

Re: 【台高】木梶直登谷から地蔵大滝の大周回

おはようございます、グーさん。 木梶林道支線分岐に車を停め、トロッコレールを案内してから直登谷に入る。 出合の丸太橋はまだ腐り落ちずに残っている。石組みもいつまでも残って欲しい。 出合の丸太はよくねばりますね。 数年前も同じような感じでした。 昨日の雨で水量は少し多いのだろう。 ナズナさんは「私の記憶よりも、ずっと沢らしい」 今日はフェルト底の沢靴。安心して自分のイメージ通りに歩ける。 ちょっと難しそうな滝は沢屋でない二人は巻きながら遡行する。 昔、長靴でこの谷つめました。 炭焼きの谷ですね。 ハカノ谷を極力水に足を浸しながら遡る。 いつも上り下りする巨ブナへの尾根を通過して初めてハカノ谷源...
by わりばし
2018年6月11日(月) 05:54
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷
返信数: 8
閲覧数: 345

Re: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷

おはようございます、skywalkさん。 しばらくすると二股になりテープ道が中洲に向かう地点が松山谷出合だが、土砂で流れも消え倒木だらけでこの奥に滝があるとは想像できない。 私は最初ここへ行ったとき出会いが分からずニゴリ谷を最後まで詰めてしまいました。まさか土砂に埋まった谷が出会いだとは思ってもみませんでした。 写真でも見ていないとわからないですよね。  水のない土砂の谷を歩くと谷が左に曲がり、突然3段25mの斜爆があらわれた。右岸の壁が切り立っていて迫力のある美しい滝で、左岸から巻けるようだ。一段目は流れの中を上り三段目はトユ状の斜面を登るがフリクションが効いていて登りやすい。滝口から見る...
by わりばし
2018年6月11日(月) 05:35
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20180609木梶白滝から鳴滝・初ヒル
返信数: 6
閲覧数: 275

Re: 【台高】20180609木梶白滝から鳴滝・初ヒル

おはようございます、グーさん。 木梶林道に入ってすぐの路肩のふくらみで出発準備をしているとzippびぃコンビが通過していった。 「お久しぶり~」 酒がなければねえ・・どっちもどっちなんだけどなあ。 白滝の上からもフェルト底ならば石の頭を踏むが石と石の間に足を置いて歩く。 足が両側から石に押され痛い。神経を使う厄介な歩きを強いられた。 ラバー底はヌメリも付かないような激流を遡る人向けで、 グーのように平流歩きを旨とする水遊びには向かないようだ。 使えるとしたら河原歩きの多い千石谷ぐらいかな。 奥の平谷では問題なかったです。 フェルトの場合は下山用の靴を持っていかないとそれこそツルツルで怖いです...
by わりばし
2018年6月10日(日) 07:27
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷
返信数: 8
閲覧数: 345

Re: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷

おはようございます、ハリマオさん。 【コース】稲ヶ谷駐車場7:25---8:3010m二連滝---10:30鎌ヶ岳11:00---13:00稲ヶ谷駐車地 うーん、省略しすぎて分からん。ざっと読むと松山谷を登って西鎌尾根に上がり、山頂を踏んでニゴリ谷を下降したということでしょうか。 当たりです。 :idea:  スカイラインを少し下るとガードレールに赤テープが巻いてあり反対側には木の階段までつけてあった。ニゴリ谷ルートへのテープ道で、ここから入渓し、堰堤を二つ右岸から越える。しばらくすると二股になりテープ道が中洲に向かう地点が松山谷出合だが、土砂で流れも消え倒木だらけでこの奥に滝があるとは想像...
by わりばし
2018年6月09日(土) 08:13
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷
返信数: 8
閲覧数: 345

Re: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷

おはようございます、SHIGEKIさん。  あふれ返る車の武平峠を越え雨乞の登山口のある稲ヶ谷駐車地に着く。ここは貸し切りだった。慰霊碑があり、ふとながめると「ひたすらに~高みを目指すワンダラー」と懐かしい言葉が刻んである。裏を見ると愛知大学のワンゲルの青年の遭難碑だった。愛大の黒のユニフォームが脳裏をよぎる。当時は各ワンゲルごとにユニフォームの色が決まっていて、遠くからでも色をみればどこのワンゲルか察しはついたものだ。ユニフォームがなかったのはkasayaさん所ぐらいだった。 そのことは知りませんが、愛大は母校、そして、薬師の大量遭難・・・知らない時代のことですが・・ ・   薬師の遭難は...
by わりばし
2018年6月09日(土) 07:02
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負
返信数: 4
閲覧数: 217

Re: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負

おはようございます、skywalkさん。  勝負塚山には登ったことはないが、かなりの難路らしい。出会いの橋を渡ると2m幅くらいの平坦な道が伊坪谷に沿って付けられていた。これは昔使われた牛道跡らしい。  牛道を進むと堰堤がありその奥に上水の取水設備があった。 細くなった右岸道を進むと滝の下でルートは途絶え進めなくなった。堰堤の奥にあった鉄橋を渡って左岸を進んでもやはり行き止まりで右岸に戻りルートを探すと赤テープがv字型に戻るようにして山腹を登るようになっていた。ザレで不明瞭な斜面を登るとトラバース道に出た。ルートを進むと滝のところに出た。山レコに出ていた沢の渡渉点だ。滝の下にはつり橋があったら...
by わりばし
2018年6月08日(金) 06:33
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷
返信数: 8
閲覧数: 345

Re: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷

おはようございます、山日和さん。 愛大の黒のユニフォームが脳裏をよぎる。当時は各ワンゲルごとにユニフォームの色が決まっていて、遠くからでも色をみればどこのワンゲルか察しはついたものだ。ユニフォームがなかったのはkasayaさん所ぐらいだった。 古き良き時代ですね。黒やら赤やらチェックやら。厚手のウールのシャツにグレーのニッカボッカが定番スタイルでした。   あのころは鈴鹿で見かける学生も多かったしワンゲルはキスリングでした。 キスリングも今や高級品の帆布ですから、時代も変わりましたねえ。  スカイラインを少し下るとガードレールに赤テープが巻いてあり反対側には木の階段までつけてあった。 これは...
by わりばし
2018年6月08日(金) 06:07
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 8
閲覧数: 280

Re: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

おはようございます、SHIGEKIさん。 【山 域】若狭 耳川スキヤ谷~境谷 耳川はうつろ谷を遡行して以来行ってないなあ。 スキヤ谷は階段状の小滝に続いて釜のある3mや縞模様の岩肌に花びらを散り敷いた大岩など快調な出だしだ。 すぐに大きな堰堤が出てきた。 堰堤さえ無ければ魚にとっていい谷はたくさんあるのにねえ・・ :cry: 堰堤の上はガラゴロの河原、左へ境谷を分けた後、樹林の中の流れとなった。 落口左に大木が立つ二段5m下段二条の滝は美しい。 豊かな森の遡行は気持ちいいです。 桂の大木の樹形に似ているが、近づいて見るとサワグルミのようだ。 谷は終始穏やかで記憶に残るのは、中流部で流れが緩や...
by わりばし
2018年6月07日(木) 05:38
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【 台高 】木梶山のあたりを探検~ハカノ谷の巨ブナは見つけられず~
返信数: 10
閲覧数: 566

Re: 【 台高 】木梶山のあたりを探検~ハカノ谷の巨ブナは見つけられず~

おはようございます、あきんちょ。 東吉野村コミュニティバス(乗合タクシー)は私以外に4人、全て登山者。あしび山荘で高校の合宿があったときを除き一番多かった。 学生時代は公共交通機関ばかりだったのに・・ もうこんな気力はないなあ。 :mrgreen: お湯を沸かして紅茶をつくった。 う~ん、おいしい。紅茶、おいしい! とにかく不思議においしかった。しかしながらその間数十匹の羽虫にまといつかれ耳のうしろをかまれる。かゆい。 この時期、羽虫が多いです。 私もグーさんと同じく山歩きでは防虫ネット持参です。 釣りの時は持っていかないなあ・・ :?: 巨ブナは結局見つけられなかった。宿題できました、グー...