検索結果 1154 件

by わりばし
2018年5月26日(土) 06:00
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭・沢登り】トチとカツラのワンダーランド(甲森谷)でまったりテント泊+オーストラリア報告(おまけ)
返信数: 2
閲覧数: 76

Re: 【若狭・沢登り】トチとカツラのワンダーランド(甲森谷)でまったりテント泊+オーストラリア報告(おまけ)

おはようございます、シュークリームさん。 ヤブネットの皆さんこんにちは.今頃は春のヤブオフでしょうが,今年もヤブオフは欠席で,遠い南半球で一人暮らししております.そんなこんなのショートレポ,おひまな人は読んでやってくださいな. ヤブオフは今日なんですが、私も仕事なんですよね。 :cry:  こっちへ来てもう1週間近くたちました.この歳になってからの海外での一人暮らしは結構大変ですが,4年前にブダペストで半年間一人暮らししていた経験があるので,やり方はほぼ分かっているし,わりと早めに適応できるでしょう.こっちには3ヶ月間いる予定ですが,最初の2ヶ月は友人の紹介で写真のような一軒家を借りることが...
by わりばし
2018年5月25日(金) 06:14
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・
返信数: 4
閲覧数: 198

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

おはようございます、シュークリームさん。 わりばしさん,オーストラリアから今日は. 今は仕事時間中だけど,別にこの大学から給料をもらっているわけではないし,ただの訪問客なので,教員室で私用こいとります. 南半球からコメントありがとうございます。 今は秋かな?  No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。 おお,帯状疱疹からようやく回復しましたか.まあ,無理せずにやってくださいな. 回復はもう少し早かったんですが、いろいろ忙しくて。 もう万全です。 :lol:  鈴鹿スカイライン...
by わりばし
2018年5月24日(木) 05:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・
返信数: 4
閲覧数: 198

Re: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

おはようございます、グーさん。  No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。 No2って Jr? いいですね。 三人いるのでこうなります。 DSCF0848.jpg 私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。 ドクターストップは帯状疱疹でしたか。痛いらしいですね。 「秋まで」はシューさんが日本にいないからでしたか。 ハハハ・・ そんな訳ないでしょ。 とはいえ 人間の深層心理はわからなおからなあ・・ :lol: 途中で林道が見えたのでショートカットしたのがいけなかった。 2時間弱下ってから気づいた。4時間以上のロスをしヘロヘロだった。 グーはまだ行ったことのないトコなので地形に...
by わりばし
2018年5月23日(水) 06:02
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・
返信数: 4
閲覧数: 198

【鈴鹿】久々の元越谷と癒しの仏谷のはずが・・

【日 付】2018年5月20日(日) 【山 域】鈴鹿 【コース】駐車場7:55---8:40元越大滝---11:00仏谷右岸台地11:35---12:00林道---13:40引き返し地点---17:20駐車地 【メンバー】わりばし、No2  No2が沢登りに興味を持ち一緒に登ることになった。私も帯状疱疹あけでパートナーがいるのはありがたい。そこで、久々の元越谷と噂の仏谷をからませて歩くことにした。  鈴鹿スカイラインには鈴なりの登山者の車が連なっている。誰もいない大河原橋を進むと路肩に車が駐車してあるので不思議に思うと、車止め広場手前の道が落ちていた。しかたがないので路肩に駐車する。  車止...
by わりばし
2018年5月06日(日) 07:15
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】樫山~銚子川第二発電所間の木馬道
返信数: 2
閲覧数: 198

Re: 【台高】樫山~銚子川第二発電所間の木馬道

おはようございます、kzoさん。 端折って補足すると、昔大台ケ原で切った巨木を海山に運ぶトロッコ・索道・木馬群があって、 なぜか私が昨秋レポートを発表する事になったのですが、この区間も遺構があるよ!と 教えていただいたので「最優先で行ってきます!」と息巻いていたのでした :oops: ハハハ・・お疲れ様でした。 :mrgreen: 久しぶりに発電所の吊り橋を渡り、奥の階段を…と思ったら、大きなコンクリートが階段を塞いでいます。 その先も荒れ放題の道をタンクまで登っていきます。 ここも年々ひどくなります。 周りを見ても路盤や踏み跡が見つけられず、高度を上げ下げして歩きます。 明るい、開けた台地...
by わりばし
2018年5月06日(日) 06:52
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】咲き具合はどうかな?シャッポ尾根
返信数: 8
閲覧数: 349

Re: 【台高】咲き具合はどうかな?シャッポ尾根

おはようございます、グーさん。 立木の陰にいたカモシカが威嚇の声をあげながら近づいてきた。 長い時間見つめあった後、ギャ ギャ ギャと鳴きながら走り去った。 カモシカも天然記念物ボケして威嚇してきますよね。 この前、子どものカモシカに威嚇されました。 山頂直下のキレットから今回は白玉を確認するために左のコースを行く。 ここのトラバースは足元がぐずぐずの柔らかい土なので滑っていきそうで怖い。 白玉はちょうど満開直前のしゃきっとした花姿でした。 左の方が安全だったような記憶が・・ 滑り台じゃない方ですよね。 図根点を過ぎ、定点撮影ポイントに着いた。ジャスト満開でした。 枝が見えないほどの花付きで...
by わりばし
2018年5月06日(日) 06:42
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高・沢登り】ゴルジュの江馬小屋谷からシャクナゲ咲く台高稜線へ
返信数: 6
閲覧数: 314

Re: 【台高・沢登り】ゴルジュの江馬小屋谷からシャクナゲ咲く台高稜線へ

おはようございます、シュークリームさん。 えっちゃんから江馬小屋谷へ行きませんかとのお誘い。連休はテニス三昧の予定で、山の予定は入れていなかったのだが、台高の沢だったら別。参加の返事を出しておく。 今回も行けなくて残念無念。 入渓してすぐに両岸が狭まった行合。水量はそれほど多くなく、簡単に通過していく。 ここも浅くなりましたね。 コースは間違っていないのだが、雨の後で地面が柔らかくなっているようだ。足を滑らせると下の谷まで真っ逆さまなので慎重に辿っていく。結局スリングを一回出しただけなのだが、ここは安全のためにロープを出した方がよかったかもしれない。反省。 草付きは雨の後はいやらしいですから...
by わりばし
2018年4月27日(金) 05:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高・沢登り】ゴルジュと大滝がコンパクトに詰まった谷 大河内川瀬場谷
返信数: 6
閲覧数: 285

Re: 【台高・沢登り】ゴルジュと大滝がコンパクトに詰まった谷 大河内川瀬場谷

おはようございます、シュークリームさん。 橋から見る瀬場谷は澄んだ水が美しい、おとなしげな沢で、この奥にあのようなゴルジュにかかる連瀑と大滝が潜んでいるとは想像もできない。まさに羊の皮を被った狼のような谷だった。 突然のドクターストップですみませんでした。 あ~行きたかったなあ。 確保する必要がある切り立ったピンポイント。自分は岩の隙間にカムを噛ませて突破し、えっちゃんにはカムプラス立木にスリングを巻いて、二重の確保をして通過してもらう。何といっても、嫁入り前の娘さんに傷をつけるわけにはいかない。なんてことを言いながら、えっちゃんの沢歴は私より長いのだ。私でもビビるような斜面を笑顔で通過して...
by わりばし
2018年4月10日(火) 06:43
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【養老山地・沢登り】ゴルジュ三昧の大洞谷で沢グループ始動
返信数: 4
閲覧数: 314

Re: 【養老山地・沢登り】ゴルジュ三昧の大洞谷で沢グループ始動

おはようございます、シュークリームさん。 わりばし号で集合場所に向かっていると鈴鹿の山が中腹あたりまで白くなっている。気温が下がることは天気予報でわかってはいたのだが、ここまで寒くなるとは。モチベーション下がる。上石津町のファミマに集合時刻の30分以上前に着くとmichiさんもすぐに到着。michiさん、お腹でとるし。「ちょっとダイエットせんといかんねえ」 michiさんのは完全なビールっ腹ですね。 年齢が上がるにつれ落ちなくなんですよ・・ :lol: 最後の堰堤を越えてしばらく行くと両岸が垂直に狭まった場所に出る。地図を見ると両岸が切り立っているので、ゴルジュの谷だということは予想できたの...
by わりばし
2018年4月07日(土) 06:59
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【南紀・沢登り】関西有数規模のナメを見に 白見谷第二支流
返信数: 8
閲覧数: 332

Re: 【南紀・沢登り】関西有数規模のナメを見に 白見谷第二支流

おはようございます、シュークリームさん。 3月末で退職したのだが、事情があって相変わらず旧職場に出勤する毎日が続いている。むしろ退職前よりも忙しくなったような。まあ、もともと仕事と趣味との境界が限り無く曖昧な職業だったので、仕事の部分がなくなって趣味の部分のみが残ったと考えれば悪いことではない。無給の分、身体の自由度はあるので、天気予報を見ながら気楽に平日登山を楽しもうと思っている。 理想の形でいいですねえ。 南紀の沢ももう大分行き尽くした感はあるのだが、白見谷第二支流に関西有数規模のナメがあるという。行ったことがないので一度は見学に行ってこようと思い、暖かな木曜日に出かけることにした。 木...