検索結果 1261 件

by わりばし
2019年1月21日(月) 06:53
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】展望のまぶし嶺へ~蒼穹を求めて地蔵さん再訪、北部降雪を待つ~
返信数: 2
閲覧数: 69

Re: 【台高】展望のまぶし嶺へ~蒼穹を求めて地蔵さん再訪、北部降雪を待つ~

おはようございます、SHIGEKIさん。  分骨して西大台に眠る松浦武四郎は、70歳を目前にして何日もかけて大台周辺を歩いている。 明治の時代にである。 その松浦武四郎の道と表示された案内標識を辿る。 そんな標識できてましたか。 車はどこまで入れました?    林道から尾根道へ入るとしばらくで分岐がある。 前回はこの又口辻からトラバースルートを取り、途中アクシデントで撤退した。 この破線道を反対側に行くと北山索道の古和谷駅に行きます。 IMG_0745.JPG まるで初冬の小春日和 底抜けに明るい冬枯れの山毛欅の疎林、左方には尾鷲湾そして熊野灘が煌めいている。 尾根の先端は竜辻山 大峰南部の...
by わりばし
2019年1月21日(月) 06:39
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】おれにはイニエスタよりイニシエダ。不動谷のロクダイ、ついでに鯎谷高寄り道
返信数: 2
閲覧数: 88

Re: 【台高】おれにはイニエスタよりイニシエダ。不動谷のロクダイ、ついでに鯎谷高寄り道

おはようございます、雨子庵さん。 大杉谷森林鉄道の存在を知ってからずいぶん経つ。それは幽玄と思っていた大杉谷から私を引き離すきっかけにもなってしまった。時を経て、そうしたイニシエの山の生活遺産にも興味津々に。(鉄っちゃん)+(廃墟マニア)≒(廃鉄フェチ)。不動谷を訪れる時が来た。大台ケ原山系集中山行<その③>です。 【ルート】1日目:大杉谷登山口駐車場(9:30)~中井高(14:20)~不動谷森林鉄道跡(15:40)~不動谷森林作業所(ロクダイ)(16:30) 2日目:ロクダイ(8:30)~鯎谷高支尾根分岐(10:30)~鯎谷高(12:00)~無人小屋(14:20)~林道(15:30)~駐車...
by わりばし
2019年1月21日(月) 06:16
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: スノー衆2019パート2のお知らせ
返信数: 9
閲覧数: 152

Re: スノー衆2019パート2のお知らせ

おはようございます、山日和さん。

よろしくお願いします。

両日とも参加可能です。


    わりばし
by わりばし
2019年1月18日(金) 18:22
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)
返信数: 8
閲覧数: 205

Re: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)

こんばんは、山日和さん。  今日は長丁場なので朝明駐車場奥の砂防学習施設に駐車する。 この時期は駐車場の料金徴収人はいるんですか? いましたね。 登山者もそこそこいるようです。 :mrgreen:  郡界尾根の分岐をすぎ上りにかかる展望の良い平原の斜面からはイブネ台地の全容に伊吹・御岳・アルプスの山々が見える。 東雨乞の山頂が郡界尾根の分岐なのでは? 郡界尾根の登山道の分岐です。 このあたりからズボッと落とし穴に沈みこみだした。慎重に進むが沈むときは沈む。雪におおわれた溝道の横を上っていくと真っ白な山頂が見える。表面は雪で白く見えているものの熊笹の落とし穴だらけになる。雪もさほど降らずにしま...
by わりばし
2019年1月17日(木) 18:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)
返信数: 8
閲覧数: 205

Re: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)

こんばんは、kasayaさん。 今日は長丁場なので朝明駐車場奥の砂防学習施設に駐車する。 いい考えですね。ところで今の時期、朝明の管理人はいませんか? 駐車場の管理人はいましたね。 今日だけは失礼させていただきました。 ツボ足はなんと神杉を通過し七人山の取りつきまで進んでいたが、ここで撤退したようだ。 雪の時期は先人のトレースが残っているので、色々想像しますね。 たまたま、新雪が降らずトレースが隠れていないので、想像がしやすい状況でした。 DSCF1534.JPG 新雪のように深く沈み込む事は無いがラッセルしながら上っていくと尾根主のミズナラが出迎えてくれた。 積雪はどの程度だったのでしょう...
by わりばし
2019年1月17日(木) 18:27
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【湖北】江美国境Ca1010m峰 快晴の空の下、快適な雪尾根漫歩のはずが・・・
返信数: 6
閲覧数: 166

Re: 【湖北】江美国境Ca1010m峰 快晴の空の下、快適な雪尾根漫歩のはずが・・・

こんばんは、山日和さん。   1月中旬のこの時期に、なんと針川まで車で入れるという情報が入った。わしたかさんが南西尾根から上谷山 に登ったらしい。10年前に往復2時間の県道歩きでなんとか届いたことを思えば、これはビッグチャンスだ。 伊吹の雪が少ないのは知っていましたが、湖北もですか・・ 1月にねえ・・ :o  江美国境稜線のCa1010mピークから西へ伸びる広い尾根の端に乗ってしまえば、そこからはパラダイスが始ま るだろう。そう思って高度を上げて行くが、状況が変わる気配がない。あまりに雪が少な過ぎてヤブがほとんど 雪に埋もれていないのである。  ある枝は目を突いてやろうと、ある枝はストックを...
by わりばし
2019年1月16日(水) 18:45
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)
返信数: 8
閲覧数: 205

Re: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)

こんばんは、SHIGEKIさん。 【コース】朝明P7:00---9:30七人山---10:22雨乞岳---12:02クラシ---15:00朝明P 【メンバー】単独  スノー衆は参加できなかったので、しっかり歩けるコースを組みたいと思っていた。天気も良さそうなので、雨乞岳をからめて周回することにし た。 大周遊ですね!!! 不肖Sではとても歩ききれないルートですわ。 雨乞稜線部の雪には困りましたが 天候に恵まれました。 DSCF1542.JPG  郡界尾根の分岐をすぎ上りにかかる展望の良い平原の斜面からはイブネ台地の全容に伊吹・御岳・アルプスの山々が見える。このあたりからズボッと落とし穴に沈み...
by わりばし
2019年1月15日(火) 18:36
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)
返信数: 8
閲覧数: 205

Re: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)

こんばんは、シュークリームさん。 わりばしさん,長距離山行お疲れさんでした。土曜日に山に行けなかったうっぷんばらしかな? まあそんな所です。 :mrgreen: 天気が良かったですからねえ。 DSCF1581.JPG  雨乞岳の西峰まで稜線が続いていて、この東峰と西峰をつなぐ猫の耳のような白い稜線が毎朝自宅付近から見えている。しかし、ここから見える雪の稜線には熊笹の青のりがかかっている。予想どうりの落とし穴で、多少はましま登山道をつかい山頂についたものの山頂はもっとひどい落とし穴だらけで大変だ。 雨乞岳を次回のターゲットとして考えていたんで(コースは違いますが),写真を興味深く見させてもらい...
by わりばし
2019年1月15日(火) 18:17
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~
返信数: 6
閲覧数: 161

Re: 【野坂】山スキー足慣らしに寒風へ~ 悪雪、藪ルートに四苦八苦 ~

こんばんは、SHIGEKIさん。  県内の山スキールートのいくつかは走破しておきたい。 1/9現時点で雪がそこそこありそうで悪天ではなく、しかもお手軽コースなどと絞り込んでいくと答えは必然、 暗いうちから車を飛ばした。 いい心がけですねえ。 :mrgreen:   閑散とした・・と言うか、誰もいないゲレンデをスキーを履いて登る。遠くで長靴を履いたおじさんが愛想する。 関係者なのだろう。人はいた。 初心者緩斜面を左に抜け川を渡ると、閉鎖された中級者用斜面、古い食堂家屋が郷愁を感じさせる。 つげ義春の漫画を思い出させる シュールな光景です。  しばらくすると2人のパーティが到着、2人とも防寒テム...
by わりばし
2019年1月15日(火) 18:04
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】 熊野神社から南尾根経由で綿向山
返信数: 6
閲覧数: 117

Re: 【鈴鹿】 熊野神社から南尾根経由で綿向山

こんばんは、シュークリームさん。 そのルート図は以前kitayama-walkさんらが降ったルートと同じだった。このルートが冬季の標準ルートのようだ。こちらのルートにも惹かれたが,私は地理院の地形図で稜線から西にゆるやかに降りている破線ルートが気になっていたので,こちらから行ってみることにする。 チャレンジするなんて、いい心がけですねえ。 :mrgreen: 熊野神社から舗装された林道を下り,橋を渡って右へしばらく行くと左に入る杣道がある。ここを道なりに入っていくと谷の方へ入っていく。そのうち道が間伐材で塞がれて不明瞭になる。GPSを調べてみると本来の尾根道よりもかなり南にそれているようだ。...