検索結果 2548 件

by 山日和
2019年1月23日(水) 16:05
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【 湖北 】 この時期に神又峰-左千方、挑んでみましたが
返信数: 1
閲覧数: 64

Re: 【 湖北 】 この時期に神又峰-左千方、挑んでみましたが

keikokuさん、こんにちは。 実名でもいいんですが、ここではハンネの方が座りがいいですね。 :D  菅並には、窪田さんの入った2日前の12日に入り、雪の無い状況は確認していたのだが、その先ある程度は入れるなんていうことは考えもしなかった。奥川並から取り付くのは、3月まで待たねばならぬと思い込んでいたのだ。 今年は特に寡雪ですからね。わしたかさんの針川まで車で入れたという情報が参考になりました。  田戸に入り、取り敢えずチェーンで閉じられたところまで行って、車を戻そうとするとすぐ後に車が付いているから驚いた。いったい誰だと思ったが、それはちょうど窪田さんの情報にもあった白川ファームさんの車...
by 山日和
2019年1月22日(火) 20:55
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【湖西】望外の快晴に恵まれた新雪の百里ヶ岳
返信数: 0
閲覧数: 44

【湖西】望外の快晴に恵まれた新雪の百里ヶ岳

【日 付】2019年1月19日(土) 【山 域】湖西 百里ヶ岳 【天 候】晴れ 【コース】木地山8:38---10:20 723m標高点10:45---12:03百里ヶ岳14:23---15:00 723m---15:53木地山  案ずるより産むが易しとはこのことだろう。天気予報では南部は完全な晴れマークなのに対して北部は曇り。 しかし晴天が約束されていて雪がないのと、多少イマイチの天気でも雪があるのとを比べれば、この時期の山 にどちらを選ぶかというのはすぐに答えが出る。 降られなければいいというつもりで出かけた朽木の山は、望外の好天に恵まれたのだった。 P1190002_1_1.JPG  ...
by 山日和
2019年1月21日(月) 15:26
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【加越国境】スノー衆代わりの取立山で女神微笑む(19.1.13)
返信数: 16
閲覧数: 255

Re: 【加越国境】スノー衆代わりの取立山で女神微笑む(19.1.13)

白山というのは大きな山塊ですので不適当というわけでないです。
私の感覚ではスーパー林道から南、三ノ峰から北の範囲が【白山】の範疇だと捉えています。
それより北は【白山北方】、南は【奥美濃】だったり【奥越】だったり、何が正しいということはありません。
大きく捉えると「両白山地」になってしまうんですが、これでは漠然とし過ぎてますよね。
要はその山のある場所の雰囲気を一番よく表わしている名前がいいと思います。
どこから登るかによって同じ山でも変わったりしますしね。

               山日和
by 山日和
2019年1月21日(月) 15:07
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【加越国境】スノー衆代わりの取立山で女神微笑む(19.1.13)
返信数: 16
閲覧数: 255

Re: 【白山】スノー衆代わりの取立山で女神微笑む(19.1.13)

kandoさん、再びこんにちは。
【山域】の表記ですが、白山がよく見えるとは言え白山山系とはちょっと違います。
ここは【加越国境】とするのが適当だと思いますよ。

            山日和
by 山日和
2019年1月20日(日) 23:37
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【加越国境】スノー衆代わりの取立山で女神微笑む(19.1.13)
返信数: 16
閲覧数: 255

Re: 【白山】スノー衆代わりの取立山で女神微笑む(19.1.13)

kandoさん、こんばんは。 11日昼過ぎガラケーのメールの着信ランプが点滅しています。来たかと確認するとやはり「残念ですがスノー衆は予定通り明日決行です」との山日和さんからの連絡でした。土曜日は仕事で参加できないので天候などで翌日に順延された場合参加するリザーブ登録だったのです。 その節は残念でした。恨むなら天気を恨んでください。 :mrgreen: これを3年前のスノー衆、栗ヶ岳で実行し好結果を得て、控えめにコバンザメ登山と名付けましたが、山日和さんに「単なる二番煎じです」と一蹴されてしまいました。 :mrgreen: そんなこと言いましたっけ?もう忘れました。 :lol: とはいうもの...
by 山日和
2019年1月20日(日) 19:56
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: スノー衆2019パート2のお知らせ
返信数: 21
閲覧数: 547

スノー衆2019パート2のお知らせ

みなさん、こんばんは。 スノー衆2019パート2のお知らせです。 【日 時】2019年2月3日(日) (天候により2/2に繰り上げ。いつもと違うパターンです。      土曜日の方が明らかに天気がいい場合のみ前倒しします。) 【山 域】江越国境 音波      但し、雪の状況と天候により目的地を変更する場合があります。 【装 備】スノーシュー、ストック、軽アイゼン(チェーンスパイク可)  他雪山装備(ピッケルは不要) 参加資格はやぶオフ参加経験者の中でこの1年間に2本以上のレポアップ及び10回以上のコメントをした人に 限ります。但し、スノー衆に5回以上の参加経験者は前述の条件を免除します。 ...
by 山日和
2019年1月18日(金) 21:28
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【湖北】江美国境Ca1010m峰 快晴の空の下、快適な雪尾根漫歩のはずが・・・
返信数: 6
閲覧数: 184

Re: 【湖北】江美国境Ca1010m峰 快晴の空の下、快適な雪尾根漫歩のはずが・・・

yamanekoさん、どうもです。 レポを既にアップさせて頂きましたが、途中まで同行させて頂きました。 これはいい出会いでしたね。 :D >10年前に往復2時間の県道歩きでなんとか届いたことを思えば、 中河内からですよね。林道とはいえ、当然、トレースのない雪道ですよね。往復2時間で針川から届くんですか?凄いですね。 大音波出合のあたりまで車で入れました。今年ほどではありませんが、雪の少ない年でした。 同じ年にまだチェーンゲートのなかった奥川並まで車で入っています。 R0014372_1.JPG >しかし情報を得て後追いするというのは自分のスタイルではない。 同感です。 yamanekoさんも...
by 山日和
2019年1月18日(金) 20:53
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【江越国境】針川~上谷山~鉄塔尾根☆思いがけぬ出遭いと周回の果てに見た悪夢
返信数: 2
閲覧数: 203

Re: 【江越国境】針川~上谷山~鉄塔尾根☆思いがけぬ出遭いと周回の果てに見た悪夢

yamanekoさん、こんばんは。 最終的に木之本始発の余呉バスで中河内へ向かい下立山から音波山を縦走し、最後は余呉国際スキー場からタクシーで帰還するという計画に落ち着いた。 「下谷山」ですね。このコースなら始発のバスでも余裕があるでしょう。 「向こうの入り口、菅並からや」 「雪は大丈夫だったんですか?」 「雪があるのはここら辺だけや。あっちの方は楽勝、ルンルンやで」 翌日、菅並から田戸まで路面にまったく雪がありませんでした。 「これから登山でしょうか」 「ええ、これから大黒山に登ろうと思って」 (大黒山に登るのにわざわざこの北尾根を選ぶとはマニアックな方もいるもんだ) 「実は丁度、一週間前...
by 山日和
2019年1月17日(木) 21:03
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【湖北】江美国境Ca1010m峰 快晴の空の下、快適な雪尾根漫歩のはずが・・・
返信数: 6
閲覧数: 184

Re: 【湖北】江美国境Ca1010m峰 快晴の空の下、快適な雪尾根漫歩のはずが・・・

わりばしさん、どうもです。 伊吹の雪が少ないのは知っていましたが、湖北もですか・・ 1月にねえ・・ :o そうなんですよ。山の上は歩ける程度には積もってますから、そこへ至るまで道のあるところの方が無難ですね。 P1140003_1.JPG これは大変そうですね。 伊吹のバリルートも当面無理そうだな。 無雪期に歩けるところならいいでしょうけどね。 >そのうち雪が緩み始めて、手は潅木をかき分け、足はラッセルというなんともトホホな状態になってきた。 あらまあ、湖北でこの状態とはだれも想像だにしません。 スノー衆も北上ですね。 これからの雪に期待するしかないですわ。 :oops: P1140091_...
by 山日和
2019年1月17日(木) 20:51
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)
返信数: 8
閲覧数: 212

Re: 【鈴鹿】ピーカンの七人山・雨乞岳・イブネ・クラシ四連チャン(朝明より)

わりばしさん、こんばんは。 スノー衆は参加できなかったので、しっかり歩けるコースを組みたいと思っていた。天気も良さそうなので、雨乞岳をからめて周回することにした。 スノー衆は残念でしたが、これはまたしっかり歩きましたね~ :D  今日は長丁場なので朝明駐車場奥の砂防学習施設に駐車する。 この時期は駐車場の料金徴収人はいるんですか?  郡界尾根の分岐をすぎ上りにかかる展望の良い平原の斜面からはイブネ台地の全容に伊吹・御岳・アルプスの山々が見える。 東雨乞の山頂が郡界尾根の分岐なのでは? このあたりからズボッと落とし穴に沈みこみだした。慎重に進むが沈むときは沈む。雪におおわれた溝道の横を上ってい...