検索結果 2740 件

by 山日和
2019年9月19日(木) 23:32
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】「樹林の山旅」の世界を歩く 神又谷から中ツ又谷へ
返信数: 4
閲覧数: 148

Re: 【奥美濃】「樹林の山旅」の世界を歩く 神又谷から中ツ又谷へ

SHIGEKIさん、どうもです。 この辺の谷はずーと昔から歩いてみたかったところ。 渓泊そして溯行、降渓 できるところがいいですね。 履き替え用の靴が要らないのが軽量化に役立ちます。 :D >思い起こしてみると、最後に山でテント泊したのはもう7年前だ。ふ~さんと二人で大峰の前鬼川を遡行し て、孔雀岳へ抜けて以来である。 音楽談義してた渓泊ですね? よく覚えてますねえ。音楽談義の下ネタ炸裂の沢旅でした。 :mrgreen: その昔に、ムクロ・・とか言う谷で泊まってませんでしたか? よくぞ、そないな名前の谷で寝るなぁ~って思ってた記憶があるんですが・・・ これまたよく覚えてますなあ。 正確には泊...
by 山日和
2019年9月19日(木) 23:13
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】「樹林の山旅」の世界を歩く 神又谷から中ツ又谷へ
返信数: 4
閲覧数: 148

Re: 【奥美濃】「樹林の山旅」の世界を歩く 神又谷から中ツ又谷へ

わりばしさん、どうもです。 えっ :!:   驚き桃の木山椒の木ですね。 7年もですかあ・・ お恥ずかしい限りです。 いつの間にか軽装日帰り専門になってました・・・ :oops: >「山に登るということは、山の水を飲むことでなければならない。山で寝ることでなければならない。」とい うような意味の言葉を書いたのは田部重治だったか。 ある意味、真理なのかもしれませんね。 本当の意味で山と向き合うというのはそういうことなのかもしれません。 いいですねえ。 奥美濃の自然豊かな山深い感じ 夏に釣行しようと思っていたのに 行けずじまいでした。 魚影は薄かったような気がします。 P9140027_1.JP...
by 山日和
2019年9月17日(火) 22:53
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】「樹林の山旅」の世界を歩く 神又谷から中ツ又谷へ
返信数: 4
閲覧数: 148

【奥美濃】「樹林の山旅」の世界を歩く 神又谷から中ツ又谷へ

【日 付】2019年9月14日(土)~15日(日) 【山 域】奥美濃 神又峰周辺 【天 候】2日とも晴れ 【コース】9/14 神又谷出合---神又谷遡行---Ca800m付近(泊)      9/15 幕営地---神又峰---中ツ又谷下降---神又谷出合  思い起こしてみると、最後に山でテント泊したのはもう7年前だ。ふ~さんと二人で大峰の前鬼川を遡行し て、孔雀岳へ抜けて以来である。 「山に登るということは、山の水を飲むことでなければならない。山で寝ることでなければならない。」とい うような意味の言葉を書いたのは田部重治だったか。 そういう意味ではこの7年間、山を登ってるいようで登っていなか...
by 山日和
2019年9月12日(木) 20:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 214

Re: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

洞吹さん、どうもです。 これまた、マイナーな場所へお出ましで。 夫婦池というのは、メガネ池とも言われている池のことですね。 その通りです。 突然話しは変わりますが、昔の記憶がちびっとだけ蘇ってきたので。 昔、隣のワサ谷の林道から入って、どこかへ行きましたね。 あの時、林道を歩きながらメガネ池の話しが出たのは覚えているんですが、 ただ、駐車地と林道途中と入渓点の風景以外は、どこへ行ったのかも含めて全く記憶なし。 たいがい、ある程度は覚えているんですけどね。 これだけ何も覚えてないのは、自分でも珍しい。 ワサ谷の支谷の林道屈折点から谷を詰めて、御伊勢山まで行ったんでしたっけ。 帰り道も、谷のピス...
by 山日和
2019年9月12日(木) 19:54
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 214

Re: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

okuちゃん、どうもです。 懐かしいです。昔、違和感感じつつも、尾根上の池記号目指して歩きました。 ほんとになぁぁ・・ コースはだいぶ違いますし、この池には寄っていませんが。 越戸谷山で検索すれば、意外と記録が出てくるものですね。 さすがokuちゃん、目指してましたか。当然池はなかったですよね。 昔はりっぱな案内看板を立てて道を拓いた人がいるようですが。 嶺北は林道、充実していますね。手入されている植林ならいいかなと思います。 充実がいいのかどうかはなんとも言えませんが。 P9070004_1.JPG >テープに従ってブナの森を進むと、池はそこに、あった。 おめでとうございます。 ありがとう...
by 山日和
2019年9月11日(水) 20:39
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 214

Re: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

SHIGEKIさん、どうもです。 年寄りが縁側で茶をすすってる以上の渋さですね :mrgreen: これは渋さの新しい表現方法ですな。 :lol: この鉱山って、あの堂辻スノー衆、ルート真ん中らへんにあったところのことですよね? その通りです。 >積雪期であれば堂ヶ辻山、岩谷山、御伊勢山など、雪のない時は風采の上がらないヤブ山が実に魅力的な雪山に 変身する。 全く、その通りでしたね。 いい時に歩かせて頂きました。 この辺であれ以上の状況にははなかなか出会えんでしょう?? まさにベストコンディションだったのではないでしょうか。 ほどよい積雪、締まった雪、抜けるような青空、そして霧氷と、考えられ...
by 山日和
2019年9月10日(火) 21:37
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 214

【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

【日 付】2019年9月7日(土) 【山 域】奥越 九頭竜湖左岸域 【天 候】晴れ 【コース】下大納7:10---8:05越戸谷林道終点---12:00夫婦池13:50---14:25越戸谷山---15:35林道---16:35下大納  下大納(しもおおの)は福井県旧和泉村(現在は大野市)の九頭竜ダムにほど近い山中の集落である。 九頭竜川支流の大納川上流には、かつて中竜鉱山という大規模な鉱山があったが、廃鉱になった後アドベンチャ ーランド中竜というレジャー施設として利用されていた。今ではそれも閉鎖されて、下大納、上大納というふた つの集落がひっそりと佇んでいる。  このあたりの山には登山道が...
by 山日和
2019年9月10日(火) 16:30
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場
返信数: 4
閲覧数: 198

Re: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場

グーさん、こんばんは。 ---11:15山日和さんランチ場13:50---16:05駐車地 早速検証に行きましたか。 :lol: 8/31(土)に予定のデート山行を前日の朝になって急遽延期した。 ところが8/31の朝はお日様も照るまずまずの上天気。 「延期しなけりゃよかった」と悔やむことしきり。 ふっふっふ。私は予定通り8/31にして正解でしたよ。特に北の方はいい天気でした。 :D 地蔵谷右岸第一支谷の1つめの段滝はいつも通り美しい。 しかし、2つ目の見所の滝には大きな倒木が2つも。 景観が台無しだ。朽ち果てるには5年以上かかるだろうな。 初めて訪れた15年ほど前は、ホントに美しい谷でした。...
by 山日和
2019年9月05日(木) 22:06
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山
返信数: 2
閲覧数: 162

Re: 【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山

洞吹さん、どうもです。 こんなマイナーな谷への訪問は、 このエリアの落穂ひろいのようになってきましたね。 耳川流域ほどではありませんが :mrgreen: まさか水流のない涸れ谷の出合いとは。 これは見落としてしまいますね。 よーく見ていたつもりなんですが、まさかまさかでした。 :o P8310024_1_1.JPG 谷の分岐を見つけたまではいいが、 「なんじゃい、これは!」のびっくり感、お察しします。 まじっすか!!って感じでした。 >源頭はブナ林だということだけはわかっているので、それを楽しみに我慢するしかないのか。 ここまできたら、諦めて前進するのじゃ。 御意!! おおっ、よくなってき...
by 山日和
2019年9月02日(月) 22:48
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山
返信数: 2
閲覧数: 162

【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山

【日 付】2019年8月31日(土) 【山 域】若狭 桜谷山周辺 【天 候】晴れ 【コース】落合橋8:00---松永川右俣左谷入渓点8:45---12:20桜谷山14:20---15:30林道---15:45駐車地  福井県小浜市を流れる松永川。沢登りの対象とは見なされていないマイナーな谷である。 10数年前に訪れた右俣の右谷は、沢として面白いというレベルではないが、しっとりと落ち着いた沢歩きが楽し めた。今回はその左支流を探索してみよう。 P8310011_1.JPG  林道を歩いていると、対岸の杉林の中に小さな3条の滝が見えた。谷地形ではなく、ただの植林の斜面からい きなり滝になって右俣...