検索結果 2610 件

by 山日和
2019年4月20日(土) 00:14
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【江若国境】桜満開の上根来から百里ヶ岳へ
返信数: 4
閲覧数: 137

Re: 【江若国境】桜満開の上根来から百里ヶ岳へ

洞吹さん、どうもです。 おにゅう峠から遠敷端の高に向かう途中の、820mPから北に下っている尾根ですね。 以前820mPを通ったとき、よさそうな尾根だなあと思ってました。 一度歩いてみたいと思いつつも、 尾根末端の渡渉可否が不明なので、行かずじまいになってましたが。 それが唯一の懸念でしたが、解決のためには行ってみるしかありません。 下って立ち往生するのも困るので、まずは登りに使ってみようと。ダメなら作戦変更できるし。 IMG_5102_1.JPG うまくいくときはトントン拍子ですね。 でも幽霊歩きの達人には、そもそも足がないので濡れる心配いらないでしょう。 足がなかったらラッセルも楽でいい...
by 山日和
2019年4月18日(木) 22:29
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【江若国境】桜満開の上根来から百里ヶ岳へ
返信数: 4
閲覧数: 137

Re: 【江若国境】桜満開の上根来から百里ヶ岳へ

宮指路さん、どうもです。 NPOさま様ですね ああいう人達がいなければそのまま朽ちて行ってしまうところも多いのでしょうね。 桜鑑賞にはジャストタイミング! 下界ではもう終盤ですが、標高300mぐらいのここではドンピシャでした。 IMG_5098_1.JPG ヤブ道でもヤブのない道ならルンルン気分ですね ヤブのないヤブ道とはこれ如何に? :mrgreen: ブナが多いのは1000m越えた頃からでは? いえいえ、このあたりの山域では400mぐらいからブナが現われ出します。 700~900mの野坂山地の山々はブナだらけですよ。 IMG_5179_1.JPG 贅沢なひと時ですね。私はこの山は未踏です...
by 山日和
2019年4月16日(火) 23:12
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【江若国境】桜満開の上根来から百里ヶ岳へ
返信数: 4
閲覧数: 137

【江若国境】桜満開の上根来から百里ヶ岳へ

【日 付】2019年4月13日(土) 【山 域】江若国境 百里ヶ岳周辺 【天 候】晴れ 【コース】上根来8:22---10:09 P820m10:27---10:54おにゅう峠---11:13根来坂峠---12:16百里ヶ岳14:00----      14:40木地山峠14:55---15:15桜谷山---15:50尾根分岐---16:32上根来  以前、小栗から百里ヶ岳へ周回した時に下山に使った尾根から見た隣の尾根が魅力的だった。 「隣の芝生は青い」とは良く言う言葉だが、隣の尾根の実態はどうたろうか。唯一の懸念は尾根の末端が遠敷 (おにゅう)川に落ちており、車道ははるか高みを走っているこ...
by 山日和
2019年4月11日(木) 20:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う
返信数: 6
閲覧数: 234

Re: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う

バーチャリさん、どうもです。 こちらだったんですね 山県市の山かなと思ってたのですが そんなわけないですよね :P そりゃそうでしょう~ :lol: 地形図を印刷してみてますが 洞吹さんの貼り付けてある写真ですか いい雰囲気ですね 期待以上のブナ林でした。 :D P4060074_1.JPG 展望素晴らしいですね  基本樹林帯なんですが、木の葉が落ちてることもあってなかなかの好展望でした。 P4060130_1_1.JPG ゆっくりランチ出来るのはいいですね 今日は何の鍋ですか 南斜面は風の陰になってまったりできました。 鍋シーズンは終了してカップ麺です。 :mrgreen: GWの様子なん...
by 山日和
2019年4月10日(水) 19:58
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う
返信数: 6
閲覧数: 234

Re: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う

洞吹さん、どうもです。 この尾根は、地形図を眺めているだけでもいい感じですね。 そうそう。ゆったりとした尾根が緩やかにアップダウンを繰り返す極楽尾根ですね。 ただ1600mを超すとブナが消えてオオシラビソとダケカンバが取って代わるようです。 夜間工事ですかね。 ちょっと出鼻をくじかれた感がありますが、 いい待機場所の道の駅もすぐにあるし、 復旧の目途がたたない災害の通行止めでなくてよかったですね。 一瞬フリーズして、東海北陸道に乗り直して白川郷まで・・・・なんてアイデアがフラッシュしましたが、 よく考えたら荘川で寝たほうがはるかに早いし効率的でした。 :lol: 4月あたまの荘川村なのに、国...
by 山日和
2019年4月10日(水) 19:55
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う
返信数: 6
閲覧数: 234

Re: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う

okuちゃん、どうもです。 かなりニアミスしていましたね。 下山後は平瀬の温泉ですか? 自分は西赤尾で食事だったので、ばったりはないタイミングですが。 ニアミスと言えばニアミスですね。 温泉はその通りです。西赤尾というと道の駅? >その尾根が御母衣湖に落ちる手前の最後のピークが1548mの三角点「釜ヶ谷」である。 気になるところは同じでしょうか。 まあ、そういうことですね。okuちゃんほどマニアックじゃないけど。 :mrgreen: P4060144_1.JPG 自分が歩いたときは取り付きから雪でしたのでヤブの状態分かりませんが、標高高くないところは歩きやすそうな感じでした。 下から雪が繋が...
by 山日和
2019年4月10日(水) 17:48
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【白川村】ソウレ山など周回
返信数: 4
閲覧数: 165

Re: 【白川村】ソウレ山など周回

okuちゃん、こんばんは。 HPも全然更新がないのでどうしたのかと思ってましたよ。 :D 城端SAで休憩して白川に抜けると雨が降っていました。 時期に止むはずなのでそのまま進んで、R360に少し入ったところで路肩に車を停めさせてもらいます。 同じ白川村の町内会(村内会)にいたのに白川郷あたりは雨が降ってましたか。 平瀬は完全ドライでしたが。 1100m辺りで雪が続きますので、スノーシューをつけます。 1300m手前あたりからブナ林が始まったかと思います。 1400mまでくれば傾斜はほとんどなくなってそれなりに快適に歩けます。 いつも通りの簡潔な記述で、どの尾根を上がったのか想像するばかりです...
by 山日和
2019年4月09日(火) 21:18
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う
返信数: 6
閲覧数: 234

【飛騨】三角点「釜ヶ谷」 知られざるブナ林に酔う

【日 付】2019年4月6日(土) 【山 域】飛騨 庄川右岸域 【天 候】快晴 【コース】田口谷出合7:20---9:05 1175m標高点---10:45 P1578m11:00---11:40三角点「釜ヶ谷」13:20---      14:00 P1478m 14:15---16:00田口谷出合  以前、庄川右岸の野々俣谷左岸尾根を歩いた時、南に続く尾根が気になっていた。遠目にもブナ林が続いて いるのが見えたからだ。その尾根が御母衣湖に落ちる手前の最後のピークが1548mの三角点「釜ヶ谷」である。 庄川の左岸には白山を始め三方崩山や日照岳などのビッグネームが並んでいるが、左岸は猿ヶ馬場...
by 山日和
2019年4月01日(月) 14:41
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】リョウシ~コザト 黄色い花咲く尾根を辿って霊仙へ
返信数: 4
閲覧数: 197

Re: 【鈴鹿】リョウシ~コザト 黄色い花咲く尾根を辿って霊仙へ

yamanekoさん、こんにちは。 河内を過ぎると左手に分岐する権現谷林道を進む。林道はすぐにも切り立った峻険な崖の合間を縫って進むようになる。崖下では車がその上を通過出来ない岩がいくつも転がっているので、車を降りて石を除去する作業を強いられる。 この林道はすごいところを走ってますよね。あれほど深い谷によく道を付けたものだと思います。 車を駐車して尾根を振り返ったところで目を疑った。急峻な尾根の取り付きはほとんど崖のように見える。それも細かい瓦礫の。 私は右手の谷側の樹林を上がりました。急なことは急ですが、立ち木を掴んで落石の心配もなかったですけどね。 一の肩と思われる小さなピークを越えると...
by 山日和
2019年3月30日(土) 11:21
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】少~し渓と山毛欅、長~く・・・ 長靴履いて黒谷ミニ周遊
返信数: 4
閲覧数: 158

Re: 【若狭】少~し渓と山毛欅、長~く・・・ 長靴履いて黒谷ミニ周遊

SHIGEKIさん、こんにちは。  荒れた林道支線から連漠帯を見ながら歩を進める。 右岸を巻いて二股に着く。 きょうは右俣を行く。 今回は間違えて一つ目の林道に入りませんでしたか。 :mrgreen:  岩を縫う水流と右岸段丘、時折、小さな残雪がまぶしい。 やさしく、美しい渓を愛でながら段丘をゆっくり歩く。 黒谷の右俣の出だしは優しく美しく、癒されます。 私も大好きな場所です。  大岩の積み重なった小滝の左岸を巻くと、全くの平流となった。 渡って右岸を行く。これが素晴らしい。 と思うのは田舎育ちの不肖Sだからかもしれない。 ゆるゆるの平流、川岸の平地と栃の木、見上げる尾根はなだらかな山毛欅の...