検索結果 1748 件

by グー(伊勢山上住人)
2019年9月22日(日) 19:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る
返信数: 7
閲覧数: 280

Re: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る

P9140641-1.jpg アオバ*トさん、こんばんは。レスありがとうございます。 千秋社ご神木ノートに書き込んで頂いてから2か月。 レスを頂いてから3日。大変お待たせしちゃいました。ごめんなさい。 19日にレス返を書く時間はあったのですが、 グーが投稿するとアオバ*トさんの名前がトップページから消えてしまいます。 「アオバ*トさんの名前を少しでも長くトップページに表示しよう」 とあえてすぐに返事を書きませんでした。 ところが翌日はアレコレ雑用がわんさか発生しまして、 レス返を書いている時間が無くなってしまい寝てしまいました。 そして昨日は闇鍋。雨子庵で宴会をして今帰ってきたところです。 ...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月22日(日) 18:28
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: あきんちょ、第九回『闇鍋おふ』のご案内だよ。
返信数: 2
閲覧数: 216

Re: あきんちょ、第九回『闇鍋おふ』のご案内だよ。

第9回『闇鍋おふ』は 男性5名 女性4名の参加を得て
しとしとと降り続く雨音を聞きながら無事終了しました。
来年もよろしくお願いします。
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月18日(水) 23:07
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る
返信数: 7
閲覧数: 280

Re: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る

P9140798-1.jpg わりばしさん、こんばんは。 今シーズンは遅れているようで・・ そのようですね。 はたして今週末は・・ :mrgreen: 主役もわき役も不在のただの鶏鍋? 実は大又って行った事ないんですよね。 なんとまぁ!? 珍しいお方ですね。 三重からはぐるっと遠回りですからね。 この日は風もありましたねえ。 急登の汗を吹き飛ばしてくれる大歓迎の爽やかな風でした。 期待をしています。 :lol: 下での開催になったら山に入っている時間が無くなる。 もっとも時間がたっぷりあっても期待のできないグーの目ですが。 やっぱ台高。鈴鹿のようにはいきません。 ザレた斜面に苦労しただけで、...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月17日(火) 22:19
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】三重木材乾留会社とオジヤン
返信数: 4
閲覧数: 264

Re: 【台高】三重木材乾留会社とオジヤン

P9140736-1.jpg わりばしさん、こんばんは。 乾溜工場レポも完成度が高くなってきましたね。 乾留工場で木酸液を採取し、直径6分(1.8cm)の真鍮管に入れて精製工場まで運ぶ。 長さがどれほどなのか分かりませんが、やけに細い管ですね。いくらも入らない。 何十本と束ねて背負って運んだのですか? 昔はコンクリートの型に木製の木枠があり、そこに八分の真鍮管で乾留工場より運んできた木酸液を注いでいた。 6分? 八分? 1000mあたりで水平道に出会い進んで行くとテープも出て来た。瀬戸越の道で、 その先の上流部に進もうとするが破線道どうりに赤嵓滝谷に下された。 そうですか。赤嵓滝の上流に出る...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月16日(月) 23:38
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る
返信数: 7
閲覧数: 280

Re: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る

20190914-91.jpg piccolo大魔王、おこんばんは~(=^^=) レスのおねだりに応えて頂きありがとうございます。 ナズナさんの提案じゃない?以前あそこの林道は何処に繋がってるのと聞かれましたので…。 はい。そうです。 が、ナズナさんの確かめたかったルートはpiccolo大魔王が貼ってくれたルートの 水平林道がどうつながっているのか?だったような?(グーしっかりと理解していない) 大いに使いましょう!赤ゾレが近く感じますです。 赤ゾレ山が目的なら木梶から登るよりも早いですね。 しかし、道中にシャッターを押したくなるような見所が無い。 グーにとっては大又から周回した時の下山専用...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月16日(月) 00:00
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る
返信数: 7
閲覧数: 280

【台高】20190914アベ山谷右岸尾根を登りワサビ谷右岸尾根を下る

20190914-33.jpg 来週の闇鍋の豆探しに行くことになった。 国見から大又への最短ルートの検証も兼ねて。 久々に山歩き初心者のハラハラワクワクを味わった。 【 日 付 】  令和1年9月14日(土) 【 山 域 】  台高 【 天 候 】  ガス 時々 青空 【 ルート】  大又7:50---9:15赤ゾレ山西稜線---11:55国見若水13:40        ---15:30国見馬駈ケ場---17:40駐車地 【メンバー】  ナズナさん グー 来週は闇鍋オフ。解散後国見方面に来て明神平経由で戻るのは効率が悪い。 国見から大又駐車場への効率のいい下山ルートを探っておこう。 大又駐...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月10日(火) 23:03
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場
返信数: 4
閲覧数: 207

Re: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場

20190901-13.jpg 山日和さん、高温のパソ部屋から こんばんは。 無理やりお呼び立てをして、申し訳ありません。 ふっふっふ。私は予定通り8/31にして正解でしたよ。特に北の方はいい天気でした。 :D 前線に近いトコが降るのじゃないから始末に悪いです。 初めて訪れた15年ほど前は、ホントに美しい谷でした。 山日和さんがヤブに貼っていた滝に2本も倒れ込んでいます。 そうなの?右岸のミズナラの大木を見学しながらトラバースして歩けば、自然にぶち当たります。 ?? あの辺り流心を離れてトラバースするところですか? グーはいつも流れに沿って歩いています。 適当なことを書いてしまいました。 :...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月09日(月) 22:19
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場
返信数: 4
閲覧数: 207

Re: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場

20190901-27.jpg piccolo大魔王、おこんばんは~(=^^=) レスありがとう。 山日和さんからのレスを狙って書いたレポなんだけど・・・ 景観が台無しだ。朽ち果てるには5年以上かかるだろうな。 又仕事が増えましたねぇ~ご苦労様です。 やっぱり。 グーも「そうかな」って思っているところです。 もし遭遇したら僕が盾になりますから安心して下さい!とは言わなかったの?? グーは再会したい。 餌を横取りするライバルでなければ、喧嘩を仕掛けてこないと思っているのですが。 前回初めて会った時は、怖いものを見たような怯えた目をして走っていきました。 程よい距離をとって、ゆっくり会話なんかし...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月07日(土) 09:49
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場
返信数: 4
閲覧数: 207

【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場

20190901-20.jpg コロコロ目まぐるしく変化する天気予報に翻弄され続けた。 「降るのならタープの下でランチ中に降って欲しい」 の希望通りの大雨の下でのランチとなりました。 【 日 付 】  令和1年9月1日(日) 【 山 域 】  台高 【 天 候 】  晴れ のち 曇り 一時 雨 【 ルート】  鳴滝展望駐車地7:40---9:15ルノワールおばさん---10:20赤ゾレ山        ---11:15山日和さんランチ場13:50---16:05駐車地 【メンバー】  ナズナさん グー ここのところずーっと大気の状態が不安定だ。 天気予報も朝と夕方と翌朝と二転三転四転・・・・...
by グー(伊勢山上住人)
2019年9月04日(水) 21:40
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】大熊木材乾留会社と石垣道
返信数: 2
閲覧数: 289

Re: 【台高】大熊木材乾留会社と石垣道

P9010198-1.jpg わりばしさん、こんばんは。大気が不安定ですね。  新資料が見つかり、内容の検証もかねて大熊谷の乾留工場跡に出かけた。  軍事関連の産業遺産という事で、戦後は歴史から抹消された感がある。 どこかに資料が埋もれていないのか探し出すのも楽しいですね。 「新発見や~」 昭和5年発行の「木材乾留工業」という本が三重大図書館にあった。 津の空襲をまぬがれた三重高等農林学校の所蔵品だった。 三重大が図書館ネットワークに加入しているとは驚きでした。 一般市民が出入りするところじゃないのに。 100年前の視察記録を見ながら今なお残る乾留窯の探索が出来るなんてなんて贅沢な時間なのだ...