検索結果 56 件

by piccolo
2018年7月02日(月) 21:33
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20180630地蔵谷・出会いの滝は登ったけど・・・
返信数: 2
閲覧数: 193

Re: 【台高】20180630地蔵谷・出会いの滝は登ったけど・・・

グーさん、おこんばんは~(=^^=) 出合の滝は登れたけれど、続きの淵は・・・・ ヤメ~ 淵をヤメたのは、ナズナさんからお誘いの言葉いただく為でしょ!。 滝そのものは一番簡単なルート取りであっさりと登る。初登りです。 先を越された!悔しいーー。 写真の邪魔になる滝下の流木を片付けてパチリ。 きちんと宿題片付けましたね、さすがです。 足元からミソッチョが何度も飛び立つ。 「ごめんね。お邪魔します~」 巣には指を突っ込まないように!誰かさんみたいに刺されますよ(^^; ゴリラ岩とお話ししながら休憩。 「もう随分と長い付き合いだね」 piccoloさんが来ないから寂しいの~ なんて言ってませんでし...
by piccolo
2018年6月29日(金) 22:14
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【オーストラリア】ロッティー行方不明事件 クロウズ・ネスト国立公園
返信数: 8
閲覧数: 280

Re: 【オーストラリア】ロッティー行方不明事件 クロウズ・ネスト国立公園

シュークリさん、おこんばんは~(=^^=)。 それにしても,オーストラリア政府,太っ腹だねえ 我が国も見習ってほしいですぅ(^^♪ コースの周囲はほぼユーカリの純林だ. 自然発火のお話は驚きです。 さすがにコアラは見ないのですね。 レベンテ,クリスタと私の3人で探しに行く.そのうち,レベンテが見つけたようだ.  時に子供の行動は予測できない事があります、見つかって良かったです。 初めて出逢ってからもう20年.お互いに年をとったものだ 大切な友!互いの信頼も深いですね(^^♪ 別レポのですが。 ここの売りはバンヤ松 (Banya pine)と呼ばれる木である。ナンヨウスギの一種で パッと見た目...
by piccolo
2018年6月19日(火) 20:11
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 徳本上人の教え  中日新聞2018年6月12日の記事より
返信数: 1
閲覧数: 151

Re: 徳本上人の教え  中日新聞2018年6月12日の記事より


グーさん、こちらでも おこんばんは~(=^^=)
男なら、きんを下から上へなで上げるとたちまち直る。

マジっすか!

女は乳を下から上へなで上げると直るなり。

 フムフム(=^^=)

芍薬甘草湯と共にこんな対処法も試されるのは如何でしょうか。

 3包連続で飲んだ事ありますねんわ、次回はなでなでしてみま~す。

ナズナさんとのゆったりランチ後、立ち上がる時になぜか攣ります。

 山の神の前でそないな行為したらビンタ間違いなし!隠れてコソコソしましょうね。


 レポより真剣に読まさせていただきました。(^^♪

by piccolo
2018年6月19日(火) 20:08
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】木梶直登谷から地蔵大滝の大周回
返信数: 10
閲覧数: 466

Re: 【台高】木梶直登谷から地蔵大滝の大周回

グーさん、おこんばんは~(=^^=)。 ハカノ谷の源頭は、グーさん歩いていないの? わたいらも歩いてませんので、いつかは行ってみよ~と。 木梶林道支線分岐に車を停め、トロッコレールを案内してから直登谷に入る。  右岸でしたっけ?薄っすら記憶にあるような~。 今日はフェルト底の沢靴。安心して自分のイメージ通りに歩ける。  足の向くまま気の向くままじゃなく、イメージ通りでしっかりエスコート出来たの?かな??? ハカノ谷を極力水に足を浸しながら遡る。 いつも上り下りする巨ブナへの尾根を通過して初めてハカノ谷源流部を歩く。 なかなか明るく開放的な谷だ。「いいですね~」 メモメモ(^^♪ 最後の3mは...
by piccolo
2018年6月10日(日) 19:57
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20180609木梶白滝から鳴滝・初ヒル
返信数: 6
閲覧数: 301

Re: 【台高】20180609木梶白滝から鳴滝・初ヒル

グーさん、おこんばんは~(=^^=)。 木梶林道に入ってすぐの路肩のふくらみで出発準備をしているとzippびぃコンビが通過していった。 行先は羽子板尾根かな?びぃちゃんのお気に入りとケロッとたんが聞いてから"行ってみた~い!"。ヘェ!その内にとゴマかしているのです。 水に足を下した瞬間 ツルッ! おっ! ええっ??? 今日は木梶ゴルジュ突破のために買ったラバー底の沢靴を履いてきた。 ヌメリには弱いと聞いてはいたが、予想以上の滑り具合だ。 ラバーソールは、抜き足差し足忍び足!もしくは、フェルト付き手袋(特注したらあるかも~)で四足歩行すればいいんです(=^^=) グーのように平流歩きを旨とする...
by piccolo
2018年5月29日(火) 22:09
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ
返信数: 10
閲覧数: 561

Re: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ

山日和さん、おこんばんは~(=^^=) image2.jpg 今日は一日高気圧に覆われていい天気のはずだが、出発からあまりスッキリしない。雨の心配はなさそうだ が、会場に着く頃にはもう少し青空を見たいものだ。 真夏日覚悟して大汗掻くだろうなと思っていましたので助かりましたが、会場入る前に沢でキレイキレイしましたけど。 根ノ平峠の手前で左に折れ、「ブナ清水」でコーヒータ イム。ここは落ち着いた樹林の中、大岩の下から清冽な水が湧き出す別天地だ。 立ち寄る事も考えましたが、峠から左に外れてアップダウンしながら彷徨っていました。  観光協会の道標や地図にも記載されるメジャーなランドマークになってしま...
by piccolo
2018年5月17日(木) 21:10
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】新緑眩い北股川から池木屋山
返信数: 8
閲覧数: 346

Re: 【台高】新緑眩い北股川から池木屋山

山日和さん、おこんばんは~(=^^=) どこまで続くのかと思うほど長い北股川林道を進んでいると、やけにゆっくり走っている先行車に追いついた。 どこかで抜かせてくれるだろうと思っていたがその素振りもない。突然先行車が止まって運転手が降りてきた。 因縁をつけられるのかと身構えたが、顔を見るとなんとピッコロさんだった。当然助手席にはケルトさんの姿も ある。昨秋、川上の道の駅で出会ったのに続いてのバッタリだ。  車内での会話は 後ろに車がついてきよったで こんなガタガタ道でよう飛ばしてるなぁ あれ!白のスバルや! もしかして山日和さん?? (※ナンバーが確認出来ない程ペッタリ 白い車が右に寄って存在...
by piccolo
2018年5月07日(月) 22:26
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】咲き具合はどうかな?シャッポ尾根
返信数: 8
閲覧数: 415

Re: 【台高】咲き具合はどうかな?シャッポ尾根

グーさん、おこんばんは~(=^^=) 今年はその時期では花は終わっているだろうと出かけた。 さぁ読みは当たるのか! 千石谷出合を渡り、尾根を登るとさっそくシャクナゲが出迎えてくれた。  咲いていましたか、今季まだ見ていないのですぅ(-_-;) 立木の陰にいたカモシカが威嚇の声をあげながら近づいてきた。 長い時間見つめあった後、ギャ ギャ ギャと鳴きながら走り去った。  こちらも最近出会うことがないですわ。  お山をさぼり気味なんかなぁ? シャクナゲ・山桜・アケボノツツジの揃い踏みも最高のタイミング。  アケボノはたんまり見てきました。  この三種がいいタイミングで見られるのは珍しいですね。 ...
by piccolo
2018年3月01日(木) 22:37
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20180224ヌタハラ谷氷瀑めぐり
返信数: 4
閲覧数: 356

Re: 【台高】20180224ヌタハラ谷氷瀑めぐり

グーさん、おこんばんは~(=^^=) プラソリはザックの背で揺れていただけだった。 一人でするつもりやったの?変なおじいさん!   高級車放置現場上の落石は道幅いっぱいに数百もある。  まだあるんですか!たしか、和歌山NOでしたよね。 夫婦滝展望作業広場から作業道を登っていると大きな音が響いた。 ガラガラガラ ガシャーン。大きな氷瀑が崩れ落ちたようだ。    急げやいそげ~、なくなるど~。 氷筍は期待以上の盛り上がりだった。高さは8mほどだろうか。  おっ!まだまだ見応え充分でよかったね。 落とし穴に胸まではまりながらコウセ滝に着いた。  さすが足の長いグーさん、わたいなら胸までハマったら雪...
by piccolo
2018年2月15日(木) 22:56
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20180211狸水までスノーシュー
返信数: 9
閲覧数: 428

Re: 【台高】20180211狸水までスノーシュー

グーさん、おこんばんは~(=^^=) 10日の山行が雨で流れた。月一のデート山行が途切れるのか? 「11日に軽めの歩きなら」と都合をつけてくれたのですが・・・・ モナカ雪を踏みつぶしながらのスノーシューは軽めではなかった。  軽めの歩き??、おも~いおも~い山行ですやんか! 千秋林道を歩く。重機の跡があり、雨にえぐられた溝が埋められている。 「山仕事か、土木工事が始まるのかな?」  雪解けとなれば整備されるのかな?。 マナコ谷道の裸地の吹きさらしを避け、桧塚の北尾根を登る。 シンドイ。なかなか足が上がらない。    そらシンドイでしょ、くっつき虫で下った時の事思い出しました。 今日もナズナさ...