検索結果 223 件

by kando1945
2018年2月21日(水) 08:09
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: スノー衆2018パート3のお知らせ
返信数: 22
閲覧数: 1389

Re: スノー衆2018パート3のお知らせ

シュークリーム さん、おはようございます。 びわ爺のレポが上がってくるまで、こっちでちょっとあそばせてもらいますね(って、いつ上がってくるんだろうかねえ?)。 お付き合いいただきありがとうございます。実は歩いていて常に気になっていたのはまさにレポ担のことでした。 高齢者に配慮してレポ担の免除をとお願いしていましたが、素直でないやぶこぎでは藪蛇かなと戦々恐々でした。 帰宅するまで誰に白羽の矢があたったかなと楽しみでしたが、biwacoさんでお気の毒でした。 でも適材適所の人選ではないでしょうか。 :mrgreen: 私も当日の朝はどうなることかと心配しましたが、結果的に素晴らしい天気に恵まれ、...
by kando1945
2018年2月19日(月) 23:22
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: スノー衆2018パート3のお知らせ
返信数: 22
閲覧数: 1389

Re: スノー衆2018パート3のお知らせ

山日和さんはじめ皆さんこんばんは。スノー衆に初めて参加させていただきありがとうございました。 メンバー表を見た時、私が最高齢だということを再確認し、高齢者への配慮が期待できそうでうれしいのと こんな爺大丈夫かなという心配を持たれる方もおられるだろうなと危惧もしていました。 参加する以上はご迷惑をかけないよう箕面、五月山でトレーニングを精一杯しておりました。 土曜日の午後6時に家を出るときから雪がぱらつき、菩提寺あたりからやや吹雪模様になりました。 黒丸PAでは八日市から先は移動規制中とアナウンスがあり、ナビには雪マークに車線縮小の表示が出ていて もっと北はどうなっているのか不安でしたが彦根を...
by kando1945
2018年2月03日(土) 08:08
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: スノー衆2018パート3のお知らせ
返信数: 22
閲覧数: 1389

Re: スノー衆2018パート3のお知らせ

山日和さん、おはようございます。

【日 時】2018年2月18日(日) (悪天の場合は2月25日(日)に順延)

スノー衆パート3のお知らせ早々とでたなとさっと見て、後でふと見るとなんと日曜日ではないですか。
すっかり諦めておりましたのでびっくりしました。参加させていただく機会は最後になりそうなので
18日、25日どちらでも参加させてください。よろしくお願いします。(高齢者への配慮を期待して :mrgreen:
by kando1945
2018年1月17日(水) 08:59
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】御池杣人さんの青のドリーネをたずねて 御池岳奥の平
返信数: 8
閲覧数: 467

Re: 【鈴鹿】御池杣人さんの青のドリーネをたずねて 御池岳奥の平

わりばし さんおはようございます。 【日 付】2018年1月14日(日)【コース】駐車場7:40---8:25林道---10:50奥の平12:00---13:55林道---14:40駐車地 うわ~しまった。選択を誤りました。この日3度目のチャレンジも考えましたが、その後の積雪で林道入り口に集落の除雪の雪が うずたかく積まれて入るどころか、駐車スペースもなくなっているのではないかと自己判断して桧塚奥峰へ転進してしまいました。 あ~実行していれば、やぶこぎ屈指のブルドーザーの後を楽ちんに登頂成功間違いなしだったのに!! あ、でも7:40出発ということは私がブルドーザーの露払い役になっていましたか...
by kando1945
2018年1月08日(月) 09:08
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿山脈】 御池岳日和
返信数: 4
閲覧数: 335

Re: 【鈴鹿山脈】 御池岳日和

落第忍者 さん、おはようございます。 雪の御池岳は遠いけど、今日みたいな好条件下で歩けるなら頑張ってしまうようだ。 うう~T字尾根の途中で力尽き断念しながら、真っ白に輝くテーブルランドを見上げ 誰か登っているかな、登っていれば最高だろうなと失意に沈んでおりました。 7時前の大君ヶ畑集落外れの除雪終了地点には既に3台の車。 以前落第忍者さんが、そこからなら登頂できる可能性が高いといわれていたのを思い出してはいたのですが 2009.1.25に土倉岳の鞍部から見上げた真っ白なテーブルランド、そして登りついた先に見た素晴らしい 雪景色を思い出すとどうしても小又谷の方から登りたくなるのです。 雪道走行...
by kando1945
2018年1月04日(木) 14:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題
返信数: 12
閲覧数: 498

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

【日 付】2017年12月30日(土) 【山 域】鈴鹿北部 藤原岳 【天 候】晴れ時々曇り 【コース】藤原簡易パーキング7:52---10:09白瀬峠分岐---11:27頭陀ヶ平---11:40ランチ場13:16---13:35天狗岩---      14:07藤原山荘手前---16:00聖宝寺---16:28パーキング 山日和さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。(果たして今年なんてあるだろうか) 藤原岳に行かれていましたか。同じ時刻私は御池岳の小又谷の地獄で苦しんでいました。 御池方面はスッキリと晴れ上がってはおらず、こちらにして正解だったとほくそ笑む。 ...
by kando1945
2017年12月11日(月) 07:39
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 【高見山地】 三峰山でスノーシュー事始め
返信数: 4
閲覧数: 286

Re: 【高見山地】 三峰山でスノーシュー事始め

落第忍者さん、おはようございます。 樹氷シーズンの到来を順調な滑り出しで迎えられうらやましい限りです。 10日に桧塚奥峰へ行くつもりで準備整えておりましたが、夜土曜日の予報を見ていると 早朝は晴れですが9時ごろには曇りそうで、途端に気力が失せました。 仕方なく7時過ぎから11時ごろまで五月山の西斜面をトラバースする鉢巻き行をしました。 歩きだしは曇っていて選択は間違いではなかったと思い心安らかでしたが、灌木の中を歩き終わって ドライブウエイに出てみるとなんと快晴ではないですか。あ~行けばよかったと後悔しきりです。 山日和さんに一喜一憂しすぎと忠告されていますが青い鳥症候群は治りません。 :m...
by kando1945
2017年12月03日(日) 17:27
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 【台高山脈】 桧塚
返信数: 2
閲覧数: 249

Re: 【台高山脈】 桧塚

落第忍者さん。こんばんは。 最近は遠出することなく近場の紅葉を追っかける日々でした。 この日曜日にはどこかへ行かなければといろいろ考え、金曜日に桧塚奥峰へ行くことにしました。 あまり樹氷は期待できそうにないので、前から気になっていた青い橋から赤ゾレ山へ行く道、 あるいはタイコウドウ谷右岸尾根を登って薊岳へ行く道を確認するのもいいかなと思っていました。 歩いたことのない道を下りに使うのは危ないのでどういうコースにするか悩んでいました。 そこへ土曜日の落第忍者さんの素晴らしい樹氷のレポが出ていました。さあどうする。 昨日は天気が良かったのでほとんど落ちていて期待できないのではないか、いや気温が低か...
by kando1945
2017年11月12日(日) 16:54
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【熊野古道】大雲取越え、小雲取越え、最後はもちろん湯ノ峰温泉
返信数: 12
閲覧数: 610

Re: 【熊野古道】大雲取越え、小雲取越え、最後はもちろん湯ノ峰温泉

シュークリームさん、こんばんは。 熊野古道、懐かしい名前です。昔から興味を持っていて13年前山歩きの最初として、バスツアーの伊勢路ツヅラト峠越に参加しました。 確か100mくらい登って300mくらい下りるだけでしたが、下山口で30分ほどバスを待つ間へたり込んでいました。如何に体力がなかったか。 その後青岸渡寺の大峰奥駈道に参加させていただくことになり、葛城、金剛のチャレンジ登山、六甲全山縦走などでトレーニングして 2005、2006、2007年と3回参加しました。コースは3月に日帰りで那智から本宮へ、4月に本宮から玉置山へ、5月に1泊2日で玉置山から前鬼へ、 9月に釈迦ヶ岳(峠登山口)から2...
by kando1945
2017年11月10日(金) 22:49
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【伯耆】甲ヶ山、ゴジラの背も小矢筈もやはり怖い(17.11.5)
返信数: 4
閲覧数: 366

Re: 【伯耆】甲ヶ山、ゴジラの背も小矢筈もやはり怖い(17.11.5)

山日和さん、こんばんは。コメントありがとうございます。 私が行ったのは7年前のこの頃でした。川床にチャリをデポして船上山から縦走しましたが、好天に恵まれて充実した山行になりました。 :D そういう縦走が一番遊び倒せますね。車のデポならいいですがチャリのデポですと疲れた後の一漕ぎは堪えそうですね。 しかも直線距離は短いですが道はくねくねですからおそらく2倍以上で、登りもあります。しんどそうです。 そんなとこあったかなあ?記憶にないですわ。 小矢筈ヶ山の切れ落ちた西の垂直の斜面を見るとしっかりした岩盤というより、あちこちひび割れて崩れ落ちそうで、そのエッジを通る 登山道も一緒に崩れ落ちそうな恐怖...