検索結果 90 件

by keikoku
2018年1月11日(木) 15:44
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 【台高山脈】 爆風、高見山
返信数: 2
閲覧数: 112

Re: 【台高山脈】 爆風、高見山

 先日は、失礼しました。下から上がって行ったら、早くも下山の人が来る。お、落忍さんに似た感じの人だなあと、すぐに思いましたが(その時は、すみません、名前はすぐに出てこなかったです。年です)、まさか本当に落忍さんだとは思いませんでした。  そこで、山頂の状況を聞いてびっくりでした。まさか、雪も無い、風もない、穏やかな状況が、山頂部では一転するとは思いませんでした。しかし、実際に上がってみると、落忍さんの言う通り、ひどい強風で、視界無し。本当は、山頂から北へ稜線を辿るつもりでしたが、我々も、早々に退散しました。  しかし、あんなところでお会いするなんて、やっぱり嬉しかったですね。また、もっと訳の分...
by keikoku
2017年7月11日(火) 11:34
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる
返信数: 7
閲覧数: 896

Re: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる

      ハリマオ さん、こんにちは   まずは、こんな専門的というと聞こえはよいが、超マニアックな世界の話を細かく読んで頂き、誠にありがとう御座いました。でも、そんな世界にもおもしろさがあることを、もちろんハリマオさんも知っているんですよね。 すっかりグータラになった私にはまぶしいです。  何をおっしゃるウサギさんではなく、ハリマオさん。奥村さんは、80過ぎてからもいっしょに御池に登っていましたからね。それでは、近藤さんにしかられますよ、「登れん俺に変わって、御池回りをせんか。」と。 御池岳の南斜面は地形が厳しいですからね。1000m鉢巻山行のときは苦労しました。  お、ハリマオさんも鉢巻...
by keikoku
2017年7月09日(日) 11:08
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる
返信数: 7
閲覧数: 896

Re: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる

   kasaya さん こんにちは。  そうですか。kasayaさんも歩かれましたか。ガイドブックは、山渓のアルパインガイド「鈴鹿の山」ではないかと思いますが、もう40年くらい前のものですから、さすがにもうほとんどそのルートを辿る人はいないでしょうね。御池岳に年に何千人の人が入るのか分かりませんが、そんな物好きは、今では数年にひとりくらいのものではないでしょうか。  道アトは、ところどころ残っているのですが、何せ元々斜面に恣意的に付けられたものですから、斜度の緩いところは残っていても、そうじゃないところは、道アトも流れてしまっていますね。また、そんな緩いところには、昔の杣人もそんなところに釜...
by keikoku
2017年7月09日(日) 09:22
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる
返信数: 7
閲覧数: 896

Re: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる

    クロオ さん、こんにちは。  今回は、こんな際物レポに返信頂き、ありがとう御座いました。まあ、どんなもんだろうと開く人はいるにしても、まともに読んでくれる人がいるとは思っていませんでしたが、ホントご苦労様でした。誰も返信する人がいないので、山友のクロオさんが、余りにかわいそうだと思って返信して頂いたことでしょうが、とても嬉しく思います。ホント、お気遣い頂き、申し訳ありませんでした。   こういう山旅がしてみたい。  こういう、こだわりの持てる、目的がある山歩きがいいなあと思います。  全く大したことではないのですが、あんなところを歩くのに、何かしら命題がないと歩けませんよね。でも、全く...
by keikoku
2017年7月04日(火) 20:56
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる
返信数: 7
閲覧数: 896

【鈴鹿】 小又谷出合から池ノ谷、河倉峠、真ノ谷の廃道を訪ねる

 かつて、藤原町山口から近江の君ヶ畑へと御池藤原山塊を越える杣道が有った。それが杣道の使命を終えてからも、しばらくは登山道として命脈を保っていたが、ついにうち捨てられ、廃道となってしまった。その軌跡を辿り、何とか少しでも正確な軌跡をGPSログ記録として残しておこうと、その廃道を辿ってみた。 【日 付】   2017年6月17日 【山 域】   鈴 鹿 【メンバー】  単 独 【天 候】   晴 れ 【ルート】    小又谷出合駐車場 10:24-池ノ谷分岐 10:55-河倉峠 12:17-土倉岳 12:23(往復)-真ノ谷 13:48-白船峠分岐 14:14-河倉峠 16:02-土倉岳南尾根 ...
by keikoku
2017年4月18日(火) 05:34
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山
返信数: 8
閲覧数: 905

Re: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山

ところで千回沢山ですが、雪の少なかった5月に北東尾根の末端から取り付いています。  無雪期の千回沢山ということでしたか。それはそれで、たいへんだったことでしょう。写真のところは、気持ちよさそうな森でしたが、そんなところばかりではなかったことでしょう。 記録のメモでは、以下のように書いていました。 ・赤谷の目的の渡渉ポイントにつくまでだけでだいぶ時間と体力を消耗した。  沢に降りたり、登ったりをしていたって書いてあります。 ←???? ・赤谷渡渉のために長靴を持ってきていたがこれは必須だった。流れが速い。流量も多い。 ・標高600~700mの間は、特にヤブひどい ・Ca1070周辺はネマガリダ...
by keikoku
2017年4月18日(火) 04:14
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【江越国境】初春の大御影山?など
返信数: 8
閲覧数: 729

Re: 【江越国境】初春の大御影山?など

 okuさん、こんにちは。  まずは、okuさんが想像したように、このレポを解読するのに相当な時間が掛かったことを御報告いたします(それでも、結局分からなかったんですが)。  松屋、大日岳、大御影山、大谷山を手掛かりに、その辺りの地形図1万分の1の地図をすべて網羅して印刷し、地図と首っ引きで拝読しましたが、それでも結局よく分かりませんでした。ぜひとも、GPSのデータとかルート図を拝見したいものです。  しかし、相当、考えられない距離と地形を歩いたんだろうことは、だいたい把握しました。どうもokuさんが、登りとか下りとかほとんど気にしないで歩いているように見受けられました。ですから、余計にルート...
by keikoku
2017年4月14日(金) 10:49
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山
返信数: 8
閲覧数: 905

Re: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山

  山日和 さん こんにちは。 その通りです。ただでさえ登りにくい山がさらに遠くなりました。私もラストチャンスの2006年8月にチャレンジしましたが、生憎の涙雨で挫折して未踏のままです。  山日和さんもまだでしたか。奥美濃にまだ、山日和さんの未踏の山が有ったんですね。驚きですが、それならぜひいっしょにTryしましょう。 これは確かに甘い見通しでしたね。秋の渇水期の偵察では雪解け時期の参考にはなりません。  まったくその通りでした。それどころか、返って雪に閉ざされて流れが細くなっているかもしれないと、都合のいい期待をしていたくらいです。まったく無知で恥ずかしいです。 これは意欲的なプランですね。...
by keikoku
2017年4月11日(火) 10:59
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山
返信数: 8
閲覧数: 905

Re: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山

  okuさん、こんにちは。  実は、私もokuさんのスノー衆での活躍を聞いて、どんな人だろうと聞いてみると、何とお目にかかったことが有ったということが分かりました。  私は、okuさんのビデオも撮っていたので見てみましたが、私はもうベロベロに酔っていて、okuさんには、「あ~、あの酔っ払いか。」という思いでなら有るかもしれません。  それは、2012年12月8日のことですが、その日はふ~さんとbiwacoさん、それに崎田さんという人と三人で鎌ヶ岳、水沢岳、入道ヶ岳と回り、よる宮妻峡で泊まって忘年会をしたのですが、その時夜にTanpopoさんとokuさんが来られたことがありました。  あの時に...
by keikoku
2017年4月10日(月) 16:51
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山
返信数: 8
閲覧数: 905

Re: 【奥美濃】なかなか辿り着けぬ 不動山、千回沢山

 biwacoさん、こんにちは。こんな駄文、読んで頂き感謝いたしまする。 不動の山へはお百度ならぬ千回は踏まねば行きつけないのかも(^_-) 今回の転進?を教訓に、いつの日かたどり着いてくださいマセ。  ありがとう御座います。ホント、いつか何とか辿り着きたいものです。 不動、千回沢まで行こうというのに冬服を忘れたって(゜o゜) 体力に自信ある人ならではの怠慢!でしょうねえ…。  失意の一瞬が目に浮かびます。  小さい時から、「おっちょこちょい」と言われていました。ホント、あ~今日の山歩き、終わったと思いましたよ。これが、いきなりの取付登山口なら、そのまま退散でしたでしょう。 転んでもタダでは帰...