検索結果 539 件

by SHIGEKI
2018年6月23日(土) 00:10
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】耳川 牛谷遡行~ 癒やしの谷と懐かしの台地で昼寝 ~
返信数: 0
閲覧数: 28

【若狭】耳川 牛谷遡行~ 癒やしの谷と懐かしの台地で昼寝 ~

【若狭】耳川 牛谷遡行 ~ 癒やしの谷と懐かしの台地で昼寝 ~ 【日 時】2018年6月17日(日) 【山 域】若狭 耳川 牛谷 【天 候】晴れ 【コース】林道P-折戸谷-牛谷-二股-右俣炭焼き広場-左俣-林道P 20180617-P6170017.jpg  サブタイトルは前回と少し違った。 今後、死ぬまで一緒かもしれない。と言って舌の根も乾かぬ・・・ と言うなかれ、加齢によって唾液の分泌が鈍り舌は直ぐ乾いてしまうのだ。 ついでに記憶も飛んでしまう。 20180617-P6170060.jpg  5月9日のテン泊から数えて今年5度目の耳川訪問となった。 梅雨の晴れ間、日射しが強くなりそうな日は...
by SHIGEKI
2018年6月22日(金) 18:17
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 癒しの谷かそれとも…蕎麦粒山・銚子谷
返信数: 3
閲覧数: 101

Re: 癒しの谷かそれとも…蕎麦粒山・銚子谷

兔夢さん こんばんは。 2018年6月16日(土)晴れ 奥美濃 蕎麦粒山・銚子谷 単独 駐車地9:05ーホハレ峠9:20ー 銚子谷出合10:00~15ー銚子滝11:15ー 休憩11:30~12:20ー 稜線13:25~35ー駐車地14:40 早い周回ですね。 同行予定だったそばつるがぎっくり腰らしい。 急に単独行になり、さみしさを感じる。 以前なら一人でも平気だったのに…。 歳を重ねたせいなのか、 それともパーティでの山行が多くなったからなのか。 本能的に危険を回避しようとしているのかもしれませんね? 不肖Sもいつの頃からか、そんな感じがありました。 心持ちとは裏腹に梅雨とは思われない能天気...
by SHIGEKI
2018年6月20日(水) 22:34
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】癒しの谷からブナの森へ 松永川大滝川から駒ヶ岳
返信数: 6
閲覧数: 175

Re: 【若狭】癒しの谷からブナの森へ 松永川大滝川から駒ヶ岳

山日和さん こんばんは。 地震は大丈夫でしたでしょうか? 【日 付】2018年6月17日(日) 【山 域】若狭 駒ヶ岳周辺 【天 候】晴れ 【コース】落合橋8:07---8:45入渓点---9:42二俣---11:19駒ヶ岳12:37---14:15桜谷山15:00---16:01林道--16:13-駐車地 若狭と聞いて、地形図で辿ってみました。 何点か質問がありましたが、洞吹さんが見事に網羅してresされております。 しかし若狭駒ヶ岳(滋賀県側からは朽木駒ヶ岳)にダイレクトに突き上げる松永川左俣(大滝川と言うらしい)は ずっと前から興味を持っていた谷である。 駒ヶ岳近辺に広がる素晴らしいブ...
by SHIGEKI
2018年6月20日(水) 21:22
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【白山】鳩が湯から赤兎山周回の山旅
返信数: 4
閲覧数: 168

Re: 【白山】鳩が湯から赤兎山周回の山旅

Kasaya さん こんばんは。 【コース】鳩が湯8:00---9:20たんどう谷渡渉点---11:22赤兎山---11:45避難小屋---14:08杉峠—-15:15六本檜 ---16:05林道---16:28上小池駐車地 この鳩が湯からの登山口は鳩が湯の橋を渡ったところにあるが、それを示す道標がない。踏み跡がついていて少し上に目を向けると階段が見えるのでここだろうと察しが付く程度のものだ。 登山口.jpg なんで道標を付けないのか不思議。そして踏み跡を少し上がると草むらの中に道標があった。傍まで来ないと分からない全く意味のない道標。道は林道がつづら折れになる処をまっすぐ上がるので非常に急...
by SHIGEKI
2018年6月20日(水) 21:07
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【オーストラリア】バンヤ山国立公園で野生のワラビーと戯れる
返信数: 4
閲覧数: 139

Re: 【オーストラリア】バンヤ山国立公園で野生のワラビーと戯れる

シュークリームさん こんばんは。 オーストラリア生活、満喫されてますね :mrgreen: 【 ルート 】レベンテ家 11:00 --- 13:00 バンヤ山国立公園駐車場(昼食)14:00 --- 14:55 チムシー滝 --- 15:50 パインゴルジュ展望台 --- 17:00 駐車場 17:30 --- 19:30 レベンテ家 ルートを見ても、皆目分からず、意味ありませんが・・・・・ 滝や展望台があるなら楽しめそうですね。 オーストラリアへ来て約1ヶ月。山へ行きたくても、あまりにだだっ広い土地で、車がなければ何処へも行けない。したがって、ヤブレポも書けないということでしばらくレスのみ...
by SHIGEKI
2018年6月13日(水) 22:15
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 4
閲覧数: 212

Re: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

山日和さん こんばんは。 resをありがとうございます。 いいですなあ~。常にこうありたいもんです。 癒やしばかりを求めていますが、少しは歩いているのでよしとしましょう。 大きな栃の木の斜面を下るとヤンゲン谷出合、少し遡ってカマノ谷へと向かう。 直ぐに小滝が連続、しばらくで10mの直漠が落ちている。 この滝は生きたまま根っこから剥がされたような倒木が覆っている。 昨年訪れたところですが、この大滝の変わりようは信じられません。 :o 形の整った美しい滝ですね~ 基本は同じでも、雰囲気は別物、この倒木、なかなか去ってはくれなさそうです。 [/color]P6180021_1_1.JPG やがて小...
by SHIGEKI
2018年6月11日(月) 22:30
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 4
閲覧数: 212

Re: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

洞吹さん こんばんは。 resをありがとうございます。 SHIGEKIさん、最近ずっと癒されっぱなしで、ええですなあ。 サブタイトルも一生コピペでOKのようで、 時短促進、極楽徘徊で、即身成仏間違いなし。 母なる山と渓 でしょうか!! まだまだ、成仏にはほど遠いと思とります。    5月9日のテン泊から数えて今年4度目の耳川訪問となった。 耳川の集中攻撃に出ていますね。 心地よく抱かれています。    このまま水が涸れて稜線へ出るだけだろう と思うなかれ。   やがて小さな流れは二つに分かれると、   山毛欅の林とヤマボウシの咲き誇る桃源郷に至る。   静寂と平穏を絵にしたような空間だ。ゆっ...
by SHIGEKI
2018年6月10日(日) 00:06
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 4
閲覧数: 212

耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降 ~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~ 【日 時】2018年6月8日(金) 【山 域】若狭 耳川カマノ谷~大谷山~ヤンゲン谷左岸尾根 【天 候】曇りのち雨 【コース】林道P-カマノ滝-源流湧き水-大谷山-ヤンゲン谷左岸尾根-林道P  サブタイトルが前回と全く同一となった。 上書きの消し忘れではない、全くそのままなのだから仕方がない。 今後、死ぬまで一緒かもしれない。  5月9日のテン泊から数えて今年4度目の耳川訪問となった。 梅雨の曇り間、午後からの雨を見越して短くそして山毛欅の森で雨を凌ぐルートとした。 前週、前々週よりふたつ奥の林道ヘアピンカーブまで...
by SHIGEKI
2018年6月09日(土) 23:56
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 8
閲覧数: 278

Re: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

わりばしさん こんばんは。 見られる時からするとおはようございます。ですね。 resをありがとうございます。 堰堤さえ無ければ魚にとっていい谷はたくさんあるのにねえ・・ :cry: まさしくその通りだと思います。 が、堰堤なければ、下流が土砂でどうなっているんでしょうねぇ。 堰堤の上はガラゴロの河原、左へ境谷を分けた後、樹林の中の流れとなった。 落口左に大木が立つ二段5m下段二条の滝は美しい。 豊かな森の遡行は気持ちいいです。 この辺はやはり上部の森がいいので谷も穏やかながら素晴らしいのだと思いますね。 桂の大木の樹形に似ているが、近づいて見るとサワグルミのようだ。 谷は終始穏やかで記憶に残...
by SHIGEKI
2018年6月07日(木) 21:37
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 8
閲覧数: 278

Re: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

洞吹さん こんばんは resをありがとうございます 。 ゆったり谷歩きとお昼寝、よろしいなあ。 桧谷もスギヤ谷も行ったことないですが、癒しの谷なのですね。 永眠にはちと早すぎるけど、日が暮れるまで寝てしまうというのも一興。 家で「とうちゃん、帰ってけえへんがな。」と騒がれると困るけど。 喜ばれるかな。 :oops: 喜ぶべき「大往生」でしょうが、もすこし、山と渓を楽しませてください。 印象深い見せ場もちゃんとあるようだし、 ノロ尾の高へ詰め上がるというのも、意気が高揚しますね。 癒やしの渓から山毛欅の森  最高でしょうね :D ここは、この堰堤の処理が肝ですか。 簡単ですが、なんとなく追い上...