【鈴鹿・湖北】師走の山三題

フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。

BBCode: OFF
スマイリー: OFF

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 山日和 » 2018年1月08日(月) 23:04

宮指路さん、どうもです。

ええとこ取りは結果的ですね。

聖宝寺道は途中までは2回歩いてるんで、大して面白くないのはわかってたんですが・・・

1度は尾根を直進して末端まで、もう1度はその尾根の途中から右の支尾根を下りました。

みんなどっこいどっこいですわ。

往復しないのはポリシーみたいなもんです。 :mrgreen:

                山日和

PC300187_1.JPG

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 宮指路 » 2018年1月08日(月) 21:46

山日和さん、こんばんは

頭陀ヶ平~藤原岳はおいしいところだけ取った密の味を狙ったものでしょうか?
確かにこの時期の天狗岩~藤原山荘の間の霧氷は格別です。

聖宝寺コースの下りはブナもないし散々だったようですね。
ならばここは敢えて周回するよりも天狗岩からピストンする方が気持ちが良かったかもしれませんね。」

                
                                         宮指路

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 山日和 » 2018年1月05日(金) 20:22

洞吹さん、どうもです。あけましておめでとうございます。

山日和さん、安楽越以南が初めてとは意外でしたね。
派手なところはないけど、味のある山域でしょ。

同じ鈴鹿でも、どうしても標高の高い方へ足が向いてしまうんですよね。
能登ヶ峰とかサクラグチとか鍋尻・高室なんかも未踏なんです。
落忍さんの言われるように、
ワシの好きな紅皿岳の尾根経由なら、もう一味追加されてましたね。

これに気が付けばよかったなあ。素直な私はちゃんと一般登山道を進んだのでした。 :mrgreen:
IMG_2724_1_1.JPG
七々頭ヶ岳も初めてでしたか。
こちらも、ワシがよくお世話になった山です。
まあ、ワシがうろうろしてるのは、これら軽い山がメインだから、
山日和さんが登ってないというのも、驚くことではないんですけどね。
その逆はいっぱいあるんだから。 ;)

何度も菅並へ通いながら、妙理川右岸はノーマークでした。

このお堂も、降雪時にはよく使わせていただきました。

天気の悪い時にはいいですね。
PC230099_1.JPG
こちらは、途中までは尾根上に林道もあるし、
正直、あまり面白いとは言えません。

kitayama-walkさんの写真を見ると、展望だけはいいところがあるようですね。

山頂から下り始めたところに、大きなブナがありますね。

ほぼこの1本と、そのちょっと下にある2本で終わりですが。

こういう歩きも好きな時間ですね。
今は上丹生から菅並まで新道が直線的に繋いでいますが、
もう車では入れない、川沿いに蛇行する旧道を歩くのも好きです。

なるほど、それも良さそうですね。あの道はGPSの軌跡が飛んだのかと思うぐらい直線ですね。 :lol:
PC230135_1.JPG
藤原に行くのに御在所SAを経由するんですか。
どこまで行くのかな? 東員IC?
ワシの感覚だと、普通は四日市ICで出て306号かミルクロードだと思うけど。 :roll:

時間調整に失敗して、12時過ぎに下りるために進んだんです。(^_^;)
結局東員で下りたんだけど、えらい遠回りでした。

これはうれしいけど、
どこにも書いてないというのが変ですねー。
先着20名の起算点は、日付が変わって午前0時からということかな?

11時からだったらしいです。レジで精算しようとしたらそう言われてビックリでした。
直前まで450円のきつねにしようと思ってたので、超ラッキーでした。 :lol:

これで2017年のツキを使い果たしたとしても、
ここからあと2日もすればリセットされるんだから、いいじゃないですか。

いやいや、このおかげで山上の楽園のツキがなくなったらえらいことです。 :mrgreen:

タバコはやめないんですか。 :mrgreen:

:o

画像、いい景色ですねえ。

これがカケソバ150円と引き換えで無くなったら悲し過ぎるでしょ。 :mrgreen:
PC300121_1.JPG
軽やかに空を飛びたいなあ。
♪十年はひと昔 (^^♪
2008年2月の天狗山にて ワシの遺影はこれにしよう(^^)v

洞吹さん最後の雄姿でしたね。 :mrgreen:

山日和

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 柳川洞吹 » 2018年1月05日(金) 15:00

山日和さん
新年あけましておめでとうございます。

  これまでなかなか食指が動かず、安楽越以南の南鈴鹿に入るのは初めてである。

山日和さん、安楽越以南が初めてとは意外でしたね。
派手なところはないけど、味のある山域でしょ。

  ここから滋賀県側へ林道を下り、参道橋から那須ヶ原山へ登り返す。

落忍さんの言われるように、
ワシの好きな紅皿岳の尾根経由なら、もう一味追加されてましたね。

  今日向かうのは七々頭ヶ岳。
  植林のイメージが強く、なかなか足が向かなかった山だが、
  妙理山へ周回すれば満足の行くコースになるだろう。


七々頭ヶ岳も初めてでしたか。
こちらも、ワシがよくお世話になった山です。
まあ、ワシがうろうろしてるのは、これら軽い山がメインだから、
山日和さんが登ってないというのも、驚くことではないんですけどね。
その逆はいっぱいあるんだから。 ;)

  山頂が近付くとブナ林は右半分が植林に変わった。
  そして西林寺のお堂の建つ七々頭ヶ岳山頂。
  樹林の中の平凡な頂上だ。


このお堂も、降雪時にはよく使わせていただきました。

s-P2231865.jpg
2008年2月の七々頭ヶ岳

  妙理山方面へ続く尾根は植林で真っ黒。
  時間の制約もあり、周回する気力が失せてしまった。


こちらは、途中までは尾根上に林道もあるし、
正直、あまり面白いとは言えません。

  南尾根の登山道にはいいブナが残されているものの、概ね平凡な植林の印象が強い。

山頂から下り始めたところに、大きなブナがありますね。

  一面の雪原となった高時川の河原を見下ろしながら登山口に着地。
  ここから菅並まで長い車道歩きが待ってるが、
  いつもは車であっという間に通り過ぎる景色をじっくり眺めながら歩くのも悪くない。


こういう歩きも好きな時間ですね。
今は上丹生から菅並まで新道が直線的に繋いでいますが、
もう車では入れない、川沿いに蛇行する旧道を歩くのも好きです。

  夜食を食べようと御在所サービスエリアに入ってかけそばを注文した。

藤原に行くのに御在所SAを経由するんですか。
どこまで行くのかな? 東員IC?
ワシの感覚だと、普通は四日市ICで出て306号かミルクロードだと思うけど。 :roll:

  するとどこにも書いていないのに、
  ただ今キャンペーン中で、先着20名様限りで330円が150円になり、
  しかもペットボトルの天然水までサービスでくれると言う。
  これはラッキー。


これはうれしいけど、
どこにも書いてないというのが変ですねー。
先着20名の起算点は、日付が変わって午前0時からということかな?

  しかし今年最後のツキをこんなところで使い果たしてしまわないか心配である。

これで2017年のツキを使い果たしたとしても、
ここからあと2日もすればリセットされるんだから、いいじゃないですか。
ワシの2017年のツキは、
駅前のショッピングモールで、近所に新規出店した葬儀場のアンケートに答えたら、
貼るカイロの大袋をもらって終了。

  霧氷の隙間から真っ青な空を見上げながらの至福のランチタイム。
  これだから山はやめられない。


タバコはやめないんですか。 :mrgreen:

  天狗岩からは急激に落ち込む茶屋川の向こうにピラミダルな天狗堂の姿が印象的だ。
  展望丘に至る稜線の山腹が一面の霧氷の森となって煌めいている。


画像、いい景色ですねえ。

  これで今年の山は終了。
  最後に最高の山で締めくくることができた。
  来年はどんな一年になるんだろうか。


軽やかに空を飛びたいなあ。
♪十年はひと昔 (^^♪

s-P1020389.jpg
2008年2月の天狗山にて ワシの遺影はこれにしよう(^^)v

よい山旅を!
                    洞吹(どうすい)

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 山日和 » 2018年1月04日(木) 22:10

kandoさん、どうもです。あけましておめでとうございます。こちらこそよろしくです。

藤原岳に行かれていましたか。同じ時刻私は御池岳の小又谷の地獄で苦しんでいました。

実は君ヶ畑からの御池も選択肢に入ってたんですよ。 :D
しかし、おそらく君ヶ畑から先へ車で入れないだろうと予想してやめました。

10時ごろまでにテーブルランドへ登ることができていれば、前から言っている雪景色の再来だったと思います。
長い長い林道歩きと、深い雪のため時間的にも体力的にも、また10過ぎからは北西から雲が流れてきて展望がなくなりそうで
心が折れ、第三鉄塔で涙を呑んで引き返しました。 :|

やはり予想通りだったようですね。小又橋まで行くだけでも1時間以上かかったのでは?
土倉岳までも届かなかったですか。こりゃキツそう。 :oops:

鉄塔からは白く輝く天狗岩から展望丘までくっきりと見えていて、選択を誤ったかと後悔していました。

かもね。駐車地からすぐに取り付けることを前提に選択しました。
トレースは別に期待してませんでしたが、楽させてもらいました。 :lol:

デジャヴ、全く同じパターンを繰り返してしまいました。 :mrgreen:

人生、いくつになっても迷いっぱなしですね。 :mrgreen:

                山日和
PC300070_1.JPG
11時頃、わずかに日の当たるテーブルランドが見えました

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by kando1945 » 2018年1月04日(木) 14:50

【日 付】2017年12月30日(土)
【山 域】鈴鹿北部 藤原岳
【天 候】晴れ時々曇り
【コース】藤原簡易パーキング7:52---10:09白瀬峠分岐---11:27頭陀ヶ平---11:40ランチ場13:16---13:35天狗岩---
     14:07藤原山荘手前---16:00聖宝寺---16:28パーキング

山日和さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。(果たして今年なんてあるだろうか)

藤原岳に行かれていましたか。同じ時刻私は御池岳の小又谷の地獄で苦しんでいました。

御池方面はスッキリと晴れ上がってはおらず、こちらにして正解だったとほくそ笑む。

南の方がよさそうでしたが、こんな時でないと御池岳はさらに難しいので賭けてみました。
10時ごろまでにテーブルランドへ登ることができていれば、前から言っている雪景色の再来だったと思います。
長い長い林道歩きと、深い雪のため時間的にも体力的にも、また10過ぎからは北西から雲が流れてきて展望がなくなりそうで
心が折れ、第三鉄塔で涙を呑んで引き返しました。 :|

霧氷の隙間から真っ青な空を見上げながらの至福のランチタイム。これだから山はやめられない。食後は藤原岳最高点の天狗岩に向かう。

鉄塔からは白く輝く天狗岩から展望丘までくっきりと見えていて、選択を誤ったかと後悔していました。

 これで今年の山は終了。最後に最高の山で締めくくることができた。来年はどんな一年になるんだろうか。

デジャヴ、全く同じパターンを繰り返してしまいました。 :mrgreen:
             

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 山日和 » 2018年1月03日(水) 10:43

バーチャリさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

やっとパソコン見れるようにになりました。
壊れていたら買い変えよう思つていましたが
まだ使えるそうです。

そうでしたか。無駄なお金を使わずに済んでよかったですね~ :lol:

>【日 付】2017年12月30日(土)

まぁ忙しい暮れに :o

まあ、私は何もしませんから。 :mrgreen:

>【コース】藤原簡易パーキング7:52---10:09白瀬峠分岐---11:27頭陀ヶ平---11:40ランチ場13:16---13:35天狗岩---
     14:07藤原山荘手前---16:00聖宝寺---16:28パーキング

珍しいですねこちらに来られるなんて

そんなこともないですよ。 :lol:

そうですか 今年雪心配なさそうですね
そろそろ山に行かないと

バーチャリさん、山はご無沙汰なんですか?
PC300025_1.JPG
頭陀ヶ平から御池を見ると結構ガスにつつまれていますよね

そうなんですよ。意外でした。

>稜線上は霧氷の花が満開だ。トレースを外して霧氷の森をフラフラ歩くのも楽しい。

いいですね

これでないとね。 :D
 
PC300127_1.JPG
>8合目の分岐で聖宝寺道に入るとトレースはツボ足の2人パーティーと思しきものだけになってしまった。冬の
藤原では99%が大貝戸道を辿るのだろう。この聖宝寺道は展望もなく、ほとんどが植林の中を延々と歩くだけで、
下部ではちょっと嫌なトラバースもある。この道を選択しないのもむべなるかなだ。

花の時期はこちらの方を使いますが

荒れてしばらく通行止めになってましたが、バーチャリさんが使ってたのはそれ以前?

               山日和    
         

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 山日和 » 2018年1月03日(水) 10:30

SHIGEKIさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくです。 :D

三本立てオールナイト 堪能しました。


三本立てでも一本分の料金なんでお得です。 :mrgreen:

吹きさらしの山頂でも20cmもありましたか!!
手前のちょっとしたナイフリッジは凍ってました?


地面は見えてませんでした。
どこがナイフなのかと思いましたが、そこは雪が付いてなかったんでノープロブレムでした。
IMG_2707_1.JPG
これがナイフリッジ?
>好展望の山頂ではあるが、あまりに寒いのでのんびり休んではいられない。

綿向山が大きいですよね。


そうですね。展望は一級品です。

> 集落からの登山道は取り付き付近にブナ林があるらしいので、そちらの方がよかったのかもしれない。
  474m標高点で登山道と合流する頃からブナが出始めた。やっぱりという感じである。

なるほど、近々上るときは素直に登山道を行きます。


それがよろしいかと思います。 :mrgreen:
PC230011_1.JPG
ブナ越しの横山岳と菅並の集落
> 振り返ると横山岳と安蔵山、そしてその奥にひと際白く輝いているのは上谷山だ。

いいですね~


これはそそられますわ。 :lol:

そうですね。静かな雪の山を見ながら歩いてるだけで気分上々でしょう。


車もほとんど通らないし、山の中の林道歩きよりかえっていいかもね。
PC230140_1.JPG
高時川と山を眺めながらの車道歩き
2017年、まだこれだけのツキが残ってたということでありがたく頂いて、年が変われば再スタートですから丸得(毒?)ですよ。


なるほど、気持ちの持ちようが大事ですねえ。 :D

素晴らしい締めの山行、山と渓を辿っている限り、充実した年になること間違いないでしょう。


そう願いたいものです。 :lol:

                  山日和

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by 山日和 » 2018年1月03日(水) 10:14

落忍さん。どうもです。

3本纏めてのレポとなると読む方も大変ですが、書き手はもっと大変だったのではないでしょうか。


FBに書いたものに加筆しただけの手抜きです。1本ではボリュームが少なすぎるのでまとめて誤魔化しました。 :mrgreen:

山日和さんほどの長い山歴がありながら、最南部の鈴鹿が初めてとは驚きました。


私も驚きました。 :mrgreen: 40年ぐらい前から一度行ってみようと思ってたんですが。

溝干山からの西尾根を使い、長石山や紅皿山を通過すれば林道歩きが減らせましたのに。


なるほど、そういう手がありましたか。南鈴鹿初心者なもんで気付きませんでした。 :lol:
IMG_2725_1_1.JPG
高畑山からの展望
同じように油日岳から那須ヶ原山への稜線も厳しいので、南鈴鹿の一気縦走は歩きごたえがありますよ。


油日岳もついでにと思ってたんだけど、時間的に無理でしたね。往復になってしまうし。


私が見た墓谷山もかっこよかったですが、菅並からの姿もそそられますね。


なかなか美しい山容ですね。実は私も登ったことないんです。(^^;)
PC230015_1_1.JPG
振り返れば横山岳
同じような雪の状態だったと思いますが、足を置くだけで決まってくれる雪質とは大違いで、本当に苦労しました。


そうそう。踏みこんでからグーっと沈み込む嫌な雪でした。


私も天気予報を信じて綿向山にしましたが、概ねいい天気だったと思います。
伊吹山から南方の山々が白く輝いて綺麗な一日でしたので。


でもすぐそこに見える御池はあまり良くなかったように思えました。
南を見ても竜あたりまでは晴れてましたが、御在所は雲の中だったような。
パノラマ6_1_1.jpg
天狗岩方面を振り返る
木和田尾の上部も雪が多かったですが、県境稜線も相当なもので、藤原岳でもこんなに雪があるんだと驚きました。
天気が良ければ天狗岩にも寄って展望を楽しめたのでしょうけど、どうせ行っても何も見えないしと端折ってしまいました。
当たり外れがあるのは仕方のないことと諦めて、何回でもチャレンジするしかないのかもしれません。


3年前の初登りで行った時は、もっと凄まじい雪でした。途中でわりばしさんに会って、二人でラッセルしましたが、
この日の比ではなかったですね。
その時はほとんどホワイトアウト状態だったんで、さすがに天狗岩はカットしました。
DSCF2166_1_1.JPG
3年前の正月、わりばしさんと
スノー衆では山日和さんの念力で抜群の日を引き当てて下さいね。


そうなるといいんだけどねえ。わりばしさんが不在みたいでシューさんがいるから大丈夫かな? :mrgreen:

                山日和

Re: 【鈴鹿・湖北】師走の山三題

by バーチャリ » 2018年1月03日(水) 03:20


山日和さん あけましておめでとうございます。


やっとパソコン見れるようにになりました。
壊れていたら買い変えよう思つていましたが
まだ使えるそうです。


【日 付】2017年12月30日(土)

まぁ忙しい暮れに :o


【山 域】鈴鹿北部 藤原岳
【天 候】晴れ時々曇り
【コース】藤原簡易パーキング7:52---10:09白瀬峠分岐---11:27頭陀ヶ平---11:40ランチ場13:16---13:35天狗岩---
     14:07藤原山荘手前---16:00聖宝寺---16:28パーキング


珍しいですねこちらに来られるなんて


木和田尾に乗ると積雪もたっぷり。昨日のトレースと先行する単独者のトレースがありがたい。


そうですか 今年雪心配なそうですね
そろそろ山に行かないと

 県境稜線はやはり強風が吹いて寒い。御池方面はスッキリと晴れ上がってはおらず、こちらにして正解だった
とほくそ笑む。霊仙や伊吹、養老の山々まで真っ白で見事な眺めだ。


頭陀ヶ平から御池を見ると結構ガスにつつまれていますよね


稜線上は霧氷の花が満開だ。トレースを外して霧氷の森をフラフラ歩くのも楽しい。


いいですね
 

8合目の分岐で聖宝寺道に入るとトレースはツボ足の2人パーティーと思しきものだけになってしまった。冬の
藤原では99%が大貝戸道を辿るのだろう。この聖宝寺道は展望もなく、ほとんどが植林の中を延々と歩くだけで、
下部ではちょっと嫌なトラバースもある。この道を選択しないのもむべなるかなだ。


花の時期はこちらの方を使いますが

 
これで今年の山は終了。最後に最高の山で締めくくることができた。来年はどんな一年になるんだろうか。

今年もよろいくお願いします。                    

  バーチャリ

ページトップ