『山と渓谷』をタブレットで読む

フォーラムルール
山行記などの味付け以外で単独のどうでもいい話、雑談などに使ってちょんまげ~

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。

BBCode: OFF
スマイリー: OFF

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 『山と渓谷』をタブレットで読む

Re: 『山と渓谷』をタブレットで読む

by 落第忍者 » 2017年10月07日(土) 05:45

SHIGEKIさん、おはようございます。

雑談屋の戯言にお付き合い頂き恐縮です。

アマゾンプライム会員は、通販のお急ぎ便送料無料だけでも、利用頻度によっては十分に元が取れますからね。
他の有料配信サービスと比べると見劣りのするラインナップではありますが、付随サービスと考えますとなかなかのものだと思っています。
Prime Reading も開始時点では1000冊に満たない電子書籍数ですけど、その中から自分が読みたいと思う本を見つける楽しみがあります。
そのことは、プライム・ビデオやPrime Music でも同じような感じです。
私は最近会員になったばかりですが、既にフル活用していますので、年会費3900円はもう完全にペイ出来たと思います。

グーグルフォトを利用している私は、未だプライムフォトは使っていませんが、最初の一歩を踏み出すかどうかですね。
若い人なら簡単に理解できることも、アラ還ともなりますと時間がかかります。
間違えて課金サービスを選んでしまうとショックが大きいですから、最終押下する前のチェックだけは欠かせませんけどね。

Re: 『山と渓谷』をタブレットで読む

by SHIGEKI » 2017年10月07日(土) 01:31

20171004-PA042965.jpg
落第忍者さん こんばんは。ご無沙汰です。


いわゆる電子書籍ですが、今日からサービスが始まったアマゾンプライム会員向けの新機能、Prime Reading だと無料で読めるという話です。


これはエエ話聞きました。ご教授ありがとさんです。
不肖Sもプライムです。もう数年経ちますが、通販のお急ぎ便送料無料しか使ってません。
個人的にはプライムフォトに画像保管したいと思ってますが、年取ると新しいことやりにくくなりますわ・・・


既に3900円の年会費を払ってプライム会員になっているのなら利用しない手はないと思います。
ネット通販のお急ぎ便送料無料、Prime Music や、プライム・ビデオに加えてのことですから、Amazon さんも太っ腹ですね。

今更、調べると様々なお得なサービス満載ですね、使わな損ですね。

サービス開始時点で揃っている『山と渓谷』は、2016年10月号から2017年10月号までの13冊のようです。
システム的には未だ不具合も残っているようで、ダウンロードする際には必ずPrime Reading ¥0 を確認してから押下しないと余分な課金が発生するかもしれませんので注意が必要です。(Kindle Unlimited も ¥0 になっていますが、こちらは別に月額980円の必要なサービスですのでお間違えなきよう。)

なるほど、具体的な説明助かりますわ 『山と渓谷』は図書館で借りたりしてますが、それなりにチェックしときたい
と思ってますので早速にも利用してみます。
   では また ツチアケビの山道で
     SHIGEKI

『山と渓谷』をタブレットで読む

by 落第忍者 » 2017年10月05日(木) 13:19

いわゆる電子書籍ですが、今日からサービスが始まったアマゾンプライム会員向けの新機能、Prime Reading だと無料で読めるという話です。
既に3900円の年会費を払ってプライム会員になっているのなら利用しない手はないと思います。
ネット通販のお急ぎ便送料無料、Prime Music や、プライム・ビデオに加えてのことですから、Amazon さんも太っ腹ですね。

サービス開始時点で揃っている『山と渓谷』は、2016年10月号から2017年10月号までの13冊のようです。
このサービス故に実書籍の部数が減って契約解除にならないとも限りませんが、末永く続いて欲しいものですね。

システム的には未だ不具合も残っているようで、ダウンロードする際には必ずPrime Reading ¥0 を確認してから押下しないと余分な課金が発生するかもしれませんので注意が必要です。(Kindle Unlimited も ¥0 になっていますが、こちらは別に月額980円の必要なサービスですのでお間違えなきよう。)

8インチのタブレットでも私には老眼鏡が必須ですが、10インチ以上の出来るだけ大きな画面で読むのが吉かもしれませんね。
なお、windows や mac 用のアプリもあるのでパソコンでの閲覧も可能です。

付記:
またPrime Reading ではありませんが、『山と溪谷 創刊号 復刻版 完全版』のKindle版が2016年8月頃から無料で読めるようになっています。
昭和5年5月21日に50銭で産声を上げたそうですね。

https://photos.app.goo.gl/7o904OKz2POwcmwl1

ページトップ